スピンキャスター さん プロフィール

  •  
スピンキャスターさん: スピンキャスト!
ハンドル名スピンキャスター さん
ブログタイトルスピンキャスト!
ブログURLhttp://www.spincastfishing.com
サイト紹介文スピンキャストリール専門釣りブログ
自由文スピンキャストリールだけを使って釣りをしています。

対象魚は主にシーバス。

糸ヨレがヒドイ、遠投できない、PE使えない、パワーが弱い…というデメリットばかりが強調されるスピンキャストリールですが、それは本当なのかを検証し、弱点を克服し、長所を上手く利用した手返し重視の釣りを実践しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 221日(平均1.1回/週) - 参加 2017/10/08 11:02

スピンキャスター さんのブログ記事

  • バチ抜けルアーの準備
  • 久しぶりに出撃してみると、バチ抜けシーズンの予感。まだ本格的ではないけど、とりあえずバチ抜け用のルアーを準備することにした。まずは…定番の「にょろにょろ」。フックは全部新しいシングルに交換。「向き」は後ろ向きに統一した。バチ抜け時にはフックの向き云々でこだわる人も少なくないが、私は根掛かり回避を第一に考える。これはダイワのバチ抜けルアー。ただ、これで釣れた試しがない。噂によればよく釣れるそうなので [続きを読む]
  • 「ボラの巣」への帰還
  • 地元の定番のポイントへ行く。大潮、日暮れ、満潮。バチ抜けシーズンとしては完璧なコンディション。ここは昔、私が「ボラの巣」と呼んでいたポイントで、シーバス釣りの修行を積んだ場所だ。なぜ「ボラの巣」と呼ぶのかと言うと、非常にボラが多い場所だからだ。ボラの隙間をかいくぐるようにしてシーバスを狙う。ただ、一般的にボラが多い場所はシーバスも多い。とりあえずテクトロで広範囲に反応を見るが、気配はなし。ボラが悠 [続きを読む]
  • スピンキャストリールとラパラのナイロンライン
  • しばらくお休みしていたが、暖かくなってきてシーバスのシーズンも始まるので、スピンキャストリールでの釣りも再開である。以前から、ラパラのナイロンラインを愛用している。少し高いけど、2つのメリットがある。1つは、ラインの強度に比べて少し細いこと。一般的に8ポンドなら2号だけど、こちらの場合は1.5号になっている。少し飛距離が伸びるのが期待できる。「J7 Micro Resin」という素材を採用しているらしい。確かに、他の [続きを読む]
  • 冬の釣りに携行する水筒について悩む
  • 私の釣りのほとんどは家の近所の川か海で行うもので、1回の時間は、満潮の前後を狙って2時間ぐらい。多くても3時間で切り上げるようにしている。そのタイミングが一番釣れるし、集中力も体力も3時間以上持続するのは難しい。ダラダラやるのでは意味がないと考える。そういう時に、問題になるのが水分補給である。夏場は無論だが、冬場でも喉は渇く。水分が数%でも失われたら、身体はベストの状態を保てない。以前は、ラーケンの一 [続きを読む]
  • 黒鯛40cmとの激闘
  • いつもの釣り場に出撃。河口の汽水域でシーバス狙い。ただし、今日は大きな船が停泊しているので、岸壁沿いの流れが変化してベイトも集まらず、活性が低い…というよりもシーバスも黒鯛もタチウオも見当たらない。何度か、キャストするとクセのある弱いアタリ。食わせの間を与えたり、ゆっくりリトリーブしたり、そうやっている内に「クンッ!」と手応えあり、巻き上げてみると重みがなく、見るとワームが割れていた。仕方ないので [続きを読む]
  • 黒鯛3匹、タチウオ1匹
  • 雨やら風邪やら仕事やらで全く釣りに出かけられず、ようやく間隙を縫って出撃。水辺に着くとすっかり季節が変わっていたし、ベイトの様子も違う。不安ながらもワームを投げてみると…早々とヒット!38cm。でも、何やら嫌な予感…水中で何か輝くものが見える。キラッ!キラッ!と銀色の雷が走るように…キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!タチウオを有難がる人もいますけど、私は好きじゃないです。これが来始めるとシーバスが釣れなくなり [続きを読む]
  • 釣り用の帽子について(2)ヘッドライトとの組み合わせ
