ウォーレン神 さん プロフィール

  •  
ウォーレン神さん: 倹約なる投資家 ウォーレン神
ハンドル名ウォーレン神 さん
ブログタイトル倹約なる投資家 ウォーレン神
ブログURLhttps://warrengod.blogspot.jp/
サイト紹介文億り人に向かって株式投資戦略(米中日)、倹約、格言、英語など。ウォーレンバフェット氏をこよなく敬愛。
自由文株式投資に関するブログ運営をしています。
私自身が個人投資家で、主に海外の株式を中心に日々の所感や考えを書き込んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 11日(平均10.2回/週) - 参加 2017/10/09 20:27

ウォーレン神 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • コツコツと
  • ウォーレン神です。ポートフォリオ銘柄であるIBM社の決算が復活の兆しですね。待った甲斐がありました。先日も量子コンピューティングの記事で扱った通り、徐々に研究や事業開発の成果が出てきてますね。結構、社員も苦しんでいたのは聞こえてきていましたが、さすが長期大型企業、なんとか底力を出してきましたね。ウォーレン神も何度も売りたい衝動に駆られてきましたが、我慢してよかった♪仕事をしていても思うのですが、やは [続きを読む]
  • 銘柄研究_LRCX_ラムリサーチ
  • ウォーレン神です。ポートフォリオ銘柄であるラムリサーチ社("LRCX")について紹介します。アメリカのカリフォルニア州に本社を持ち、中国の広東州生まれの、ベトナムのチャイナタウン育ちのDavid K. Lam氏が1980年に創設した会社です。苦労して一代で築かれたエンジニアの方です。最近の株価と決算も順調ですね。何を事業としている会社かというと、集積回路(Integrated Circuit; "IC")の製造過程の一部である、成膜・エッチン [続きを読む]
  • 事業潜在力
  • どうもウォーレン神です。今後ウォーレン神は、ときどきポートフォリオ銘柄を一つとりあげて銘柄研究の記事を書いていきたいと思っています。ただ、その前に私の考えを。ウォーレン神はなるべく銘柄研究にあたっても、日々飛び込んでくるニュースや短期的な株価の上下に左右されないように気をつけています。(たまには取り扱いますが)それは、なぜか。ウォーレン神は企業の長期的な事業潜在力を見ているからです。それには会社の [続きを読む]
  • 敬愛するウォーレンバフェット氏
  • ウォーレンバフェット氏。ウォーレン神は心から敬愛しています。氏がどのような方かは、これだけ有名になりましたので、世の中に情報があふれかえっていると思いますので、基本情報はそちらを参考にしてみてください。それとは離れて、今日は私なりのバフェット氏の理解と、それを基にした私の基本的な考えを改めて整理したいと思います。バフェット氏は、数字、投資、経営者の申し子と言えると思います。(断っておきますが、愛情 [続きを読む]
  • IBM_量子コンピューティング
  • どうも、ウォーレン神です。ここ何年か低調気味で、ついにウォーレンバフェット氏も保有比率を下げたIBM社について。ちなみにウォーレン神のポートフォリオ銘柄です。IBM社は2017年2Q決算をもって、21四半期連続で売上減収となりました。5年3ヶ月連続です。振るわないですねえ。。。全然ですねえ。IBMのような企業向けの基幹システムハードは、やはり先がないのでしょうか。。AIのワトソン君もいまいちふるっていないよう [続きを読む]
  • 花を切り落とす人、雑草に水を与える人
  • ウォーレン神です。==========================我々は素晴らしい経営陣と共に素晴らしい企業の一部所有する際、我々が望む所有期間は「永遠」です。我々は、経営状態が良い時に急いで売却して利益確定を行う人たちとは真逆です。また失望させる状況になった企業でも一度保有したらしつこくしがみつきます。ピーターリンチはこのような行動をこう表しています。「花を切り落とす人、雑草に水を与える人」出典: バークシャー・ハサ [続きを読む]
  • リーマンショックの次は?
