Ranpa さん プロフィール

  •  
Ranpaさん: 45歳でアーリーリタイアして資産生活
ハンドル名Ranpa さん
ブログタイトル45歳でアーリーリタイアして資産生活
ブログURLhttps://zz597.blogspot.com/
サイト紹介文早期退職を計画し実践状況を記録するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/10/08 15:42

Ranpa さんのブログ記事

  • リタイア後の生活費とサラリーマン時代の生活費を比較すると
  • まだアーリーリタイアを初めて2ヶ月半ですので、これから安定してくるところですが、生活費について思うことがあります。リタイアを開始する前の想像どおりであったことと、リタイアを開始してから分かったことがあり、それらについて記載をしてみます。生活費の前提リタイア生活をしてみると、リタイア後の生活費は人それぞれ異なるものだと改めて感じじます。サラリーマンは勤めている会社によって、どのような生活をするか決ま [続きを読む]
  • 退職活動で良かったことと、反省していること
  • もうすぐ退職金が振り込まれる予定ですが、退職金をもらえば会社との関係は終了したことになります。アーリーリタイアの計画は数年前から進め、昨年にスタートとなりましたが、計画どおり上手くいったことや反省すべきことがあります。会社との関係が終了する区切りの段階で、それら退職計画を振り返ってみます。退職の申出をするタイミング退職計画で最も判断に迷ったことは、退職の申出をどのタイミングでするかということでした [続きを読む]
  • アーリーリタイアして失うもの②
  • アーリーリタイアした後の生活は、サラリーマン時代から色々と何度もイメージをしてきました。毎日会社に行かなくても良くなるので、ただ漠然とそんな生活をしてみたいという以外に、失ってしまうものはどんなことだろうかと。毎日多くの人とコミュニケーションをしてきたが、それが無くなるとどのような生活になるのか・・・など。実際にリタイア生活を開始してみて、失ったと感じるものを記載します。会社という社会を失うアーリ [続きを読む]
  • 2019.1.13の資産状況を発表します
  • 毎月記載している、現時点での資産状況を報告します。有給消化期間が終了し、今月は正式なアーリーリタイア生活の開始月です。今回の資産額は、今後のアーリーリタイア生活をしていくなかで基準となるので、覚えておきたい金額になりました。さて、年末年始は株価が大きく変動し、大きく下げたと思ったところで、以下の資産に追加投資をしました。ソフトバンク(9434):500株トーセイ・リート投資法人:2口タカラレーベン不動産投 [続きを読む]
  • 任意継続から国民健康保険に切替する時期について
  • 勤めていた会社には健康保険は任意継続を選択すると報告していましたので、年末には任意継続の手続き書類が到着し、今は任意継続被保険者になっています。先日、任意継続から国民健康保険への切替はいつごろするのか、ブログに質問をいただいたこともあり、今後の予定を記載します。参考ブログ:任意継続する健康保険の案内が到着しました健康保険料は一物二価任意継続は勤めていた会社の健康保険組合のサービスを受けることになり [続きを読む]
  • ハローワークに行って雇用保険の手続きをしてきました(後半)
  • 離職票が到着したので、早速ハローワークに行って手続きをしてきた続編です。雇用保険の手続きが完了し、別の窓口で求職に関する登録をしてもらいます。参考ブログ:ハローワークに行って雇用保険の手続きをしてきました(前半)求職の登録に関する窓口雇用保険に関する窓口と求職登録に関する窓口は同じフロアですが別のグループになっていました。雇用保険の手続きが完了したので、改めて渡された番号札の番号を呼ばれるのを待ち [続きを読む]
  • ハローワークに行って雇用保険の手続きをしてきました(前半)
  • 離職票が到着し、国民年金の免除申請が完了しましたので、続いて雇用保険の手続きをしていきます。国民年金の免除申請は役所で5分程度の手続きでしたが、雇用保険はハローワークで1時間ぐらいの手続きとなりました。<参考ブログ>会社を辞めて最初にする手続きについて失業による国民年金保険料の免除申請をしてきました退職してハローワークですることアーリーリタイアを計画した際の試算では、雇用保険の被保険者期間が20年以上 [続きを読む]
  • 失業による国民年金保険料の免除申請をしてきました
