健康ドクター さん プロフィール

  •  
健康ドクターさん: 病気の症状と治し方
ハンドル名健康ドクター さん
ブログタイトル病気の症状と治し方
ブログURLhttps://xn--68j7ar8865c0wgg2af02a57fua.com/
サイト紹介文病気の症状・原因と対策を分かりやすく説明します。病院に行く前の情報収集に活用できます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 209日(平均4.4回/週) - 参加 2017/10/08 22:07

健康ドクター さんのブログ記事

  • 胃潰瘍の原因はピロリ菌?症状と治療について
  • 胃潰瘍(いかいよう)とは、食べ物を消化する胃に傷ができている状態です。ストレスや食事の取り方の問題、ピロリ菌の感染や薬の副作用などで発症します。胃のすぐ次にある食べ物を消化する部分を十二指腸といいますが、胃潰瘍と十二指腸潰瘍を合わせて消化性潰瘍と呼びます。また女性よりも男性の方が発症する確率は高く、3倍にもなると言われています。重症な時には吐血の症状が出ることもお腹の上部分やみぞおちあたりが痛み、鈍 [続きを読む]
  • 天気痛って何?原因とすぐにできる対策
  • 天気痛とは天気によって頭痛やめまいなどの症状がでることをいいます。昔から気候と病気や痛みは根拠の解明はされていなかったものの関係はあるといわれていました。正式な病名とはされていませんが、現在では天気痛は医学的な研究が進められ認知されつつあります。天気痛は耳と密接に関係しており、酔い止めの薬や耳のマッサージが効果的です。原因は耳と脳の認識のズレ天気が変わるとわずかながら気圧にも変化がありますが、この [続きを読む]
  • 視界がギザギザに見える閃輝暗点(せんきあんてん)の治し方はない?
  • 閃輝暗点(せんきあんてん)とは、視界に異常が出る症状で、ゆらぎが見えたりチカチカやギラギラとした光が現れます。光輝性暗点(こうきせいあんてん)とも呼ばれます。症状は視覚異常が発生主に光がギザギザしたようなものが現れますが、個人差があります。目をつぶっていても続き10分から30分程、長くても1時間以内で消えます。引用元: 中村眼科(http://www.nakamura-ganka.com/cms/)閃輝暗点の症状としては視覚異常のみですが、 [続きを読む]
  • 腹膜炎の症状と原因とは?手術や入院は必要?
  • 消化器(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸など)の不調があり、急に激しい腹痛が起きたら腹膜炎にかかったのかもしれません。腹膜炎には急性腹膜炎や慢性腹膜炎などいろいろありますが、中には早く病院へ行って治療を受けなければならないものもあります。特に激痛にさいなまれる急性腹膜炎は、別の病気との合併症として発生することが多いものです。本ページでは腹膜炎について、症状や原因、検査方法、治療法などを取り上げていま [続きを読む]
  • 「体の一部をなくしたい」身体完全同一性障害とは?
  • 身体完全同一性障害とは、自分の体の一部を切断したいという欲求や脅迫観念をもってしまう症状です。日本でも世界的も症例としては多くなく、症状自体もあまり有名ではありません。英語ではBIIDという名前がつけられています。症状が体の一部があることへの不快感自分の体の一部に対し、その体がついていることをストレスに感じます。ですが、その体に対してのストレス以外では精神的にも不調と見られる部分がなく、精神疾患を扱う [続きを読む]
  • 逆流性胃腸炎のチェック方法と治し方
  • 逆流性胃腸炎という病名を聞いたことはありますか。調べてみるとなかなか検索結果に出てこないので、「もしかして逆流性胃腸炎にかかったかも」と訴える人は、胃腸炎と逆流性食道炎が入り混じったような症状をイメージして言われているのかもしれません。同じ逆流性と病名についても逆流性食道炎との違いはありますが、今回は逆流性胃腸炎にかかったかもしれないというときに本人はどんな不調を伝えようとしているのか、胃腸炎や逆 [続きを読む]
  • 逆流性食道炎の主な症状と予防方法
  • ゲップや胸焼けなどの症状は、飲み過ぎたり過食したあとには誰でも経験したことがあるでしょう。ただ、繰り返されるようであれば逆流性食道炎の可能性も考えられます。ゲップや胸焼けくらいで病院へ行く人は少ないかもしれませんが、慢性的な症状になっている自覚があるなら要注意です。逆流性食道炎だと思っていたのに、受診みたら食道がんだったということも考えられます。本ページでは逆流性食道炎がどんな病気なのか、原因・症 [続きを読む]
  • 子供の近視を治す方法とは?原因は環境・遺伝?
