Ranpa さん プロフィール

  •  
Ranpaさん: 45歳でアーリーリタイアして資産生活
ハンドル名Ranpa さん
ブログタイトル45歳でアーリーリタイアして資産生活
ブログURLhttps://zz597.blogspot.jp/
サイト紹介文早期退職を計画し実践状況を記録するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/10/08 15:42

Ranpa さんのブログ記事

  • 通常利率の2%上乗せキャンペーン
  • 先日、アーリーリタイア後の貴重な収入としてリートの分配金を記載しましたが、収入の柱は社債、リート、ソーシャルレンディングの3本立てです。投資額としては、社債>リート>ソーシャルレンディングの順となります。ソーシャルレンディングからの収益は雑所得になるので、リタイア後は申告不要となる金額の範囲内までにしていますが、面白いキャンペーンがありますので記載します。<参考>リタイア生活の収入源、REITの状況 20 [続きを読む]
  • アーリーリタイアの開始費用 11月19日
  • アーリーリタイア開始費用の続きを記載します。アーリーリタイアの開始費用といっても、リタイア後に住む新居への引越費用が中心となっていますが、収入が途絶えるなかで、大きい出費となるので支出管理をしています。進捗状況前回の進捗は「アーリーリタイアの開始費用」に記載をしましたが、約半月が経過して出費は増加しています。当初から計画していた費用は保守的に見積もりをしていたので、実額はそれよりも安く収まっていま [続きを読む]
  • 有給消化中の給料を貰いましたがその金額は?
  • サラリーマン生活が終了して早くも半月ほどとなりました。ただし、正確には有給消化中のため、まだ無職ではありません。そのため、まだ給料は貰えますし、会社の就業規則に従う必要もあります。関連ブログ:退職目前の通勤交通費の支給と定期券の購入について11月の給与はどうなる在職中の給与については、人事システムで明細を参照するようになっていました。しかし、会社に行かなくなった現在では、明細を確認する術が無く、どう [続きを読む]
  • リタイア生活の収入源、REITの状況 2018/11/17
  • アーリーリタイア生活が始まり、リートは貴重な収入源です。アメリカの中間選挙やサウジ記者の問題などもあり、株価の上げ下げが激しいなかで、比較的リートは安定していたと思います。ここで少し、リートは割安なのか考えてみました保有しているリートは利回りが高めで、NAV倍率が低めのものが中心になっています。この手の銘柄は、以下の理由でそのような傾向になることがあると思います。業績悪化株価が売られる利回りが高く、N [続きを読む]
  • リタイア生活の定番、図書館デビュー
  • リタイア生活にも少し慣れ始めてきましたので、サラリーマン時代から憧れていたリタイア生活の定番を開始します。まずは、定番中の定番となる平日の図書館デビューからです。リタイア生活で重要なことアーリーリタイアではなく、定年後のリタイアであっても図書館の利用は一般的なものです。そのため、リタイアしてから住む住宅のポイントとして、図書館が近くにあることはとても重要になります。強いて言うなら、裁判を傍聴するた [続きを読む]
  • 平日の昼間に外出するリタイア生活とは
  • アーリーリタイア生活も2週間となり、会社のことを考えることは少なくなりました。「アーリーリタイア開始後1週間となった心境」にも記載しましたが、最初の頃は何度も会社のことを考えてしまいましたが、今は風呂に入った時ぐらいです。バスタブに入ると時計が目に入り、恐らく元同僚達は働いているのだろうな・・・とまだ考えてしまいます。平日も会社に行かない生活最初の頃は、みんなが働いているときに会社に行かないのは妙な [続きを読む]
  • リタイアしたあとの生活サイクル(リタイア開始2週間編)
  • アーリーリタイアをして2週間が経過しました。引越やら、新居の工事やら忙しいスタートでしたが、やっと通常生活ができるようになってきました。そこで、アーリーリタイア開始後2週間時点での生活サイクルを記載します。新居は色々な手続きがありました色々な住所変更については「大失敗か!退職とクレジットカードの住所変更」や「新居の住所変更登記は自分で申請できる」にも記載しましたが、地道に手続きをしています。それ以外 [続きを読む]
  • アーリーリタイア生活の食費について
  • アーリーリタイアした後、いったいどれぐらの生活費となるのか早急に把握しておかなくてはなりません。会社を辞め、当初の計画通りに収まるのか、非常に気になっているところです。アーリーリタイアを開始してまだ2週間弱ですので、正確なところまでは把握できていませんが、2週間弱での状況を記載します。当初計画していた生活費との乖離もともと計画では「リタイア後の生活費の見積もりは、何度も試算しないと安心できない」に内 [続きを読む]
