ドラゴンズファン さん プロフィール

  •  
ドラゴンズファンさん: 中日ドラゴンズとプロ野球
ハンドル名ドラゴンズファン さん
ブログタイトル中日ドラゴンズとプロ野球
ブログURLhttps://dragonsnpb.blogspot.com/
サイト紹介文中日ドラゴンズファンのブログ。主に野球のことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 311日(平均5.3回/週) - 参加 2017/10/08 22:41

ドラゴンズファン さんのブログ記事

  • 小熊投手の好投で連敗ストップ
  • ナゴヤドームで行われたベイスターズ戦は5−1で快勝。投打が上手くかみ合い連敗は3でストップです。小熊投手の好投に打線も上手く繋がり、いい形で勝って連敗を止める事ができました。ストレート先発の小熊投手は8イニングを1失点に抑える好投。素晴らしいピッチングでチームの連敗を止めてくれました。今シーズン2勝目です。安定したピッチングを続けてくれました。被安打わずかに3本、10奪三振の好投です。今日は上手く [続きを読む]
  • 3度のリードを守り切れず逆転負け
  • ナゴヤドームで行われたベイスターズ戦は5−6で逆転負け。3度もリードを奪いましたが、それを守り切れず逆転負けです。チームの借金も今季ワーストの14にまで増え、上との差も広がっています。先発はガルシア投手先発のガルシア投手は6イニングを投げ3失点。調子はあまりよくなかったですが何とか試合を作ってくれました。点を取られ同点に追いつかれる場面もありましたけど、一度も逆転を許さなかった事は良かったです。1 [続きを読む]
  • 何とか1点を取るも逆転負け
  • ナゴヤドームで行われたヤクルト戦は1−3で逆転負け。8回裏に何とか1点を取るも9回表に3点を失い逆転負けです。この連敗でチームの負け越しが今季ワーストの13にまで増えました。苦しいチーム状態です。藤嶋投手先発の藤嶋投手はランナーを出しながらも粘り強く投げ、7イニングを無失点に抑える好投。ファームでの先発から中4日の登板でよく投げてくれました。ランナーを出しても内野ゴロや三振で切り抜けられた事が良か [続きを読む]
  • 初回いきなりの4失点から一度は逆転するも…
  • ナゴヤドームで行われたヤクルト戦は7−8で敗戦。初回の4失点から一度は逆転しましたけど、そのリードを守り切れませんでした。もったいない試合です。シーソーゲームを落とし、これでこのカードは1勝1敗の五分になりました。投手陣先発の小笠原投手は5イニングで4失点と試合を作れず。初回の4失点が響きました。2アウトから4点も失っているので、もったいない点の取られ方でしたね。もっと少ない失点で凌ぎたかったです [続きを読む]
  • 吉見投手が6年ぶりの完封勝利
  • ナゴヤドームで行われたヤクルト戦は3−0で完封勝利。チームの連敗が5で止まって良かったです。先発の吉見投手がヤクルト打線を最後まで0に抑え続け、大きな価値のある完封勝利となりました。3安打無四球吉見投手は9イニングを無失点に抑え今シーズン4勝目。7月8日以来の白星です。そして2012年以来6年ぶりの完封勝利です。3安打無四球に抑える素晴らしい内容でした。球数も103球と少なく吉見投手らしいピッチン [続きを読む]
  • マツダスタジアムで延長サヨナラ負け
  • マツダスタジアムで行われた広島戦は延長11回にまでもつれ込みましたが、2−3で延長サヨナラ負けとなりました。この球場で珍しく投手戦となりましたけど、最後に力尽きサヨナラ負けです。このカードは残念ながら同一カード3連敗です。そしてチームの連敗も5にまで伸びました。せっかく5連勝しましたけど、そこから5連敗と苦しい状況です。笠原投手先発の笠原投手は球数こそ多かったですけど粘り強く投げ、6イニングを2失 [続きを読む]
  • 100試合目
  • マツダスタジアムで行われた広島戦は5−7で負け。シーソーゲームを落とし連敗です。これでチームの連敗は4にまで伸びました。今日で今シーズン100試合目となりましたが、44勝55敗1分と11も負け越しています。ミスと失点先発の小熊投手は6回途中5失点(自責点は3)。味方のミスや不運な失点もありましたね。とくに序盤はいいボールを投げていましたし、最低限試合は作ってくれました。7奪三振と三振を奪えていたの [続きを読む]
  • ガルシア投手が序盤に5失点
