リバーサイドカフェ さん プロフィール

  •  
リバーサイドカフェさん: 自分となかよく生きていく
ハンドル名リバーサイドカフェ さん
ブログタイトル自分となかよく生きていく
ブログURLhttp://riverside8780.blog.fc2.com/
サイト紹介文50代主婦の小さな暮らしを綴ります 家族の問題に悩みながらも 気分転換や節約生活に励みます
自由文親の介護のため正社員を辞めてパートの仕事に
転職。収入は5分の1になり、ほとんどキャリアを生かせない現在の仕事に失望しながらも、少しでも収入を得るため、社会とつながるためにがんばってます。収入減のための節約生活は、お金をかけずに楽しむことを教えてくれました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 309日(平均2.9回/週) - 参加 2017/10/09 10:36

リバーサイドカフェ さんのブログ記事

  • だれかに似た人
  • 里帰りの特急で隣り合わせたミドルエイジの女性について彼女の服装は涼しげなブルーのボタニカル柄のチュニックに真っ白なクロップドパンツトリーバーチのフラットシューズ一粒ダイヤのピアスに時計も指輪もカルチェ・・・ちょっとゴージャスでおしゃれなおばさんだ(同年代の同性だとつい観察してしまう・・・)電車が動き出すとおもむろにゴヤールのトートバッグから取り出したのは、ラップに包んだおにぎり2個いかにも、急いで [続きを読む]
  • 目からウロコの家計簿術
  • 節約術や家計簿術って山ほどある正社員をやめて収入が激減したとき、これからはしっかり節約しないとまずいと焦りまずは家計簿をつけ始めたでも、わたしって家計簿をつけるの苦手みたいレシート見ながら記入することに精一杯で結果を家計管理や節約にどう生かせばいいのか?どうせ出ていくものは出ていくんだからもう、家計簿やめようかなあなんて思っていたお盆休みでゴロゴロしながら、撮りためてあったTV録画を見ていたら、(あ [続きを読む]
  • プレバト 炎帝戦
  • 毎週楽しく見ているプレバト今週は俳句の炎帝戦の決勝だった5人の名人と予選から勝ち上がってきた2人の特待生の計7人で争う夏のタイトル戦だ今年は無冠の帝王梅沢さんが悲願の優勝を果たしたお題の写真は昭和懐かしい「ラジカセ」だった昔私が持っていたのと全く同じものだったのでびっくり 中学の時、やっと買ってもらったソニーの黒いラジカセカセットテープ自体、最近お目にかからないけどこのレトロなラジカセでどんな句が詠 [続きを読む]
  • おすすめですよ
  • おかげさまで、転倒後の膝や脇腹の痛みはピークを過ぎたよう安静にしていればどうにか耐えられるレベルに落ち着いてきた台風13号も東京は大きな影響はなさそうだがまだ、雨風の強い地域の皆様十分気を付けてお過ごしください強風にあおられて転倒などしませんように・・話は変わりますが、今年は酷暑なので家にいると、ついつい冷蔵庫を開けてしまう夫も私も甘いもの好きなので、いつも冷凍庫には箱アイスが常備されている暑くて食 [続きを読む]
  • 整形外科受診
  • 土、日曜日が病院が休みだったので、週明けの昨日やっと受診することができた以前お世話になった隣駅の整形外科評判がよく、患者さんがひっきりなしだとにかく先生がよーく話を聞いてくれるし、先生自らよく動く、よく動く・・・・診察室⇔処置室⇔レントゲン室を行ったり来たりなので、看護師さんたちもテキパキ動きしかも、応対がていねいで親切なのだレントゲン撮影では、骨折はしていない模様コルセットをして安静にしているし [続きを読む]
  • 夜も眠れない
  • 金曜日の出勤途中に転倒してから時間が経つほど、痛みがひどくなってきた痛いところは2か所転んだ時に強打した右膝と変なふうに捻ったのか右脇腹もすごく痛い傷の方は特大サイズのハイドロコロイドパッドでしっかりガードしたので、動かさなければ大丈夫そうだでも、どんどんひどくなる腫れが気になるそれより辛いのが、脇腹というか肋骨?痛くて寝返りが打てない人って一晩でこんなに寝返りするんだということが痛いほど(文字通 [続きを読む]
  • 転倒
  • 出勤途中の道路で少しの段差でつまずき、(マンホールの蓋が陥没していた)思いきり派手に転倒してしまった人通りの多いところで、そばにいた2,3人がびっくりして駆け寄ってくれたが(意識を失って倒れたと思ったのね)痛いより、恥ずかしいほうが上で「大丈夫です!!」(キッパリ)と起き上がり、急いでその場を立ち去ったがすぐに膝がじんじんと痛み出したさらに脇腹もずきずきし始めた職場についてから、パンツの裾をめくりあげ [続きを読む]
  • 地味にウレシイ ‼
  • やりました ‼漢字検定2級に合格しました今年のお正月から勉強を始めサビ付いたわが脳を嘆きながらこのブログで受ける宣言をしてしまったことを後悔しつつだらだらと勉強を続けてきました一冊の問題集だけを何度も繰り返しそれ以外の勉強はせず(できず?)6月にダメもとで受けてみました試験の2か月前からちょうど実習中だった二男の生活リズムに合わせて朝4時に起きる生活が続いたおかげで早朝から問題集に向かう習慣がつきま [続きを読む]
