p さん プロフィール

  •  
pさん: 今日思うこと
ハンドル名p さん
ブログタイトル今日思うこと
ブログURLhttp://psdiary2017.blog.fc2.com/
サイト紹介文子育ても終了〜 夫と大人になった子供と同居中 夫婦関係や自分のこと何気ない心の中を書いています
自由文子育ても終了し、夫と大人になった子供と同居中。
日々心配事やちょっとした不満や思い、何気ないことを記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/10/11 12:21

p さんのブログ記事

  • 今が幸せ
  • 随分と暖かい秋が続いてようやく冬が近づいてきた感じ。4月に娘が東京に行き6月に愛犬が亡くなって、まだ2秒で泣けるし思い出すこともたくさんあるけど。最近は今の生活リズムで慣れてきてなんとなくゆったりした日々を送れてる。子供が生まれた24年前からほぼずっと忙しい日々だったんだなぁ〜なんてふと思う。娘が家からでて寂しくなったけどいずれは自立していくわけだし・・・今も心配は尽きないけどもうすぐそこには居な [続きを読む]
  • 高齢の親もメンドクサイ
  • 今にはじまったことではないけど、ここにも何度も同じようなこと書いた気がするけど・・・母の不機嫌のまき散らしにはホント嫌になる。ご機嫌なときはご機嫌でこっちがそれに合わせないと突然不機嫌になるし。最初から不機嫌なときはほぼスルーだけど言動や態度におもいっきり出してくるのでピリピリした空気がストレス。とにかく文句が多い。家族で仕事をしているのでまあ家族の悪口。主に自分の夫に対しての文句。独り言のように [続きを読む]
  • 高齢の親もメンドクサイ
  • 今にはじまったことではないけど、ここにも何度も同じようなこと書いた気がするけど・・・母の不機嫌のまき散らしにはホント嫌になる。ご機嫌なときはご機嫌でこっちがそれに合わせないと突然不機嫌になるし。最初から不機嫌なときはほぼスルーだけど言動や態度におもいっきり出してくるのでピリピリした空気がストレス。とにかく文句が多い。家族で仕事をしているのでまあ家族の悪口。主に自分の夫に対しての文句。独り言のように [続きを読む]
  • 大人の息子はメンドクサイ
  • ずいぶんここに来てなかったらログインできなくなってた(笑)息子が社会人になって2年半。仕事の中でストレスもあるんだろうけどホント大丈夫か?と感じるときがある。いつの間にか会話もあまりしなくなったし家に帰ってきてもほぼ部屋で閉じこもってるし、ご飯のときにおりてくるだけ。まあそれは普通といえば普通だけどね。息子は心の状態がすぐに態度にでる子で家に帰ってきた瞬間の様子でそれがわかる。それは子供の時からずっ [続きを読む]
  • 経験値
  • Twitterを見てたら「親が離婚した子供は何か欠けている」なんてツイートがあった。親が離婚してなくてもまあまあ欠けてるんだけど、私。私の息子と娘は親が離婚してしかも再婚してるけど娘は特に天真爛漫、明るいオーラを持つ素直な子に育ってくれたけどなぁ。息子は若干発達障害気味っぽいけど、まあ何か欠けてる?と言われれば欠けてるけど・・・親の離婚うんぬんで判断できることじゃないよね。もうほんとスパっと離婚して良か [続きを読む]
  • 気が付けば9月
  • 10何年も前に開設してたHP、もうずっと放置だったのを最近閉鎖した。そこからこのブログもリンクしてたのだけど、HPを閉鎖したら何故だかココにもこなくなってた自分がいた。日々思うことはまあまああるんだけど、年と共に面倒になってるのもあるし文章にしてる間にどう表現していいかわからなくなったり、やっぱり色々頭の中で考えすぎちゃうんだろうな。昔はもっと思ったままにキーボードを打ってた気がする。読み返しもせ [続きを読む]
  • 継母として
  • 子連れ再婚して子育て期が過ぎ大人になった義理の子供たちとのつきあいってみんなどうしてるんだろう。子育て期からの関係がうまくいってる場合は実の子となんら変わりなくつきあっているのかもだけど。うちの場合、私の実子たちと夫はそれなりにうまくいってる関係だと思う。子供のころは義理の父親に対して内心反発してたり、なんでこんな人が父親に?という時期もあったようだけど、表面的になにか大きな問題が起きることもなか [続きを読む]
  • 夫婦
  • 片耳難聴というキーワードで今回珍しく朝ドラみてる。今朝の放送で映画監督の夢をあきらめていたりょうちゃんがこっそり何年もかかって脚本書いてて、突然夢を諦められないから離婚してくださいってやつ。妻のスズメはそんなのありえない、家族のために夢あきらめて現実生きるって決めたんじゃあ?なんならいっそ死んでくれ、ってやつ。SNSでは朝ドラなのに死んでくれとか酷いとか、夢を追うりょうちゃんを応援したれとか意見があ [続きを読む]
