サカモ さん プロフィール

  •  
サカモさん: 不動産営業マンのフリートーク
ハンドル名サカモ さん
ブログタイトル不動産営業マンのフリートーク
ブログURLhttp://kitaosakaj.jp/
サイト紹介文不動産屋です。不動産ネタ・うんちく他
自由文https://twitter.com/mmmsakamo

合同会社北大阪住販
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2017/10/12 13:03

サカモ さんのブログ記事

  • 不動産屋は嗅覚で見抜くしか・・・
  • 東京・西五反田の土地取引で積水ハウスが55億円だまし取られた事件。今回の犯人グループ(一部)逮捕の報道により詐欺の手口の全容が明らかになってきました。このニュースをみて「不動産の所有者になりすましたやつを 不動産屋は見抜けないのか?しかも積水ハウスみたいな大手が」と思った人も多いでしょう。不動産売買の際 売主が本人かどうかを確認することはもちろん不動産屋の基本です。しかし その際、売主の本人確認書 [続きを読む]
  • AI・自動運転・ロボットとか・・・
  • 先日、トヨタとソフトバンクが移動サービス事業で提携を結んだという報道がありました。今、車は所有から利用に変わろうとしているそうです。世界のトヨタですら大変革をする時代です。現在、世界では、この自動運転やAIに加え AR、VR、ブロックチェーン、5Gなどのテクノロジーの発展がメディアをにぎわせています。そして ちまたでは「これらはいつまでに、どれくらい我々の仕事を奪うのか?」という議論が活発なようで [続きを読む]
  • 文学作品を読まないと
  • 私は小説は読みます(主にミステリー)が古典文学は読みません(読めません)。また、夏目漱石等の有名文学作品の読書も苦手です。歴史の本は好きなのですがそれに加えハウツー本や2時間でわかる・・みたいなビジネス本は結構好きです。これ 当然ですが ダメだそうです。こういう偏った読書をすると「精神論が好き」「妥協は敗北」「事実誤認は当たり前」というような人間になるそうです。これは現在のブラック企業の社長ではな [続きを読む]
  • お金持ちの思想
  • 先日、雑誌フォーブスが発表した米長者番付けによるとアマゾン.コムCEOの ジェフ・ベソスが総資産1600億ドル(約18兆円)でビルゲイツを抜いて首位に立ちました。世界ランキングでも1位です。(同雑誌3月発表)2位のビルゲイツ(970億ドル)、3位のウォーレン・バフェット(883億ドル)でだいたい資産10兆円です。ちなみに 日本では孫正義氏が資産2兆2900億円で1位。そして、大阪府の歳入費が約2兆 [続きを読む]
  • アングロ・イラニアン石油会社
  • 先日、テレビの金曜ロードショーで放映された映画「海賊と呼ばれた男」。原作は百田尚樹氏のベストセラー小説です。モデルは 出光興産(株)創業者「出光佐三」です。原作の小説は本屋大賞を受賞した時に読んでいたのですが映画は見ていませんでした。戦後のアメリカ石油資本VS田岡商店(出光興産)の攻防がリアルに描かれ映画も小説同様面白かったです。ですが テレビなのでカットされていたのか「イランに自ら石油を買付に行 [続きを読む]
  • やはり最後は読書
  • 私も グーグルなどの検索エンジンはヘビーユーザーだと思います。しかし 調べても・調べても「うーん本当か?」「難しすぎて意味不明」というような文章に何度もでくわし結局 理解できなかったということもあります。一つのテーマを調べるにしても ネットは分かりやすい記事から 専門用語が多すぎて意味不明な記事、哲学的で難しい記事等さまざまです。ネットには時々 こういう 「こいつ分かってんのか?」というような 作 [続きを読む]
  • 2者択一で間違える人
  • 進路の選択から今日の昼ご飯まで 我々は2者択一(最終的にも含む)で決定しないといけない場面がよくあります。それらの場合 あとから「そっちを選ぶんではなかった」や人のをみて「そっちではないだろ」と思うことはよくあります。また 仕事であればその選択を間違えて 取り返しのつかない大ごとになったりもします。歴史上の人物が選択した間違いを 後から正すのは基本的にはルール違反で誰でも言えます。が それにしても [続きを読む]
  • 任意後見・家族信託
