子育て さん プロフィール

  •  
子育てさん: 子育て
ハンドル名子育て さん
ブログタイトル子育て
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomutomud9/
サイト紹介文いい子に育ちますように
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 11日(平均24.8回/週) - 参加 2017/10/08 03:08

子育て さんのブログ記事

  • 二世教育の目標
  • 二世教育の目標とは社会進出でも献身的メンバーの排出でもなく、天一国創建の主人を育成することです社会進出であれ、献身的歩みをする場合であれ、目指すべき方向に違いはありませんすなわち、確固たる信仰を有した食口であり、真の愛をは育んだ祝福家庭であり、社会をリードする、天一国主人なのです社会に出る場合でも献身的スピリッツを持って臨み、公職者でもその道のプロフェッショナルを目指すそれが二世の目指す青年・家庭 [続きを読む]
  • ビジョン指向
  • 二世をどう育てたいかという質問に「信仰さえ持ってくれればいい…」という親もいれば「何といっても優秀になってほしいわ」と答える親もいるでしょう大雑把に言って、これまでの父母や教育者が抱いてきた教育観の多くは、主に信仰重視か実力重視のどちらかに傾きやすい傾向があったといえます実際に二世の育成状況を見ても、教会活動には熱心だが、学力や実力育成には関心がないという「教会指向型」かその逆に自己啓発や社会的成 [続きを読む]
  • 天一国創建型の家庭
  • 若い二世たちに尋ねてみると、彼らが祝福に対して様々なイメージを抱いていることがわかります祝福を苦労や蕩減だと考える二世もいれば、それを恋愛の解禁のように思っている場合もあるのですそれはややもすると私たちの家庭的課題がもたらした誤ったイメージが原因なのかもしれません二世祝福が目指したいモデルは夫婦親子が互いのために生き、また家族が共に立って周囲に尽くし、神様の願いに生きようとする、天一国創建型の家庭 [続きを読む]
  • 天一国基準
  • 統一原理や祝福は本来お金には変えられない無限の価値を有するものですしかし私たちはややもすると時代の恩恵ということにあやかって、その価値を十分に伝えられないまま、それをいわばバーゲンセールのように安売りしてきてしまったのかもしれません祝福結婚が本来、天が待ち望み、地が求めつづけてきた結婚理想であるならば、私たちはその本来の価値を世の中に示していくべきでしょう後天時代に入り、真のお父様は、天一国基準を [続きを読む]
  • 二世祝福と家庭教育の展望
  • 二世祝福の現場を見てみると、祝福結婚に至るまでの二世教育の課題、さらには家庭教育の課題が見えてきますそもそも二世祝福というテーマ自体、二世をどのように育てたいのか、さらには家庭教育をどう見つめるべきなのかといった、二世教育、家庭教育全体におけるビジョンや展望に直結した課題だと言えるでしょう二世祝福ガイドブックよりhttps://www.kogensha.jp/shop/detail.php?id=488にほんブログ村にほんブログ村. [続きを読む]
  • 祝福家庭とは
  • 祝福家庭とは真の父母により一つに結ばれた統一家族を意味しますそれが相異なる使命分野と生活環境の中で忙殺されながら、どれほど疎遠になってしまったことでしょう子供が祝福を受ける年頃になって初めてうちの子に会う相手はいないかしらと左見右見するのではなく祝福に向かう前から二世たちがともに育ち、交わることのできる祝福家庭の共同体を整えることが大事だと思うのです今、まだ祝福と向き合えない二世たちも多くいます、 [続きを読む]
  • tomutomud9のお友達は
  • tomutomud混乱克服の為の基本的理解http://ameblo.jp/tomutomud/themetop.htmltomutomud2聖書を学びましょうhttp://blog.goo.ne.jp/tomutomud2/e/3b5d7277802518b650760779dc06ff48tomutomud8反省し悔い改めましょうhttps://ameblo.jp/tomutomud8/entry-12317719127.html以上です、よろしくお願いしますにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 結婚生活への準備
  • 祝福にもとめられる第二の要件とは、他ならぬ結婚生活の準備ですこう言うと、「えっ」と驚かれる方もいるかもしれませんが祝福とは正真正銘結婚であって、国際祝福等では、この辺りの認識の違いから衝突する場合も多いのです息子を持つ家庭であれば「あなたが一家の柱として、経済力をはじめ、相手の将来に責任を持つ立場なのだ」と言う心構えを指導していただきたいと思いますまた、娘を持つ場合なら「家庭に入る意識」を促し、祝 [続きを読む]
  • 原理的人生観の確立
  • 祝福に臨む上で、二世本人に求められる第一条件とは、ひとえに信仰の確立、すなわち神を中心とした原理的人生観の確立に他なりません「二世は一世と違って蕩減も無いのだから、親だけ信じて祝福を受ければ、それでいいのではないか」と考える父母もいますしかし祝福結婚とは人の一生を左右する人生の一大テーマであって、そんなに安易に考えられるものではないのです父母は子女をどう祝福に送るかでなく、まず子女の信仰確立という [続きを読む]
  • 祝福はゴールではない
  • あえてここで強調したいことは祝福は決してゴールではないということです好意を抱いた二人が恋愛の末にゴールインするものというのが世の中の結婚観であるとすれば私たちの結婚観とは、二人が神様の願われる真の愛による家庭理想実現を目指し、そのスタートラインに立つことを意味しますすなわち祝福を受けたら即幸せな結婚生活が待っているわけでもなければ子供が祝福を受ければ親の役割から解放されるわけでもありません祝福結婚 [続きを読む]
