サカモ さん プロフィール

  •  
サカモさん: 不動産営業マンのフリートーク
ハンドル名サカモ さん
ブログタイトル不動産営業マンのフリートーク
ブログURLhttp://kitaosakaj.jp/
サイト紹介文不動産屋です。不動産ネタ・うんちく他
自由文https://twitter.com/mmmsakamo

合同会社北大阪住販
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 226日(平均4.0回/週) - 参加 2017/10/12 13:03

サカモ さんのブログ記事

  • 三十年戦争
  •         三十年戦争とは17世紀前半に 現在のドイツを中心におこったヨーロッパ最大の宗教戦争。 当初、カトリック対ルター派(プロテスタント)の新旧両派諸侯間の対立から始まったが デンマーク・スウェーデン・フランスなどが加わり国家間の勢力争いの要素が強くなりました。1648年のウェストファリア条約で講和条約締結。神聖ローマ帝国は事実上解体され オランダ・スイスが独立を認められる等によりヨーロッ [続きを読む]
  • 西郷どん
  • 今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」にはまっています。 私自身大河ドラマを真面目にみるのは 「真田丸」以来です。 NHKの大河ドラマをみて 「ドラマはこうだけど 史実とは違う」と言う人がいます。ですが 雑談以外で真剣にこのトークをする人は 少しセンスがありません。邪道です。なので 今後のクライマックスになるであろう「征韓論」の場面を予想してみます。通説:幕末、日本が開国して以降、朝鮮との関係は悪化し [続きを読む]
  • 大学の体育会系
  • アメリカンフットボールの日大と関学の定期戦で悪質な反則行為があった問題。報道によると危険なタックルをした日大の選手は 監督から「(タックルを)やるなら試合に出してやる」という主旨の指示があったことを周囲に話しているそうです。大学の体育会といえば厳しい組織で鍛えられているせいか就職に強いイメージがあります。なかでもアメフト部なんかは花形です。日大のアメフト部のレギュラークラスは 早慶上智・MARCH [続きを読む]
  • 他力本願
  • 他力本願:自分の努力では無く他人がしてくれることに期待をかけること。ですが このネガティブな使われ方は誤用が定着したもので 本来は仏教用語です。浄土真宗は 浄土宗の開祖である法然の弟子、 親鸞が始めた浄土教の一派です。そして親鸞の教えに「他力」というのは如来の本願力なり。 というものがあります。この阿弥陀如来の本願力のことを 他力本願というのです。阿弥陀仏の力で万人が救済されるというという絶対他力 [続きを読む]
  • 三大都市圏
  •  ”政府が「40年に消滅する可能性がある」(消滅可能性都市)と指摘した全国896市区町村のうち 約8割の自治体で人口減少が加速することが分かった。 ・・・ 三大都市圏は増加傾向。”以上(省略してます)が 先日の読売新聞の記事です。このような記事を目にしたとき よく三大都市圏は人口増加傾向と書いていることが多いです。なので 我々関西人は少子高齢化が著しく進み 人口減少が加速するのは地方だけだと勘違い [続きを読む]
  • 今更ですが レインズの説明
  • レインズとは 国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムの名称です。 → 参照売主から売却依頼を受け専任(または専属専任)契約を締結した不動産業者は一定の期間内にこのレインズへ物件を登録することが義務づけられています。       上記は 売主・買主それぞれ別の不動産業者が担当した場合(分かれ)の取引時の説明図です。売主が買主を探す作業 いわゆるマッ [続きを読む]
  • ローズコーポ千里 B棟
