サカモ さん プロフィール

  •  
サカモさん: 不動産営業マンのフリートーク
ハンドル名サカモ さん
ブログタイトル不動産営業マンのフリートーク
ブログURLhttp://kitaosakaj.jp/
サイト紹介文不動産屋です。不動産ネタ・うんちく他
自由文https://twitter.com/mmmsakamo

合同会社北大阪住販
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2017/10/12 13:03

サカモ さんのブログ記事

  • 草の根運動が行き過ぎるとヤバイわけ
  •       18世紀後半のフランスは イギリスとの植民地戦争やアメリカ独立戦争支援等で財政が悪化し赤字が税収の約9倍に達していました。財政改革を断行するには 当時 税金が免除されていた特権階級(聖職者・貴族)への課税が不可欠でした。これに対する第3身分(平民2600万人)の反発がフランス革命の始まりでした。当初、革命のリーダー、ラファイエットやミラボーは「自由・平等・博愛」をシンボルとし 革命も立 [続きを読む]
  • 一蔵どん
  •           NHK大河ドラマ「西郷どん」も最終回まであと2話となりました。そこで ドラマではどうしてもヒール役になってしまう一蔵どん(大久保利通)を(史実で)フォローしておきます。私が特にすごいと感じている2点(西郷どんにはできなかったであろう点)は以下です。・幕末、島津久光に取り入られ薩摩藩を動かすポジションについた。 そして 動かした。お由良の騒動の時に大久保家は干される等したので大久 [続きを読む]
  • 大人のケンカに勝つには
  • 以前も書きましたが(社会人のための世界史) 参照社会人はケンカが強くなければいけません。とブログでは偉そうに書いていますが私もそんなに強くはありません。不動産屋の中では弱い方かもしれません。もちろんここで指すケンカとは 「交渉」のことです。なので勉強中です。本で勉強しようとしている時点でダメなのですが・・・・しかし、ビジネス本なんか読むより日中戦争を勉強した方が良いかもしれません。当時の中国のアメ [続きを読む]
  • 大陸封鎖令
  •                                  1806年、ナポレオン1世は、イギリスに経済的打撃を与えるため「イギリス諸島とのあらゆる商取引・通信を禁止する。」と ヨーロッパ諸国(大陸諸国)に対し大陸封鎖令を出しました。これはナポレオンがイギリスをたたくのと同時にヨーロッパ市場の独占を目指したものでした。当時、いち早く産業革命に成功したイギリスは「世界の工場」として工業力を持つ [続きを読む]
  • 今、安倍首相が考えていること
  • 安倍首相は今月14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約の交渉を加速させることで合意しました。報道では「北方領土2島(歯舞諸島・色丹島)返還後、平和条約締結」というのが交渉の基軸なようです。1956年の国交を回復した日ソ共同宣言では「2島(歯舞諸島と色丹島)を引き渡す」と謳われました。が、日本は後から「4島一括返還」を主張し出したのです。(今の韓国のこ [続きを読む]
  • その時売れる物件を買う
  •  厚生労働省が公的年金の受給開始時期を70歳まで繰り下げた場合を公表する等 ちまたでは将来「定年70歳」になる説が囁かれています。というか 日本人の寿命、医療の発展等を考えると 10年〜20年後には 定年そして年金受給開始年齢が70歳というのがスタンダードになっているでしょう。さらに住宅性能のUPも関係し借入れ期間40年〜50年という住宅ローン商品も増えつつあります。(特に地銀なんかで)完済年齢は [続きを読む]
  • 下町ロケット2
  • 今、私がハマっているTVドラマは NHKの朝ドラ「まんぷく」大河ドラマの「西郷どん」そして これです。で このドラマで気になっている点。(また変なところが気になっています。)下町の工場「佃製作所」と世界のリーディングカンパニーを目指す「帝国重工」ベンチャーの「ギアゴースト」とそれぞれの技術者のスキルが同じ という点です。むしろ「佃製作所の技術者のほうが優秀じゃないか?」と思わないでしょうか?もちろ [続きを読む]
