トコシエ さん プロフィール

  •  
トコシエさん: 英語とつきあう
ハンドル名トコシエ さん
ブログタイトル英語とつきあう
ブログURLhttp://dealing-with-english.seesaa.net/
サイト紹介文翻訳プロによる辛口英語関連情報。英語力、コミュニケーション能力、英語圏文化、翻訳などについて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 13日(平均4.8回/週) - 参加 2017/10/10 10:44

トコシエ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 英語とポスト・グローバリズムの時代(その1)
  • 今日からしばらく辛口の記事を続ける。グローバル化はもう終わったという認識について話したい。まだそう思ってない人の方が多いかもしれないが、基本的には流れは変わったと思う。だから英語は役に立たないとかそういう話ではない。むしろ英語は今後ますます役立つだろう。グローバル化の反転の中でもコミュニケーションツールとしては最も頼られる言語だからだ。グローバル化の現実現在日本人全体の年収の平均値は420万程度だと [続きを読む]
  • 思ったよりラテンな、英語というゲルマン系言語
  • みなさんはQuoraというサイトをご存じだろうか?さしずめアメリカ版のYahoo知恵袋のようなサービスだ。質問も回答も全般的に質が高いのでトコシエはちょくちょく訪問している。自分の興味のあるトピックについて検索して、やりとりを見るだけで、トピックそのものだけでなく、生きた英語の勉強に役立つのではないかと思う。そのQuoraにあるとき "Is English a Germanic language?" という質問があって興味深く読んだ。コンサイスに [続きを読む]
  • 時代遅れのクイーンズイングリッシュ志向と知識の断片化
  • 日本人の英語ベタは国際的にも有名である。欧米の人間はインドヨーロピアン系の言語=人類の言語という思い込みがあるから、知日派を除けば、なぜそうなのかについて驚くほど理解が薄い。構文や語彙の決定的違いに加え、日本語の抑揚は英語に比べて平板である。日本人は発語の際、勢いよくイントネーションをつけるのが苦手なのだ。しかしトコシエはもっと深い理由があると思う。日本人はなぜ英語ベタなのか?日本人に能力がないか [続きを読む]
  • なぜ英語と "つきあう" のか?
  • なぜ当サイトの名前が "英語とつきあう" なのかについて簡単に説明しておきたい。その真意はURLの "dealing with English" を見てもらえばわかる。"deal with" とは何らかの明確な(ポジティブな)結果を残すためにつきあうことを意味する。"cope with"、"handle" のような類語には、面倒や困難に対応するというネガティブなニュアンスがあるのに対して、もっと積極的な意味が含まれている。それが "英語とつきあう" の意味である [続きを読む]
  • 日本のアドバンテージ:ESL国とEFL国について
  • みなさんは、EFL国、ESL国の区別をご存じだろうか?これには日本人が "英語が下手だ" とか "苦手だ" とか言われてることと深い関係があるので、今回はEFLとESLの違いについて考えたい。日本はESL国の群から離れて立つ数少ないEFL国であるEFLは "English as Foreign Language" の略語、ESLは "English as Second Language" の略語だ。要するに、英語をその他大勢のひとつとして、あくまで外国語として扱うのか、それとも、抜き差し [続きを読む]
  • 異文化コミュニケーションとFrame of Reference
  • 数ある英語学習サービスのなかで、なぜトコシエがeラーニング教材をおススメしたいのかをもう少し説明したい。単なる英語のアウトプット能力(通じる英語を喋ること)では不十分なのだ。eラーニングでは、英語コミュニケーション能力(相手の立場や文化背景をわきまえた上でコミュニケーションを図ること)の育成を重視しているが、しごく真っ当な考え方だと思う。Frame of Referenceの理解が大事四半世紀以上の英語経験からトコシ [続きを読む]
  • eラーニングで英語を攻略する
  • eラーニングではコミュニケーションの質を考えている近年、注目を集めているeラーニング。英語学習でも多くの人が活用しているという。活用というからには効果があるんだろうが、それはどんな効果なのか?何か特別な仕掛けでもあるのか?気になったので調べてみた。結論から言うと、eラーニングでは英語のアウトプット能力を高めることを重視している。他の教材に比べて優れた点だと個人的には考えているのである。以下、そう考え [続きを読む]
  • 過去の記事 …