kinsey さん プロフィール

  •  
kinseyさん: 楽しみを一つだけ
ハンドル名kinsey さん
ブログタイトル楽しみを一つだけ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kinseymil/
サイト紹介文人生の小さな楽しみ、見つけます
自由文56歳、ワーキングウーマン、リベラル。健康ナッツ(オタク)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 315日(平均6.6回/週) - 参加 2017/10/08 17:51

kinsey さんのブログ記事

  • 隙間時間でコンビニカフェ
  • 在宅介護をしてずっと家中にいると、息が詰まるように感じる時があります。 喫茶店に行くほどの時間はないけど、コンビニカフェなら5分程度で一息入れられちゃう。100円で飲めるドリップコーヒーで、介護の隙間時間でリラックスしています。 ついで買いで、コンビニのパンケーキを試してみました。温めなくても、もちふわ感で、とても美味しいのですね。このバナナパンケーキは、脂質が3.4gと低くカロリーも低くて優秀です。 ↓2 [続きを読む]
  • Dアミノ酸と疾患
  • Newton別冊「人体は’なに’で作られているのか」を読みました。→「初めてのNewton」大変分かりやすく、かつ新しい研究内容についても書かれていたので、お勧めの一冊です。私が特に興味をもった記事をご紹介しておきます。 その前に基礎知識として。 ・細胞は、私たちヒトと同様のこと(分解して作って活動する)が行われている、最小単位の生命体です。常に再生と生命活動に必要な分泌物(これもタンパク質)を作り出している、 [続きを読む]
  • 若鮎も、あとちょっと
  • 今日は大文字。これが終わると京の夏が過ぎゆく気配を感じ始めます。 夏限定の和菓子の一つに”若鮎”というのがあります。なんてことはない、求肥をつつんだ”調布”なのですが、鮎を形どっているがために、京都では夏限定なのです。 お店によって販売期間は異なりますが、祇園サンの頃から8月下旬まで、というのが共通項ではないかしら。 「冷やして食べる」という若鮎菓子を見つけたので、買ってきました。これは初めてです。各 [続きを読む]
  • 終戦記念日
  • 介護ヘルプで実家で過ごすことが多くなり、父ともよく話をするようになりました。今年92歳(大正15年生まれ)の父は、満年齢17歳の年に海軍に志願したのだそうです。 当時は技工士としての職場で3年くらい経っていたけれど、その職場からどんどん先輩たちが兵役に駆り出されていって、女性や素人の高齢男性しか残らなくなってきた。また空襲も来るようになってきたので、ここらが潮時、と判断しての志願だったそうです。17歳の青年 [続きを読む]
  • 夏とサザン
  • もう1週間前になりますが、8日夜にNHKで放映された”クローズアップ!サザン”を観ました。サザンオールスターズは、デビュー40周年なのですね。 最近、昭和のスターたちの訃報が続く中、桑田サンと仲間たちの元気そうなライブ演奏を見て、元気が出ました。 アンコール後のラストソングは「勝手にシンドバッド」で、しびれました。私は高校1年生だったと思うのですが、この曲を聴いて、「すごい。邦楽とは思えない」と衝撃を受けま [続きを読む]
  • 男枠、女枠
  • 東京医科大の入試の得点操作問題について、多くの方が意見を述べられています。 「女性差別だ」、「いや、女性医師が増えると外科医が足りなくなる」、「そもそも医師の労働環境がブラックすぎる」、「医師の数を増やすと病院経営を圧迫する」、「医療費が上がるのは困る」等々。 入試に限らず、女性の雇用や昇進を操作することは行われてきました。結果、日本企業の女性管理職比率は先進国の中で圧倒的に低いです。→ 「データブ [続きを読む]
  • お盆の脱力コーデ
  • お盆休みで実家に帰ってきています。 昨日、お墓の供花を買いに、近くのモールまで行き、そこのUNIQLOで、(大人気らしい)コットンツイルキャップを購入しました。ネイビーはラスト1点で、あとはダークグレーが2点あるだけでした。一番人気(らしい)ブラウンはもうありませんでした。(ふぅん、恐るべしSNS力) 帽子としてはやや浅め。試着するとネイビーのほうが似合ったのでそちらに。アジャスターがついているので、自分の頭 [続きを読む]
  • 治せる病気と治せない病気
