むこう さん プロフィール

  •  
むこうさん: 半ひきこもりな生活〜
ハンドル名むこう さん
ブログタイトル半ひきこもりな生活〜
ブログURLhttp://mukousan.hatenablog.com/
サイト紹介文半ひきこもりが色々と綴ります。文字強め。多分。
自由文対人恐怖なこと、場面緘黙症なこと、メンタル面のこと、思ったことや生活のことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 243日(平均1.1回/週) - 参加 2017/10/12 22:30

むこう さんのブログ記事

  • 自信がないだけだろうか
  • 閉じきっていた世界から大海へ出たはいいけど(ネットで色々な人にコメントしてみた)、普段の自分との差がありすぎて「自分何言ってんだろ」感が凄い…。つぶやく分には「コイツ何言ってんの」感がある人は多数いるけど、人に対してコメントした時に誰かに見られたら「コイツ人に向かってこんなこと言うの?コミュ障の極みじゃん」とか思われてんじゃないかとかまた余計な事を考え出してしまった。考え出したらキリがないけど、まあ [続きを読む]
  • 体調・機嫌
  • 体調の良い日は何を見たってやさしい気持ちになれるものの、体調の優れない日は何を見たって「なんやねん」と卑屈になってしまう。一口に「体調が良い悪い」と言っても、決して具合が悪いとか風邪をひいてるとか、見た目でわかるような体調の変化だけではないので厄介だ。「機嫌が良い悪い」に置き換えることもできるか。以前昼夜逆転していた頃や、今でも夜更かしすると、体調・機嫌が悪くなる事が多く、1日に何回腹が立ったか数 [続きを読む]
  • 年代別のやり方?
  • ご無沙汰でした。あんなに「ツイッター、もうダメ_(:3 」∠)_」ってなってたクセに、最近有名人でもインスタを始める人が多くなり、私の好きな人もまたしかり。と言うわけで「その人にコメントが残せたらステキだな〜」と思ってなんとな〜く登録してしまった。(コメントするには登録が必要。)それで手始めにその人を似せた絵なんかを描いたのを載せたわけです。「ポートフォリオ的に絵を適当に載せていければいいかな」なんて思 [続きを読む]
  • あ〜あ〜
  • 何度も考える。「もしネットを全部ヤメてしまったら、楽になるのだろうか」と。他人が私に対して悪い気持ちを抱いたり投げかけたりしないよう、完全にシャットアウトしたらどうなのだろう…と。悪い気持ちを抱くというのはあくまでも私の想像の話なのだけど、やはり「大人げない」とか「ズルい、セコい」とか思われてしまうのではないかというのが怖い。前もあんなに考えて、そしてヤメて、スッキリしたー!ってなって、あれ?これ [続きを読む]
  • 人によって受け取り方がちがう!
  • さだまさしさんのアルバムについて調べていましたら、「空蝉」と言う曲の内容を読み解いて「こう言う解釈の仕方もあり、非常に悲劇的である」というような事を説いたサイトを見つけた。それを見た時に私は「なんだと!?私の解釈は浅はかだったのか…。」とえらく凹んでしまった。なぜなら、びっくり仰天、私が最初にこの「空蝉」を聴いた時、「これは笑わせたい歌なんだな」と解釈したからである!(とてつもなく失礼な気がするけ [続きを読む]
  • 間違えとは、答えとは
  • ツイッターではあまり真面目な話とか逆説的な話とかは書かないようにしている。変に炎上したりするのも怖いし、そうなった時に少し面倒な気もしてしまうところもある。だからいつもどうでもいいことばかり書いているから「いいね」なんて付かないのも当然だし、まずだいたい自分みたいなのが真面目な事や逆説的な事を書いたって誰も見ていないのかも知れない。でも本当に炎上してしまった時、自分はどうなってしまうのか、そこが怖 [続きを読む]
  • さだまさしは良い。
  • お久しぶりです。更新が気まぐれすぎて本当にごめんなさい…。m(_ _)mとにかく生きてます(笑)昨年末に祖母が亡くなりお葬式に出席することになって久々に緊張する場に出ました(笑)そしたら、父の腰痛は良くなったみたいなのですが、母の腰痛はひどくなるばかりで、そこから生活はどんどん変わってきました。いい事もあったり悪いこともあったり…。色々不安なところもあるけども、今のところ私の精神の大部分を占めているの [続きを読む]
  • 大いなるひがみ(笑)
  • やはり再開して思うことは、「書かない方が心の内は安定していた」と言うこともかも…。気にしいで、なーんとなく誰かと交流できればいいな〜とか、なーんとなく私の事を知ってもらって他愛のない話をできたらいいな〜とか思っただけでツイッターをやると、再開する前よりかは「批判されるんじゃないか!?」という恐怖心は薄れたものの、やはりどこか心がざわめくところはある。フォローをしてもらっても対話はないし、対話してる [続きを読む]
  • グダグタと書きます…。