  • 新居の住所変更登記は自分で申請できる
  • アーリーリタイア後の手続きの続きですが、引越しをしたので色々なものの住所変更をすることになり、その中のひとつ、新居の住所変更登記について記載します。今までに不動産を所有したことはなく、「不動産購入者必読!物件選定から購入までの経緯を報告」に記載しましたが、リタイア後の住家として中古住宅を購入しました。その不動産の住所変更登記を自分でしてきました。購入時の不動産登記名義不動者購入時、住民票登録は引越 [続きを読む]
  • 2018.11.11の資産状況を発表します
  • 毎月記載している、現時点での資産状況を報告します。アーリーリタイア開始となり、概算額は「アーリーリタイア開始時の資産状況」で記載したばかりですが、定点観測としていつもの資産集計となります。リートの評価額が-28万円となってしまい前月よりも微減となりました。また、「激震、ソーシャルレンディング」に記載した不良債権を含んだ金額ですので、実際には大台未達というところでしょうか。残りの給与収入は11〜12月まで [続きを読む]
  • 大失敗か!退職とクレジットカードの住所変更
  • アーリーリタイア生活は始まりましたが、引越しに関わる様々な手続きがあり、それほどゆったりとした生活ができていません。例えば、無職になるとクレジットカードを作りにくいので、在職中にたくさん作成したカードの住所変更もその一つです。そのクレジットカードの住所変更で失敗したかもしれないことを記載します。無職者は社会的信用力がない以前、「退職前のやることリスト、アーリーリタイアには必須事項」に在職中にしてお [続きを読む]
  • アーリーリタイア開始後1週間となった心境
  • いままでは「アーリーリタイアまで○ヶ月となった心境」を記載してきましたが、ついにアーリーリタイア生活を開始しましたので、開始後の心境について記載します。当初の想定していた生活と違ったことも多く、その辺りを記載したいと思います。あっという間の1週間アーリーリタイアは、のんびりと時間を使う生活を想像していましたが、とりあえず最初の1週間はあっという間に過ぎ去りました。サラリーマンをしていた頃、年末年始や [続きを読む]
  • アーリーリタイアしない同僚は何歳まで働くのだろうか
  • Ranpaのサラリーマン生活は終了しましたが、元同僚はいつもどおり働いています。アーリーリタイアした側からすれば、自分から出て行ったのですが、元同僚から取り残され、孤立した感覚になります。しかし、誰でもいつかはサラリーマン生活の終了が来るものと考えつつ、気になるニュースについての話題を記載します。公的年金の70歳需給開始と70歳定年厚生労働省は、65歳となっている公的年金の受給開始時期について、70歳まで遅ら [続きを読む]
  • アーリーリタイア初日の生活
  • 最終出社を終えれば、ついにアーリーリタイア生活が始まります。最後は駅で同僚に別れを告げて帰宅することになりましたが、翌日からは引越などの忙しい予定があり、「アーリーリタイアする出社日の業務」に記載しました日中の慌しい流れのまま時間が経過していきます。最終出社を終え、アーリーリタイアのスタートとなったときの状況について記載します。アーリーリタイアが始まる当初の想定以前、「最終出社日の気持ちと、退職時 [続きを読む]
  • アーリーリタイア開始時の資産状況
  • アーリーリタイア開始時の資産状況を記載します。アーリーリタイア開始時といっても、何をもって開始とするのか曖昧ですが、とりあえず最終出社日の翌日と定義しておきます。というのも、「退職時に全ての有給を消化するには」に記載したように、最終出社日の後も有給期間中ですので給料をもらえる期間は続きます。退職金が振り込まれるのは、まだ数ヶ月も先です。ある程度の皮算用は出来ていますので、その辺りの見込み額を記載し [続きを読む]
  • 最終出社日に感じた不安
  • 最近は、「アーリーリタイアする最終出社日の朝の心境」、「アーリーリタイアする最終出社日の業務」と連続して最終出社日に関する記載をしました。長年勤めた会社に行く最後の日とともに、サラリーマン生活も終わり、引越をして生活環境も変わるという、大きく変化する日でしたので、さらに最終出社日に感じたメンタル的なことを記載してみます。妙に感じる不安感毎日会社に通って、いつものメンバーと仕事をすること・・・これは [続きを読む]
  • アーリーリタイアする最終出社日の業務
