サカモ さん プロフィール

  •  
サカモさん: 不動産営業マンのフリートーク
ハンドル名サカモ さん
ブログタイトル不動産営業マンのフリートーク
ブログURLhttp://kitaosakaj.jp/
サイト紹介文不動産屋です。不動産ネタ・うんちく他
自由文https://twitter.com/mmmsakamo

合同会社北大阪住販
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 309日(平均3.5回/週) - 参加 2017/10/12 13:03

サカモ さんのブログ記事

  • 多くのスポーツがイギリスで始まった理由
  • サッカー、ラグビー、ボート、 競馬、ゴルフ テニス、ホッケー、バドミントン等多くのスポーツがイギリスで生まれ ルールが定められ 世界に普及していきました。これはスポーツが広まった19世紀、イギリスが世界に先駆け 市民革命と産業革命を成功させ市民社会を築きあげたことと 世界に多くの植民地を獲得し大英帝国を樹立したことが理由です。パクス・ブリタニカと言われ 覇権国家イギリスの発展と共にそれらスポーツは [続きを読む]
  • 中古マンション、管理を買えとは
  • 資産価値のある中古マンションの条件とは、1も2にも立地です。中古マンションの購入希望者が何よりも重視するのは そのマンションの立地条件です。新築時、あれだけ売りにしていた 共用部分がハイグレード仕様のマンションも建築後20年以上経てば  立地には勝てません。豪華なプールや温泉などの共用施設は 残念ながら売却時の査定価格にはほとんど影響しません。UPするのは 都心のマンションかリゾートマンションくら [続きを読む]
  • 自然災害が多い国なので
  • 国土交通省の統計によると、日本の住宅が平均30年で滅失して建て替えられるのに対して アメリカは55年、イギリスは77年だそうです。理由は言うまでもなく 日本人が新築好きだからです。そして中古嫌いなのです。これは日本人が 欧米人に比べ極端に奇麗好きだから説が有力です。なので現在、国は日本の中古住宅がもう少し奇麗であれば この差は縮まるだろうと考え様々な施策を打ち出しているわけです。しかし日本人が新築 [続きを読む]
  • 正論だけでは解決しない
  • ここで具体的な事例を書くとバレルので ぼかして書きます。世の中には文句の言いようのない正論を振りかざして来る人がいます。しかし、こういう人に限ってあまり頭が良くありません。(学歴は良いかもしれません。)私が一番聞きたいの「そして どのようにして問題を解決するか?」です。私は 「戦争をするべきでは無い」と言うことを聞きたいのでは無く「どうしたら戦争を防げるか?」を質問しているのです。世界中の人が清廉 [続きを読む]
  • 自分の知的レベルは思っている以上にバレている
  • このブログの以前に書いた記事を読み返したり、他人のブログ(社長のナルシスト系ブログ等)を読んだリしているとその内容から「俺ってバカだな」とか「この人賢いな・仕事できるな」(またはその反対も)と思うことがあります。内容が 政治・経済や専門部分野の難しい記事ではなくこのブログであれば カテゴリーが「雑談」のような何でもない思いつきで書いている記事を読んだ時に 特にそう感じます。これは普段の会話でも同じ [続きを読む]
  • ハノーヴァー朝
  • 1714年にアン女王が死去、後継ぎがいなかったため遠い親戚であった ジョージ1世がハノーヴァー選帝侯(ドイツ諸侯)兼英国王という肩書でロンドンにやってきます。ジョージ1世はドイツ人で 英語もほとんど話せませんでした。すでにこの時代から国政は 議会が殆ど行っていたため「国王は君臨すれど統治せず」でした。なので問題ありませんでした。また、上記家系図からもわかるようにその後も ヴィクトリア女王なんかはド [続きを読む]
  • ウィーン会議
