くらげ母 さん プロフィール

  •  
くらげ母さん: くらげの家庭学習の記録
ハンドル名くらげ母 さん
ブログタイトルくらげの家庭学習の記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/jellyfish-days/
サイト紹介文2009生まれの娘の家庭学習の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 13日(平均4.3回/週) - 参加 2017/10/11 14:43

くらげ母 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 全国統一小学生テスト対策授業
  • 全国統一小学生テスト対策授業に土曜日に行ってきました。 前回、今回ともに家から近い早稲田アカデミーさんで受験しています。 他の塾の様子も見てみたいと思ったのですが、前回の対策授業と受験、その後の解説講座を受けてくらげはすっかり早稲アカの大ファンに。 早稲アカも含めて塾をいろいろ検討しようと思っていたのですが、くらげは早稲アカがいい!!と言います。実際、家から近くてほかに検討している塾は、バスか電車で [続きを読む]
  • 社会・日本地理を覚える【STEP1】
  • 私が地理が好きだったんです。地図を眺めるのが子どもの頃から好きでした。先取りなんてほどでもなく、覚えておいて損はないだろうな・・・とか私も好きだった科目は、話して聞かせてあげられることは多いなと思い、まずはお風呂にひらがな表記の日本地図を貼ってみました。 ちょうど同時期頃から天才てれびくんを見始め、当時はどちゃもん・・・今はもじもん?で1週間単位で各都道府県の名産などと絡めたお話が展開されていて [続きを読む]
  • 放課後②:3年生は学童クラブ難しいかも
  • 現在の児童館学童クラブはとても気に入っているのですが、3年生は入会できるか怪しいところです。1年生が優先になるのですが、今年の1年生がくらげの学年よりも1クラス多く、もう少し増えれば2クラス増えるところだったよう。学区内、周辺学区内が新築マンションラッシュのためどんどん子どもが増えていて、学童も待機児童が発生しています。 申し込みは行いますが3年生は難しそう・・・。とはいえ、それは1年生の申し込み [続きを読む]
  • 放課後①:児童館学童クラブ
  • くらげ母はフルタイムで仕事をしているため、くらげは保育園を卒園し、小学校に上がると同時に公設学童クラブに通っています。学童も激戦区の地域で、小学校内学童クラブは特に人気なので1年生は入れたとしても2年生以降入れないこともあると聞き、小学校とは別の児童館の併設学童に申し込みました。 これが大正解。ちょうどくらげが入会した年から児童館全体の運営が民間への委託に。幼児や児童の育成のノウハウを持った運営 [続きを読む]
  • 11月の全国統一小学生テスト、申し込んでます。
  • 11月3日開催の全国統一小学生テスト、申し込んでます。6月に続き、2回目の受験です。 6月の初めての受験前、「100点取ってくるね!」なんて張り切っていたくらげ。事前の対策授業もとても楽しく受講してきたようで早く試験受けに行きたい!なんて言ってました。 外部模試は初めてなので「初めてだし、がんばろうね!」なんて言いつつ、「100点なんて無理だろうな・・・まだ早かったかな・・・」と思っていたら予想的 [続きを読む]
  • 習い事:科学実験教室
  • くらげは科学実験教室に月2回通っています。これは中学受験を視野に入れて習わせ始めたわけではありません。 小学校入学ちょっと前、年長の終わりくらい。家族で科学未来館に出掛けました。広い館内を余すところなく楽しんだのですが、その時のくらげの目の輝きようは忘れられません。職員さんによるサイエンス・ミニトークなんて最前列で聞き入ってるんです。 科学未来館でも体験実験の時間があり、教室の外からのぞくと白衣を着 [続きを読む]
  • 朝勉強:チャレンジタッチ
  • くらげの朝は、チャレンジタッチをやっています。学年先取りなどはせず、2年生のもの。 なんとな〜く0歳から始めたちゃれんじ。そのまま小学生に上がりました。ゲームが好きなくらげなのでタブレットにして正解。朝アラームを掛けているのですが、大体毎日取り組めています。 毎月25日に配信されてから翌月の25日に次の号が配信されるまでにばっちりもんだい(国算それぞれ14回)、がんばりもんだい1(国算それぞれ14回)、は必 [続きを読む]
  • はじめまして 
  • はじめまして、くらげ母です。小学校2年生の娘(以下、くらげ)と、保育園年少の息子(以下、こざる)がいる、働く母です。 私自身は、3年生から中学受験塾に通ったものの、親の転勤により泣く泣く中学受験を断念しました。旦那は、公立中学から大学付属高校へ、大学は内部進学。 くらげが小学校に入学した頃からなんとなく、娘が中学受験をするなら・・・と漠然と考えてきました。 働く母を支えるべく、しっかりしているとよく言 [続きを読む]
  • 過去の記事 …