  • 昨日、「アーリーリタイアする最終出社日の朝の心境」を記載しましたが、出社してからの状況を記載します。退職日が近くなると忙しくなることについては「意外に忙しい退職直前の状況は・・・」にも記載しましたが、最終日も慌しい最後となりました。計画的にアーリーリタイアされる方に伝えたいこと役職定年や嘱託契約になってから定年退職する場合や、人間関係の悪化などにより退職するのではなく、計画的にアーリーリタイアをす [続きを読む]
  • アーリーリタイアする最終出社日の朝の心境
  • アーリーリタイアを計画し、数年前からカウントダウンまでしてきました。アーリーリタイアの開始を想像し、我慢もあとすこしだ・・・と、時を過ごしてきましたが、本当にサラリーマン最後となった日のことを記載します。最終出社日直前の心境役割については「部門責任者で無くなったことによる変化」などにも記載しましたが、半年程前から退職を前提に人事異動が発令され、引継ぎをしながらの仕事をしてきました。人事異動発令当初 [続きを読む]
  • 退職金特別プランの選択
  • 多くの金融機関では、退職金の運用として優遇金利を適用するなどのサービスがあります。Ranpaは既に使い道が決まっているので、利用する予定はありませんが、退職したときのみ利用できる優遇サービスとなれば気にはなります。特別プランの条件誰でも契約できるものではなく、条件があることなので興味をもってしまいます。一般的には、退職を証明するものとして、退職金の源泉徴収票などを提出できることが条件となり、退職者のみ [続きを読む]
  • 45歳では定年退職を遠い先と考えて良いことか
  • 45歳でアーリーリタイアをした場合、本来の定年となる65歳まであと20年もあります。定年まで働くとすれば、あと20年間働くことになります。「アーリーリタイアをすることに至った経緯」にも記載しましたが、かなり前からアーリーリタイアを計画し、やっとこれからリタイア生活というときに、これから20年も働くことは想像できません。しかし20年は本当に長いのだろうか1年前、このブログに「年を取ると時間の経過が早いと感じるジ [続きを読む]
  • アーリーリタイアの開始費用
  • アーリーリタイアを開始の際には色々な費用が発生します。退職金や失業給付はもらえますが、住民税や社会保険料の支払いが予定され、それらの費用は以前、以下に記載をしました。・退職後に支払う費用の見込み、住民税編・退職後に支払う費用の見込み、健康保険編・退職後に支払う費用の見込み、国民年金編・退職後に支払う費用の見込み、結局いくら?・修正】退職後に支払う費用の見込み、健康保険編その他、引越にともない家具の [続きを読む]
  • アーリーリタイア費用の試算
  • 最近、リタイア後の生活について話す機会が増えています。送別会に参加することが多くなり、同僚の皆さんはリタイア後の生活について興味があるので、その辺りのことを聞かれます。そこで話をする内容を記載します。まず、年金から説明45歳で退職して、その後の生活費はどうするの・・・? これは多く人からのの質問です。まずは年金から話します。ねんきん定期便が送付されるので、殆どの人は1度ぐらい見たことがあるでしょうと [続きを読む]
  • 【修正】退職後に支払う費用の見込み、健康保険編
  • 退職後に支払う健康保険料の試算については「退職後に支払う費用の見込み、健康保険編」に記載をしました。会社から、実際に支払う保険料を教えてもらいました。想定よりも大幅に健康保険料は少なかったブログを読んでいただいた方から、今の支払い額の倍ではないよと、ご指摘いただいていましたが、計算よりも少なくラッキーでした。退職後は今の健康保険の任意継続をする予定ですが、試算では今支払っている28,000円/月の倍にな [続きを読む]
  • 予定年利 3.2〜10.0%のCM
  • 先日、「遂にソーシャルレンディングでCMか!!」で、ソーシャルレンディングのCM開始について記載しましたが、続報を記載します。ついにSBIでも開始「遂にソーシャルレンディングでCMか!!」で記載したときは、クラウドクレジットがCMを開始する情報でしたが、今回は、SBIソーシャルレンディングが開始するという情報です。HPにCMギャラリーが公開されています。クラウドクレジットは、伊藤忠商事から出資を受けているので [続きを読む]
  • リタイアに向けたREITの資産状況 2018/10/27
  • いよいよアーリーリタイアが開始となりますが、貴重な収入源となるリートの状況です。今のところ、税引前で年間50万円程度の収入を想定しています。「退職後に予定している収入を試算すると」にも記載していますが、社債利息で150万円程度、ソーシャルレンディングで20万円程度、リートで50万円程度が今後の収入になります。保有REITの状況サウジや米中貿易問題もあり株価は大きく動いていますが、リートは株式ほどの動きはなく軟 [続きを読む]