  • 昨日、在宅医療の医師に診察頂き、母の抗生剤の点滴が終了しました。一週間前の血液検査結果も、持ってきて頂きました。 口頭でご連絡頂いていた通り、10倍以上あった肝臓機能の数値がほぼ正常、CRPも正常値に戻っていました。私たち(肺疾患患者)もよく気にしている臓器破壊マーカー(LDH)も正常値に入っています。 こういう結果を見ると、”治せる病気”というのは、実にすっきりしたものだな、と思います。現在の医学では”治せ [続きを読む]
  • 花ぐるま
  • 大文字焼のことを初めて知ったのは、NHKのドラマ「花ぐるま」での1シーンでした。 調べてみると、放映は1974-75年だったようです。どなたか観ておられた方、いらっしゃるでしょうか。 私の記憶では、ストーリーはこんな感じです。 『京都洛北の林業の里で育った主人公(島田陽子さん)は、自分の両親が実の両親ではないことを知る。本当の母親(三ツ矢歌子さん)は、元京都の芸妓だったのだが、赤ん坊の頃に里子に出されたのだ。 [続きを読む]
  • 五山の送り火
  • 来週からお盆休みですね。 一週間後の8月16日の午後8時から、京都では、ご先祖さまの霊をお送りするための五山の送り火が点火されます。→ 大文字焼き として知られています。 友人のマンション(11階建て)の屋上が解放されていた時は、すべての送り火を見ることができました。次々と時間差で点火されていく送り火は、まこと圧巻でした。 最初に点火される「大文字」は、人形(ひとがた)で、精霊さまを現します。南妙法蓮華経 [続きを読む]
  • 初めてのNewton
  • 図書館で司書の方が、返却本をもとの書架に戻そうとされていました。横目で見ると、何だか面白そうな本です。初めて科学雑誌Newton別冊を手にしました。 分かりやすくまとめてあり、やや難しめの漢字には、振り仮名まで打ってあります。ターゲット層が理科好きな中高生なのでしょうか?(中高年ではなく・・・) 全ページ綺麗なフルカラー印刷で、豪華本です。価格は2,300円。「そうなの?」と驚く、面白いネタがたくさんありまし [続きを読む]
  • ポリティカリ コレクト
  • Politically correct、直訳すると「政治的に正しい」、差別的なニュアンスを含まない、正しい表現のこと。男性はMr. 一本なのに、女性は未婚ならMiss、既婚ならMrs.と呼び分けるのはおかしい。一本化してMs.(ミズ)にしよう。最初は変な感じがしましたが、今はこれが普通になっています。 先日、母のお見舞いに、ひ孫ちゃんたちが来てくれました。母も目を細めて、嬉しそうにおチビちゃんたちを見ていました。 母のひ孫ちゃん、私 [続きを読む]
  • 有り難い、飯のタネ
  • 今日からまたお仕事ですね。週末介護の実家から、京都に戻ってきました。 概ね、30年の会社勤めを通して、女性だから大いに損をした、ということなく過ごせました。それは多分、私の負けず嫌いの性格を受け入れてくれる職場環境にあったのと、英語力という強味があったからかな、と思います。 英語の習得には、通訳養成所に通って勉強したことも大きかったですが、一番血肉になったのは、中1から「ラジオ基礎英語」で英語の勉強を [続きを読む]
  • 肝機能も回復
  • 先週の血液検査では、基準値の10倍以上に跳ね上がっていた肝機能を表す数値が、今週金曜日の検査では「ほぼ正常値に戻っていた」そうです。炎症数値も下がったとのこと。実検査数値は頂いていませんが、その旨の電話を、在宅医療の医師のクリニック看護師から頂きました。 このセフェム系抗生剤と補液の点滴をあと1週間点滴で続けるという指示です。点滴により、体の浮腫みや、痰が増えて苦しむ、ということも起きておらず、順調で [続きを読む]
  • 皮下点滴で一息
  • 昨日から週末介護、再開です。母は、皮下点滴で抗生物質と補液を入れて、随分回復しました。 先週は目の焦点が合わなくなっていたのですが、1週間経った今、目を覚ましている時間が増え、お話もできるようになっています。 昨日、医師が再度採血、ポータブルエコー持参で、内蔵の腫れ・胆石の有無などを検査しました。抗生剤有効との判断で、同剤をあと1週間継続となりました。 先週の医師からの「特別訪問看護指示」(訪問看護師 [続きを読む]
  • バイオ3Dプリンターって、すごい
  • 3Dプリンターは、ものづくり・工業界だけでなく、医療にも革命を起こしつつあります。 そもそも3Dプリンターって何なのでしょう? 私が初めて見た時の印象は、「インクジェットプリンターの三次元版だ」です。 家庭用パソコンのプリンターのほとんどはインクジェットタイプだと思いますが、カートリッジに入っている粉を吹き付けて、紙に印字しています。この粉の材料を変えて、層を塗り重ねていって三次元形状にしていくのが3Dプ [続きを読む]
  • プチプラファッションのお会計
