みいこ さん プロフィール

  •  
みいこさん: 不妊治療もとい〜子授かり治療記〜
ハンドル名みいこ さん
ブログタイトル不妊治療もとい〜子授かり治療記〜
ブログURLhttp://www.kosazukari.site/
サイト紹介文妊活や、不妊治療に励むすべての女性へ。37歳から始めた治療やAIH(人工授精)の記録です。
自由文不妊治療とはいえ、「不妊」という言葉の響きはあまり良くないですよね。そこで、タイトルを『子授かり治療』と表現してみました!結婚生活5年、妊活歴5年、アラフォーです。私にとって不妊治療は、不妊だからするのではなく、授かるためにする治療だと思っています。
妊活や不妊治療について、思ったことや体験談を書き記していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 68日(平均4.7回/週) - 参加 2017/10/07 17:40

みいこ さんのブログ記事

  • はじめてのAIH(人工授精)!・・・運命の判定結果
  • はじめてのAIH(人工授精)!2016・冬【②】の続きになります。前回の記事は→コチラ2016年12/15(D13)に初めてのAIHを行いました。13日後の12/28、いよいよ血液検査で結果が出ます。AIH後は、体を冷やさないように、なるべく大人しく過ごしていました。処方された薬は、膣座薬(プロゲステロン膣座薬)とエストラーナテープ。特に副作用もありませんでしたが、少しだけ出血?した日もありました。(着床出血か不正出血かは謎)フ [続きを読む]
  • はじめてのAIH(人工授精)!2016・冬【②】
  • 初のAIHに挑戦です(主人の精索静脈瘤は、まだ手術していないので、完ぺきな状態とは言えませんが一応私の方は、ホルモンの数値も卵の成長具合もクリアしてるので、良しとします)D13(12/15)人工授精当日エコーで排卵済を確認したあと、AIH(人工授精)を行います。先生「よし、両方(左右卵巣にいた卵子)とも、排卵していますね!これから人工授精を行いましょう!」洗浄濃縮された主人の精子クン達も、特に問題なしと言われま [続きを読む]
  • はじめてのAIH(人工授精)!2016・冬【①】
  • 初のAIHは37歳の冬(2016年12月)でした。すっかりクリスマスムードの街並みを横目に、モッコモコに厚着をしてクリニックへ向かったのを覚えています。街は楽しそうだな〜、けど今年はクリスマスどころじゃないからな〜AIHに専念×2と、自分に言い聞かせます。(注※過去の事の記事になりますが、人工授精前後のホルモン数値を記載してあります。ご参考までにと、詳細を載せています)・生理3日目から排卵誘発剤(セロフェン)の服 [続きを読む]
  • 排卵誘発剤のメリット・デメリット(副作用)について
  • いよいよ人工授精を受ける準備に入ります。その前に、『排卵誘発剤』について少し考えたいと思います。人工授精の成功率を上げるために使用する排卵誘発剤。クリニックによって使用する量や、種類は違うと思いますが、それなりに副作用が発生します。私の通っていた○○クリニックでは、人工授精を行う前には必ず、排卵誘発剤の副作用について、夫婦そろって勉強・理解するようにと言われました。そこで今回は、その際に学んだこと [続きを読む]
  • 男性不妊クリニックへ【②】精索静脈瘤、見つかる
  • 男性不妊クリニックへ【①】精液検査ふたたび。の続きになります。前回の記事は→コチラ再度詳しい精液検査をしたところ、あまり良くない結果が出ました。そして、超音波検査では「精索静脈瘤」というものが見つかりました。・・・聞いたこともない病名です。精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)とは?■精巣周辺に発達した静脈瘤(静脈の拡張したこぶ)のこと。■一般男性の15%に認められ、男性不妊患者の40%以上にこの症 [続きを読む]
  • 男性不妊クリニックへ【①】精液検査ふたたび。
  • 前回の精液検査があまり良くなかったため、今度は男性不妊専門のクリニックで、詳しく調べることにしました。初めての男性不妊クリニック。夫婦してとても緊張気味でしたが、外観からも何のクリニックか分からない趣で、院内も綺麗で良い雰囲気でした。私達のほかにもご夫婦や、カップル?(ブライダルチェックぽい)が数組いたので、少しホッとしました。こちらでは精液検査や触診・超音波検査など、詳しい検査を行います。夫婦で [続きを読む]
  • まさかの男性不妊?!この先どうしたら・・・
