むこう さん プロフィール

  •  
むこうさん: 半ひきこもりな生活〜
ハンドル名むこう さん
ブログタイトル半ひきこもりな生活〜
ブログURLhttp://mukousan.hatenablog.com/
サイト紹介文半ひきこもりが色々と綴ります。文字強め。多分。
自由文対人恐怖なこと、場面緘黙症なこと、メンタル面のこと、思ったことや生活のことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 64日(平均3.0回/週) - 参加 2017/10/12 22:30

むこう さんのブログ記事

  • 本当の自分って本当にクズだ
  • 中学校の頃に書いてた手書きの日記をふと見返してみた。(見たって何も解決するわけじゃないけども。笑)不登校になった時の事などが克明に記されていて、思わず胸が締め付けられるような思いにさいなまれた。にしても、「じゃあ、学校でどんなことに悩んでいたのかな〜悩んでた事が書かれているのかな〜」なんて思って見てたら、全然。周りの(小学校の頃によくしてくれてた)友達や、その他同級生の女の子たちは自分の事を心配してく [続きを読む]
  • 被害妄想
  • ここ数日、「内気と不安〜」の本を読んでからちょっと客観的に不安を見れるようになって、幾分か楽になったところがある。にしてもまだまだ、「宅急便が来る」とわかっただけでもその日1日はソワソワして思考が浅くなりぼーっとしてしまったりお腹が痛くなったり、来てからサインする際に少し手が震えたり(受け取り後もその余韻が残る。笑)、「知り合いに会う」となっただけでも(いくら何年も会っていても)お腹が痛くなるし…。で [続きを読む]
  • 本当に改善したいこと
  • ここ何年かは趣味にハマってかなり散財してきた。(笑)その趣味によって、最初は楽しく思えてそればかりが頭を占めて苦痛が見えなくなったからよかった。でもだんだん「飽き」みたいなのが来て不安がまた見え始めてきて、最近になってその趣味にブレーキをかけた。辞めたことは正解だったのか?不正解なのか?「散財」と言う不安からは逃れられるけど、「楽しい」という気持ちからも離れることになるのではないか…。この「正解か [続きを読む]
  • 自分は性格の悪い人
  • このままで良いのか、と思うことは最近多々ある。この間まで「消えたい」と願っていたということはここのブログに何回か書いたけど、それから気を緩めて流れに身を任せていたら、その頃に自分を責めていた代わりに、今は他人をひがんだり卑屈になったりしてしまっている。「思ったような大人になれてなくても、それはよくあること」「願いなんて叶わないほうが多い」…そんな言葉をよく聞くけど、あまりに願いを叶えられないと、そ [続きを読む]
  • 不安を軽くしたい
  • 不具合の起きたスマホの件、「もう買い替えちゃおうかな」なんて思ったらネットで買い替えられるみたいで、ネットでやる事にした。完全に避けた(笑)「逃げてちゃダメだよ!」なんて声も聞こえてきそうだけど、しかしながら、そう言われなくても避けられない状況がやってきてしまった。内容については詳しく言えないけど、その事で私の不安度はMAXになり、お腹は痛くなり、睡眠不足、イライラ、ソワソワ、頭が正常に働かないよう [続きを読む]
  • 引きこもるということ
  • 「引きこもり」と言うと、さも「陰気な人がなるもの」「コミュ障がなるもの」みたいに思いがちだけど、実は誰でも、一度引きこもるとなかなか動く事が出来ないのではないかと思う。「動くきっかけがない」ということもあるかとは思うけどそれはあくまで精神的な問題で、実際は体力的に、一度、体をそれほど動かさずに楽な方に楽な方にとして行くと、本当に体が動くのを渋るようだ。最近になるまで自分も、結構掃除も整理整頓もキビ [続きを読む]
  • 不安の多い人間なのです
  • いつもこうして堂々と偉そうにブログを書いているわけだけど、本当のところは「どないしょ」人間である。「どうしようどうしよう」と不安が出てきてキリがない、病名で言えば「社会不安障害」だろうか。(これはあくまで自称だけど、症状としては少し生活の中で不安によって行動を制限されている部分は否めなし、「心配性」だけでは片付けられないような部分もある。)それが自分をコミュ障にしている由縁でもある。語れば長くなるけ [続きを読む]
  • 除く!!
  • 「ネットに振り回されている」みたいな事を以前書いた。見れば、良い事が書かれてあってもどぎまぎ。お腹が痛くなる事は前々からちょっとあったけど、心臓がドキドキ言うのはここ最近だった。そんな時に自分の実生活の中で周りで変化があり、それをキッカケとして「本当に見たいこと、心が落ち着く(どぎまぎしない)こと」だけを見れるように専用のアプリではなくインターネットのアプリで「お気に入り」として見る事にした。そした [続きを読む]
  • 天よりの催促?
