yanashun001 さん プロフィール

  •  
yanashun001さん: Daydream Believer〜バカは死ぬまで治らない〜
ハンドル名yanashun001 さん
ブログタイトルDaydream Believer〜バカは死ぬまで治らない〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yanashun001/
サイト紹介文○○ちゃんとの仲良し老夫婦を夢見てたのに・・・・。 ○○ちゃんの一周忌を機にブログをはじめました。
自由文○○ちゃんへの想いの外、日々の想いなどを綴っています。
変わり者ですので、世間一般と考えが異なり、またボケもはいってきていますので、支離滅裂な内容になっているかも・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2017/10/10 16:37

yanashun001 さんのブログ記事

  • ありがとうございました。
  • 突然ですが、本ブログは、この記事をもって、更新を終えることにします。1年2ヶ月前に始めて、昨年末には休止(この時も突然)、2ヶ月前に復帰したものの・・・○○ちゃんの闘病記も記したいとしていましたが、まともな闘病記を記すこともできずに。私の日々のボヤキがメインになってしまいました。そんなブログに、お付き合いいただきました方々、ありがとうございました。また、本ブログ内容により、不快な思いをさせてしまっ [続きを読む]
  • メメント・モリ(2)
  • 中日新聞の連載「メメント・モリ」について、以前記しています。(2018/08/04 http://blog.livedoor.jp/yanashun001/archives/11162092.html)その第7部が今日から始まりました。地方紙ですが、Web版には一日遅れ?で掲載されると思いますので、読んでいただければ・・・(http://www.chunichi.co.jp/article/feature/memento_mori/list/)注)私は中日新聞関係者ではありません。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−コメン [続きを読む]
  • 台風24号
  • 今回の台風24号。なんだか、直撃コースにあるようで心配。先日の21号は、若干コースから外れていたけれど。それでも、柵が倒れたり、カバートタンがめくれたりしたので・・・○○ちゃんが校長先生になってたら、こんな災害時には学校の管理なんかで、休日・夜間でも出て行かないといけなかったんだろうね・・・そんな心配をする必要はもうないんだけど・・・でもなぁ・・・追記)21号で被害にあわれた方々、お見舞い申し上げます。 [続きを読む]
  • 朝ドラ 半分、青い 2018/09/28
  • 今の朝ドラ、明日が最終回。今週は、怒涛の流れです。今日に限ったことではないですが、泣ける・・・ただ、内容的には、部分的に違和感を感じることもありながら・・・今日の内容一部とそれを見た想いネタバレ的ですみません。★生きる力秋風羽織(漫画家、鈴愛ちゃんの師匠)から、律と鈴愛への手紙(抜粋)−−−−−−− 人には想像力があります。 夢見る力があります。 生きる力があります。 明日を、これからを、  どんなに [続きを読む]
  • 頭がおかしい?
  • 以前も少し書いたかと思うけど、(寝てる時に見る)夢を見るということはほとんどなかった。なのに、ここ1週くらい、頻繁に見るようになっている。夢の詳細内容まではあまり覚えていないか、覚えていてもわけのわからないものだったりもする。(夢なんだから当然?)さらに、以前は白黒しか見なかったのが、カラー(正確には部分的カラー)が多くなっている。出てくる場所は、実在とは異なるものの、かなり実在に近いことが多い(自宅 [続きを読む]
  • 案の定
  • 腎結石破砕の結果案の定、ほんのわずか小さくなっているだけで、ほぼ残っていた。主治医がX線写真を見ながら、「左が今回の破砕前、右が今日のものです。倍率を同じにしてみると、ここの石がほんのちょっと小さくなってると思わない?」と。思わない? って患者に聞くかい?こっちは素人だよ。X線写真のボケたような映像が何かも判断しにくいのに、どう思うなんて聞かれてもねぇ・・・でもほんの少し小さくなったというけどまだ [続きを読む]
  • 哀しみとともに
  • 朝ドラねたですみません和子さん(奥さん)をなくした弥一さん(旦那さん)のセリフ---------いつまでたっても哀しい哀しみを乗り越えたわけではなくて、哀しみとともに生きている忘れられんいつだって涙が出るほやけど 生きとると時は進むいいことだってある・・・死んでしまった人たちが居なくなったわけじゃないここにおる---------そうここにおるそう思ってないとやってられんよ。○○ちゃん、いるよね。−−−−−−−−−−−− [続きを読む]
  • まだいる?