  • 精液検査の結果を知り、しばらくは夫婦して落ち込む日々が続きました。特に主人は自分を責めてしまっているようで、私に謝るばかり。主人が悪い訳ではないのだから、謝ることでもないのですが・・・先日主人の精液検査をした○○クリニックでは、「飲み薬などの効果は期待できないでしょう。治療法もありません。」とのことでした。「ただ、精子が全くいない訳ではないので、人工授精や体外・顕微などなら可能なのではないか」と。 [続きを読む]
  • 涙、涙の精液検査【その②】
  • 涙、涙の精液検査【その①】の続きになります。『高速直進精子が少ない?・・・』続いて先生より「自然妊娠は難しいでしょう。」私達は言葉を失いました・・・。『コレガ、自然妊娠デキナイ原因・・・』どうしよう、どうしたらいい??初めて聞く言葉、内容に2人とも硬直状態。「しかし、精子を特殊の機械でふるいにかけ洗浄濃縮(注1)することで、元気な精子がいれば人工授精や体外受精などは可能です。」とのこと。(注1)精子 [続きを読む]
  • 涙、涙の精液検査【その①】
  • 私の不妊検査項目は、どうにかほぼクリア。そしていよいよ、恐怖の(?)精液検査・運命のXデーとなりました。主人が精液検査を受けるのは初めてのこと。男性にとっては避けたい検査のはずですが、意外にも主人が協力的だったので助かりました精液検査は世の男性にとって、結構ハードルが高いことだと思うので。とはいえ『不妊症』には女性だけでなく、男性に原因があることも半数近く(30~40%程度)あるのだそうです。どうしても [続きを読む]
  • 【妊活中あるある話③】SNSのプロフィール画像とかアイコンとか
  • 妊活中あるある話、思いのほか辛口ネタになってしまっています・・・。どうしても理解しがたいのが、LINEなどのアイコンを我が子にしている人。これって、アピール&自慢にしか思えないのは私だけでしょうか?プロフィール画像って、普通に考えたら自分のことですよね、でもなぜ子ども?特にLINEなど、下の名前だけだったりすると、誰だか分からないこの子、誰ですか状態。Face bookにアップしたり、タイムラインに流すのは、まだ [続きを読む]
  • 【妊活中あるある話】マタニティマーク問題とか
  • 社会問題にまで発展している『マタニティマーク問題』について。マタニティマークくらいで、いちいち言わなくてもという意見もあるとは思いますが、私は妊活中、視界に入れたくないものの1つでした。電車の優先席に座る時や、駐車場の優先スペースに車を止める場合などは当然、おおいに利用していいと思います。ただ、人混みを歩く時とか、飲食店で食事を楽しむ時などに・・・見せて歩く必要ありますかね?もちろん、バッグに付け [続きを読む]
  • 卵子の年齢=自分の年齢?!【②】卵の質を良くするための食べ物
  • 年齢と同じく卵子も年を取っていくのは仕方ないこと・・・。だったら、せめて『卵子の質を上げたい、保ちたい!』と思いますよね!たとえ、体外受精や顕微授精へと進んだとしても、質の良い卵が1つさえ残っていれば、今の医学でなんとかなるようです。そのためには、卵の質が良いことが一番大切そこで、私が卵子の質を高めるために、『日頃の生活で気を付けていること』や『食事について』についてご紹介いたします。まず妊活中に [続きを読む]
  • 卵子の年齢=自分の年齢?!【①】排卵していても卵の質は・・・
  • さて、卵管造影検査もクリア。あとは排卵しているかどうかを調べます。排卵の有無は超音波検査で行います。排卵日の数日前から、卵胞の発育度合を診ていき、排卵日に卵がつぶれるかを確認します。もし無排卵の場合、考えられる原因としては、・卵巣機能の低下・ホルモンの減少・過度なストレス、体調不良など。初めてエコーで見た、自分の卵胞ちょっと楕円形で小さく感じましたが、これが赤ちゃんの原型だと思うと、少し感動すら覚 [続きを読む]
  • 痛い?痛くない?!子宮卵管造影検査
  • 今日は、子宮卵管造影検査についてです。卵管造影検査といえば、痛みを伴う検査として多くの方に恐れられている検査ですよねしかし検査後は妊娠しやすい期間・ゴールデンタイムになることから、期待される方も多いのではないでしょうか?(卵管のつまりや癒着が解消されることで、卵子が子宮へ運ばれやすくなるためとも言われます。)では一体、どのような検査なのでしょう子宮卵管造影検査とは?・造影剤を注入して、卵管の通り具 [続きを読む]
  • 基本的な血液検査あれこれ
  • さて、いよいよ血液検査となりました。以前お話したように、検査項目は以下の通りです。(前回の記事:なぜ赤ちゃんができないのか?必要なのは徹底的かつ正確な検査だった)①ホルモン検査(E2、hLHなど)②子宮内膜症③クラミジア④抗核抗体(免疫が胎児を攻撃しないかどうか)⑤感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、梅毒など)⑥抗精子抗体(ヒューナーテストとセットの検査、精子を殺す物質の有無)①のホルモン検査は、不妊に関す [続きを読む]