すぎとし さん プロフィール

  •  
すぎとしさん: ゆっくり家庭菜園
ハンドル名すぎとし さん
ブログタイトルゆっくり家庭菜園
ブログURLhttp://biseibutsu-no-chikara.jp
サイト紹介文家庭菜園で野菜作りを楽しんでいます。栽培作業ごとにわかりやすく紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 138日(平均4.6回/週) - 参加 2017/10/10 22:52

すぎとし さんのブログ記事

  • 春じゃがいも栽培2018 種いも〜収穫までの栽培記録
  • ネットで予約したジャガイモの種イモが届きました。種イモの芽出しから収穫まで記録していきます。2018年2月23日 芽出しネット販売で予約していたジャガイモの種イモが届きました。出荷時期を選べるので、植え付け時期から逆算して予約しタイミングよく手元に届きます。品種は『きたあかり』。ダンボールで届きました。ご丁寧に育て方のプリントまで同封されていました。助かります。雨の当たらない軒下や、屋内の柔らかい [続きを読む]
  • 家の庭を1日で家庭菜園にする
  • お宅の庭先、雑草だらけになっていませんか?「庭には芝生を植えて、花壇には色鮮やかなお花がいっぱい!子供達の無邪気な笑い声…」そんな夢のマイホームから早うん十年。子供達は大人になり、花壇はコケだらけ。芝生の代わりに雑草が生い茂って、見るもさみしい昭和枯れすすき♪状態いっそのこと家庭菜園でも始めて野菜や土とたわむれませんか?「芝生から畑なんて土が違うから無理だろう」と諦めがちですが、そんなことはありま [続きを読む]
  • 病気に強く栽培しやすいスイカの苗7選
  • 夏といえばスイカ。ピンポン玉くらいから、だんだん大きくなっていく姿を見守れるのは、家庭菜園ならではの楽しみです。あの人が美味しそうに食べてくれる姿を想像して…今年はスイカ栽培に挑戦してみませんか?初心者には難しいとされるスイカ栽培ですが、誰でも最初は初心者!母体となる土壌に多くの微生物がバランスよく含まれていれば大丈夫。種からの育苗からでも、苗からでも、様々な品種が出ています。甘くて美味しいお気に [続きを読む]
  • 病気に強いピーマン苗おすすめ6選
  • 夏野菜の代表といえばピーマン。少し苦みがあって苦手な人もいます。それでも、上手く育てられれば1株で50個以上採れますし、レパートリーの多い食材ですから、とっても重宝する野菜です。赤や黄色に色付くパプリカは彩りに最適ですね。ゴールデンウィークに定植できるのも魅力です。病気に強いと言われる接ぎ木苗を中心に、おすすめ品種を探してみました。苗から育てるか種から育てるかピーマンの育苗期間は70日です。5月初めに定 [続きを読む]
  • 病気に強いナスの苗おすすめ6選
  • 夏野菜の代表といえばナス。栽培がちょっと難しいといわれていますが、意外とほったらかしでもよく育ってくれますし、ゴールデンウィークに定植できますから安心して準備できます。また、京都を代表する『加茂茄子』など興味深い品種もいろいろあります。今シーズンはいつもホームセンターで買う品種以外にも挑戦してみてはいかがですか?探してみました。苗から育てるか種から育てるかナスの育苗期間は70〜80日と長期間です。5月 [続きを読む]
  • 病気に強いトマトの苗おすすめ7選
  • 立春を過ぎ、いよいよ春夏野菜の種まき、育苗の時期が近づいてきました。菜園シーズンの到来ですね。2018年の家庭菜園はどんなドラマが待っているのでしょうか…ワクワクします。さて、トマトは初心者からベテランまで、必ずと言っていいほど栽培したことのある野菜です。定植時期がゴールデンウィークになるのも安心して準備できて魅力です。定番品種では物足りなくなってしまった方に、おすすめの品種を探してきました。今シーズ [続きを読む]
  • トマトの苗おすすめ7選
  • 立春を過ぎ、いよいよ春夏野菜の種まき、育苗の時期が近づいてきました。菜園シーズンの到来ですね。2018年の家庭菜園はどんなドラマが待っているのでしょうか…ワクワクします。さて、トマトは初心者からベテランまで、必ずと言っていいほど栽培したことのある野菜です。定番品種では物足りなくなってしまった方に、おすすめの品種を探してきました。今シーズンは、今までと違った品種に挑戦してみましょう。種で育てるか、苗で育 [続きを読む]
