歌子 さん プロフィール

  •  
歌子さん: うたかた映画日和
ハンドル名歌子 さん
ブログタイトルうたかた映画日和
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/utakataeiga/
サイト紹介文映画の感想を思いのままに綴っているブログです。
自由文映画の感想を思いのままに綴っているブログです。映画レビューというほどの大それたものではないですが、率直な感想を書いているので気楽に読んでくれると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 309日(平均1.6回/週) - 参加 2017/10/11 19:19

歌子 さんのブログ記事

  • イントゥ・ザ・ウッズ
  • 何を見ようか迷った挙げ句、なんとなくジョニー・デップが出演しているからこれでも観ようかというノリで行ってきました。 ミュージカルです。 「物語はハッピーエンドでは終わらない」がキャッチコピーです。 確かにお伽話には「ever after(めでたし、めでたし)」の後はどうなるんだろう? とか、 そんな結末でいいの??というものがありますよね。 しかし、この映画はそういう「その後」のストーリーではありませんでした。 子 [続きを読む]
  • 007 スペクター
  • 待ちに待った007。 といっても、初期の頃からの「007」を知っているわけではないので、愛好家のようにクラシックボンドからの変遷は語れませんが、ダニエル・クレイグのボンドは大好き。 冒頭から激しいアクション。 メキシコ・シティーで「死者の日」のお祭りの中、目をくぎ付けにする大立ち回りもすごいけれど、そこまでのカメラワークが素晴らしく印象的。 だからこのシーンはよく覚えています。 悪の組織とか、Mの遺言とか、い [続きを読む]
  • NO(ノー)
  • この映画自体が何らかのプロパガンダであるという指摘もできるのだが、信任賛成派の「反対派叩き」がおもしろかった。あーあるある、こういうこと言って、新しいことをしようとする人たちをツブす論理! それとか、「あいつらに政権を取らせれば、今の「豊かな」生活は消えますよ」とさりげなく脅す。あーあるある。どこで?今の日本でよ。 もう一つおもしろいと思ったのは、最初、「反対派」の中の反応!うわー、こういう人、左の [続きを読む]
  • 人生フルーツ
  • ゆっくりと流れる時間が心地良い映画でした。何の予備知識もなく映画館に入ったため、静かなストーリーが最初は退屈に感じてしまったのですが、最終的に建築家老夫妻の魅力の虜になっていました。変わりばえしない日々の出来事を綴っているだけなのですが、その中に散りばめられた生活を楽しむための工夫というか遊び心というか、こんな生活を自分も送りたいと心が温かくなりました。退屈なんだけど心地良い。そんな不思議な感覚で [続きを読む]
  • 探偵はBARにいる3 映画フル動画を無料視聴
  • 1も2も面白かったので、かなり期待して3も見に行きました。やっぱり期待通り楽しかったなというのが第1の感想です。宣伝だけを見ると、ものすごく規模が大きくなってしまったように感じられたので、作風が変わったのかな、大味になってしまったのかなと若干の不安も覚えていたのですが杞憂でした。相変わらずシュールでくだらない所もあって、でも最後にはすっきり笑って映画館を後にできるという映画でした。(参考)探偵はBARに [続きを読む]
  • OVER DRIVE 映画フル動画を無料視聴
  • 「どうせ、たいしたことはない」と思いパスの予定だったが時間が合ったので観てみました。「どうせ、たいしたことはない」って言ってゴメンなさい。邦画のモータースポーツムービーでこれほどのクオリティは予想外でした。映像の迫力と爆音はまさに大画面向きです。⇒ OVER DRIVE オーバードライブの映画動画をフルで無料視聴ただ、ヒロインがなぜこの子なんでしょうか。ウザイ、わざとらしい大根演技でせっかくの本格映像が台無し [続きを読む]
  • 50回目のファーストキス 映画フル動画を無料視聴
  • 邦画もリメイクもそんなに好きじゃないんですが、この話はオリジナルがとても好きだったこともあり、どんな風にリメイクされたのか気になって鑑賞しました。オリジナルが好きだと若干厳しい目線になりがちだったんですが面白かったです。笑えるコメディタッチの部分を徹底して面白くしてあったのと、切ない人物設定(ヒロインが記憶障害)でホロリ…とくる部分の対比がハッキリしていて飽きないで観れました。⇒ 50回目のファース [続きを読む]