  • 吹田市五月が丘エリアはJR・阪急両方の駅からも遠く電車を利用して通勤・通学する人は少し不便かもしれません。 しかし 吹田の中でも文教地区、 分譲・賃貸マンション・戸建がバランスよく立ち並ぶ地域で 子育て世帯・お年寄り世帯どちらにも住みやすい街です。そして スーパーなどの買い物をする施設も揃っています。不動産屋の営業マンは「リノベーションとは既存の建物に大規模な間取り変更・水回り設備一式交換など性能 [続きを読む]
  • 吹田市穂波町
  • 大阪のベッドタウンとして北摂では豊中市と並ぶ人気のエリア吹田市。住宅地として有名なのは 万博時に開発され区画が整備された千里ニュータウンエリア。駅周辺には商業施設が立ち並び 新大阪・梅田へのアクセスも良い生活至便な江坂エリア。ですが 「今 吹田はJR沿線が熱いのです。」今まで吹田住民のターミナルとして発展してきた吹田駅に加えMBS放送局移転後 マンション建設が進み 人口が増え、2010年に阪急摂津 [続きを読む]
  • 三面包囲
  • 少し前(だいぶ前?)ですが ドラマ「半沢直樹」の最終回。せっかく半沢直樹が土下座までさせて不正を暴いた大和田常務に対し 中野頭取はその処分を平取締役への降格だけで済ませました。(懲戒免職でもおかしくなかったのに・・)これは中野頭取が孫氏の兵法である三面包囲をつかったことも考えられます。(対外的な体裁を考えたのが一番でしょうが・・・)孫氏は勝ちが確信している戦において相手を追い詰める時は1面だけ逃げ [続きを読む]
  • 政治に関心を持つときは・・・
  • 忙しいビジネスマン・ビジネスウーマン・子育てに忙しいお母さんたち等が政治に関心を持つのは だいたい景気が悪くなった時です。経済さえうまく回っていれば 政治はどうでもいい、二の次・三の次というのが一般市民の本音です。景気が悪化して初めて 政治家何とかしろとなるわけです。また、自分の給料も上がらない時に 政治家や官僚のスキャンダルなんかが発覚してこそ怒りもさらにUPし 人は一層政治に関心をもつものです [続きを読む]
  • AIには読解力が無いらしいが・・・
  •                        AI(人工知能)には 読解力が無く 文章そのものの意味を理解していないらしい。じゃ人間は読解力があるのかと言うとこれもあやしい。 しかし人がAIに勝つには読解力を磨くしかないようです。参考→記事大事なのは読解力このブログのプロフィールで 調子に乗って趣味=読書とか書いている私自身の「読解力」も果たして大丈夫なのだろうか?ふと振り返ると その昔 受験勉強 [続きを読む]
  • ドア・イン・ザ・フェイス
  • 新人営業マン研修などで教わる営業テクニックに「ドア・イン・ザ・フェイス」というものがあります。 そして交渉の場でよく使われます。これは最初に断られる前提で大きな要求を仕掛けてその上で本当の目的だった小さな目的を通すという手法です(反対は「フット・イン・ザ・ドア」)。例えば 不動産屋の営業マンが売主に対し交渉する際「価格はあと100万円安くして 風呂・キッチンの壊れている箇所を全部修理して 引き渡し [続きを読む]
  • わかりやすく説明する
  •                        カノッサの屈辱”1077年、教皇グレゴリウス7世に破門された皇帝ハインリヒ4世が、カノッサ城で許しを請い 許された事件。”高校生などに一から教える場合 この説明だけだと意味がわかりません。「もうちょっとわかりやすく・・」と思うでしょう。私が説明するなら・・・中世ヨーロッパの司教とは 聖職者で行政区を統括し街で一番偉い人でした。この司教を統括している さらに [続きを読む]
  • 宗教会議みたいなのが多いです
  • 古代ローマ帝国において キリスト教が公認されると イエス・キリスト自身の存在をめぐり大論争がおきました。 「神の子であるイエスはいかなる存在なのか?」超簡単にまとめると   (実際はすごく細かく複雑です)・アリウス派  神の本性が分割されることはあり得ない。 イエス・キリストは神から放射されたものであり神に従属するものである。従ってイエスは神ではなく人である。・アタナシウス派イエス・キリストを神と [続きを読む]
  • 社会人のための世界史