  • 以前(かなり前) 売主が認知症の場合という記事を書きました。しかし、もう少し正確に言うと 親(兄弟)がある程度の資産を持っている場合、その人が認知症になる前に対策をしたほうが良いでしょう。認知症で判断能力が失われた場合 その人の財産の管理(定期預金の解約・登記手続も含)「成年後見人」や家族信託で選定された「受託者」が行います。しかし 成年後見人の任意後見や家族信託で その財産を管理する人は認知症に [続きを読む]
  • 西郷従道
  • 以前も書きましたが 現在 私はNHK大河ドラマ「西郷どん」のファンです。中でも推しメンはです。が 関ジャニ錦戸くんファンではありません。きらいではないですが・・歴史上の人物 「西郷 従道」ファンです。チョイ 渋めでしょう。明治時代、西郷隆盛も大久保利通も死んでから(ドラマが終わってから)の時代ですが西郷従道は 政府内の薩摩藩閥の中心人物になります。文部卿や陸軍卿・内務大臣・海軍大臣と要職を歴任しま [続きを読む]
  • 「ら抜き言葉」 文章にするときは
  • 「急に来れなくなった」 「信じれなかった」は間違いで「急に来られなくなった」 「信じられなかった」が正解です。「釣る」「登る」などの5段活用動詞につける助動詞(可能)は釣れる 登れる 「れる」です。これに対し 「着る」「借りる」「見る」などの上一段活用動詞「混ぜる」「寝る」「食べる」などの下一段活用動詞につける助動詞(可能)は「られる」です。上記例の「来る」(唯一のカ行変格活用動詞)には「られる」 [続きを読む]
  • 丁寧に断るか? ハッキリ断るか?
  • 会社内・取引先または友人・知人などからの頼みごとに対しその断り方が難しいのは よくわかります。「この商品もっと値引きしてよ」「今日中にこの資料つくってよ」「今晩 飲みに行こうよ」等頼まれごとは様々です。これらに対し「無理です」とぶっきらぼうに断るのが 失礼なのも当然です。悩んでいる人が多いせいかこれらの断り方については ネットの記事やビジネス本などに多く書かれています。なので検索し参照してください [続きを読む]
  • 内発的動機づけ
  • ビジネスの世界では 上司は部下のモチベーションを高めさせて指示を受け入れさせるのが基本です。つまり 仕事は強制されているのではなく自ら進んでやっていると思わせなければいけません。この部下に対する動機付けには以下2つのパターンがあります。外発的動機づけとは仕事の目標を達成したら報酬がもらえるとか反対に達成しなかったら ペナルティーをくらう とかでやる気を引き出すパターンです。 これも一応効果はあるの [続きを読む]
  • 文明の生体史観
  •   この本によるとユーラシア大陸の国々は東洋・西洋ではなく第1地域:西ヨーロッパ、日本第2地域:Ⅰ中国 Ⅱインド Ⅲ ロシア Ⅳ中東に分かれるそうです。古来より図の真ん中の乾燥地帯には繰り返し凶暴な遊牧民が誕生しました。そしてその遊牧民は周辺の文明国を回復できないほど破壊しました。一番有名なのはチンギス・ハンのモンゴル人ですがフン族、突厥、匈奴、鮮卑族なんかもそうです。これら遊牧民は第2地域の国々 [続きを読む]
  • 愛想笑いに気づかない人
  • ・夫婦間や友人間の会話で どちらか一方が愛想笑いをする。・社長の発言に対し従業員が、または上司に対して部下が 愛想笑いをする。この場合の愛想笑いは O.Kです。 むしろ必要かもしれません。そして これら愛想笑いをスルーして会話しても問題ないでしょう。問題は相手が明らかに愛想笑いをしているのにそれに気づかない人です。相手の愛想笑いに気づかない人は 自分の話が面白いと思って一方的に 会話してきます。気づ [続きを読む]
  • 単式簿記と複式簿記
  • 単式簿記とは家計簿や銀行通帳、簡単な収支表(収入と経費を記録しただけのもの)等 単一の勘定における現金の出入りを記録するものです。これに対し複式簿記とは 現金の出入りだけでなくそれに伴う資産の価値を表すこともできます。 いわゆる貸借対照表(B/S)というやつです。が、ここで複式簿記の説明をすると長くなるので カットします。確定申告で説明すると 青色が複式簿記で白色が単式簿記で記帳しています。複式簿 [続きを読む]
  • 病原菌
  • 前回のブログで この本 銃・病原菌・鉄/ジャレド・ダイヤモンド著の中身を引用してブログに書くと言いましたが、かなりページ数が多かったので  やめます。 忙しい方も自分で読んでください。なので 私が特に印象に残った箇所だけ書きます。1519年、コルテスは人口数百万ので勇猛果敢な軍隊を擁するアステカ帝国を征服するために、600人のスペイン兵士とともにメキシコ海岸に降りたちました。結局 あっという間(1 [続きを読む]
  • なぜヨーロッパ人は世界を植民地化できたのか?
