ラギ子 さん プロフィール

  •  
ラギ子さん: ラギ子の婚活女子ブログ
ハンドル名ラギ子 さん
ブログタイトルラギ子の婚活女子ブログ
ブログURLhttps://ragirog.muragon.com/
サイト紹介文30を過ぎたラギ子の婚活ブログ。果たして結婚というスタートラインに立てるのか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 11日(平均8.3回/週) - 参加 2017/10/11 21:22

ラギ子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 隼人くんのこと。②
  • 他にも色々ありました。 書き出すと止まらないので差し控えますが、隼人くんは本当に中身が子供です。 男性は一般的にマイナス5歳くらいだと思え、なんて言われていますが、隼人くんは高校生くらいにしか思えませんでした。 私が今まで経験してきた男性すべてがスマートな対応をしてきたわけではありませんが、隼人くんの対応はすべてが幼稚でした。 帰り道、私はまたあの峠道を通って帰りたくなかったので、寄り道する場所を [続きを読む]
  • 隼人くんのこと。
  • 隼人くんとはその後、一度食事をしてからデートをしました。 場所は私が決めたのですが、場所を決めるやりとりで、 「◯◯でウィンドウショッピングはどうですか?」と。 ◯◯は私もたまに行くショッピングモールです。ファミリー向けの。 いくつか隼人くんに提案してもらったのですが、すべて却下。どうもチョイスが中高生っぽいのです。 私は少し距離はあるものの、水族館を提案しました。ベタですが、無難でもあります。 [続きを読む]
  • 婚活で出会った人のこと。
  • 私が何度か参加した婚活イベント、パーティーで出会った人のこと。 私が初めて参加したのはBBQイベントでした。 自己紹介をしてから、BBQ、フリータイム、カップリングの流れだったような。 参加人数が男女それぞれ20人くらいいたので、私は自己紹介だけで疲れてしまいました。自己紹介のときに印象カードというものをつけるのですが、私は自分で三段階のマークを考えて、良い・普通・なし、だけを記入していました。 [続きを読む]
  • 猪野さんのこと。⑤
  • 最近少し太ってきた猪野さんに、 「猪野さんちょっと太ったんじゃないですか〜?どれどれ〜。」と先輩は猪野さんの二の腕に手を伸ばします。 「でも筋肉ですから。触ってみてください。ほら。ラギ子ちゃんも触ってみてよ。」 おお!自分から触ってと言ってくれた猪野さん。遠慮なく肩を触る私。 「でもこのお腹の肉はブヨブヨでしょ〜。」と遠慮なく猪野さんのお腹の肉をつまむ先輩。 「あれ!?意外と硬い?ていうか絶対力入 [続きを読む]
  • 猪野さんのこと。④
  • 猪野さんは私の会社を訪れると、担当者より一番最初に私のところへ来て声をかける。それは私のデスクが一番出入り口に近い、というのもあるが、猪野さんは必ず私のところへ来て、 「◯◯さんいますか?」と担当者を訪ねてくる。 猪野さんはどうやら、私が酔っ払ったときに言った「いくらなんでも10回くらい告白されたら考えるよ。それだけ私のこと好きなのに、断るなんてかわいそう。」 先輩から後日聞いたのだが、私はまった [続きを読む]
  • 猪野さんのこと。③
  • 猪野さんが少しずつ私へのアピールを再開させていきました。 「俺はわかるよ。ラギ子ちゃんは押しに弱いって。もうひと押しだと思うんだよね〜。」 猪野さんは私をBBQに誘い、丁寧にお肉を焼いてくれます。猪野さんは私がレアが嫌いなことを知っています。 猪野さんは鍋奉行なので、焼き肉でも鍋でも、全部自分でやってくれます。何も言わなくても、私の嫌いな物を皿には載せません。 何度かグループで食事をしているうちに [続きを読む]
