サカモ さん プロフィール

  •  
サカモさん: 不動産営業マンのフリートーク
ハンドル名サカモ さん
ブログタイトル不動産営業マンのフリートーク
ブログURLhttp://kitaosakaj.jp/
サイト紹介文不動産屋です。不動産ネタ・うんちく他
自由文https://twitter.com/mmmsakamo

合同会社北大阪住販
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 255日(平均3.8回/週) - 参加 2017/10/12 13:03

サカモ さんのブログ記事

  • なぜキリスト教はヨーロッパで普及したか?
  • 「なぜキリスト教はヨーロッパで普及したか?」先日暇だったので そっち系の勧誘に来たおばちゃん(パンフレット持ってくる人)に この逆質問をしてみました。すると 何か宗教的な答えが返ってきました。それでは 信仰心の強い人しか理解できません。(それで良いのですが・・・)そして受験生、これは直接入試問題には出ませんが 世界史を勉強する上で重要です。知らないと 偏差値の高い大学には受かりません。西暦30年ごろ [続きを読む]
  • ヨーロッパでサッカーが盛り上がる理由
  • ロシアで開催されているサッカーワールドカップ、 日本が初戦を勝ちTVもこればかりです。このサッカーの試合、もちろん世界中で人気ですが 中でもヨーロッパの国同士の対戦は特に盛り上がります。これは ゲルマン人の移動から第一次世界大戦までの西洋史を勉強すれば 盛り上がることは理解できるでしょう。特に高校生は勉強しましょう。ローマ帝国が崩壊してからのヨーロッパは宗教的な対立から始まり 民族対立・王国の成立 [続きを読む]
  • 民泊新法
  • 一般住宅に有料で旅行者らを泊める「民泊」を全国で解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月15日に施行されました。この法律ではホテルや旅館を原則営業できない住居専用地域でも、家主が自治体に届け出れば、年180日を上限に民泊の営業が可能となります。こういう感じです。ですが 観光庁によると全国で届け出件数は2707件(6月8日時点)、うち受理したのは1134件で 低調なようです。日本人は 規制緩和に対し [続きを読む]
  • 所有者不明の土地
  • 先日、「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」が参院本会議で可決成立しました。 所有者不在の土地があるのは 所有権移転登記、中でも相続登記ができていないのが主な原因です。相続を繰り返すと 一筆の土地に数十人の権利者がいることもめずらしくありません。そうした土地は、2016年時点で約410万haと九州全土よりも大きいとされ、このまま対策を講じなければ北海道相当の規模にまで拡大するとされています。 [続きを読む]
  • ノーベル平和賞について
  • 少し前の記事ですが イギリスのブックメーカーの一部予想では2018年のノーベル平和賞の受賞者、1位が「金正恩と文在寅」、2位がトランプ大統領だそうです。ノーベル平和賞自体、平和に対するシンボリックな存在でもなくなってきているので個人的にはどうでも良いと思っています。しかし 現役の大統領や政治家が受賞するのは良くないでしょう。なぜなら「誰のおかげで平和になったか?」(その反対も)というのはかなり時間 [続きを読む]
  • 十字軍はなぜグダグダだったか?