  • スリー・ビルボード 映画フル動画を無料視聴
  • ミズーリ州の寂れた道路に掲示された巨大な3枚の広告看板。設置したのは、7カ月前に何者かに娘をレイプされ殺されたミルドレッド。犯人は一向に捕まらず、何の進展もない捜査状況に腹を立て、警察署長ウィロビーを名指しで批判する広告を出したのです。最初はとんでもない話だ、とミルドレッドを応援する気持ちで見始めるのだけど、どうも様子が違います。ウィロビー警察署長は人望も厚く、仕事熱心で家庭では良き父親。名指しで職 [続きを読む]
  • デッドプール2 映画フル動画を無料視聴
  • 見終わった感想としては実に笑える作品です。新鮮さで言えば一作目には及びませんがマーブルコミック系好き、特にX-MENファンにとってはかなり上質な映画だったと思います。というのも相変わらず小ネタが多く見られ知ってる人には分かるといった仕掛けがシーンのいたるところに見られたからです。主人公もミュータントですしそれだけで見る気が置きます。知らなくても楽しめますがある程度知識を仕入れて鑑賞した方が良いと感じま [続きを読む]
  • ブラックパンサー
  • シリーズ続編ではないマーヴェルの単体ヒーローものとしては『スパイダーマン:ホームカミング』以来となる大作。監督は『クリード チャンプを継ぐ男』で注目されたライアン・クーグラー。本作も「王の血を受け継いで苦悩する若者」の物語なわけで、ある意味『クリード』と近しいのかもしれないと思います。 (参考)ブラックパンサーの映画動画をフルで無料視聴できる?クオリティ保証済みのマーヴェル映画とは言え、アフリカの [続きを読む]
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー
  • 大きな事件は特に起こらない。最大の事件はおそらく冒頭の、お兄さんが死んだ知らせで、あとは大半が過去の回想と、その後の日常。しかしこの回想の入れ方が非常にうまく、なぜ主人公のリーがこんなやさぐれた自暴自棄な人間になってしまったのかという謎を、少しずつ明かしていくことで興味を引っ張る構成は上手かった。兄と幼い甥っ子と船で釣りをする楽しそうな日々、美しい妻と可愛い子供たち、なぜそれらを彼は失ってしまった [続きを読む]
  • 嘘を愛する女
  • 映画「嘘を愛する女」はCMなどで活躍中のクリエイターの中江和仁監督の初めて長編映画になっています。ではその「嘘を愛する女」の魅力や物語を説明していきたいと思います。 映画「嘘を愛する女」はオリジナルの優れた映画企画を募集する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の第1回でグランプリを受賞した企画を映画化した珍しい作品でキャストも長澤まさみ、高橋一生、川栄李奈、DAIGOと豪華メンバーを起用、オリジナルの企画に豪華メ [続きを読む]
  • 聲の形
  • 主人公となるのは、小学校時代にスクールカーストの頂点にいた少年「石田将也」。しかし彼は自分のクラスに転入してきた難聴の女の子「西宮硝子」を苛め、それを学級裁判で吊し上げられてから立場が一変。一気に友達を無くし、そのイジメ事件が尾を引いて中学・高校でも孤立してしまう。そんな彼は最後に母や硝子への借りを返し、色々と心残りだったものを清算し、そして人生を終わらせようとするが……というお話。映画の前半を見 [続きを読む]
  • ゴースト・イン・ザ・シェル
  • 日本で人気の作品「攻殻機動隊」のハリウッド映画版として作られた作品ですが、CGなどの技術が実写の映像と違和感なく合成されており、攻殻機動隊の世界観を上手く表現されているように思えました。架空の近未来のストーリーであり、公安九課という政治やテロを相手に戦う組織でもあるため、ただでさえ難解な実写化は難しいと言われていて作品でもありましたが、ここまで忠実に実写化ができているというのは作り手側の原作への理解 [続きを読む]
  • 亜人
  • 元々は原作の漫画を実写化した映画なので、ストーリーの内容は知っていたのですが、どう映像化するのかが気になり、映画館まで足を運んでみることにしました。主演は佐藤健さんというのも、観てみようと思える要因の一つでした。彼は「るろうに剣心」で実写映画の実績があるので、期待していた為です。共演の綾野剛さんも、演技力に定評があるため、きっと原作の世界観をうまく表現してくれるだろうと思っていました。実際に映画を [続きを読む]