  • 組織で悩むアナタのための世界史「めちゃイケ」の最終回もみずに 読了してしまいました。組織で悩んでいるわけではありませんが 昨日立ち寄った本屋で購入しました。わたしは最近の歴史本ブームに乗って 世界史の本を読むようになっただけで学生時代 勉強もしていなく(必修でしたが) 社会人になってからも全く興味はありませんでした。 「世界史の勉強なんかなんの役に立つんだ?」という具合でした。しかし ここ1.2年 [続きを読む]
  • これからは中古住宅です
  • 下記グラフは 既存住宅流通シェアの国際比較です。「なんでこんなに日本は 中古住宅の流通量(割合)が少ないんだ」政府はこの事を一番わかっていて 国土交通省は既存流通促進に向け様々な取り組みを実施しています。・既存住宅の流通と空き家の利活用を促進し、住宅ストック活用市場への転換を加速。(新たな住生活基本計画・平成28年3月閣議決定)・既存住宅・リフォーム市場の活性化に向けた施策・インスペクション・宅建業 [続きを読む]
  • 「安心R住宅」
  • 「安心R住宅」とは、既存住宅の流通を促進することを目的として国土交通省より告示され、平成30年4月1日から使用開始される制度です。詳しくはこちら 「安心R住宅・国土交通省」を参照ください。要約すると「安心R住宅」の要件とは以下の4つを満たす既存住宅です。1、新耐震基準を満たす住宅1981年(昭和56年)6月1日以降の建築確認証を受けた住宅、あるいは耐震補強工事をするなどして現行の耐震基準をみたすことを証明 [続きを読む]
  • 「自分の責任でうまくやれ」
  • 「自分の責任でうまくやれ」部下に仕事を任せる良い上司からの指示のように聞こえますが この発言を連発する奴は ダメ上司、仕事もあまり出来ないでしょう。東芝の粉飾決算事件の中で経営トップは「工夫しろ」「チャレンジ」だと指示をだしました。部下は うまくやったら上司の指示をこなしたことになり下手を打ったら「なぜ指示通りに出来ないんだ」と叱責されます。いわゆる 「部下の手柄は俺のもの、部下の失敗は部下のせい [続きを読む]
  • 年金機構を責めるのは簡単ですが・・
  • 日本年金機構がデータ入力を委託した「SAY企画」が契約違反をし中国の関連会社に再委託したことで 「データ入力ミス」「個人情報の流出」がおきました。一部報道によると 日本年金機構は入札により「SAY企画」を選定し、データ入力業務を委託したそうです。私が(勝手に)想像するに 年金機構内で上司 「年金受給者のデーターを入力する業者 ○日までに決めといて」部下 「はいわかりました。 実績のある業者を入札で [続きを読む]
  • ロシア帝国
  • 先日のロシアの大統領選挙ではプーチン氏が圧勝、2024年までの6年間プーチン政権が続くことが決まりました。クリミア半島併合やオリンピック選手のドーピング問題、イギリスでのロシア元スパイ殺人毒殺未遂事件などロシアはいつも世界のトラブルメーカーです。ロシアも一応選挙はしています。「じゃ なぜロシア国民はプーチン氏のような強靭なリーダーを好むのか?」古代ローマにはアルプス山脈、西ヨーロパにはドイツの森アメリ [続きを読む]
  • 封建制度の違い(ヨーロッパと日本・中国)
  • 中世ヨーロッパでは法律や警察機能も整備されていなっか為 人々は自分の身や土地を自身で守らなければなりませんでした。そこで発展したのが 封建制です。主君は家臣に土地を与え、保障してあげる代わりに家臣は主君に対し軍事的な奉仕を誓いました。この封建制は もちろん日本や中国にもありました。ですがその違いは 日本や中国の主従関係が氏族的・血縁的関係に基づくのに対し ヨーロッパは双務的契約に基づくものでした。 [続きを読む]
  • ノンキャリアでも賢い
  • およそ30万人いる国家公務員のうちいわゆるキャリア組は 15000人います。出身大学はほぼ東京大学、一番賢いと言われる財務省は 中でも法学部出身者が多いのです。毎年、中央省庁で数百人程度をキャリアとして採用(以前の国家公務員1種)しており財務省のキャリア採用はそのうちの数%未満です。レベルが高すぎて どれ位賢いかもわかりません。我々が扱う不動産で 土地の境界が未確定な物件を取引する場合、 確定測量が [続きを読む]