  • 保守思想とは
  • 韓国の徴用工の判決問題や米中貿易戦争等のネット記事等で 中国・韓国をディスる記事はよく目にすると思います。だからと言ってこの人たちが保守思想だとは限りません。自称(なんちゃって)保守かもしれません。その人が保守思想かどうかを判断するにはアメリカに対してはどう思うか?や憲法に関しても意見を聞かなければいけません。本物の保守であればアメリカに対しても強気の意見のはずです。間違いなく保守なのは この人で [続きを読む]
  • 「TPP11」の意味を勝手に考えてみると・・
  • あまりニュース(TVの)になっていませんが米国を除く11カ国による環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)が、12月30日に発効することになりました。昨年アメリカのトランプ大統領が離脱を表明して以来いまいち盛り上がっていないように思われます。が しかしこのTPP11、今後アメリカや中国との外交交渉や安全保障政策を考えた時日本にとって大きな意味を持つと思います。現在、アメリカとは2国間での通商協定を [続きを読む]
  • 世界史の「そもそも論」にぶつかった時
  • 世界史の本を読んだり勉強をしたりしていると 「そもそも・なぜ?」というような疑問を持つことはないでしょうか?例えば・そもそも 人類だけが文明の頂点に立てたのはなぜか?・人類だけが言葉で意思疎通できたのか?・農業が発展したのはなぜ?・宗教が世界に伝播した理由(過程)・帝国主義・資本主義はなぜおきたか?・近代、なぜヨーロッパの国だけが植民地を持ったのか?(日本が例外だそうです)・反対に 中国・インド・ [続きを読む]
  • サウジアラビアVSイランが理由
  • シリアでイスラム過激派に拘束され 3年4か月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さんのニュース。自己責任論とか ネットではいろいろざわついている模様です。それはさておき このニュース、サウジアラビアの記者殺人など 別のことにも大きく関係しています。私は教養の高い営業マンなので(そして暇なので)これらを解説してみます。中東では現在、イスラム教スンニ派の大国サウジアラビアとシーア派の大国イランが国 [続きを読む]
  • ペンス副大統領演説
  • 10月4日、ハドソン研究所においてアメリカのマイク・ペンス副大統が中国に対する事実上の「冷戦宣言」をおこないました。一言で「中国いいかげんにしとけよ」ということです。・中国政府はあらゆる手段を使って(窃盗まがい)米国の知的財産を 手に入れることを指示している。・南シナ海を軍事化しないと言っておきながら 実際には人工島に対艦・対空ミサイルを設置していること。・中国はアジア、アフリカ、欧州、南米で借金 [続きを読む]
  • 不動産屋は嗅覚で見抜くしか・・・
  • 東京・西五反田の土地取引で積水ハウスが55億円だまし取られた事件。今回の犯人グループ(一部)逮捕の報道により詐欺の手口の全容が明らかになってきました。このニュースをみて「不動産の所有者になりすましたやつを 不動産屋は見抜けないのか?しかも積水ハウスみたいな大手が」と思った人も多いでしょう。不動産売買の際 売主が本人かどうかを確認することはもちろん不動産屋の基本です。しかし その際、売主の本人確認書 [続きを読む]
  • AI・自動運転・ロボットとか・・・
  • 先日、トヨタとソフトバンクが移動サービス事業で提携を結んだという報道がありました。今、車は所有から利用に変わろうとしているそうです。世界のトヨタですら大変革をする時代です。現在、世界では、この自動運転やAIに加え AR、VR、ブロックチェーン、5Gなどのテクノロジーの発展がメディアをにぎわせています。そして ちまたでは「これらはいつまでに、どれくらい我々の仕事を奪うのか?」という議論が活発なようで [続きを読む]
  • 文学作品を読まないと