  • マツダスタジアムで行われた広島戦は2−6で敗戦。投打ともに上手くいかず完敗です。これで3連敗となりチームの借金も再び二桁の10にまで増えました。立ち上がり先発のガルシア投手は初回に3点を取られるなど、序盤に5点を失い4イニングでの降板となりました。苦手としている立ち上がりに崩れてしまい、そこから立ち直れず試合を作れなかったです。序盤にこれだけ点を取られると苦しくなりますね。守備の方も含め野手陣も援 [続きを読む]
  • 今村投手にプロ初完封を達成され連敗
  • ナゴヤドームで行われた巨人戦は0−2で完封負け。巨人の今村投手にプロ初完封を達成され連敗です。投手陣の方は2失点に抑える事が出来ましたけど、打線の方が援護できませんでした。2失点先発の山井投手は7イニングを2失点に抑え試合は作ってくれましたが、打線の援護がなく5敗目となりました。4回に2点を失いましたけど粘り強く投げ、崩れずに試合を作ってくれましたね。球数130球の力投です。8回は又吉投手が9回は [続きを読む]
  • 連勝は5でストップ
  • ナゴヤドームで行われたジャイアンツ戦は4−6で敗戦。連勝は5でストップとなりました。勝ち切りたい試合ではありましたけど、いつかは連勝が止まるのでこればかりは仕方がないです。このカードの勝ち越しを決めるためにも明日が大事です。来日初黒星前回の登板ではプロ初完封を達成した先発の小笠原投手は、5イニングで4失点と今日は試合を作れませんでした。初回から状態がいまいちで球数も多かったです。菅野投手にタイムリ [続きを読む]
  • 最後は押し出しの四球でサヨナラ勝ち
  • ナゴヤドームで行われた巨人戦は4−3で勝利。最後は押し出しの四球でサヨナラ勝ちとなりました。ラッキーな形の勝利でしたけど連勝も今シーズン最多の5にまで伸びましたし、勝つことが出来て良かったです。セットアッパー先発の吉見投手は7回途中2失点という結果でした。6回までは無失点に抑えていましたけど、7回の2失点だけがもったいなかったですね。試合は作ってくれたのでそこは良かったです。次は白星をつけてあげた [続きを読む]
  • 6月8日以来
  • ナゴヤドームで行われたタイガース戦は8−5で勝利。このカードは2連勝で勝ち越しです。チームの連勝も4にまで伸びました。4勝目怪我の影響で公式戦では6月8日以来の登板となった松坂投手は5イニングを2失点に抑え4勝目を手にしました。オールスターで1イニング投げていますけど、公式戦での復帰登板で勝ち投手になれて良かったです。正直に言えば内容はよくなかったですが、それでも崩れずに粘り強く投げられました。今 [続きを読む]
  • ナゴヤドームで9勝目
  • ナゴヤドームで行われた阪神戦は7−2で勝利。大事な初戦を取れて良かったです。チームは3連勝となり借金も一ケタの9にまで減りました。ガルシア投手先発のガルシア投手は7イニングを2失点に抑え今シーズン11勝目。勝ち頭のガルシア投手で勝てて良かったです。ガルシア投手は好相性のナゴヤドームでは9勝目となり、この球場で9勝2敗の成績と大きく勝ち越しています。今日はあまり調子がよくなさそうでしたけど、粘り強く [続きを読む]
  • 小熊投手の今シーズン初勝利やロドリゲス投手の来日初登板
  • 東京ドームで行われたジャイアンツ戦は9−2で勝利。序盤の大量得点で快勝となりました。何とか後半戦初の勝ち越しを決められて良かったです。ストレート今シーズン1軍では初の登板となった小熊投手は5イニングを2失点に抑え今シーズン初勝利。初回から味方の援護もあり勝つ事が出来ました。初回のピンチを無失点で切り抜けられた事が大きかったですね。もう1イニング投げられたらよかったですけど、何とか試合は作れましたし [続きを読む]
  • 小笠原慎之介がプロ初完封
  • 東京ドームで行われた巨人戦は4−0で勝利。小笠原慎之介投手が嬉しいプロ初完封勝利です。前日の試合はノーヒットノーランと残念な負け方だったので、今日の試合をいい形で勝てて良かったです。投げ合い先発の小笠原投手は巨人打線を0に抑え続け、球数136球の力投で完封勝利です。よく一人で投げ切ってくれました。9イニングを被安打3、奪三振9に抑えるナイスピッチングです。序盤こそピンチを作る場面もありましたけど、 [続きを読む]
  • ノーヒットノーラン
  • 東京ドームで行われた巨人戦は0−5で完封負け。そして山口俊投手にノーヒットノーランを達成されました。とても残念な負け方でしたね。ノーヒットノーランをされてしまい完敗です。打線の方は大島選手の四球のみに終わり、苦手としている山口俊投手を攻略できませんでした。いい当たりは少しだけありましたけど、それも相手の好守に阻まれましたね。ノーヒットノーランを達成されてしまった事を今後の糧にしてもらいたいです。そ [続きを読む]