  • 二世、三世を正しく育てる方法は
  • 復帰摂理歴史の中に義人聖人が現れましたが、二世、三世を持つことができなかったり二世、三世を正しく育てることができなかったりして義人聖人は歴史の中に消えていきましたしかし神様は復帰摂理歴史を通して教訓を残してくださり二世、三世を正しく育てる方法を残してくださいました神様の復帰摂理が完結完了する現在、二世、三世を正しく育てる方法は、世の中にバラバラになって点在しています今、祝福家庭がそのバラバラになっ [続きを読む]
  • 子育ての参考資料
  • 現在の子育ての参考図書は聖書原理講論二世祝福ガイドブック胎児は天才だ愛の育児バイブル統一思想の教育論光言社から出ている子女教育シリーズhttps://www.kogensha.jp/shop/detail.php?id=488孫子の兵法帝王学などですがこれから情報収集しながら学習をしていきたいと思いますもし、良いものがありましたらお知らせくださいどうぞよろしくお願いいたします親と子の年代別子育てhttps://s.ameblo.jp/tomutomud9/themetop.htmlにほ [続きを読む]
  • 子供のことを十分理解していますか?
  • 家庭的四位基台を構成する最後の要素は、何といっても親子間の一体化でしょう親が子女のことを、分かったつもりになっている場合も少なくないでしょう子女にも親に言ってこなかった本音や、親には見せてこなかった一面があるはずですぜひ相手探しの前に今一度、親子間でよく話し合い理解を深めるようにしてください二世たちは言います「うちの親は説得しようとするだけで、こっちの話は聞いてくれない」「うちの親に話しても返って [続きを読む]
  • 夫婦間の一体化
  • 家庭的四位基台を見つめ直す上での第二のポイントは言うまでもなく夫婦間の一体化です様々な事情もあると思いますが、二世祝福は夫婦で取り組むということを基本姿勢にしていただきたいと思います夫婦の距離が近づいた分だけ子女も祝福に近づきます夫婦で向き合うこと…、それは遠回りのようで、実は一番の近道に違いないのです夫婦間の一体化 よりにほんブログ村にほんブログ村. [続きを読む]
  • 家庭的四位基台を整える
  • 家庭的四位基台の第一は、天の願いと一致という点です実際に、天の願いという中心軸を持てない場合、どんなに精を出したとしても何か導かれない現実に気づかされるに違いありませんこれまで多くの父母がやっぱり原点に立ち返ることが大事だと実感し、祈りや精誠を持って臨もう、という姿勢に立ち返るのを見てきました祝福家庭の出発点は、他ならぬ天の願いにありましたそのまずその原点に立ち返ること…それが最初に備えるべき姿勢 [続きを読む]
  • 秀でたもの
  • 二世は何か一つ、秀でたものを持たなければならない神様は、次に産まれて来る子に何を期待されているのだろうか?子供が持って生まれた才能、本人が好きで努力し続けられるもの、それがわかれば環境を整えてあげる今、神様が摂理的に必要とされているもの将来、必要とされるものは何だろうか?にほんブログ村にほんブログ村. [続きを読む]
  • 二世祝福に臨む姿勢
  • 多くの祝福家庭が「どうやって相手を探せばいいのだろう…」ということに最大の関心と不安を抱いていることでしょうしかし、実際には「相手探し」よりも大事なことがあるのです父母として祝福前に備えることは何か、本人にはどういった基準や心構えが必要なのか、親子、父母間で事前に話し合っておくべきことは何か…。二世祝福は家庭で共に備えるべき課題です<求められる考え方の転換>本人に信仰がないから…→親が動き出せば本 [続きを読む]
  • 一世が救われる道
  • 一世が救われるためには二世と三世を正しく育てることが必要です二世と三世を正しく育てるためには二世と三世を正しく育てる方法を知らなければなりませんにほんブログ村にほんブログ村. [続きを読む]
  • 養育を任された立場
  • 本来、祝福子女とは、等しく真の父母の子女であって、祝福家庭の親とは、いわば真の父母に代わってその子女の養育を任された立場にすぎません同じ天の子女として、みんなで互いに子女を育て合おうという、そうした統一家族文化が、父母マッチングの根底になければならないと思うのです父母が責任を持つようになった以上、祝福家庭の意識と姿勢とが、この運動における今後の祝福文化を決定するようになるでしょう真の父母様は全ての [続きを読む]
  • 純潔基準
  • ここでいう純潔とは異性交際の一切ない立場とされ、デートやキスの経験があった時点でこの基準には該当しないとされました現在、国際共通の基準としては、異性としての意識を持って一対一の意図的な交流を行ったことをもって異性交際と定義しています天の前に、すべての祝福家庭と二世の許しの道を開いてきた真のお父様ですが天の前に条件をかけて立つ時のお父様は非常に厳格です全国には、天一国基準には該当せずとも、それ以上に [続きを読む]
  • 世界の二世が聖婚候補
  • ご長男を聖婚祝福に送りながら、父親の〇〇先生はこう語られました「天から授かった子女として育ててきたが、こんな日が来ると分かっていたなら、もっと手をかけ、思いをかけてやれたに違いない。足りないことも多かった…」もう一度子女たちを「天から授かった子女」として、また「いつか天に捧げる子女」として見つめ直しましょう真の家庭の相対圏 よりにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 怨讐の壁を超える
  • 祝福子女たちの国籍は、天にあります一世から二世、三世と世代をかけながら国境のない世界…、この地球星を共通の故郷とする一家族世界を築いていきましょう!祝福とは、二つの異なる世界を1つに結ぶ、神様の摂理に他なりません互いの違いに学び合い、より豊かで幅のある統一文化を目指しましょう日日であれ、国際であれ、価値観も生活習慣も異なる、そうした両家が、神様のもとに家族として交わるそんな文化を築けたならば、その [続きを読む]