  • 先日、3匹目のネズミを捕獲して、捨てた。ところが、今朝、また、出没。先日と同じように、段ボール箱に追い込んだが、今回は捕獲に失敗。屋外だったが、逃げられてしまった・・・今回のネズミは、先日のネズミが戻ってきたのか?それとも、別のネズミなのか??判断はできないが・・・まだ他にもいるのか??ひょっとして、〇〇ちゃんじゃないよねぇ?輪廻転生??仏教思想でいくなら、〇〇ちゃんの行いから考えて、六道の中の人 [続きを読む]
  • ○○ちゃんへの質問
  • 朝ドラを観て想ったこと(今の朝ドラも今週末まで・・・)カンちゃん(小学生)がいじめられたことによる転校。鈴愛ちゃん(母)とカンちゃん(娘)の会話よりカ:「弱虫じゃない?逃げていいの?」ス:「違うよ。あなたは逃げるのではない。正しい場所に行くんです。そして、する必要のない戦いだ。だから場所を変える。手っ取り早い。わかる?」カ;「半分わかる」ス;「半分 上等。そんな子が居るところに通う必要はないです」カ:「 [続きを読む]
  • 想い出話
  • ○○ちゃんとの間で、お互いの小さい頃の話は、したことがなかった。夫婦なのに・・・ と思われるかな?基本的に、私にとっては、出会ったときからの○○ちゃんがすべてであり、過去にとらわれるということもしたくはなかったし。その点は、○○ちゃんがどう思っていたかは、今となってはわからない。私の小さい頃のことを聞かれたことはなかったし。お互いがリタイアした後の、長い持ち時間に、想い出話として、小さい頃の話でも [続きを読む]
  • 以前、ネズミ退治について記した。しかし、先週末から、また出没するようになっていた。同じネズミであるはずはないが・・・ネズミ捕りを仕掛けてもダメだったが、昨晩、うまく段ボール箱の中に追い詰めて捕まえた。そして、外の小川(といっても幅1m、水深20cmくらい)へポイ。おそらく、泳いで助かっていることとは思うけど。ネズミの繁殖力を考えると、その措置はまずかったか?とはいっても、殺すというところまではねぇ・・・こ [続きを読む]
  • 神の存在?
  • 昨日の記事で、息子が神を信仰していることを記した。とはいえ、一般に言われるキリスト教と言うことでもない。聖書に書かれていることこそが真実であり、偶像崇拝は禁じると言うもの。よくわからないので、いろいろと質問したりして・・・詳しくは「聖書を読んでみて」ということに。今まで読んだことないし、申し訳ないけど、わざわざ読んでまで理解したいとは思わない。(今はね)神が居ようが居まいが、今の状況に変わりはないか [続きを読む]
  • 家庭争議
  • 家庭争議とは。「大辞林」では[労働争議になぞらえていう]家庭内のもめごと。おもに夫婦の不和についていうとある。昨夕、家庭争議が勃発。とはいえ、○○ちゃんはいないので、私との夫婦不和ではない。義父vs私vs息子 の3世代間争議。内容は、周りからすればどうでもいいこと。お恥ずかしいことでもあるので詳細はふれないが、、一部、宗教感に関係したこと。義父:仏教信者私 :無信教・無宗教(神仏を否定)息子:神(創造主)の [続きを読む]
  • 彼岸花 2018秋(2)
  • 昨日からの雨が上がり、天気がよくなってきたので・・・近場の堤防へ、彼岸花を見に行った。一緒にね・・・一面にというほどではないけど、赤い花の絨毯(絨毯は大げさか)ちょっと、手前のところにしゃがんでみて・・・パッシャ見えないけど、写ってるんだよね??ペアのアゲハ蝶が、ヒラリヒラリと横切っていった、シャッターチャンスは逃しましたが・・・アゲハ蝶にも嫉妬したりして・・・一緒になれるのなら、アゲハ蝶でもいいよ [続きを読む]
  • 彼岸花 2018秋
  • 彼岸花の咲く時期になりました。仏事に関心はないので、彼岸そのものはどうでもいい。3年前の初夏に、懸賞であたったセントレアのレストランでのランチ行くタイミングを逃し、結局、初秋のこの時期になってようやく。高速を走らせて・・・当たったのはランチだけなんで他は自腹。タダほど高いものはない。秋晴れの日で・・・といいたいところが、ここ最近のような梅雨のような雨の日だった。ランチの後、その近くでどこかというこ [続きを読む]
  • ありえないこと?