  • 私は小説は読みます(主にミステリー)が古典文学は読みません(読めません)。また、夏目漱石等の有名文学作品の読書も苦手です。歴史の本は好きなのですがそれに加えハウツー本や2時間でわかる・・みたいなビジネス本は結構好きです。これ 当然ですが ダメだそうです。こういう偏った読書をすると「精神論が好き」「妥協は敗北」「事実誤認は当たり前」というような人間になるそうです。これは現在のブラック企業の社長ではな [続きを読む]
  • お金持ちの思想
  • 先日、雑誌フォーブスが発表した米長者番付けによるとアマゾン.コムCEOの ジェフ・ベソスが総資産1600億ドル(約18兆円)でビルゲイツを抜いて首位に立ちました。世界ランキングでも1位です。(同雑誌3月発表)2位のビルゲイツ(970億ドル)、3位のウォーレン・バフェット(883億ドル)でだいたい資産10兆円です。ちなみに 日本では孫正義氏が資産2兆2900億円で1位。そして、大阪府の歳入費が約2兆 [続きを読む]
  • アングロ・イラニアン石油会社
  • 先日、テレビの金曜ロードショーで放映された映画「海賊と呼ばれた男」。原作は百田尚樹氏のベストセラー小説です。モデルは 出光興産(株)創業者「出光佐三」です。原作の小説は本屋大賞を受賞した時に読んでいたのですが映画は見ていませんでした。戦後のアメリカ石油資本VS田岡商店(出光興産)の攻防がリアルに描かれ映画も小説同様面白かったです。ですが テレビなのでカットされていたのか「イランに自ら石油を買付に行 [続きを読む]
  • やはり最後は読書
  • 私も グーグルなどの検索エンジンはヘビーユーザーだと思います。しかし 調べても・調べても「うーん本当か?」「難しすぎて意味不明」というような文章に何度もでくわし結局 理解できなかったということもあります。一つのテーマを調べるにしても ネットは分かりやすい記事から 専門用語が多すぎて意味不明な記事、哲学的で難しい記事等さまざまです。ネットには時々 こういう 「こいつ分かってんのか?」というような 作 [続きを読む]
  • 2者択一で間違える人
  • 進路の選択から今日の昼ご飯まで 我々は2者択一(最終的にも含む)で決定しないといけない場面がよくあります。それらの場合 あとから「そっちを選ぶんではなかった」や人のをみて「そっちではないだろ」と思うことはよくあります。また 仕事であればその選択を間違えて 取り返しのつかない大ごとになったりもします。歴史上の人物が選択した間違いを 後から正すのは基本的にはルール違反で誰でも言えます。が それにしても [続きを読む]
  • 任意後見・家族信託
  • 以前(かなり前) 売主が認知症の場合という記事を書きました。しかし、もう少し正確に言うと 親(兄弟)がある程度の資産を持っている場合、その人が認知症になる前に対策をしたほうが良いでしょう。認知症で判断能力が失われた場合 その人の財産の管理(定期預金の解約・登記手続も含)「成年後見人」や家族信託で選定された「受託者」が行います。しかし 成年後見人の任意後見や家族信託で その財産を管理する人は認知症に [続きを読む]
  • 西郷従道
  • 以前も書きましたが 現在 私はNHK大河ドラマ「西郷どん」のファンです。中でも推しメンはです。が 関ジャニ錦戸くんファンではありません。きらいではないですが・・歴史上の人物 「西郷 従道」ファンです。チョイ 渋めでしょう。明治時代、西郷隆盛も大久保利通も死んでから(ドラマが終わってから)の時代ですが西郷従道は 政府内の薩摩藩閥の中心人物になります。文部卿や陸軍卿・内務大臣・海軍大臣と要職を歴任しま [続きを読む]
  • 「ら抜き言葉」 文章にするときは
  • 「急に来れなくなった」 「信じれなかった」は間違いで「急に来られなくなった」 「信じられなかった」が正解です。「釣る」「登る」などの5段活用動詞につける助動詞(可能)は釣れる 登れる 「れる」です。これに対し 「着る」「借りる」「見る」などの上一段活用動詞「混ぜる」「寝る」「食べる」などの下一段活用動詞につける助動詞(可能)は「られる」です。上記例の「来る」(唯一のカ行変格活用動詞)には「られる」 [続きを読む]