  • 釣りの際、特にシーバスのような魚を狙うとなると、夜の出撃が多いわけですが、そうなると自前で「明かり」を用意する必要があります。メインラインとリーダーを結んだり、ルアーチェンジの時などに手元が暗いと出来ませんから。私が長年愛用してきたのはこちらのヘッドライトです。ものすごく使いやすいのですが、幾つか難点があります。ジェントス デルタピーク143 【明るさ125ルーメン/実用点灯8時間】 DPX-143H今は既に生産中 [続きを読む]
  • 釣り用の帽子について(1)服部名人の帽子が欲しい
  • 私が小学生の頃、「服部名人」という有名な釣人がおりまして、ちょうど釣りを初めて間もない時に、カジキみたいなスゴイ魚を釣っている人がいるのを知って、尊敬とあこがれを抱いておりました。まだ私は小学生だったので、親は11PMを見せてくれず、たまに親が油断している時に、こっそり11PMで服部名人の活躍を拝見するという、ちょっと世間とはズレた「こっそり11PM視聴」をしていたのでした。そういう子供時代の体験によって私に [続きを読む]
  • ダイワ・スピンキャスト80のダブルハンドル
  • 最近、すっかり惚れ込んでいるダイワ・スピンキャスト80。アマゾンの評価などを見ると、一長一短な感じですけど、使い込んでみると、これって大した名機です。ただ、このハンドルノブが安っぽいのですね…そこでダブルハンドルを購入しました。一見すると純正品みたいに見えますけど、サードパーティ製です。【ノーブランド 品】メタル 耐久性 スムーズ ハンドル ベイト キャスティング 釣り リール ハンドル ノブ 釣り [続きを読む]
  • ダイワ・スピンキャスト80のダブルハンドル
  • 最近、すっかり惚れ込んでいるダイワ・スピンキャスト80。アマゾンの評価などを見ると、高評価ながら、イマイチな声もありますが、使い込んでみると、やっぱりこれは大した名機です。ただ、このハンドルノブが安っぽいのですね…そこでダブルハンドルを購入しました。一見すると純正品みたいに見えますけど、サードパーティ製です。【ノーブランド 品】メタル 耐久性 スムーズ ハンドル ベイト キャスティング 釣り リール [続きを読む]
  • ビンテージ・ゼブコ33のリールフットの問題
  • 最近は、ダイワ・スピンキャスト80とビンテージ・ゼブコ33を併用しているけど、設計思想や技術が数十年違うこの2つのリールにもそれぞれ良いところがあり、ビンテージ・ゼブコが半世紀以上前の設計にも関わらず、未だにちゃんと使えることに毎回驚いている。ただ、ビンテージ・ゼブコ33には大きな問題があって、リールフットが現代のロッドには合わないのだ。どれだけ強く締めても、ガタガタする。1980年代に発売されたスピードス [続きを読む]
  • ビンテージ・ゼブコ33vsシーバス…だったはずが…
  • 激闘三時間…スピンキャストリールvsシーバス以前から気になっていた、鱒レンジャーをスピンキャストリール用に購入。早速シーバス釣りに使ってみました。いつも...www.spincastfishing.com2017-10-15 09:00前回に続いて第二弾。新しく買った鱒レンジャーベイトロッドとスピンキャストリールの組み合わせでシーバスを狙ってみました。今回のリールはビンテージ・ゼブコ33。大口径スプールで糸ヨレしにくく、飛距離も出ます。ガムテ [続きを読む]
  • スピンキャストリールには少なめにラインを巻く
  • 25年前のビンテージ・ゼブコ331990年代に購入したスピンキャストリールゼブコ33(zebco)についてwww.spincastfishing.com2017-10-01 19:15かつてビンテージ・ゼブコ33を入手した時は、使い方がよくわかっていなかったので、ラインがフロントカバー内で絡みまくって、「スピンキャストリールはバックラッシュがないとか嘘じゃん」と思い、安物買いの銭失いかと落胆しつつ、物置部屋に放置して25年が経過したわけですが、はっきり言 [続きを読む]
  • 激闘三時間…スピンキャストリールvsシーバス
  • 鱒レンジャー改(CT50 Dark Night…ベイトロッド)を購入以前から気になっていた「アレ」を遂に入手しました!www.spincastfishing.com2017-10-14 12:38以前から気になっていた、鱒レンジャーをスピンキャストリール用に購入。早速シーバス釣りに使ってみました。いつもは振り出しのバスロッドを使っているのですが、しっかりした作りのワンピースで、ウルトラライトのグラスロッドだとスピンキャストリールを使ったシーバス(の小 [続きを読む]