  • 父の書斎
  • 父も母も読書家だったので実家には結構な量の蔵書がある父の定年退職後、あちこちの部屋や押し入れに分散していた本を整理し、一か所に収められるような書斎をつくった12畳ぐらいの部屋の3面に書棚が設置され、文学や歴史の全集、画集、百科事典、小説の文庫本と単行本、趣味の本、実用本、父の仕事関係の本(政治・経済)などが所狭しと並んでいる(今は半分物置きと化しているが)定年後、父は趣味で油絵を始め、この部屋にこも [続きを読む]
  • アカガミ
  • 今年の夏は猛暑なので涼しい部屋に籠り、ずっと本を読んでいたい・・・というわけで、図書館からいろいろ借りてきた話題の新刊や人気作家の本は貸し出し中でなかなか借りられないので、手あたり次第、いろいろ借りてみるというのが今の私の読書スタイルだ「時間の無駄だった」とがっかりする本もあるが「これは!!」と思う新しい本(作家)との出会いもある最近読んで面白かったのが窪美澄の「アカガミ」という小説だ(これ以降、多 [続きを読む]
  • 心配事
  • 義母が運転免許を返納することになった今年の新年会ではもう一回だけ免許更新して90歳まで乗りたいと宣言していた義母だったがあきらめることになったきっかけは、愛車をぶつけたこと廃車するしかないほどの壊れようで義母自身は無傷だったが新車を買う気力もなくしたらしい人身事故でなくて本当によかった !!家族一同、ほっと胸をなでおろしているが、買い物に通院に趣味やランチにと毎日のように車を使っていた義母の生活は大き [続きを読む]
  • 土用の丑の日だけど
  • 夏バテ気味で、食欲がない昨日は土用の丑の日だったが、今やウナギは庶民には手が届かない高級品職場仲間とのランチでは若者たちはガッツリ系(肉)に出掛けて行き、我々おばさんたちはあっさり系で滋養があるものが食べたいと雷門の「浅草むぎとろ 本店」に出掛けた店内はやはり、ご年配のグループが多かったかなとろろもあっさりとおいしかったし、せいろで出される麦めしにもさらさらと箸がすすみ食欲がない時はおすすめだでも [続きを読む]
  • 上達はしないけど続けよう
  • ピアノを習い始めて5か月目美しい旋律に浸るひと時は心が洗われるようで、とてもリフレッシュできるレッスンスタジオはおしゃれな空間で、しばし日常を忘れられるでも、若い人たちのようにすぐには上達しないことが最近、しみじみと身に染みてわかってきた複雑な楽譜になるとなかなか覚えられないのだ忙しかったり、疲れてたりして一日、二日練習を休むとすっかり忘れている3歩進んで2歩下がる状態でわれながらがっかりしてしまう [続きを読む]
  • テレビからの〜 新しい趣味!!
  • 正社員を退職してしばらくは介護の隙間時間にすることがなく、テレビばっかり見ていた時期があったニュースもワイドショーも連ドラも健康番組も・・と気が付くとすぐにテレビのリモコンを手にしているこれが、リタイア生活というものかと実感したがわびしくなってきたのも確かである母を送り、父の体調も落ち着いた今は、パートでダブルワークもしているしピアノや図書館通いも始めたので、以前ほどテレビ漬けの生活ではなくなった [続きを読む]
  • バス友
  • 週に3日ほど働いている職場Aには健康のため30分くらい歩いて出勤していたが、梅雨明け後は、バスに乗って出勤するようになった朝からギラギラの太陽に照り付けられて30分も歩くと汗が滝のように流れ、化粧も流れ落ち、すぐには仕事にならない状態・・バスだと待ち時間込みでも15分くらいで到着するし、なにより、冷房が効いていてとても快適なのだそれに車内は空いていていつでも座れるので、満員電車とは大違いだいつも同じバス停 [続きを読む]
  • リバーサイドカフェ その3
  • 最近出掛けたリバーサイドカフェは蔵前の問屋街にある「シエロイリオ」隅田川沿いの古い倉庫をリノベーションしたカフェレストランだテラス席は開放的で隅田川からの風が心地よいし2階席からはスカイツリーも眺められるが、この日は天候のせいもあり、1階窓側席に通された静かな良い席だが眺めはイマイチ・・・・日替わりパスタランチをオーダーした貝柱と高菜の和風パスタはあっさりとした飽きのこないお味だがパスタより、たっぷ [続きを読む]
  • くまさんのハンカチ
  • 大変なことになっています「数十年に一度の記録的豪雨」が毎年のように日本各地を襲います大きな被害に遭われている地域の皆様心よりお見舞い申し上げます恐怖や疲労で辛い思いをされているでしょうが、声を掛け、励まし合い、助け合って頑張ってください 乗り越えてください6月に続き、7月も大切な人の命日があるずっと憧れてきたステキな女性だった職場で出会った2歳年上の先輩偶然にも私の高校の卒業生だったので、特に目をか [続きを読む]
  • 本気で減らすぞ!!