  • 猪野さんのこと。②
  • 猪野さんの私に対する好意は社内の周知の事実となりました。 猪野さんは冗談めかしているのか、本気なのか、付き合って的なことを堂々と言ってくるようになりました。 「俺、ラギ子ちゃんみたいな子がタイプなんだよね〜」と仕事中にもかかわらず言ってくる始末。 私は猪野さんが苦手だったので、たいした返事もせず、スルーしていました。 私は猪野さんと向き合おうとしなかったのです。 そんなとき、先輩から、私の猪野さん [続きを読む]
  • 猪野さんのこと。
  • 猪野さんは一緒に仕事をしている案件が多いせいか、ほぼ毎日のように顔を合わせました。 当時の私は生理的に猪野さんが苦手だったので、あまり自分から話しかけるようなことはしませんでした。私も入社したばかりで慣れない仕事をおぼえるのにやっとでした。 猪野さんも私に話しかけることはありませんでしたが、いちいち視線が気になるのです。私の自意識過剰かと思い、何度か確かめると必ずと言っていいほど目が合いました。 [続きを読む]
  • 最近の婚活状況。
  • さて、病気やコンプレックスの話が長くなりました。 本題の婚活状況はと言いますと、、 現在、私は相談所をすでに退会しています。それはなぜか。お付き合いを考えていた人がいたからです。彼は猪野さんと言います。 猪野さんとの出会いは、三年ほど前でしょうか。猪野さんは仕事を通じて知り合いました。同じ会社ではないのですが、よく一緒に仕事をする仲でした。 でした、と言っても現在も継続中ですが。 猪野さんと初めて [続きを読む]
  • コンプレックスのこと。
  • 私は口唇裂の他にもう一つ大きなコンプレックスがあります。それは体毛が濃いこと。 放っておくと、おっさんのような手足に。。 今は永久脱毛中で、だいぶ生えてこなくなりましたが、本当に嫌でした。 毎日のように剃刀で処理し、ときに誤って切ってしまったり。剃刀負けもしょっちゅうでした。 そんなこともあり、私は自分に自信が持てずにいました。 一番私に自信を持てなくしていたのは兄でした。私は幼いときから、ずっと [続きを読む]
  • ラギ子のこと。病気のこと。
  • 私は子供のときに、なぜ自分が手術と入院を繰り返すのかよくわかっていませんでした。 今となっては記憶も曖昧で、憶えているのは抜糸の痛みと、退院するときに見送ってくれた、今思えば同じ口唇裂の子供たち。 私は昭和大学病院で治療を受けていました。調べたら口唇裂の治療でとても有名な病院らしいですね。 病院の窓ガラスの向こうから、退院する私を見送る、同じ口唇裂で入院していた男の子と女の子をぼんやりと憶えていま [続きを読む]
  • 婚活をして気づいたこと。
  • 婚活をして気づいたことがたくさんありました。 まず、私の態度。 これは相談所の方にも言われたのですが、パーティー中はずっと笑顔でいること。笑わなくたっていいから、とにかく口角を下げないこと。 私は良く言えば素直、悪く言えばバカ正直なところがあり、態度がすべて顔に出てしまうのです。 たとえば、好みでない男性に声をかけられた時の不機嫌な態度。パーティー中はみんな見ています。目の前のあなたでなく、あなた [続きを読む]
  • 婚活ブログはじめます。
  • 婚活を始めたのは一年前からでしょうか。 私は婚活もののテレビ番組、わかりやすく言うとお見合い大作戦などを観てて思ったのですが、女は容姿と年齢です。 見た目が良ければ男は放っておかない。チヤホヤしてくれる。必ず好きになってもらえる。 私はそう思って結婚相談所へ行きました。 なぜ私が身近な出会いでなく、相談所へ行ったのか。それは私が結婚するためには相談所が一番の近道だと思ったから。と、地元を離れるため [続きを読む]
  • 過去の記事 …