  • ちょっと孤独、と言うより、一人でいる事で不安になる事があって、それに耐えきれずにこのブログの他のSNSを更新を再開してしまったけど、結局思うことは再開する前と同じ事だった。いつも見てくださっている人とどこかで趣味が合致するところもあるけどそれは本当にたま〜にで、ほとんど違う趣味のことばかり書いてしまうと「『興味ない』と思いつつも気を遣ってくださってリアクションしてくださるだろうな…でもきっとかなり面 [続きを読む]
  • 本当の人生ってのは
  • とある本を読みたくて、ネットで買うことにした。心理学を通して「人とはなんであるか」について書かれた本である。お金を払って、読むのが待ち遠しく首を長くして待っていた。早く「自分の人生」というものの答えが欲しくて、少しばかり焦りもあった。色々と手違いがあったりで届くのが少し遅くなったものの、きちんと手元に届いた。そして、ワクワクしながら、表紙をめくった。そこに「正しい人生」への糸口が見つかりそうな気が [続きを読む]
  • 今年はありがとうございました。
  • 「クドクド考えてる自分がウザくなる」なんて記事を書いてた矢先、内容が消えてしまいました。(笑)よっぽどウザくなったんでしょうね。っていうかスマホアプリから記事を書いてて「選択」してから「削除」とか「切り取り」とかすると記事消えるんですけどー!(笑)こんな面倒くささも嫌いじゃない、時々。(いつもじゃないんかい)今年ももう終わりですね。来年も、記事の更新速度は亀になるかもしれません、幽霊部員的になるか [続きを読む]
  • 本当の自分って本当にクズだ
  • 中学校の頃に書いてた手書きの日記をふと見返してみた。(見たって何も解決するわけじゃないけども。笑)不登校になった時の事などが克明に記されていて、思わず胸が締め付けられるような思いにさいなまれた。にしても、「じゃあ、学校でどんなことに悩んでいたのかな〜悩んでた事が書かれているのかな〜」なんて思って見てたら、全然。周りの(小学校の頃によくしてくれてた)友達や、その他同級生の女の子たちは自分の事を心配してく [続きを読む]
  • 被害妄想
  • ここ数日、「内気と不安〜」の本を読んでからちょっと客観的に不安を見れるようになって、幾分か楽になったところがある。にしてもまだまだ、「宅急便が来る」とわかっただけでもその日1日はソワソワして思考が浅くなりぼーっとしてしまったりお腹が痛くなったり、来てからサインする際に少し手が震えたり(受け取り後もその余韻が残る。笑)、「知り合いに会う」となっただけでも(いくら何年も会っていても)お腹が痛くなるし…。で [続きを読む]
  • 本当に改善したいこと
  • ここ何年かは趣味にハマってかなり散財してきた。(笑)その趣味によって、最初は楽しく思えてそればかりが頭を占めて苦痛が見えなくなったからよかった。でもだんだん「飽き」みたいなのが来て不安がまた見え始めてきて、最近になってその趣味にブレーキをかけた。辞めたことは正解だったのか?不正解なのか?「散財」と言う不安からは逃れられるけど、「楽しい」という気持ちからも離れることになるのではないか…。この「正解か [続きを読む]
  • 自分は性格の悪い人
  • このままで良いのか、と思うことは最近多々ある。この間まで「消えたい」と願っていたということはここのブログに何回か書いたけど、それから気を緩めて流れに身を任せていたら、その頃に自分を責めていた代わりに、今は他人をひがんだり卑屈になったりしてしまっている。「思ったような大人になれてなくても、それはよくあること」「願いなんて叶わないほうが多い」…そんな言葉をよく聞くけど、あまりに願いを叶えられないと、そ [続きを読む]
  • 不安を軽くしたい
  • 不具合の起きたスマホの件、「もう買い替えちゃおうかな」なんて思ったらネットで買い替えられるみたいで、ネットでやる事にした。完全に避けた(笑)「逃げてちゃダメだよ!」なんて声も聞こえてきそうだけど、しかしながら、そう言われなくても避けられない状況がやってきてしまった。内容については詳しく言えないけど、その事で私の不安度はMAXになり、お腹は痛くなり、睡眠不足、イライラ、ソワソワ、頭が正常に働かないよう [続きを読む]
  • 引きこもるということ
  • 「引きこもり」と言うと、さも「陰気な人がなるもの」「コミュ障がなるもの」みたいに思いがちだけど、実は誰でも、一度引きこもるとなかなか動く事が出来ないのではないかと思う。「動くきっかけがない」ということもあるかとは思うけどそれはあくまで精神的な問題で、実際は体力的に、一度、体をそれほど動かさずに楽な方に楽な方にとして行くと、本当に体が動くのを渋るようだ。最近になるまで自分も、結構掃除も整理整頓もキビ [続きを読む]
  • 不安の多い人間なのです
  • いつもこうして堂々と偉そうにブログを書いているわけだけど、本当のところは「どないしょ」人間である。「どうしようどうしよう」と不安が出てきてキリがない、病名で言えば「社会不安障害」だろうか。(これはあくまで自称だけど、症状としては少し生活の中で不安によって行動を制限されている部分は否めなし、「心配性」だけでは片付けられないような部分もある。)それが自分をコミュ障にしている由縁でもある。語れば長くなるけ [続きを読む]
  • 除く!!
