かしのたかひと さん プロフィール

  •  
かしのたかひとさん: かしのたかひとマインドマップ
ハンドル名かしのたかひと さん
ブログタイトルかしのたかひとマインドマップ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kashibou/
サイト紹介文映画プロデューサー・上場企業社長を経て神戸市長選に2度挑戦するも惜敗。現在 兵庫県議会議員。
自由文地域政党・神戸志民党代表。地域政党連絡協議会代表。かしのたかひと公式HP
http://www.kashino.net/index2.php
著書「情熱革命」「無所属新人」「おしい!広島県の作り方」「人口減少時代の都市ビジョン」映画プロデュース「NANA」「るろうに剣心」など60作。総務大臣賞1度、観光庁長官賞2度受賞。第二回マニフェスト大賞(2017年) 優秀賞受賞。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 12日(平均8.8回/週) - 参加 2017/10/09 13:27

かしのたかひと さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 50議案中2議案だけ反対の場合、賛成するか反対するか?
  • 県議会にて決算の審議。 例えば、50議案あって、そのうち2つに反対だとするとどういう態度を取るか? 48議案賛成だから、全体感として「賛成」でいいのでは?いや、2議案の重さによる。2つが重要案件なら議案数の問題ではなく「反対すべき」? 兵庫県議会は自民党が過半数の議席を握っているので自民党が賛成すれば結果は全て賛成となる。 当局側に緊張感も何も生まれない。自民党さえ事前に根回ししておけばいいのだから。 そ [続きを読む]
  • 「怒る」と「叱る」
  • 今朝の神戸新聞に、ラグビー元日本代表監督の平尾さんの「人を叱る時の4箇条」が紹介されていた。 人格を責めない、あとから必ずフォローする、人と比べない、長くはやらない。 相手を思い、次の成長に繋げようという気持ちが感じられる。 私は、これに「感情的にならない」を加えている。それが「叱る」と「怒る」の違いだと思う。 感情的になる場合、ほとんどが「憂さ晴らし」や「相手を負かす」ことが中心になっている。 「頭 [続きを読む]
  • 自公政権は「政治の安定」を本当につくっていたのだろうか?
  • 野党がバタバタしているから、なんとなく自民党優勢の速報が流れている。 が、今日の神戸新聞の記事。・憲法に基づく臨時国会召集を3ヶ月も拒否した揚げ句、ようやく開いたかと思えば審議もせずに解散。 ・森友・加計問題の追求逃れの思惑は明らか。 ・南スーダン国連平和維持活動の日報隠し。 ・いわゆる「共謀罪」法の強行成立。 加えて、・度重なる議員の不祥事や失言 ・まともな答弁が出来なかった大臣 ・大義なき「今なら負 [続きを読む]
  • 神戸志民党が無くなる日
  • 平野幹事長が離党してから「神戸志民党は大丈夫か?」「無くなるのか?」「どこかと合併した方が良い」などと心配して声をかけてもらっています。 ご心配なく。無くなりません。 もともと、神戸志民党は神戸リメイクプロジェクトを母体にして立ち上がった地域政党です。 神戸リメイクプロジェクトは3つの目的を持っていました。「市役所改革」「議会改革」「市民と企業の活性化」。 「市民と企業の活性化」では市民の政治意識の [続きを読む]
  • 不正相次ぎ、市議が5人辞職しても争点じゃない?
  • 数千万円にも及ぶ神戸市会の政務活動費不正問題。 久元候補は「市政とは関係ない。市長の責任で解決できない。ワイドショーで映っているだけの理由で、争点として取り上げるような不毛な選挙を戦いたくない」 神戸市役所の市会事務局によると「市長は政務活動費の廃止や減額を盛り込んだ条例改正案を提示できるが、市会の議決が必要となる。市長が一方的に支給を止めることも制度上は可能」。 松田候補は、「市議が税金をだまし取 [続きを読む]
  • マニフェスト大賞 優秀賞を受賞しました!