  • どうも、倹約なる投資家ウォーレン神です。さて、昨今の世界の好調な株式市場にあって、多くの投資家は常に頭に一抹の不安を抱えていると思います。バブル、ショックはいつ来るのか。過去をさかのぼると、こういうのがありました。2010年 ギリシャショック2008年 リーマンショック2006年 ライブドアショック2001年 ITバブル崩壊1991年 日本バブル崩壊1987年 ブラックマンデー1971年 ニクソンショック1929年 世界恐慌並べ [続きを読む]
  • 201709_ポートフォリオ成績
  • こんにちは倹約なる投資家ウォーレン神です。ウォーレン神のポートフォリオはこちら。9月の成績を発表します。この一ヵ月は円安方向となり為替の追い風もあって、全体時価総額成長(受取配当金除く)は4.62%でした。はっきり言って、非常に良かったです。なかなか幸先の良いスタートでした。全体マーケット観ではアメリカ調整論を押しのける堅い米国経済指標と、連発されるうちに地政学リスク懸念が弱まった北朝鮮ミサイルの問題 [続きを読む]
  • 節約_ジム編
  • どうも倹約なる投資家ウォーレン神です。ウォーレン神は「倹約なる投資家」を標榜しています。ウォーレン神は常に下記を念頭に入れて支出するか否かを考えます。「今の100円は、15%の複利で回せば10年後には404円、30年後には6621円」(とはいえ、トイレ風呂無し家賃1万円の部屋に一人で住み、毎日もやし炒めとジャガイモ煮だけを食べて暮らしているわけではないです、ハイ。気合いが足らんと言われればそれまでです、ハイ。)実 [続きを読む]
  • ロイヤルダッチシェル(RDS)社
  • ウォーレン神です。今日はウォーレン神のポートフォリオ構成比率2位の銘柄、ロイヤルダッチシェル社について。ウォーレン神のポートフォリオもともとシェルという会社とロイヤルダッチという会社が合併して今の会社になりました。シェルはユダヤ人が創始者で、横浜の三浦海岸で発見した貝殻があまりに美しく、イギリスで貝殻細工製造販売を始めたことがもともとで、そこから事業拡大で石油を扱うようになった経緯があります。日本 [続きを読む]
  • 法人税減税とアメリカ経済
  • ウォーレン神です。アメリカではトランプ大統領が税制改革案を公表することになりました。現行の35%から15%〜20%台前半あたりが予想されています。オバマケアの見直し、国境での課税調整と公約は頓挫が続いていますが、今回は現実味を帯びるかもしれません。これは実現すると米経済の更なる発展に寄与する可能性があります。2008年のリーマンショック後、世界経済は利下げと量的緩和("QE")等の金融緩和により景気を回復・底上 [続きを読む]
  • 騰訊控股(テンセント)とは
  • ウォーレン神です。今日はウォーレン神のポートフォリオ銘柄である騰訊控股(テンセント)について取り上げたいと思います。少しずつ名前も知れ渡り海外株式に興味ある方は知っている方も増えてきて来たと思いますが、まだ??な方も多いかと思います。テンセントは中国最大のIT・ネットワークサービス企業です。1998年創業、2004年に香港市場に上場。サービス内容としてはLine、Facebook、DeNA、任天堂それぞれがやっているような [続きを読む]
  • General Mills (GIS)は衰退期に入ったのか
  • こんにちはウォーレン神です。ウォーレン神のポートフォリオ構成銘柄であるGeneral Mills("GIS")社の2018/1Qの決算が発表されました。成績は良くなかったです。売上:  $3.8 Bil (昨年比▲3.5%)営業利益:$625 Mil (昨年比▲3.1%)純利益: $404 Mil (昨年比▲2.6%)EPS: $0.69 (昨年比+3.0%)DPS: $0.49 (昨年比+2.1%)今日のマーケットは9%近くの株価下落で始まりました。(私は買い増しました。)主な要 [続きを読む]
  • T (AT&T)の合併の行方は?
  • 言わずと知れた高配当株となっているAT&T。ウォーレン神のポートフォリオ銘柄の一つで、あのベルさんが興した世界最大の総合通信会社です。この1年は通信業界の競争激化により、株価は乱高下しており、アメリカ株価市場全体の上昇局面には必ずしも乗り切れてはいない状況ではありますが、直近配当利回りは5.13%と驚異的です。出典: Bloomberg今後の焦点はCNNやHBOを有するタイムワーナー社との合併です。各規制当局の承認を一つず [続きを読む]
  • そもそもどういった企業を投資対象とするのか
  • ==============我々もバークシャー社において、効率性を強く求め、官僚主義を嫌っている。我々はこのゴールを達成をするために"膨張"を避ける手法に重きをおきながら、PCC社(Precision Castparts Corp.)のような長年にわたってコスト意識と効率性を重視する経営陣によって経営されてきた企業を買収していく。買収後の我々の役割は、単純に、これらの経営陣(と彼らの後任達。たいていは同じマインドをもっている)が彼らの経営効 [続きを読む]
  • 過去の記事 …