  • 受け身な人たち
  • 昨日だか息子との会話の中で、夫の実娘家族とは盆も正月も会ってないのだから今後も誰か亡くなるとか病気になるとかにならないと会うことはないのかもね、なんて話してた。夫はとにかくわいわいするのが好きな人だから、娘家族が家に来たりしてみんなでご飯食べて酒飲んで〜とかしたいんだと思う。そうはいっても彼は受け身の男だから結局段取りすんのも全部私だし、夫の実娘も受け身の女だから家族でうちにきても子供と遊んでどっ [続きを読む]
  • 義理の孫
  • 知り合いの人にお孫さんが生まれて飛び上がるほど喜んでた。私にも一応孫はいるんだけどな、 夫の実娘の子。夫の実娘とは彼女が小学生のときに4、5年一緒に暮らしていたけれどその後は夫の実家に引っ越したりあれこれとあったのでその後は一緒に暮らしていない。小さいころから色々あって思春期は非行に走りまくっていた時期もあり大変だったのだけど、立ち直り期のときは離れていながらも私もそれなりに関わって手助けをしてい [続きを読む]
  • 思うこと
  • 娘が東京にいって4ヶ月ほどたったかな。最初は頻繁にきてたLINEのメッセージもだんだんと少なくなり、少し寂しさはあるけれど今の彼女の環境に慣れてきたのだろうな〜とホッとしたりもする。だんだんとこうして親から離れて自分の人生を歩いていくんだな。子供がこうして独立していくまで大きな病気もせず親として傍にいてできることをしてやれたのは本当にありがたい。子育てしている間は必死でそんなことを考えもしなかったけど [続きを読む]
  • 不謹慎って何?
  • クレームに対して萎縮しすぎてる社会に疲れる。このクソ暑い時に余計に思う。もっと自由でいいのに。人の目気にしすぎ。というか不謹慎だとか自粛すべきとか批判してる人ってほんの一部なのにそのほんの一部の人間のためにみんなが委縮してる。いちいち言い訳の前置きをしてからの自分の発言。一企業も一個人もそんな感じ。情報社会だからこそほんの一部のクレーマーの意見も広がってしまうのだけど、猫も杓子もそこに反応しちゃう [続きを読む]
  • 防災に対する意識
  • 大雨による河川決壊や土砂崩れ、浸水被害のニュースに毎日心が痛む。誰しもまさかそんなことになるなんて・・・と思っていたことが現実に起ってしまう。起きてしまったときの咄嗟の判断で運命がわかれてしまう。南海トラフ地震は30年以内にくるよと言われていても、そうなんだなと思ってもやっぱり日々の生活の中でその緊張感をずっと保つことはできない。大きな河川の近くで住んでいるけれど、もしこの川が氾濫したら・・・と考 [続きを読む]
  • ありがとう
  • 水以外全く何も食べなくなって三日目の朝、水を飲もうとして身体を起こしたり身体を支えてやると自分で立ち上がって水を飲もうとする。がぶがぶ飲んでまた吐いて・・・本当に愛おしい命。スポイトで口の横から飲ませてやるとごくごく飲む。息は速いけどそれでも静かに横になって時々うとうとして・・・その日の昼下がり、色々な偶然が重なって私が抱っこした状態で眠るようになくなった。うちにきてから12年。癒しをいっぱいもら [続きを読む]
  • 死に近づいていくということ
  • 元々心臓が悪かったうちの犬、4月頃咳が酷くなって食欲もなくなり死んじゃうんじゃないかというところまで行ってたんだけど、薬を増量してまた持ち直した。それから元気に過ごしていたのだけど10日ほど前からまた食欲が落ちてきて薬も飲めなくなりほぼ寝たきりに。三日前からは全く食べ物は受け付けなくなった。呼吸は速いけど咳もなく、水は飲もうと頑張るのだけど昨日からは水を飲んでも吐くようになった。吐かないようにと少 [続きを読む]
  • 虐待について③
  • 今の世の中、子連れ再婚がこんなに増えているのに、それに対する理解やフォローがほぼないというところ。子連れ再婚が子供がいない初婚同士の結婚と同じとは思ってなくても、「全く違うものである」という社会の認識はないと思う。家族や近しい人ですら理解できない部分がたくさんあって、誰にも相談できず色々な葛藤の中で当事者たちは生きている。私自身、実子が4歳と6歳で夫の実子が7歳と9歳の時に再婚した。血のつながりが [続きを読む]
  • 虐待について②