  • 有機栽培・オーガニックの本当の意味を知っておこう
  • 有機栽培、オーガニックなどとよく耳にします。オーガニック野菜は形は悪いが、安全、美味しい、身体に良いと言われますが、本当なのでしょうか。普通の野菜より割高のお金を出してまで買う意味は、はたしてあるのでしょうか。調べてみました。有機栽培・オーガニックとは有機 = オーガニック = 炭素化合物(炭素Cが含まれているもの) = 焦げたり腐ったりするものと大まかに理解するとわかりやすいです。有機物 = 家畜糞、油かす [続きを読む]
  • オーガニックは地球を救う‼有機栽培・オーガニックの真意
  • 有機栽培、オーガニックなどとよく耳にします。オーガニック野菜は形は悪いが、安全、美味しい、身体に良いと言われますが、本当なのでしょうか。普通の野菜より割高のお金を出してまで買う意味は、はたしてあるのでしょうか。調べてみました。有機栽培・オーガニックとは有機 = オーガニック = 炭素化合物(炭素Cが含まれているもの) = 焦げたり腐ったりするものと大まかに理解するとわかりやすいです。有機物 = 家畜糞、油かす [続きを読む]
  • ビニールトンネルでいちごのプランター栽培
  • " />昨年栽培した3種類のイチゴのランナーから3株ずつ増やし、プランターに定植してゆっくり育ててきたイチゴですが、なんとか寒い冬を無事に超えつつあります。前シーズンは残念ながら収穫期間2週間、収穫量約20粒しか採れませんでした。そこで今シーズンは、早めに開花、結実させるためにビニールトンネルをすることにしました。ビニールトンネルするには大事な条件があるイチゴは2つの条件をクリアーしないと、春に花が咲いて [続きを読む]
  • ビニールトンネルでいちごのプランター栽培
  • " />昨年栽培した3種類のイチゴのランナーから3株ずつ増やし、プランターに定植してゆっくり育ててきたイチゴですが、なんとか寒い冬を無事に超えつつあります。前シーズンは残念ながら収穫期間2週間、収穫量約20粒しか採れませんでした。そこで今シーズンは、早めに開花、結実させるためにビニールトンネルをすることにしました。ビニールトンネルするには大事な条件があるイチゴは2つの条件をクリアーしないと、春に花が咲いて [続きを読む]
  • 野菜高騰の現状と見通し、そして1週間で作れるシャキシャキ野菜
  • 昨年の12月からスーパーなどで野菜の高値が続いています。白菜、キャベツ、大根などなど。私はこの冬、大根を栽培したので大根は買わずに済んでいて、しめしめといった感じです。家庭菜園をやっていてよかったなと思う瞬間です。巷では、ステーキ店のサラダバーが大盛況だとか…この高騰はいつまで続くのか、また野菜の価格が高い時にとるべき対策について調べてみました。11月中旬から2か月間も高値続き今回の野菜の高騰は、特 [続きを読む]
  • 野菜高騰の現状と見通し、そして1週間で作れるシャキシャキ野菜
  • 昨年の12月からスーパーなどで野菜の高値が続いています。白菜、キャベツ、大根などなど。私はこの冬、大根を栽培したので大根は買わずに済んでいて、しめしめといった感じです。家庭菜園をやっていてよかったなと思う瞬間です。巷では、ステーキ店のサラダバーが大盛況だとか…この高騰はいつまで続くのか、また野菜の価格が高い時にとるべき対策について調べてみました。11月中旬から2か月間も高値続き今回の野菜の高騰は、特 [続きを読む]
  • 酸性土壌が危険な本当の理由と仕組み
  • 『作物はpH5.5〜6.5で育てます。土が酸性にならないように2週間前に石灰を入れておきましょう』と作物の作り方によく出てきます。酸性といわれると悪いイメージが先行し、よく理由も考えずに石灰を施していましたが、酸性の土は何がそんなに良くないのか調べてみました。なぜ土は酸性化するのか世界の国々は、気候風土により酸性土壌とアルカリ性土壌に分かれます。日本の土は、ほとんどの土地が酸性寄りです。一方、地中海沿岸や [続きを読む]
  • 家庭菜園 無理をしない畑作業のすすめ