  • 子どもの近視は、親御さんにとって大きな心配の一つでしょう。スマホやゲーム、パソコンなどで近くを見る時間が増えている現代は、世界的にも近視が発症する年齢が低年齢化しています。香港では約4割の学童が近視であることが確認されているほど増加している中、本ページでは近視の発症原因などをご紹介していきます。これ以上近視を進行させないためのトレーニング法などもお伝えしますので、ぜひご参考になさってみてください。 [続きを読む]
  • ものもらい(めばちこ)の症状・原因・治し方
  • まぶたに異物が発症したら、もしかしたらものもらい(めばちこ)ができたのかもしれません。日本全国でものもらいの呼び名はさまざまなのですが、どこの方言でも麦粒腫と霰粒腫の2種類あることや原因・治療法など全て同じです。本ページではどのような症状が現れたらものもらいの麦粒腫や霰粒腫なのか、他の目の疾患との見分け方などについてご紹介していきます。地域によってどんな呼ばれ方をされているかなどもまとめましたので [続きを読む]
  • 過眠症はどんな症状?病的水準の眠気かチェックする方法
  • よく眠れるというと健康的で何の問題もないように思えますが、過眠症という睡眠障害の一種である可能性が考えられます。睡眠障害は不眠症が有名ですが、よく眠れる過眠症にかかっていることが原因で日常生活に支障が出ることもあります。過眠症にもいくつかの種類がありますので、どれを発症しているか正しく把握しないことには適切な対応や改善ができません。本ページは、過眠症の種類・症状・原因・治し方などについて取り上げま [続きを読む]
  • 胃もたれの原因は食事?ストレス?むかつきを早く治す方法
  • 胃もたれとは胃のむかつきや不快感などがあることをいい、胃の中にある食べたものが次の段階の消化器へ運ばれないことによって発生します。大食い早食いだけでなく、食事の内容やストレスでも発生することがあります。市販薬なども多く販売されていますが、長期的に続く時は胃がんや胃炎などの病気の場合もあるので、病院で診てもらいましょう。胃もたれはなぜ起きるのか胃もたれが発生するのは胃の中で食事がうまく消化できていな [続きを読む]
  • 不快な鼻水をとにかく早く止める方法は?でも鼻水が決して悪者ではない?
  • 体調を崩したとき、すぐに鼻水の症状にでるということはありませんか。鼻水が止まらないと集中力を欠いて仕事や家事、勉強などに打ち込むことができません。鼻水をズルズルすすっている姿はあまりいいものとはいえませんから、見た目も気になるところです。そんなとき、鼻水を止める方法があったら本当に助かります。本ページでは食べ物など普段の生活から取り組める方法から、鼻水がでたときの対処法として役立つツボ押しなどいろ [続きを読む]
  • 日本脳炎の予防接種は必要?ワクチンの副作用
  • 日本脳炎とは、ウィルス感染症の1つで、感染するウイルスは日本脳炎ウイルスという名前のウイルスです。海外では東南アジアから南アジアにかけて広く発生し、世界では年間3万から4万人ほどの感染報告があります。感染経路は豚から蚊を経て人へ日本脳炎ウイルスは人から人には感染しません。動物の体内でウイルスが増殖し、その動物の血を蚊が吸って、蚊が人に刺すことで感染します。増殖する動物は豚が多いです。日本では蚊はコガ [続きを読む]
  • 花粉症に効くヨーグルトランキング!2018年版
  • 特定の菌が入っているヨーグルトを選んで食べることで、花粉症による目のかゆみ・鼻詰まり・鼻水・くしゃみなどの症状を改善させる効果が確認されています。さまざまなメーカーからヨーグルトが発売されていますが、実は花粉症に効く菌が含まれているものばかりではないことをご存知でしょうか。ヨーグルトが花粉症対策にいいとさまざまな情報から耳にする機会が増えましたが、実は花粉症への作用が確認されていないものも多いこと [続きを読む]
  • 気分変調症の治療とチェック方法
  • やる気が起きないということは誰にでもありますが、家庭や社会に罪悪感や不適応感を抱いてしまう、そうかと思うといろいろな刺激に過剰に反応してしまう、疲れやすいなどの状態が1日間続くようなら気分変調症かもしれません。気分変調症は気分変調性障害や抑うつ神経症、神経性うつ病などさまざまないわれ方がされてきましたが、まず正式な病名を知り適切な治療を受けることが大切です。どんな症状がある場合は気分変調症の疑いが [続きを読む]
  • うつ病や双極性障害などの気分障害を発症する原因
  • 嬉しい・気分が落ち込む・上機嫌でいられるなど、感情にはさまざまなものがありますが、自分で制御できずに苦しい思いをしているなら気分障害かもしれません。気分障害は精神疾患の一つで、症状の進み具合によっては日常生活に悪影響が及ぶことも考えられます。主にうつ状態や躁状態の症状が現れ、患者さんによって分類や処方される治療薬が異なります。気分障害は発症してから治療を始める時期が早くなるほど、回復も早くなります [続きを読む]
  • うつ病とは違う?双極性障害の症状とは
  • 躁うつ病だと診断されても、自分がなるはずのない病気だと思った方が大半でしょう。診断をした医師に怒りが湧き、誤診だ、ヤブ医者だと思ったかもしれません。躁鬱病は現在双極性障害という病名で呼ばれており、ほとんどの患者さんは診断を受けてもすぐに自分のこととして受け入れることができません。ただ、双極性障害はショックを乗り越えて自分のことだと認識し、再発予防に立ち向かい始めたときに初めて改善の方向に向かいます [続きを読む]
  • 意外に身近な心の病 統合失調症
  • 日本における統合失調症の患者数は、およそ80万人だと厚生労働省のホームページで伝えられています。さらに世界人口から見て一生に統合失調症にかかる人の割合は0.7%にものぼると推定されており、100人に1人弱の人数になるということです。そんな統合失調症は決して他人ごとではなく、誰でもかかる可能性がある疾患です。本ページでは、原因やどのような症状が現れたら統合失調症だと診断されるのかについてご紹介します。現在の [続きを読む]
  • 足首(内側)が痛む原因は捻挫?骨折や病気の可能性も!