  • ナラタージュ
  • 思っていた以上に奥が深く、表現は小さいながらも人間味に溢れていると思いました。繊細な心理描写を表情の演技で魅せてくれる映画でした。人を愛することは辛く、思い通りにはならないことばかりで、自分の欲や嫌な部分が多く出てしまうと思います。それをこの映画は、愛の本質というのは相手のことを思い、守り、幸せになってもらいたいと願うことなのかと感じました。また、雨の音が印象的で、富山の風景が作品の世界観を深く彩 [続きを読む]
  • ムーンライト
  • アメリカ黒人監督による黒人が主要な登場人物のみの現代が舞台の自分が見たはじめての映画だった。アメリカには黒人が悪い白人をやっつけて悦に入る黒人向け映画があると聞いたことがあるが見たことはない。この映画はアメリカで麻薬売買が横行するスラムが舞台。その殺伐として殺風景な様子がありありと描かれたというのは自分の中では画期的だと思った。もちろんたくさん映画にはスラムが描かれているのだがアメコミ映画の中のス [続きを読む]
  • ハドソン川の奇跡
  • 脚本なのか編集なのかよくわからないがとてもテンポ良く話が進む。少し時系列をいじってうまく映画の世界に引き込まれて目を放す暇もなく画面に釘付けになってみることができた。飛行機墜落の映画って多分調べたらたくさんあるのだろうけどこれだけ緊迫感持ってコクピット、客、キャビンアテンダント、管制塔をなどを描写し印象を強く感じられ映画は初めてなきがする。ものすごく緊迫感があった。まあ実話を基にした映画なだけに結 [続きを読む]
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする
  • 美大生の主人公・高寿が一目惚れするヒロイン・愛美は何処か謎めいている女子であり、秘密を抱えていそうな雰囲気です。この二人の恋愛成就を見届けると言うより、愛美が抱える謎を解明していく事のほうが見所でもあります。ふとした話にも伏線が散りばめられていて、これが伏線だったのか!なんて気が付かないくらいでした。二人の仲睦まじい関係も、見ていてほっこりします。何より愛美役の小松菜奈さんがとても可愛らしくて、私 [続きを読む]
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒
  • 旧三部作ファンが喜ぶシーン満載で大満足です。ハン・ソロのミレニアム・ファルコンが飛び立つシーンでは、嬉しくて泣きそうになりました。またレイやフィンらにハン・ソロ、チューバッカが加わってミレニアム・ファルコンが新たに出発するシーンは、EP4のあるシーンを思い出させてくれました。おそらくこの作品は旧三部作を知らない世代の人達が観ても、旧三部作の良さが何となく実感出来る様な作りになっているのではないかと思 [続きを読む]
  • クラウド・アトラス
  • 群像劇で時代が異星に人を送り込むことができるような超未来から奴隷解放以前までの間の出来事で全て入れると六つ、主要な話は五つのストーリーラインから物語は成立している。この映画を見ている途中には、ポール・トーマス・アンダーソンのマグノリアみたいだなあって思いながら見ていた。これだけ複数の登場人物がストーリーラインに絡まって出てくる話は久しぶりだった。そして見たあとに時代の幅広さからグリフィスのイントレ [続きを読む]
  • そして父になる
  • 2013年政策の邦画。是枝裕和監督。実際に起きたことのある(赤ちゃんの取り換え事件)を題材にした方がです。子供が4歳のころに取り換え事件が起きたことに気づき、今まで過ごした時間をとるのか、血のつながりをとるのか、その間に揺れる親の葛藤と、子供の苦しみが鮮明に描かれています。そしてこの映画のもう一つのテーマとして仕事と子育てのバランスについてだと思います。仕事を何よりも大事にし子供は、嫁まかせにするエリ [続きを読む]
  • ジャスティス・リーグ
  • バットマンが地球の危機を救うため、超人達を集めて立ち向かう物語なのですが、 それぞれのキャラの個性がたっていて良かったです。 見ていて爽快感がたまりませんな! やはりアクションは映画で見て手に汗握るのが一番です。 マーベルのアベンジャーズは、強敵から立ち向かいながらも、各々が苦悩を抱えながら葛藤を描く場面が多いのに対し、今回のジャスティスリーグのヒーロー達は、「マザーボックスをステッペンウルフから守る [続きを読む]