  • 20歳以上60歳未満で厚生年金に加入していない日本在住者は、すべて国民年金の第1号または第3号被保険者となります。12月まではサラリーマンでしたので厚生年金に加入していましたが、今月からは国民年金の第1号被保険者に切り替わります。このままでは毎月16,340円の国民年金保険料を支払うことになるので、役所に免除の申請を行ないます。参考ブログ:会社を辞めて最初にする手続きについて国民年金は必要若い世代は、将来、国民 [続きを読む]
  • 会社を辞めて最初にする手続きについて
  • 無職になると社会保険関係の手続きをしますが、まずは会社から離職票をもらうことからスタートです。12月末で正式に退職となり2019年の仕事も始まったので、そろそろ離職票が到着するころかと思っていたところ、きっちり期待通りに郵送されてきました。会社を辞めて最初にする手続きについて記載します。離職票など、送られてきたもの既に健康保険は任意継続することを会社に伝えていたので、任意継続専用の健康保険証が送られてき [続きを読む]
  • アーリーリタイアして2ヶ月経過した心境
  • 会社に行かなくなって2ヶ月が経過し、有給消化も終了したので正式に無職となりました。2ヶ月間も会社に行かない生活を続けていると、流石にリタイア生活が馴染んできたように思います。そのような、アーリーリタイア生活を2ヶ月経験した心境について記載します。<過去のリンクです>11月30日アーリーリタイアして1ヶ月経過した心境10月1日:アーリーリタイアまで1ヶ月となった心境9月1日:アーリーリタイアまで2ヶ月となった心境8 [続きを読む]
  • リタイア生活の収入源、REITの状況 2019/1/6
  • 2019年の取引が始まり、年初から日経平均は452円安と大きく下げてしまいました。保有するリートも同じように下げています。クリスマスに大きく下がった後、年末にかけて復活したのですが、また今回の下げで評価益は約22万になりました。リートはインカムゲイン目的で長期保有をする考えですが、最近は値動きが激しく、保有資産の評価が時間単位で10万円以上も増減するため、それなりに気になるものです。参考ブログ:株価暴落で保 [続きを読む]
  • 家族がいるアーリーリタイア生活をすると気づくこと
  • 会社に行って仕事をする生活をやめると、色々と気づくことがあります。平日のブランチや平日のショッピングセンターの雰囲気などは、以前にも記載をしましたが、大半を家で過ごしていると、これまでの見え方とは違うものが見えてきます。大半を家で過ごすことによって気づいたことを記載します。<関連ブログ>リタイアすると正月の感じ方が違ってくるアーリーリタイアをして変化してきたこと会社に行かない日々を過ごす感想①出社 [続きを読む]
  • 60歳以降も仕事するつもりは7割近く?
  • 今日は仕事初めで、仕事を続けていたら色々な人に「本年もよろしく・・・」という挨拶をしていたんだろうな・・とサラリーマン時代を思い出してしまいます。また今日から株式も取引開始となりましたが、株価は世界経済やら円高やらで年初から大きく下げてしまい、保有のリートも今日だけで約25万円も評価を下げ、新年早々から芳しくありません。そんな状況ですが、テレビを見ていると60歳以降も仕事するつもりは7割近くになるとい [続きを読む]
  • クレジットカードの強制退会を知っていますか
  • クレジットカードは生活するうえでの決済手段として必要不可欠で、今後もその重要性は増していくものと考えています。しかし、無職者は返済能力が無いと見なされ、クレジットカード業界からは敬遠されています。リタイア生活になっても、クレジットカード会社とは上手くお付き合いを続ける必要があるので、注意していることについて記載します。<参考ブログ>【続報】大失敗か!退職とクレジットカードの住所変更大失敗か!退職と [続きを読む]
  • 失うもの
  • 週末の嫁との買い物は最高。しかし、毎日となれば高級中華とジャンクフードどちらも良いが、選ぶとすれば会社は卒業と違って、全員で居なくなるものでない1人出て、皆がのこる働けばプロジェクトや企画などの目標やりつくした感 [続きを読む]
  • 今年は正月は2回来るようなもの、平成最後の・・・
  • リタイア生活を始めて最初の正月を過ごしていますが、やはり、サラリーマン時代とは違った感じ方をしています。今年は平成最後の正月ということで、テレビを見ていると「平成最後の・・・」というフレーズを良く聞くようになりました。Ranpa個人としてはアーリーリタイア開始の年であるとともに、5月には改元が行なわれるので、改めて特別な年であることを感じています。正式に無職になった年早いもので既にアーリーリタイア生活は [続きを読む]
  • 12月の生活費、アーリーリタイアの2ヶ月目