  • ファッショニスタさんのブログを見るようになって、プチプラファッションに目覚めました。ジム通い、読書、旅行以外にできた、新たな趣味とも言えます。 4月〜7月の四半期支出を締めてみました。 UNIQLOxマリメッコ  10,000円その他UNIQLO+GU   8,000円バッグ、靴       18,000円女子系ワンピ、スカート 19,000円ワイドパンツ      5,000円合計          60,000円  うわぁ、浪費しちゃったな。合計する [続きを読む]
  • 千日詣
  • 愛宕山は、京都市右京区におわし、「防火・鎮火」の神さまが祀られています。清滝からゆるゆると徒歩で登っていきます。 昨日7/31の夜から本日の未明にかけて、愛宕山に登山してお詣りすることを、「千日詣」と言います。この日に1回愛宕山神社に参拝すると、千回参拝したことになる、いわば「ポイント1000倍デー」なのです。→千日詣(せんにちまいり) もう過ぎちゃったやん!もっと早く書けよ!〜誠にごもっとも。気づけば7月 [続きを読む]
  • 幸運の四つ葉のクローバー
  • 京都は一方通行の細い道が街中には多いので、タクシーは小型車が絶対的に多いです。タクシー料金のルールを変えた”MKタクシー”の存在もあって、他の地方都市に比べると、割安感があります。私が愛用しているのは、”ヤサカタクシー”なのですが、予約の”お迎え料金”がかかりません。このヤサカのロゴはクローバー(三つ葉)です。 保有の1300台のうち、4台だけが「三つ葉」ではなく、幸運を呼ぶ「四つ葉」のロゴがついています [続きを読む]
  • 血液検査は雄弁だ
  • 昨日、母の血液検査結果表を見ました。医師からの説明は受けていませんが、訪問看護師さん宛ての医師の指示書に入っていたので、それをコピーさせてもらったのです。 肝臓機能を表すGOT、 GPTが基準値の10倍以上の500超え! CRPも4.31。アクテムラでIL-6をブロックしているのにもかかわらず、です。 「食べたくない」と言っていた時に、「認知症が進んだから?」と安易に考えてしまっていました。血液検査はそういう思い込みを打 [続きを読む]
  • 抗生物質の滴下
  • 台風の暴風雨の音で、目が覚めてしまいました。瀬戸内地方を舐めるように進む、最悪の進路のようです。金曜日の医師の診察時は脱水だろうという診断だったのですが、念のため行った血液検査の結果で、胆管炎と判明しました。 老衰に薬はありませんが、胆管炎には抗生物質の治療ができます。 さっそく土曜日の午後から、(一番緩いらしい)抗生物質を、皮下点滴で入れてもらいました。点滴終了後は、また私が外して、ポート部分の栓 [続きを読む]
  • 皮下点滴、開始
  • 昨日、実家に帰ると、母の様子がおかしいので、訪問看護師さんに来て頂きました。軽い脱水症状ではないか、と疑ってのことでしたが、やはりそのようでした。看護師さんから連絡して頂き、急遽在宅医療の主治医に診察して頂けました。 「脱水だろうから点滴はするのだけれど、弱ってきているので、今後は週単位で考えていく必要がある」いうお話になりました。血液検査はしますが、徐々に衰えていく老衰とお考えで、私たち家族も同 [続きを読む]
  • 高脂肪食とIL-6
  • 昨日26日の朝のニュースで、「前立腺がんを発症させたマウスで、肥満マウスはそうでないマウスより、がん細胞の増殖が3倍速いことが分かった」というような報道をしていました。「がん細胞は糖質エネルギー食いだから、そりゃそうだろう」「肥満は乳がん発症リスクを高めることも有名だよね」などと聞き流していたら、”インターロイキン シックス*”という言葉が出てきたので、がぜん興味がわき、調べてみました。 元ネタ研究はこ [続きを読む]
  • 夏色ワンピ
  • 秋冬はダークカラーが多いですが、夏は鮮やかな色の服を着たくなります。オレンジ色の麻のワンピースを初おろし、しました。昨年のセールで買ったのですが、着るタイミングを失ってしまっていました。う〜ん、気分が上がります。↓ストンとしたシルエットで膝くらいの長さ。カジュアルっぽくしたくて、レギングスを合わせました。 この前ポチしたドットワンピ→「ショパホリック」 は、大き過ぎたので返品しました。 デザインも価 [続きを読む]
  • 瞑想とシャバーサナ
  • タイ洞窟に閉じ込められ9日間を耐えて救出された少年たちのニュースに、世界中が喜びました。その間は、体力を温存する方法として瞑想を行っていた、というエピソードに「なるほど」と思われた人も多いと思います。 私は週一回、ビンヤサヨガのクラス(60分)に参加しているのですが、割合ハードなクラスで45分経過した頃には、筋肉は活性化して心地よい疲労感を得ます。その後徐々にペースダウンしていって、最後に「シャバーサ [続きを読む]