  • 政策本位の政治を目指す全国の首長や地方議員、市民らを表彰する「第12回マニフェスト大賞」(マニフェスト大賞実行委員会主催、毎日新聞社・早稲田大学マニフェスト研究所共催、株式会社共同通信社後援)の「優秀賞」38件が決定し、神戸志民党も38件のひとつに選ばれました! 今回の応募は2597件で、過去最多。優秀賞の中から各部門の最優秀賞と最高位(グランプリ)のマニフェスト大賞が選ばれ、11月2日に開かれる授 [続きを読む]
  • 明石海峡公園整備事業に反対した理由
  • 本日の本会議で議案となった「国営明石海峡公園整備事業についての神戸市負担額の決定」に反対した理由をお伝えします。 本議案は「神戸市の負担額の決定」という議案ですが、それ以前に「そもそも22年前に総事業費958億円で計画された国の事業を継続することが当たり前のように予算化され、県市も負担していくことを一旦立ち止まって見直すべきではないか」という問題提起の意味で反対討論しました。 本事業の淡路地区の総事業費 [続きを読む]
  • 選挙モード一色になってきました。
  • 選挙モード一色になってきました。 どことどこが組むとか、勝ち負けの予想とか。確かに「選挙は勝たないと意味が無い」と言いますが、「勝つために魂を売って政治をする意味も無い」と私は思います。 「どういう日本にしていくのか」「その方法論は」など政策議論をしっかりしてもらって良い選挙になることを期待したいと思います。 この大激動のしわ寄せで、本当に努力してきた友人が、なぜか無所属で戦うことになってしまいまし [続きを読む]
  • チャンスはピンチの顔をしてやってくる。
  • マスコミも希望の党一色。県議会もその話題で持ちきり。ちょっとした、いや凄い台風。 しかも、ウチは幹事長の離党で支援者のみなさんにご心配をおかけしてこれまた申し訳ないです。 が、樫野はこんな経験もたくさんしてきましたし、逆境にも全然ヘコタレません。 チャンスはピンチの顔をしてやってくる。 改革はたった一人の情熱から始まります。 幸い、今はまだまだ多くの心強い仲間がいます。 地に足つけて前に進むだけです。 [続きを読む]
  • 残念なお知らせ
  • 本日、ご本人から発表されましたが、幹事長の平野章三議員が神戸志民党を離党することになりました。 党設立から4年、2人3脚でやってきたのでとても残念ですが、神戸市長選挙に私が出馬しないこと、私に代わる候補を擁立できなかった事が要因です。 慰留致しましたが、ご本人の意思も固く、党幹部と話し合った結果、受理しました。 平野章三議員の今後の活躍をお祈りするとともに、神戸志民党も抜本的な立て直しをしたいと思い [続きを読む]
  • 義をみてせざるは勇なきなり
  • 勝谷誠彦さんの有料メルマガ「xxな日々」に、土曜日に西区の香川真二くんの応援に来てくれた話が掲載されていた。 「いくつか所要がたまっていたのでこちらの家にきたのだが、それでもひとつは選挙からみだった。選挙に関係ないとふるさとに戻ってこないのかと言われると辛いが。昨日は神戸市議会の補欠選挙の候補者の応援に来た。地元記者にメールで聞かれた。「市議選の補選に東京からわざわざ来るというのは、どういうわけです [続きを読む]
  • 日本の文化財保存にかける予算は少なすぎる?
  • お世話になってる方に薦められて、デービッド・アトキンソンの「新・観光立国論」を読みました。 「最近、修理が終わって再オープンしたお城があります。口コミも出始めていますが、残念ながらマイナス評価が多いようです。」 これは姫路城のことですかね?日本の神社仏閣はパンフレットも内容が薄く、拝観してもそこで何が行われ、どのように使われたのか、外国人にはさっぱりわからない、本当に伝えるべき説明が全く伝わってい [続きを読む]
  • 自民党の3つの大罪
  • 古賀茂明氏の「日本中枢の狂謀」にはこんな一節がある。 日本中枢の狂謀 Amazon 日本が抱える大きな問題はほとんど自民党政治の結果である。 今、自民党でもっとも人気のある若手政治家K氏は(これって小泉進次郎氏?)古賀氏の講演を聞いて、それをこう要約したという。 「自民党の3つの大罪は、?900兆円超の借金大国にしたこと?少子高齢化を放置して社会保障の基盤を危うくしたこと?原発の安全神話を作り福島の事故を招 [続きを読む]
  • 過去の記事 …