  • 高校生が世界史の勉強していて 何がしたかったのか意味が分からないのが「十字軍の遠征」だそうです。十字軍は聖地エルサレムを、イスラム支配から奪回する目的で結成されました。当初、東ローマ皇帝は傭兵の派遣を要請しただけだったのですが大事になってしまい 正式な軍隊だけでなく民衆や少年までも参加したりして グダグダになってしまいました。結局 最終的には聖地回復にも失敗したり 正式には7回あった遠征の回数が8 [続きを読む]
  • スンニ派とシーア派
  • イスラム教徒の数はあと数十年で世界の人口の30%にまで達するとも言われています。今後、海外に限らず日本国内でビジネスをしている人達も イスラム教徒が顧客となる機会が ますます増えるでしょう。6世紀後半、アラビア半島のメッカで ムハンマドは唯一神アッラーの啓示受けイスラム教を創始しました。ムハンマドがアラビア半島を統一したと同時にイスラム教も広まりました。その後 イスラム教は エジプトなどの北アフリ [続きを読む]
  • フランス、実はケンカが弱い説
  • 学生であれば 弱いくせに いつもケンカの強いやつらとつるんでいるため なぜか強そうに見えるやつ。社会人であれば 実は仕事がそれほどできないくせに 常に優秀な上司や部下がまわりにいるおかげで できる人に見えるやつ。これが世界史でみる 近世以降のフランスの立ち位置です。イギリスと競って海外に植民地を取得した時代がありました。ですが 結局 北アメリカ大陸やインドなど有力な土地はイギリスにとられました。ヨ [続きを読む]
  • ニューディール政策
  • 1929年10月、ニューヨークの株式市場が大暴落しました。そして アメリカ経済は一気に不況に陥り その影響は世界各国に及びました。 ソ連以外。(ソ連は完全に社会主義国になっていたため影響を受けなかった。)そこで 1932年のアメリカ大統領選挙で ニューディール政策を掲げ フランクリン=ルーズベルトが当選するのです。ニューディール政策では まず失業者の救済のため テネシー川の開発などを中心とした大規 [続きを読む]
  • 福音派
  • 「聖書のみが正しく 救済は信仰によってのみ得られる」と主張する人たちをキリスト教の福音派と言います。(簡単に言うとです。)イギリスではこの主義者たちをピューリタンと呼んでいました。 この人たちはなんだかんだあって結局 国王やイギリス国教派と政治的には対立しました。1620年、このピューリタンを多く乗せたメイフラワー号はボストン郊外の街、プリマスに上陸しました。その後、アメリカには イギリスから政治 [続きを読む]
  • 三十年戦争
  •         三十年戦争とは17世紀前半に 現在のドイツを中心におこったヨーロッパ最大の宗教戦争。 当初、カトリック対ルター派(プロテスタント)の新旧両派諸侯間の対立から始まったが デンマーク・スウェーデン・フランスなどが加わり国家間の勢力争いの要素が強くなりました。1648年のウェストファリア条約で講和条約締結。神聖ローマ帝国は事実上解体され オランダ・スイスが独立を認められる等によりヨーロッ [続きを読む]
  • 西郷どん
  • 今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」にはまっています。 私自身大河ドラマを真面目にみるのは 「真田丸」以来です。 NHKの大河ドラマをみて 「ドラマはこうだけど 史実とは違う」と言う人がいます。ですが 雑談以外で真剣にこのトークをする人は 少しセンスがありません。邪道です。なので 今後のクライマックスになるであろう「征韓論」の場面を予想してみます。通説:幕末、日本が開国して以降、朝鮮との関係は悪化し [続きを読む]
  • 大学の体育会系
  • アメリカンフットボールの日大と関学の定期戦で悪質な反則行為があった問題。報道によると危険なタックルをした日大の選手は 監督から「(タックルを)やるなら試合に出してやる」という主旨の指示があったことを周囲に話しているそうです。大学の体育会といえば厳しい組織で鍛えられているせいか就職に強いイメージがあります。なかでもアメフト部なんかは花形です。日大のアメフト部のレギュラークラスは 早慶上智・MARCH [続きを読む]
  • 他力本願