  • そもそもの疑問、大航海時代以降「なぜヨーロッパの白人だけがアメリカやアフリカ、オーストラリアの大陸や周辺の島々等を征服し植民地にできたのか?」その直接の原因はヨーロッパの白人は それらの先住民に先駆け銃器・鉄製の武器・騎馬などに基づく軍事技術、ユーラシアの風土病・伝染病に対する免疫、航海技術、国家の集権的な政治機構、そして文字を持っていたからです。ではなぜ ヨーロッパの白人はアメリカ大陸のインディ [続きを読む]
  • 多くのスポーツがイギリスで始まった理由
  • サッカー、ラグビー、ボート、 競馬、ゴルフ テニス、ホッケー、バドミントン等多くのスポーツがイギリスで生まれ ルールが定められ 世界に普及していきました。これはスポーツが広まった19世紀、イギリスが世界に先駆け 市民革命と産業革命を成功させ市民社会を築きあげたことと 世界に多くの植民地を獲得し大英帝国を樹立したことが理由です。パクス・ブリタニカと言われ 覇権国家イギリスの発展と共にそれらスポーツは世 [続きを読む]
  • 中古マンション、管理を買えとは
  • 資産価値のある中古マンションの条件とは、1も2にも立地です。中古マンションの購入希望者が何よりも重視するのは そのマンションの立地条件です。新築時、あれだけ売りにしていた 共用部分がハイグレード仕様のマンションも建築後20年以上経てば  立地には勝てません。豪華なプールや温泉などの共用施設は 残念ながら売却時の査定価格にはほとんど影響しません。UPするのは 都心のマンションかリゾートマンションくら [続きを読む]
  • 自然災害が多い国なので
  • 国土交通省の統計によると、日本の住宅が平均30年で滅失して建て替えられるのに対して アメリカは55年、イギリスは77年だそうです。理由は言うまでもなく 日本人が新築好きだからです。そして中古嫌いなのです。これは日本人が 欧米人に比べ極端に奇麗好きだから説が有力です。なので現在、国は日本の中古住宅がもう少し奇麗であれば この差は縮まるだろうと考え様々な施策を打ち出しているわけです。しかし日本人が新築 [続きを読む]
  • 正論だけでは解決しない
  • ここで具体的な事例を書くとバレルので ぼかして書きます。世の中には文句の言いようのない正論を振りかざして来る人がいます。しかし、こういう人に限ってあまり頭が良くありません。(学歴は良いかもしれません。)私が一番聞きたいの「そして どのようにして問題を解決するか?」です。私は 「戦争をするべきでは無い」と言うことを聞きたいのでは無く「どうしたら戦争を防げるか?」を質問しているのです。世界中の人が清廉 [続きを読む]
  • 自分の知的レベルは思っている以上にバレている
  • このブログの以前に書いた記事を読み返したり、他人のブログ(社長のナルシスト系ブログ等)を読んだリしているとその内容から「俺ってバカだな」とか「この人賢いな・仕事できるな」(またはその反対も)と思うことがあります。内容が 政治・経済や専門部分野の難しい記事ではなくこのブログであれば カテゴリーが「雑談」のような何でもない思いつきで書いている記事を読んだ時に 特にそう感じます。これは普段の会話でも同じ [続きを読む]
  • ハノーヴァー朝
  • 1714年にアン女王が死去、後継ぎがいなかったため遠い親戚であった ジョージ1世がハノーヴァー選帝侯(ドイツ諸侯)兼英国王という肩書でロンドンにやってきます。ジョージ1世はドイツ人で 英語もほとんど話せませんでした。すでにこの時代から国政は 議会が殆ど行っていたため「国王は君臨すれど統治せず」でした。なので問題ありませんでした。また、上記家系図からもわかるようにその後も ヴィクトリア女王なんかはド [続きを読む]
  • ウィーン会議
  • ナポレオン戦争終結後、1814年 戦後の体制を取り決めるためヨーロパ各国の代表が集まり ウィーン会議が開催されました。この時の主要国は イギリス・オーストリア・ロシア・プロイセンでした。(とフランスが当時ヨーロッパの大国)会議をを取り仕切ったのがオーストリアの外相、メッテルニヒでした。しかし、各国の主張を調整するのが難しく 舞踏会ばかり開いていたため「会議は踊る、されど進まず」と揶揄されるほど 会 [続きを読む]