  • 以前、「住居の悩み」というタイトルで書いたが、いよいよ転居することが現実的になった夫が定年を迎え、二男が就職したら、2,3年後にはどこか別の家に引っ越すことになる近隣の新しいマンション(都心)かもしれないし郊外の一軒家になるかもしれないそして、場合によっては東京を離れるかもしれない・・・いずれにせよ、少しでも引っ越しを楽にするために本気でモノを減らそうと決心した老後に向けた「断捨離」も今までなかなか [続きを読む]
  • 真夏のデパート
  • 梅雨明け以降、連日真夏日です週末帰省したばっかりだし、今日は仕事が休みだし、一日ぽっかり空きましたいろいろやりたいこと、やらなければならないことがあったのだけれど、夏バテでしょうか?だるくて、全然やる気が出ない前回のブログにも書いたのだけれど、ホント、私夏に弱くなってしまいました・・・・今日も朝からすごく蒸し暑くて、一日引き籠っていたかったけれど日傘が壊れてしまったのを思い出し、久々にデパートに出 [続きを読む]
  • さらば夏の日
  • 「さらば夏の日」昔、こういうタイトルのフランス映画があったような?若いころは、夏の似合う女の子になりたくてはじけるような小麦色の素肌に憧れていましただから強い夏の日差しもなんのそのコパトーンなんか塗ってバンバン日焼けしてたなあ(日焼けサロンなんてなかったし・・)夏休みは、サザンをBGMに海へ山へと出かけ、「夏」という非日常を満喫していたなあバイトと遊びに明け暮れて暑ささえも楽しかったけれど、何も考え [続きを読む]
  • 晩年の母
  • 長い間、悩み苦しみながらも父に添い遂げた母でしたあんなに婚家を嫌がっていたのに、父の定年退職後は、父の実家に移り住み、義両親の介護を続けました母には昔から、弱っている人・困っている人から頼られると嫌と言えず「自分に与えられた使命」と思い込んでしまうところがありました実母が亡くなり、高校受験をあきらめた時も、実父が病気になり、東京から戻ってきた時もそうでした義両親が年老いて、寝たきりになると覚悟を決 [続きを読む]
  • 生きづらい人
  • 逆境に負けず立ち向かうタフな人運命を受け入れる器の大きい人周囲と折り合いを付けながら柔軟に生きる人自ら人生を切り開いていく前向きな人私の母は、残念ながらそんな強さを持ち合わせていませんでした母は純粋で、生真面目で、白黒はっきりしないことが嫌いでした本音と建前が使い分けられずおべっかや社交辞令や皮肉が分からず言葉通りに受け取る人でした「こうあるべき」というこだわりが強く融通がきかない、頑固者で人と同 [続きを読む]
  • 引き籠る母
  • 子どもの頃から、生真面目で努力家で成績優秀だった母ですが、(それが母のアイデンティティーでした)嫁ぎ先では「労働力」としてしか評価されず舅姑や小姑から「身体が弱く働かない嫁」「気が利かない嫁」とまるで価値のない人間であるように言われ続けました夫の父(私の祖父)が何度も選挙に出るのも、そのたびにお金を無心されるのも、票集めのために選挙区の人に頭を下げ続けるのも、心にもない「おべっか」や「お世辞」を言 [続きを読む]
  • 適応障害?
  • 次期皇后のM子様が心身の不調でしばらくご公務をお休みしていた頃私は初めて「適応障害」という病気があることを知りましたそして、私の母も同じ病気だったのではないかと思うようになりました外務省キャリアとしてバリバリ仕事をなさっていたM子様ですが、結婚して皇室に入られたことで、自身の生き方は大きく制限され、男子を産まなければという大きなプレッシャーもあり、次第に心を病んでしまったということです皇室の方とわが [続きを読む]
  • 父との結婚
  • 東京から戻り、地元で教師になった母はすでに27歳になっていました当時は立派な「行き遅れ」です心配した知り合いが次々と縁談を持ってきたそうですでも、田舎では母の気に入る高学歴の相手はなかなか見つからず、このまま独身でもいいかと思っていた頃、私の父を紹介されます父は農家の長男でしたが、旧帝大卒の勤め人でした縁談の中で父の学歴はぴか一でした母は学歴に惹かれ、父と会うことにしました(これは母自身から聞いた話 [続きを読む]