  • 足首(内側)の痛みは、ハードなスポーツをしている選手はもちろんのこと、普段の生活の中でも生じることのある異変です。特に患部が腫れていないという場合でも、辛い痛みがあればいつものように足を前側に進めて歩くことすら困難になります。そのような足首の痛みが内側にあるとしたらどんな病気の可能性があるのか、本ページでご紹介していきます。病気の発症原因、治療方法、同じ骨折という言葉が名前につく過労骨折でもただの [続きを読む]
  • 足首(外側)の痛みや腫れの原因は?
  • 足首(外側)の痛みがある場合、どんな病気が原因に潜んでいるのでしょう。病気の種類や状態によっては全く病院に行く必要がないものもありますし、逆に適切な治療をしておかないとどんどん進行するものもあります。本ページでは足首(外側)の痛みが起きる場合に、どんな病気の可能性考えられるのかをご紹介します。それぞれの特徴をご参照いただき、ご自身の症状と合っているようでしたら、治療方法など参考になさってみてくださ [続きを読む]
  • 足のむくみに注意!高齢者に多い心不全の症状と原因
  • 心不全とは心臓の働きが弱くなってしまった時に体に出る症状のことをいい、厳密には病名ではありません。心臓は人間の体の中でポンプのように血液をすみずみまで送り、更に一度集める役割をしています。その心臓のポンプが弱くなってしまうことで、体の様々な部分で症状が現れてしまいます。症状もその心不全の進行状況やどの部分に出ているかで様々なものがあります。原因は様々なきっかけがある原因は非常に様々ですが、まずは心 [続きを読む]
  • 手首(親指側)の痛みの原因は捻挫や腱鞘炎?違う病気の可能性も!
  • 手首(親指側)の痛みを感じたとき、すぐに思い浮かぶのは捻挫(ねんざ)や腱鞘炎(けんしょうえん)などではないでしょうか。実際に病院の整形外科を受診してこれらの病気だと診断されたことがあるかもしれませんが、手首の痛みは他にもさまざまな病気の可能性が考えられます。同じ手首の痛みでも、毎日繰り返し手首を酷使することが原因なら腱鞘炎など、転倒やスポーツ中のケガなどが原因なら捻挫や骨折などと、きっかけによって [続きを読む]
  • 手首(小指側)が痛い時の原因と対処法
  • 手をよく使う作業や家事を日常的に行っていて、手首(小指側)の痛みを抱えているということはないでしょうか。一過性のものならいいのですが、いくら経ってもなかなか痛みが改善・解消されないという場合は、ケガや病気から生じるサインかもしれません。手首(小指側)の痛みの症状が現れる原因として、どのような疾患が考えられるのかをまとめました。それぞれに発症する原因と治し方をご紹介していきます。変形性関節炎変形性関 [続きを読む]
  • 急性胆管炎の症状と原因 かかりやすいタイプとは?
  • 急性胆管炎といえば、これまで芸能人の出川哲朗さんやフジテレビの三宅正治アナウンサーなどが発症した病気ということで聞いたことがある方も多いことでしょう。急性胆管炎は胆管に胆石ができて胆汁が流れるのを邪魔し、細菌が感染して炎症を起こさせる病気です。肌や白目が黄色っぽくなった・腹部が痛い・寒気を感じて発熱したなどの症状がある場合は、急性胆管炎の可能性が考えられます。本ページでは症状や原因、治療方法、どん [続きを読む]
  • 白目が膨れる結膜浮腫(けつまくふしゅ)の治し方と防止策
  • 結膜浮腫(けつまくふしゅ)は花粉などのアレルギーが原因で、目の白い部分が膨れる病気です。目の白い部分が膨れるという症状があまり見慣れないため、目が飛び出ていると勘違いし、慌ててしまいがちです。ですが、目に刺激を与えずに眼科で見てもらうことで治る病気ですので、慌てずに花粉から目を防ぐか眼科にいきましょう。「白目が飛び出た」「ゼリー状にブニョブニョしている」「目が閉じにくい」「目が痒い」「赤い・ゴロゴロ [続きを読む]