  • 前の記事を書いてから、なんだかぽーっとして、記事を書かなかった。「あの事まとめようかな」とか「あの出来事を書こうかな」とか頭では思っても、なんだか気が進まなかった。そして「なにかやりたい、始めたい」とか思いつつも動き出さなかったワケだけど、そんな間に母が腰を傷めあまり動けなくなったりして旅行が無しになったり、母の腰が良くなってきたと思ったら今度は病院で入院していた高齢の祖母も体調が突然に悪くなり、 [続きを読む]
  • 孤独ということ
  • 「気分が落ち込むのは周期的なもの」。そうわかっているつもりが、「私はなんて孤独なんだ…」と言う思い込みから、考えに及ばなくなる時がある。「人に感謝」とか「実は周りから支えられてる」「見ていてくれる人は近くにいる」と、そうわかっていても、見失うことがある。そう言う時は決まって「孤独」ということに囚われて周りが見えなくなってしまう。そして、ネットでたまたま見た誰かのネガティブな評価を、自分に向けられて [続きを読む]
  • 自分の手綱は自分で握る
  • 募集でもなんでも、歳を限定されていたり、「この年齢からだと厳しい」みたいに書かれているとなんだか落ち込む。それが自分に関係なくても、「もう自分もそんな歳なんだな」と感じさせられて仕方がない。しかし今までの自分は、そこで落ち込むだけだった。でも最近は、一度は落ち込んだりしょんぼりするけど、「落ち込んでるだけでは先がないし、自分にとってマイナスになるだけだ」と己に言い聞かし、「これは逆に言えばチャンス [続きを読む]
  • 映画を見ること、他。
  • 「書きたい!」が先走ると着地点見失いがち。(笑)オチがないのも平謝り。さて、先ほどの記事から少し続きますが、このブログを書くよりちょっと前まで、2年ほどネットはあまり見ずに映画ばかり観てました。近くにDVDレンタル屋さんがあったので、多い時で一度に4枚くらい借りて、週4から週1ペースで観てました。これが私にはなかなかに効果があった。それまでずーっと「この世から消えたい」なんて想いがあったのですが、そんな [続きを読む]
  • 「いいね」より大事なもの(いいねもいいね!だけど
  • まず前回の訂正なんですが、ふと「私みたいに真面目な人は…」って、あたかも自分の事を褒めてるような発言になっていますが(笑)、これはあくまで「良い意味でも悪い意味でも」というニュアンスです。真面目過ぎる人っていうのはやっぱりきっちりしたがると思うし、その点で「数字」というのを大事にしがち。(私は。)だからこそ「いいねの数が…」とか思ってしまうのではないかと考えております。だいたい自分は、文章を書くこと [続きを読む]
  • 嫉妬深さ
  • ネットでふと「拍手ボタンを設置したけど、アクセスは多いはずなのに誰も拍手してくれない。」と落ち込む声を見た。それを見たのは、自分もちょっと「拍手ボタンとか設置してみようかな」なんて思って検索したからで、でもそんな声があったからやめた。しかしそのやめたというのは、「拍手もらえなかったら嫌だな」という気持ちだけからではなく、すでにツイッターとかで「いいね」がもらえなくて孤独感を感じていたからだった。な [続きを読む]
  • 熱しやすく冷めやすい
  • よくネットで「好きな人が言った発言に対して『こんな事言う人だと思わなかった。がっかり。もう嫌い。』なんて言う人がいるけど、それはその人の事を本当に好きだったワケじゃないのでは?」とか言うのを見る。「確かに」と思う反面、自分にもそんな面があることも事実。どうにも自分には惚れっぽいところがあって、しかも、一度惚れると周りが見えなくなる。そして散々「好き好き!」となったあとに、途端に冷める。なんなら「好 [続きを読む]
  • わにとかげぎす
  • 他愛もない話〜。たまたまラジオを付けたら水曜日のカンパネラさんの番組が流れてて、そこからコムアイさんがドラマに出演すると知ったので見始めた「わにとかげぎす」。最初は「どんなドラマなんだろう」とふらっと見始めたのですが、内容がなかなかハードというかエグいと言うか…(笑)主人公は、お笑い芸人の「くりぃむしちゅー」の有田さん。その有田さんが演じた、孤独なまま40代になった男が「友達が欲しい」と願ってから [続きを読む]
  • 取り消し。(本音について)
  • 昨日は記事を更新したけど、あとから「なんか書きたかった内容じゃなかったな」と思って下書きに戻しました。ネットで起こった事をまたネットに書いて掘っくり返すのもなんかイヤだったので。でもなんと言うか、「自分が悪かったのかな…」って思い続けてたらずっと心がモヤモヤざわざわしてたんですが、「いや、あっちが悪い。」って思ったら心がスンッとなったので、もうそれでいいやと思いました。私は「やさしい人」「神」を目 [続きを読む]
  • 近々のトラウマ!