  • 大寒を迎え、春の栽培シーズンに向けて着々と栽培計画を練っている頃ではないでしょうか。時間を忘れて畑作業に没頭してしまい、汗ビッショリになってちょっと頭がクラッとなった経験ありませんか?家庭菜園だって身体が資本、無理せず楽しく畑作業をするために気をつけたい事を調べてみました。なぜそこまで夢中になってしまうのだろう土を耕したり、草取りをしたり、畑仕事はかなりの重労働です。夏は炎天下の中、冬は寒い朝から [続きを読む]
  • スナップエンドウ 支柱仕立て 【栽培日数72日 2018】
  • 寒冷紗でトンネルしていたスナップエンドウが草丈30cmを超え、寒冷紗の網目にツルが絡み始めたので、本格的な支柱を仕立てました。この冬一番の寒気が入り、とっても寒い日が続いていますが、順調に成長しているスナップエンドウのツルがいよいよ寒冷紗の網目に絡み始めました。このまま放っておくと、絡まりまくって解くのが大変になるのでトンネルを外し、高さ180cmの支柱で仕立てることにしました。先ずは、1株ずつ支柱を立て [続きを読む]
  • 三大栄養素だけじゃない…野菜の大事な栄養素17種類
  • 作物に必要な三要素は、チッソ、リン、カリということは、よく知られていることですが、その他にはどんな栄養素が必要なのでしょうか。調べてみました。90分の17の元素が必要現在、地球上では118種類の元素が見つかっています。その中には人工的に作られたものが含まれていますので、自然界だけでは約90種類の元素があります。そのうち17種類の元素が植物の生育に必要といわれていて、『必須元素』といいます。17種類のうち炭素(C) [続きを読む]
  • ニンジン 収穫 【栽培日数123日 2018】
  • 昨年9月9日に種まきしたニンジンが栽培日数123日となりました。この品種は約130日で収穫可能となっていましたので1本だけ試しに収穫してみました。10月27日 栽培日数47日のようす台風21号の影響で茎が折れてしまい、葉数が減っています。11月13日 栽培日数65日のようす強風のせいでまたまた茎葉が折れてしまっています。不織布でトンネルをつくって、これ以上風の影響を受けないようにしました。12月3 [続きを読む]
  • ミミズのはたらき
  • 「ミミズは地球にとって最も価値ある動物」と、あのダーウィンはミミズのことを称賛しています。ミミズは、古くは「自然の鍬」近年では「土の健康のバロメーター」ともいわれ、土壌動物の中でも特に優れた機能を持っているといわれています。はたして、ミミズは土の中で何をしているのでしょうか、調べてみました。ミミズはどんな生き物ミミズ(貧毛綱)は、釣りの餌となるゴカイや人の血を吸うヒルと同じ無脊椎動物の環形動物部門 [続きを読む]
  • ファイトケミカルの効果を野菜の色で分けてみる
  • 野菜は赤、黄、緑とっても鮮やかな色をしていて、いつも料理に彩を添えてくれます。この色を構成する色素が、私達の健康に良い作用をもたらしてくれるそうです。どういうことか調べてみました。ファイトケミカルとはぶどうのポリフェノール、にんじんのカロテン、ブルーベリーのアントシアニン、といえば聞いたことがあると思います。このような野菜や植物に含まれる化学成分(機能性成分)をファイトケミカルといいます。ファイト [続きを読む]
  • 米ぬかの魅力
  • あけましておめでとうございます。みなさまにとって幸多き一年でありますように…米ぬかは、ボカシ肥料や堆肥を自作する場合には欠かせない農業資材です。植物性有機物資材としてなら油カスでも良いはずですが…なぜ米ぬかが重宝されるのか調べてみました。米ぬかって何からできているの白米は、玄米の表面を削って精米することで出来ます。玄米を削ったカスが『米ぬか』です。美味しいお米は精米した白米で、玄米は味や食感がやは [続きを読む]
  • スナップエンドウ 誘引 【栽培日数56日 2017】
  • 2017年最後の作業となりました。スナップエンドウの草丈が30cm程になりましたので、ビニールひもを張り誘引しました。スナップエンドウ 誘引前回イボ支柱に誘引してから21日が経過しました。10cm程、草丈が伸びたのでビニールひもを張り誘引します。イボ支柱を取り付けて誘引してもよいのですが、ビニールひもでも十分いけます。昨年同時期のスナップエンドウは草丈が50cm以上ありましたから、草丈30cmはまあまあ良い状態なのでは [続きを読む]