  • 他力本願:自分の努力では無く他人がしてくれることに期待をかけること。ですが このネガティブな使われ方は誤用が定着したもので 本来は仏教用語です。浄土真宗は 浄土宗の開祖である法然の弟子、 親鸞が始めた浄土教の一派です。そして親鸞の教えに「他力」というのは如来の本願力なり。 というものがあります。この阿弥陀如来の本願力のことを 他力本願というのです。阿弥陀仏の力で万人が救済されるというという絶対他力 [続きを読む]
  • 三大都市圏
  •  ”政府が「40年に消滅する可能性がある」(消滅可能性都市)と指摘した全国896市区町村のうち 約8割の自治体で人口減少が加速することが分かった。 ・・・ 三大都市圏は増加傾向。”以上(省略してます)が 先日の読売新聞の記事です。このような記事を目にしたとき よく三大都市圏は人口増加傾向と書いていることが多いです。なので 我々関西人は少子高齢化が著しく進み 人口減少が加速するのは地方だけだと勘違い [続きを読む]
  • 今更ですが レインズの説明
  • レインズとは 国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムの名称です。 → 参照売主から売却依頼を受け専任(または専属専任)契約を締結した不動産業者は一定の期間内にこのレインズへ物件を登録することが義務づけられています。       上記は 売主・買主それぞれ別の不動産業者が担当した場合(分かれ)の取引時の説明図です。売主が買主を探す作業 いわゆるマッ [続きを読む]
  • ローズコーポ千里 B棟
  • 吹田市五月が丘エリアはJR・阪急両方の駅からも遠く電車を利用して通勤・通学する人は少し不便かもしれません。 しかし 吹田の中でも文教地区、 分譲・賃貸マンション・戸建がバランスよく立ち並ぶ地域で 子育て世帯・お年寄り世帯どちらにも住みやすい街です。そして スーパーなどの買い物をする施設も揃っています。不動産屋の営業マンは「リノベーションとは既存の建物に大規模な間取り変更・水回り設備一式交換など性能 [続きを読む]
  • 吹田市穂波町
  • 大阪のベッドタウンとして北摂では豊中市と並ぶ人気のエリア吹田市。住宅地として有名なのは 万博時に開発され区画が整備された千里ニュータウンエリア。駅周辺には商業施設が立ち並び 新大阪・梅田へのアクセスも良い生活至便な江坂エリア。ですが 「今 吹田はJR沿線が熱いのです。」今まで吹田住民のターミナルとして発展してきた吹田駅に加えMBS放送局移転後 マンション建設が進み 人口が増え、2010年に阪急摂津 [続きを読む]
  • 三面包囲
  • 少し前(だいぶ前?)ですが ドラマ「半沢直樹」の最終回。せっかく半沢直樹が土下座までさせて不正を暴いた大和田常務に対し 中野頭取はその処分を平取締役への降格だけで済ませました。(懲戒免職でもおかしくなかったのに・・)これは中野頭取が孫氏の兵法である三面包囲をつかったことも考えられます。(対外的な体裁を考えたのが一番でしょうが・・・)孫氏は勝ちが確信している戦において相手を追い詰める時は1面だけ逃げ [続きを読む]
  • 政治に関心を持つときは・・・
  • 忙しいビジネスマン・ビジネスウーマン・子育てに忙しいお母さんたち等が政治に関心を持つのは だいたい景気が悪くなった時です。経済さえうまく回っていれば 政治はどうでもいい、二の次・三の次というのが一般市民の本音です。景気が悪化して初めて 政治家何とかしろとなるわけです。また、自分の給料も上がらない時に 政治家や官僚のスキャンダルなんかが発覚してこそ怒りもさらにUPし 人は一層政治に関心をもつものです [続きを読む]
  • AIには読解力が無いらしいが・・・
  •                        AI(人工知能)には 読解力が無く 文章そのものの意味を理解していないらしい。じゃ人間は読解力があるのかと言うとこれもあやしい。 しかし人がAIに勝つには読解力を磨くしかないようです。参考→記事大事なのは読解力このブログのプロフィールで 調子に乗って趣味=読書とか書いている私自身の「読解力」も果たして大丈夫なのだろうか?ふと振り返ると その昔 受験勉強 [続きを読む]
  • ドア・イン・ザ・フェイス
  • 新人営業マン研修などで教わる営業テクニックに「ドア・イン・ザ・フェイス」というものがあります。 そして交渉の場でよく使われます。これは最初に断られる前提で大きな要求を仕掛けてその上で本当の目的だった小さな目的を通すという手法です(反対は「フット・イン・ザ・ドア」)。例えば 不動産屋の営業マンが売主に対し交渉する際「価格はあと100万円安くして 風呂・キッチンの壊れている箇所を全部修理して 引き渡し [続きを読む]