  • 北朝鮮は、核施設の永久廃棄と核ミサイルの発射場を取壊すというそうですが。移動式の発射台がある以上、すべての固定発射場を取壊したとしても、アメリカ(トランプさん)はOKとは言わないでしょう?(今回の南北首脳会談のの結果に関しては、トランプさんのご機嫌はプラス方向のようですけどね)金委員長にしてみれば、移動式発射台を発表しなきゃよかったと思ってるんじゃないでしょうか。ところで、核の脅威のない平和の地が何を [続きを読む]
  • ブックメーカー
  • ノーベル賞の時期が近づいてきました。毎年、受賞者を予想したりされますが。今年もやはり予想の話が出てきてます。でも、予想することに何の意味があるんでしょうか?ノーベル賞に限ったことではないです。昨日の自民党総裁選しかり、毎度の総選挙しかり。選挙投票の日なんか、選挙前の予想とか、投票締切直後の開票前に当確がでたりだとか・・・バカな私でも、バカげたことに金と時間を使っているとしか思えないんですが。ノーベ [続きを読む]
  • 想定外
  • 東北震災のころからか、「想定外」という言葉が多用されている気がする。最近の、関空の水没にしても、北海道のブラックアウトにしても「想定外」だったということなんでしょう。なんかあったら、「想定外」にしちゃえっていう感じがしなくもないんですが。まぁ、「想定外」というのはわからなくもないですが、想定範囲が狭すぎたということが問題なんでしょう。そういえば、自民党総裁選は安倍さんの勝利と想定通りだったようです [続きを読む]
  • そんなこと?
  • 朝ドラでのそよ風扇風機開発そよ風をつくりだすための二重ファン構造アイデアそれでも、思うようなそよ風にはならずで、モーターの回転数を落とすことに気づくということなんですが。そんなことだったんですか?ACモーターをDCブラシレスに変更。いやぁ、別にドラマの中でモーター構造の話をする必要はないと思いますが。そよ風をつくるのに、真っ先に思いつくのは、回転数を落とすことじゃないんですか?ACモータの扇風機で一番回 [続きを読む]
  • 月が見たい?
  • 2023年予定の民間人としての世界初の月旅行。ZOZOTOWN(ゾゾタウン)運営会社スタートトゥデイ社長の前澤さんが、全シートを購入、すなわち買占めですね。そして、画家やフォトグラファー、デザイナーなどのアーティストを月周回旅行に招待するんだとか。お金が有り余ってる人はすることが違いますね。また、価値観も一般人とは全く違うんでしょうね。でも、旅行といっても、命の保証はないですからね。招待されるアーティストも一 [続きを読む]
  • NHK受信料
  • ボヤキ記事です。受信設備を持っている時点で払うのが義務ということになっている(?と思う)ところが、支払率が100%ということはなく、民放関係者にはライバル関係だからという理由で払わない人がいるとか。(こちら)でも、今度NHKと日テレがコラボするということだけど・・・日テレ関係者は全員、ちゃんと払ってるんでしょうかねぇ。というよりも、なんでNHKが民放とコラボするわけ?そんなことするなら、受信料取らずにCM放 [続きを読む]
  • 免疫力
  • 免疫力アップには、ストレスが大敵○○ちゃん。教頭先生になる前には、数年間、教員を離れて、行政の仕事をさせられたからなぁ・・・管理職に上がるには、そんな道もあるんだって。でも、そんなことがしたくて、先生になったわけじゃなかっただろうにね。全く畑違いのところで、ストレスが大きかったんじゃないのかなぁ・・・そのストレスを吸収してあげられなかった・・・私が悪いんだろうなぁ・・・癌の原因。本当のところは、ど [続きを読む]
  • そよ風
  • (注)本記事は、ブログカテには全く関係ない内容です。今までも関係ない内容はありましたけどね。NHKは、ある特定企業の営利宣伝には加担しないものと思ってたんですが。そうでもないんですね。今の朝ドラ「半分、青い」で話題となっている、「そよ風の扇風機」当初は、律(ヒロインの幼馴染)の純粋な研究開発として受け止めてたんですが・・・この扇風機のモデルになっているのが、バルミューダのグリーンファン。同社の社長がもの [続きを読む]
  • 死ぬときぐらい 好きにさせてよ
  • 女優の樹木希林さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。ちょっとだけ、亡くなったばあちゃんに雰囲気が似てたんで・・・(私が勝手にそう思ってただけですが)親近感を持ってたんですけど。以前、樹木希林さんが起用された某社CMコピー「死ぬときぐらい 好きにさせてよ」ご本人は「私はふだんから好き勝手しているから。 逆に広告の反響が大きくて、驚いたわ。 世の中の人はみなさん、そんなに辛抱して暮ら [続きを読む]
  • ダブルスタンダード
  • テニスの大会でダブルスタンダードが話題になったが・・・○○ちゃんは傍にいてくれる。私が逝くまで、傍で待ってくれてる。そう信じてる。だから、仏壇横の遺影に話しかけることはしないし、お墓にいくのも横に並んで一緒にお散歩という感覚でいる。話しかけるとすれば、写真に話しかけるよりも、空(くう)をぼんやりと見ながら話しかけることが多い。当然とは言いたくないが、返答は聞こえない・・・いなくなっちゃった、あっちの [続きを読む]