  • 鱒レンジャー改(CT50 Dark Night…ベイトロッド)を購入
  • 以前から気になっていた「アレ」を遂に入手しました!鱒レンジャーのスピニングロッドは長く愛用しているのですが、ベイトバージョンの方は最初出ていたのがソリッドカーボンだったので、イマイチ気が向かなかったのですね。ソリッドグラスのスピニング・バージョンの使用感をそのままで、スピンキャストリールで使いたい…でも、このブログを始めてから改めて見ると、最近販売しているCT50ではソリッドグラスになってました。色は [続きを読む]
  • ダイワ・アンダースピン80の展開図
  • ダイワ・アンダースピン80にも展開図はついていませんでした。単純な構造なので、なくてもバラしたり組んだりするのは出来るのですが、やはり展開図は手元に確保しておきたい。パーツの取り寄せの時に必須ですから。ダイワ スピンキャスト80の展開図本格的に使いこなすにあたって、まずは展開図を手に入れねば…と思ったが、ダイワのスピンキャスト80は新品で購入しても展開図はついてこない。...www.spincastfishing.com2017-09-3 [続きを読む]
  • ダイワ・アンダースピン80を購入
  • 更なる戦力強化のため、ダイワのアンダースピン80を購入致しました。アンダースピン80だと、スピニングロッドが使えるのが有利です。ベイトロッドは一般的に販売されているもので長くて7フィート台。しかも固いロッドが多くなってしまいますが、スピニングロッドだと長くて柔らかいのも普通にありますので、目下励んでいるシーバス釣りにも便利です。ピックアップもスピンキャスト80と同じタイプでした。ダイワのスピンキャスト/ [続きを読む]
  • スピンキャストリールのメンテナンス解説動画
  • ビンテージ・ゼブコ33でも、新型のゼブコ33でも、日本ではあまり馴染みのないスピンキャストリールなので、購入後の修理・メンテナンスが不安です。いちいち米国のゼブコ社へ修理に出すわけにもいかないし、日本で代理店をやっているバレーヒルは受けてくれるかも知れませんが、バレーヒルが輸入・販売した製品しか受け付けてくれないでしょう。これはゼブコに限らず、輸入品のスピンキャストリール全般に言えることですが、基本的 [続きを読む]
  • 8ポンドのナイロンラインでシーバスを釣る
  • ビンテージ・ゼブコ33の初陣…40cmのシーバスをゲット!家の物置部屋から見つけたビンテージのゼブコ33を手入れしてみたら、案外使えそうだったので、この伝説のリールがどの程度スゴイのかどうし...www.spincastfishing.com2017-10-08 11:47昨日のビンテージ・ゼブコ33のテスト釣行の結果に大いに満足し、あの古いリールが十分現役で使用できるのがわかった。同時に、スピンキャストリールではナイロンラインである方が快適に使え [続きを読む]
  • ビンテージ・ゼブコ33の初陣…40cmのシーバスをゲット!
  • 家の物置部屋から見つけたビンテージのゼブコ33を手入れしてみたら、案外使えそうだったので、この伝説のリールがどの程度スゴイのかどうしても試してみたくなり、まずはシーバス釣りに使ってみることにしました。タックル構成先にタックル的な話をしておきますと、ロッドは6フィートのテレスコで調子はMLかLぐらいのバスロッドラインは3号(12ポンド)を手元にあるだけ巻いてみたもの。たぶん60mぐらい?スプール満杯ではないです [続きを読む]
  • ビンテージ・ゼブコ33の初陣…40cmのシーバスをゲット!
  • 家の物置部屋から見つけたビンテージのゼブコ33を手入れしてみたら、案外使えそうだったので、この伝説のリールがどの程度スゴイのかどうしても試してみたくなり、まずはシーバス釣りに使ってみることにしました。タックル構成先にタックル的な話をしておきますと、ロッドは6フィートのテレスコで調子はMLかLぐらいのバスロッドラインは3号(12ポンド)を手元にあるだけ巻いてみたもの。たぶん60mぐらい?スプール満杯ではないです [続きを読む]