  • ナポレオン戦争終結後、1814年 戦後の体制を取り決めるためヨーロパ各国の代表が集まり ウィーン会議が開催されました。この時の主要国は イギリス・オーストリア・ロシア・プロイセンでした。(とフランスが当時ヨーロッパの大国)会議をを取り仕切ったのがオーストリアの外相、メッテルニヒでした。しかし、各国の主張を調整するのが難しく 舞踏会ばかり開いていたため「会議は踊る、されど進まず」と揶揄されるほど 会 [続きを読む]
  • 日本版司法取引
  • タイの発電所建設に絡み、事業を受注した三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の社員らが現地公務員に現金を渡した疑いがあり、この捜査を巡り同社が東京地検特捜部と日本版「司法取引」で合意したことが14日、関係者の話で分かった。社員らの不正競争防止法違反容疑の捜査に協力し、法人としての同社の立件は見送る内容とみられ、6月導入の新制度の初適用となる。(14日付 日本経済新聞朝刊から引用。)だそうです。どうして [続きを読む]
  • 土砂災害警戒区域等
  • 今回の西日本を中心とした豪雨による災害におきまして被災された皆様にお見舞い申し上げます。土砂災害防止対策推進法:著しい土砂災害が発生する区域において一定の開発行為を制限するほか、建築物の規制に関する所要の措置を定めること等により、土砂災害の防止のための対策を図り、もって公共の福祉の確保に資することを目的としています。(第1条)法律だけ読むと、建築業者や開発業者向けの法律のように思えますが一般の方も [続きを読む]
  • 元付業者アドバンテージは無くなる
  • 不動産仲介において 売主から直接不動産の売却依頼を受けている業者→元付業者買主から 購入する物件を探す依頼を受けているのが→客付業者と言います。(呼び方は 業者により違います)我々の行っている不動産売買仲介業務を簡単に言うと売り需要と買い需要をマッチングさせ具体的な契約成立に結びつける活動です。つまり「物件探しと客付け」業務です。しかし どちらが重要かと言えば「物件探し」のほうです。なので 不動産 [続きを読む]
  • 鄭和の大航海
  • 中国の一帯一路政策の海の方のやつ。「21世紀海洋シルクロード」は中国沿岸部から東南アジア、スリランカを通りアラビア半島・アフリカ東部を結ぶ計画です。この図を見た時、世界史詳しい人(マニア?)なら 「ん? これ似てるな」と思ったでしょう。15世紀 明の時代、永楽帝に命じられて諸外国(上記図)大航海に赴いたのが宦官に仕えていた鄭和でした。鄭和は顔の濃い 色目人でイスラム教徒でした。靖南の役で成果を出し [続きを読む]
  • 一般保証制度
  • 不動産を購入する際、お客様が物件の引き渡しを受けるまでに不動産屋に先払いするお金があります。なので消費者保護の点から 売主が業者で買主が一般のお客様の取引で手付金などの合計額が1000万円または物件価格の10%(未完成物件の場合5%)を超える場合、不動産屋は保全措置を講じなければなりません。(宅地建物取引業法)そこで素朴な疑問「売主が個人の場合どうなるの?」(手付金を仲介会社に預ける場合)「手付金 [続きを読む]
  • 人望が大切なので・・・
  • 先日 嵐の二宮くん主演のドラマ 「ブラックペアン」の最終回、最後に佐伯教授(内野聖陽)と渡海(二宮)くんが分かりあえて良かったです。やはり優秀な外科医とは手術の腕だけでなく佐伯教授のような人間力も大切だと感じました。(以上ドラマの感想)「優秀な営業マンが なかなか出世できない。」「先に課長になったのは 営業成績がいつも同期では2〜3番のやつ」営業会社(そこそこ大きい)ではこの様なケースはよくあるこ [続きを読む]
  • 契約書に文章が多いのは誰のせい?
  • 我々が 自分で作成したり、仕事でよく目にする契約書類といえば不動産売買契約書、工事請負契約書、金銭消費貸借契約書 保険契約書などです。これら契約書、 「約款とか特約の文章が多い」のが特徴です。そして「ハンコ押す箇所多すぎ」 「契約の時間(締結まで)かかりすぎ」です。なので私は「こんなの全部読むやつなんかおらんやろ。 ほんとめんどくさい。」「トラブらないやろ」と いつも思っています。宅地建物取引士と [続きを読む]
  • なぜキリスト教はヨーロッパで普及したか?