  • 2019年が始まりました。本年もよろしくお願いいたします。早速ですが、アーリーリタイア2ヶ月目の生活を経験しましたので、生活費の分析をしてみます。退職や引越しの際にクレジットカードで支払ったものが、時間差で11月の支払いになっていますので、リタイアしてからの実質的な生活費の把握は難しくなっています。それらを踏まえ、11月の生活費は予定通りとなったのでしょうか。11月の生活費(支払ベース)11月に現金で支払いを [続きを読む]
  • アーリーリタイアがスタートした年、2018年を振り返ってみる
  • 1年前のブログを見ると、「住宅購入や資産推移、新たな投資など、2017年を振り返ってみる」を記載していました。2017年はこんなことを総括していたんだなぁ・・と思いつつ、「来年のこの時期には、無事にアーリーリタイアへ突入して、会社に行かなくなった感想や、アーリーリタイア生活のなかで2019年にしたいことを書いているようにしていたいと思います。」ということを記載していることに気づきました。年末にその年の総括を記 [続きを読む]
  • 退職金の明細が到着し、改めてアーリーリタイアを考える
  • 勤めていた会社から退職金の明細が送られてきました。振込は来月なので、支給額のみの通知ですが、想定どおりの退職金額がもらえることとなり、会社との関係は事前の計画どおりに完了することになります。アーリーリタイアをする上で退職金は重要な収入で、これまで退職金規定を見ながら何回計算をしたのか分からないぐらい試算したものです。遂にそれが支給される時期となったので、改めてアーリーリタイアのための退職金について [続きを読む]
  • リタイアしている側から見る年末年始の連休
  • 2018年の最終営業日が終わり、以前に働いていた会社を含め多くのサラリーマンは年末年始の連休に入ります。早速、ニュースでは帰省ラッシュの情報を発信していますが、リタイア生活になると連休に対しては今までとは違った感じ方をします。予想通りの感じ方と、意外であった感じ方の両方がありますので、そのことについて記載をします。以前から予想していたもの既にリタイア生活されている方のブログを読んでいると、大型連休にな [続きを読む]
  • リタイア後の生活費を20万円とした理由
  • 昨日のブログ「本当に必要となる老後の費用はいくらなのか真剣に考える」で、老人ホームにお世話になった場合の費用について記載をしましたが、その中でリタイア後の生活費を20万円としたことに触れました。その20万円について質問をいただきましたので、内訳や経緯について記載をします。生活費の把握毎月の生活費は人それぞれ違いますが、同じようにリタイア後の生活費も人それぞれだと思います。家族構成、持ち家の有無、負債の [続きを読む]
  • 本当に必要となる老後の費用はいくらなのか真剣に考える
  • アーリーリタイアを始めるにあたっては、このブログにも記載しましたが、会社を辞めても大丈夫か何度も試算をしてきました。その結果、細かい条件は抜きにして、持ち家の状態で月に20万円の生活費があれば何とかなると結論付けしました。働かなくてもその費用を支払って行くことができれば、会社を辞めることが出来ます。リタイア生活の次のステップ会社を辞めて東京から地方に引越しをすると、老人ホームのような建物を目にするこ [続きを読む]
  • 購入したリタイア後の住宅に住んで分かったこと②
  • 先日、「購入したリタイア後の住宅に住んで分かったこと①」を記載しましたが、主に購入する物件のロケーションについてでした。今回はロケーションではなく、物件自体について住んでみて分かったことを記載します。<参考ブログ>リタイアしたら住まいはどうするか1年先のアーリーリタイア後に住む家を発表します購入した1400万円の一戸建てはどんなものか、セキスイハイムの特徴リタイア後の戸建て長年マンション暮らしの生活を [続きを読む]
  • 株価暴落で保有するリートの評価も大幅減
  • 最近の株価は下降トレンドで、今日も日経平均は1,010円安になりました。終値でも2万円を割ってしまい、弱気相場のなかで当面の値動きが心配です。保有するリートの評価も大幅ダウンしてしまいました。保有リートの評価額一時期は評価益が70万円以上ありましたが、今日の終値では約12万円に減りました。日中は10万円程度の評価損になっていたので、値動きのある資産を保有すると評価額を気にしてしまいます。リートの業績は悪くない [続きを読む]
  • アーリーリタアイアしてからのクリスマス
  • アーリーリタイア生活を始めて約2ヶ月となりました。一応、有給消化中なので正式にはまだ会社員ですが、あと数日でそれも終わりです。来年になると、職業を会社員とは言えなくなるので、何か今のうちに会社員の肩書きでしておくべきことは無かったかと考えていますが、特に思い当たりません。無職になってから、何か気づくのかもしれませんが・・・。アーリーリタアイアしてからのクリスマス今年は昨年までのクリスマスと違い、ス [続きを読む]