  • 「ネットに振り回されている」みたいな事を以前書いた。見れば、良い事が書かれてあってもどぎまぎ。お腹が痛くなる事は前々からちょっとあったけど、心臓がドキドキ言うのはここ最近だった。そんな時に自分の実生活の中で周りで変化があり、それをキッカケとして「本当に見たいこと、心が落ち着く(どぎまぎしない)こと」だけを見れるように専用のアプリではなくインターネットのアプリで「お気に入り」として見る事にした。そした [続きを読む]
  • 天よりの催促?
  • 前の記事を書いてから、なんだかぽーっとして、記事を書かなかった。「あの事まとめようかな」とか「あの出来事を書こうかな」とか頭では思っても、なんだか気が進まなかった。そして「なにかやりたい、始めたい」とか思いつつも動き出さなかったワケだけど、そんな間に母が腰を傷めあまり動けなくなったりして旅行が無しになったり、母の腰が良くなってきたと思ったら今度は病院で入院していた高齢の祖母も体調が突然に悪くなり、 [続きを読む]
  • 孤独ということ
  • 「気分が落ち込むのは周期的なもの」。そうわかっているつもりが、「私はなんて孤独なんだ…」と言う思い込みから、考えに及ばなくなる時がある。「人に感謝」とか「実は周りから支えられてる」「見ていてくれる人は近くにいる」と、そうわかっていても、見失うことがある。そう言う時は決まって「孤独」ということに囚われて周りが見えなくなってしまう。そして、ネットでたまたま見た誰かのネガティブな評価を、自分に向けられて [続きを読む]
  • 自分の手綱は自分で握る
  • 募集でもなんでも、歳を限定されていたり、「この年齢からだと厳しい」みたいに書かれているとなんだか落ち込む。それが自分に関係なくても、「もう自分もそんな歳なんだな」と感じさせられて仕方がない。しかし今までの自分は、そこで落ち込むだけだった。でも最近は、一度は落ち込んだりしょんぼりするけど、「落ち込んでるだけでは先がないし、自分にとってマイナスになるだけだ」と己に言い聞かし、「これは逆に言えばチャンス [続きを読む]
  • 映画を見ること、他。
  • 「書きたい!」が先走ると着地点見失いがち。(笑)オチがないのも平謝り。さて、先ほどの記事から少し続きますが、このブログを書くよりちょっと前まで、2年ほどネットはあまり見ずに映画ばかり観てました。近くにDVDレンタル屋さんがあったので、多い時で一度に4枚くらい借りて、週4から週1ペースで観てました。これが私にはなかなかに効果があった。それまでずーっと「この世から消えたい」なんて想いがあったのですが、そんな [続きを読む]
  • 「いいね」より大事なもの(いいねもいいね!だけど
  • まず前回の訂正なんですが、ふと「私みたいに真面目な人は…」って、あたかも自分の事を褒めてるような発言になっていますが(笑)、これはあくまで「良い意味でも悪い意味でも」というニュアンスです。真面目過ぎる人っていうのはやっぱりきっちりしたがると思うし、その点で「数字」というのを大事にしがち。(私は。)だからこそ「いいねの数が…」とか思ってしまうのではないかと考えております。だいたい自分は、文章を書くこと [続きを読む]
  • 嫉妬深さ
  • ネットでふと「拍手ボタンを設置したけど、アクセスは多いはずなのに誰も拍手してくれない。」と落ち込む声を見た。それを見たのは、自分もちょっと「拍手ボタンとか設置してみようかな」なんて思って検索したからで、でもそんな声があったからやめた。しかしそのやめたというのは、「拍手もらえなかったら嫌だな」という気持ちだけからではなく、すでにツイッターとかで「いいね」がもらえなくて孤独感を感じていたからだった。な [続きを読む]