  • 「なぜキリスト教はヨーロッパで普及したか?」先日暇だったので そっち系の勧誘に来たおばちゃん(パンフレット持ってくる人)に この逆質問をしてみました。すると 何か宗教的な答えが返ってきました。それでは 信仰心の強い人しか理解できません。(それで良いのですが・・・)そして受験生、これは直接入試問題には出ませんが 世界史を勉強する上で重要です。知らないと 偏差値の高い大学には受かりません。西暦30年ごろ [続きを読む]
  • ヨーロッパでサッカーが盛り上がる理由
  • ロシアで開催されているサッカーワールドカップ、 日本が初戦を勝ちTVもこればかりです。このサッカーの試合、もちろん世界中で人気ですが 中でもヨーロッパの国同士の対戦は特に盛り上がります。これは ゲルマン人の移動から第一次世界大戦までの西洋史を勉強すれば 盛り上がることは理解できるでしょう。特に高校生は勉強しましょう。ローマ帝国が崩壊してからのヨーロッパは宗教的な対立から始まり 民族対立・王国の成立 [続きを読む]
  • 民泊新法
  • 一般住宅に有料で旅行者らを泊める「民泊」を全国で解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月15日に施行されました。この法律ではホテルや旅館を原則営業できない住居専用地域でも、家主が自治体に届け出れば、年180日を上限に民泊の営業が可能となります。こういう感じです。ですが 観光庁によると全国で届け出件数は2707件(6月8日時点)、うち受理したのは1134件で 低調なようです。日本人は 規制緩和に対し [続きを読む]
  • 所有者不明の土地
  • 先日、「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」が参院本会議で可決成立しました。 所有者不在の土地があるのは 所有権移転登記、中でも相続登記ができていないのが主な原因です。相続を繰り返すと 一筆の土地に数十人の権利者がいることもめずらしくありません。そうした土地は、2016年時点で約410万haと九州全土よりも大きいとされ、このまま対策を講じなければ北海道相当の規模にまで拡大するとされています。 [続きを読む]
  • ノーベル平和賞について
  • 少し前の記事ですが イギリスのブックメーカーの一部予想では2018年のノーベル平和賞の受賞者、1位が「金正恩と文在寅」、2位がトランプ大統領だそうです。ノーベル平和賞自体、平和に対するシンボリックな存在でもなくなってきているので個人的にはどうでも良いと思っています。しかし 現役の大統領や政治家が受賞するのは良くないでしょう。なぜなら「誰のおかげで平和になったか?」(その反対も)というのはかなり時間 [続きを読む]
  • 十字軍はなぜグダグダだったか?
  • 高校生が世界史の勉強していて 何がしたかったのか意味が分からないのが「十字軍の遠征」だそうです。十字軍は聖地エルサレムを、イスラム支配から奪回する目的で結成されました。当初、東ローマ皇帝は傭兵の派遣を要請しただけだったのですが大事になってしまい 正式な軍隊だけでなく民衆や少年までも参加したりして グダグダになってしまいました。結局 最終的には聖地回復にも失敗したり 正式には7回あった遠征の回数が8 [続きを読む]
  • スンニ派とシーア派
  • イスラム教徒の数はあと数十年で世界の人口の30%にまで達するとも言われています。今後、海外に限らず日本国内でビジネスをしている人達も イスラム教徒が顧客となる機会が ますます増えるでしょう。6世紀後半、アラビア半島のメッカで ムハンマドは唯一神アッラーの啓示受けイスラム教を創始しました。ムハンマドがアラビア半島を統一したと同時にイスラム教も広まりました。その後 イスラム教は エジプトなどの北アフリ [続きを読む]
  • フランス、実はケンカが弱い説
  • 学生であれば 弱いくせに いつもケンカの強いやつらとつるんでいるため なぜか強そうに見えるやつ。社会人であれば 実は仕事がそれほどできないくせに 常に優秀な上司や部下がまわりにいるおかげで できる人に見えるやつ。これが世界史でみる 近世以降のフランスの立ち位置です。イギリスと競って海外に植民地を取得した時代がありました。ですが 結局 北アメリカ大陸やインドなど有力な土地はイギリスにとられました。ヨ [続きを読む]
  • ニューディール政策
  • 1929年10月、ニューヨークの株式市場が大暴落しました。そして アメリカ経済は一気に不況に陥り その影響は世界各国に及びました。 ソ連以外。(ソ連は完全に社会主義国になっていたため影響を受けなかった。)そこで 1932年のアメリカ大統領選挙で ニューディール政策を掲げ フランクリン=ルーズベルトが当選するのです。ニューディール政策では まず失業者の救済のため テネシー川の開発などを中心とした大規 [続きを読む]
  • 福音派
  • 「聖書のみが正しく 救済は信仰によってのみ得られる」と主張する人たちをキリスト教の福音派と言います。(簡単に言うとです。)イギリスではこの主義者たちをピューリタンと呼んでいました。 この人たちはなんだかんだあって結局 国王やイギリス国教派と政治的には対立しました。1620年、このピューリタンを多く乗せたメイフラワー号はボストン郊外の街、プリマスに上陸しました。その後、アメリカには イギリスから政治 [続きを読む]