  • 本当に大きな悩みもなく心身ともに健康的に子育てをしていける人もいるし、色んな環境の変化や経済的状況、夫婦関係、周りに手助けしてくれる人がいるかどうかでずいぶん違う。もちろんそんなこと関係なく親になったからには子供を健やかに養育していくことは当たり前のことなのだけどね。私が二人目を産んだときは全然違った。一人目を育てて行く中で命の尊さ、重み、自分の生んだ子供が自分とは違う別個体としてこの世に存在して [続きを読む]
  • 虐待について①
  • 虐待死のニュース、無くならないな。実子でも継子でも関係なく無くならない。妊娠するかもしれないという行為することと、お腹に命が宿ってそれを産むということと、母や父になって子供を大人になるまで養育していくということが誰しも完璧に繋がっているかと言えばそうではないと思う。妊娠し子供を産んでも可愛いと思えない、自分の自我のほうが勝ってしまう、意思疎通のできない赤ちゃんをどう扱っていいかわからない、そんなこ [続きを読む]
  • 愛の連鎖
  • 娘が家を出てからまだ1か月半くらいなのだけれど、早速帰省している。本当は夏に戻ってくる予定が仕事をはじめることになったので暇な今のうちにということのようで。彼女が帰ってくると家の中がパッと明るくなった感じ。でもこの一ヶ月半の間に娘がいない生活ですっかり慣れていたのかとてもとても疲れる(笑)なんだかんだと振り回されている。遠方に住んでいる娘や息子の家族が帰省したらドッと疲れるとよく聞くのってコレなんだ [続きを読む]
  • 親の手足かぁ〜
  • 両親も高齢になってるので毒親というカテゴリーで書くのは気が引けるなぁなんて思うところもある。年齢とともに強い攻撃はなくなってるのもあるけど。なんだかんだで私の両親は幸せだと思う。確かにとても働き者で未だに現役で頑張っているからこそ、というのは大いにあるしそれに対して心から感謝し尊敬している。息子も娘もすぐ近くにいて自分たちの手足となり、何か言えばすぐにやってくれる。たとえば母は未だにATMにすらいか [続きを読む]
  • どう捉えるかの性格の問題か。
  • ご近所の奥さんと「母の日何もらったの?」みたいな話になった。皆さん、息子さんからアレンジフラワーもらったとかケーキ買ってきてくれたとか言ってた。私は子供たちから何ももらってないというと「え??? 可哀想〜〜 娘ちゃんはお母さんになにもあげないんだね〜」って。娘が母親に何かプレゼントするのは世の中では普通なんだろうな。確かに息子が母親に〜というよりは多いのかも。そういえばうちの兄が母の日に何かしてる [続きを読む]
  • 知らない間に自分も加害者になることが・・・
  • 加害者(容疑者)や被害者についての過熱報道に年々嫌気がさす。今の時代はネットでの匿名投稿が酷くてなんともいえない。私は巨大電子掲示板とか全然見ないので知らないことが多すぎるけど、恐ろしい数の傍観者がいてそこに投稿する人がいるわけで。どんだけ暇な人がいるのかって考えただけでぞっとする。加害者(容疑者)や被害者について取材する報道陣に対して普通に主観で答えちゃう人、もちろん悪気も何もないんだろうけど・・・ [続きを読む]
  • なんだかんだで日々は過ぎていく
  • 色々日々思うことはありつつもゆっくりブログに向かう時間と気力がない。なんだか随分時が過ぎた気がするけど娘のところに二泊三日でいってからまだ二週間。。一段落ついたら絶対寝込むわ、私・・・なんて宣言していたけれど一段落ついたところでまた次の日々のことが待っているわけで・・・寝込んでいる暇もなくボロボロの状態でどうにか過ぎていってる。出不精な私が一人で二泊三日も家をあけたのは初めてかも。部屋の中の片付け [続きを読む]
  • 心のありよう
  • 夏ごろに〜なんて言ってたけど決まったらあっという間に話は進んで気が付けば明日娘が出発。寂しさは募るから思い立ったら吉日!のほうが私も良い。娘が二十歳になったときも感慨深いな〜なんて思ってたけど、そんなんどうってことなかったな、今思えば。結局本当に家を出るときがその時なんだな。今更だけど、こんな私だけど親なんだなぁ、と改めて思うな。毎晩、布団に入ると色んなことを思う。寂しくなることに涙したり色々なこ [続きを読む]
  • 旅立ちの時
  • 毎日なんだかバタバタ。心臓が悪い我が家のサクセス犬の咳が最近落ち着いてきたものの下痢をして散歩がさらに頻繁になったり、留守の間にうんこまみれになった場所の掃除とか色々。下痢も落ち着いて穏やかに寝てる時間が多くなった。気持ちよさそうに寝てる姿をみるとホッとするね。こんな時間が少しでも長く続くといいなと思う。夫がいるときは朝と夜に散歩いってくれて、それ以外に私が仕事いく前や夕方、夜中にも散歩にでる。と [続きを読む]