  • 痛い連敗
  • ナゴヤドームで行われたベイスターズ戦は4−5での負けに終わりました。ホームで痛い連敗です。借金も今シーズン最多の11にまで増えました。かなり厳しいチーム状態です。4回途中で降板先発の吉見投手は序盤から失点を重ね4回途中での降板となりました。4回途中5失点です。先発投手があれだけ早い回に降板してしまうと苦しいです。最近の吉見投手は状態が落ちてきていますね。4回途中からは福谷投手、佐藤投手、岩瀬投手、 [続きを読む]
  • 浜松で笠原投手が今シーズン初勝利
  • 浜松球場で行われたベイスターズ戦は11−4で勝利。打線が繋がり11得点で快勝となりました。チームの連敗も止まって笠原投手に今シーズン初勝利もつきましたし、いい形で勝てて良かったです。1勝目先発の笠原投手は6イニングを3失点に抑え今シーズン1勝目。やっと1勝目を手にする事が出来ました。序盤はあまりよくなかったですけど、中盤以降は粘り強く投げ試合を作れましたね。崩れなかった事、7奪三振と三振を奪えた事 [続きを読む]
  • 負け越しが二桁
  • 神宮球場で行われたヤクルト戦は4−5で負け、同一カード3連敗に終わりました。神宮球場では7連敗です。そしてチームの負け越しが10にまで増え、ついに負け越しが二桁になりました。この連敗によってかなり苦しくなりましたね。ここから浮上していくのは不可能ではないですけど、かなり厳しい状況です。神宮球場先発の大野雄投手は5イニングで4失点と試合を作れませんでした。今シーズン5度目の登板でも結果が出なかったで [続きを読む]
  • 神宮球場で3度目のサヨナラ負け
  • 神宮球場で行われたヤクルト戦は5−7でのサヨナラ負け。これで今シーズン神宮球場では3度目のサヨナラ負けです。この球場での連敗も6まで伸び、なかなか連敗を止められません。投手陣が崩れる試合が多いですね。投手陣先発の小笠原投手は6回途中2失点。5回までは無失点を続けていましたけど、6回に2点を失いイニング途中での降板となりました。いいピッチングを続けていただけに6回がもったいなかったです。ここが小笠原 [続きを読む]
  • 神宮球場で山井投手が7失点
  • 神宮球場で行われたヤクルト戦は4−9での負けに終わりました。ヤクルト打線に効率よく点を取られてしまいましたね。試合を作れず先発の山井投手は6回途中7失点と試合を作れませんでした。先発投手がこれだけ点を失うと苦しくなります。今日の山井投手は被安打7本のうち6本が長打と、ヤクルト打線に長打をかなり打たれました。ホームランを3本、二塁打を3本打たれています。7回に投げた岡田投手も2点を失い、投手陣全体で [続きを読む]
  • 福敬登の支配下登録と小川龍也のトレード
  • 福敬登投手が支配下登録されたのと、小川龍也投手のトレードが発表されたので、今回はそれについて取り上げていきます。背番号34昨シーズン左肩を痛め育成選手となっていた福敬登投手が支配下選手登録されました。怪我が治り支配下選手に戻れて良かったです。背番号は前につけていたのと同じ34番となりました。福投手、支配下選手登録おめでとうございます。6月にファームで実戦復帰し、そこから10試合連続無失点と結果を残 [続きを読む]
  • 3年ぶりの二桁勝利
  • ナゴヤドームで行われたカープ戦は5−0で完封勝利。3戦目は勝って何とか同一カード3連敗は避けられました。ガルシア投手オールスターでの登板から中4日で先発したガルシア投手は8イニングを無失点に抑える好投。7回までカープ打線をノーヒットに抑えるなど素晴らしい内容でした。初回に作ったピンチを無失点で切り抜けられた事が大きかったですね。2回以降は安定感のあるピッチングでした。8イニングを被安打1の無失点に [続きを読む]
  • 11安打で1得点、被安打9で5失点
  • 本拠地ナゴヤドームで行われた広島カープ戦は1−5で敗戦。これで後半戦は痛い連敗スタートです。苦しい展開が続いていますね。首位を走る広島カープと下位に沈む中日ドラゴンズとの差が出た連敗です。打線今日のドラゴンズ打線は11安打を放ちながらも、わずかに1点しか取れませんでした。5回に松井雅選手が放ったタイムリーによる1得点です。ランナーを出しても、それを活かせない場面が目立ちました。後半戦が始まってから [続きを読む]