  • あー違う違う!そういう事が書きたかったんじゃないんだ。なんか偉そうになっちゃって、着地点も自分でもわかんなくなってしまった。(笑)と思った前回の記事。ネットって色々トラブルって付き物じゃないですか。1年前だったか、ツイッターのとある企画に、勇気を出して参加してみたんです。いいねとかもらえて(コメントこそ貰えませんでしたけど…。)喜んでたけど、とある参加者さんのツイートをふらっと見たら、なんか「自分 [続きを読む]
  • ネット・コミュニケーション
  • あまり毎日書いていることを考えすぎるとへこたれちゃいそうなので、自分のペースで気楽にやってみよっ!と思っている次第でございます。それでも毎日更新してる時にはお付き合いしていただけると嬉しいです。(笑)本題。「ツイッターは〜うんぬん」と書いてたけど、ツイッターは悪いことばかりではないし、悪いモノではない。面白いな〜とか、かわいいな〜と思うイラストレーターさんはフォローして癒されます。しかし悪いことも [続きを読む]
  • 改善するように今までやってきた行動
  • 「パンくずリスト」とはなんぞや?(笑)最近初めて、はてなブログさんでブログを始めたものだからよくわからない事が多い。…にしても「パンくず」とは…よく考えたようななんというか…。私は好き。うん。本題。今までポジティブになる為、色々なことをしたり、しようと思った。古くは小学校3年生の頃ではなかろうか。場面緘黙症になりたての頃はまだ外では友達と自然に話せていたから「この調子で少しずつ外で話せる人数増 [続きを読む]
  • 最近のテレビで取り上げる症状
  • プロフィールの画像、やっぱり他人を馬鹿にしてるみたいだったからやさしめの画像にした。(見えるかな…)…こんなやさしめの人間になりた〜い。(普段こんなエフェクトかけるような人間じゃないし!)本題。昨日、NHK「バリバラ」で「場面緘黙症」を扱っていたらしい。とあるブログさんで知った。場面緘黙症とは、特定の場所でのみ喋れなくなる症状。私も小学生2年〜6年までそうだった。1年生までは、泣き虫で気弱ではあったもの [続きを読む]
  • 頭が空っぽになるモノ
  • 記事が消えた…(笑)最近「頭の中がウザい!」となった時に「水曜日のカンパネラ」をよく聴く。名前だけ聞けば「クラシックですか?」と思われるかもしれないけどそうではなく、近代的・現代的な感じの音楽に乗せて、素朴な声で女性(コムアイさん)がラップ?を歌う。その歌詞も、なかなかに緻密だけど適当なのである。(笑)でもその適当さがまた頭が空っぽにさせるのです。音楽はとっても素晴らしいし、歌詞はその真逆で適当な [続きを読む]
  • ちょっとした雑感。
  • ちょっとした雑感。・こないだの「無視〜」のことはもう書かないようにしようと思った。以前にそんなことを書いて誤解を招き人を傷つけてしまったことがあるからである。それに、そう書いた後で自己嫌悪に陥るのは毎度のことなのだから、それをわざわざここに書いて墓穴を掘るようなことはしなくていいなと思った。なんで大事なことってこうも忘れやすいんだろ!・ツイッターって、ジャンルみたいなのがないからちょっと怖いな [続きを読む]
  • 心の癖にうんざりする。そして今後の課題。
  • あんな「無視すんな!」って書いた手前(被害妄想ですが)、ツイッターの方で、以前はよくやり取りしていたけど最近交流のなかった人からコメントがもらえて、なんだか申し訳ない気持ちになった。絵中心のブログを始めたのが2010年で、その方と知り合ったのは2012年とかだったかな…。意外と、ネットで知り合った方々とは付き合いが長い。(とは言ってもほとんどの人がそうなのかな。ネットの媒体をやめない限りは続く気もするけど [続きを読む]
  • 色々と雑感…でも結論は自分ウザい。
  • 書きたいことが色々とある。・プロフィールの画像、見る人が見たら「あ!?」って怒られそうだから変えようかなと思ったけど、ランキングで並べて見ると「ひねくれてんな〜」くらいにしか見えないかな、という客観性から変えるのをやめた。・昨日の「憧れた人は生身だけど2次元で、自分は3次元」のくだり。とても立派な人間に近づきたくて、そのポテンシャルは決して悪い物ではないんだろうけど、結局ノートには低レベルな事し [続きを読む]