yoshi さん プロフィール

  •  
yoshiさん: カウンセラーからのおすそわけ
ハンドル名yoshi さん
ブログタイトルカウンセラーからのおすそわけ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shin-ei-cc/
サイト紹介文ウェルビーイング、心理学、カウンセリング、人間関係、自己成長、などに関する記事を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2017/10/13 11:50

yoshi さんのブログ記事

  • 操作的意図に要注意!!【外的コントロール】
  • 人間関係において、注意したいことがあります。それは、「操作的意図」の存在です。操作的意図とは、「他者を自分の思うように従わせようとする考え」のことです。操作的意図は、個々人の価値観や信念・信条などに紐づいています。そのため、自分でも気づかないうちに、それらを自分自身に適用するに止まらず、他の人にも適用してしまうことが多くあります。そうすると、相手の価値観や信念・信条とのぶつかり合いが起きたり、相 [続きを読む]
  • 個性を強みに変える【自己成長】
  • 人間は、機械とは違って、一人ひとり異なる特徴を持っています。一人ひとり好きなことと嫌いなことが異なります。得意なことと苦手なことが異なります。姿形や感じ方、興味関心や、願い求めることなど、様々な点で違いがあります。こうした違いを受け入れて、活かすよう意識すれば、それはその人の個性となります。しかし私たちは、他者の目を気にして、人との違いを肯定的に捉えられず、心の内に押し込めてしまうことがあります [続きを読む]
  • ずっと気になっていたのですが…!!【その他】
  • こんにちは。Smart Being LLC(通称:スマビ)の渡邊 義です。いつも「ウェルビーイングのおすそわけ」やInstagramやTwitterなどをお読みくださり、ありがとうございます。 この度、ずっと気になっていたLINE@をはじめました。ずっと気になっていて、やろうやろうと思っていましたが、なかなか優先順位が上がらずに後回しになっていました。 しかし、もうすぐ平成も終わろうとしているし…。 新年を迎えて良い機会だし…。 今年は [続きを読む]
  • “私たち”という立ち位置【人間関係】
  • しあわせな人生を送るためには、“私たちという立ち位置"を意識することが大切です。なぜならば、人は他者や社会とのつながりを求める「関係性の欲求」を持っているからです。この関係性の欲求を上手に満たすことは、そう簡単なことではありません。これは、実際に多くの人が人間関係に関する悩みを抱えていることからも、その難しさを窺い知ることができます。私たちの意識は、自分の内面に向きがちです。自分が感じていること、 [続きを読む]
  • どうにもならない状況への対処法(後編)【セルフコントロール】
  • 通常何らかの行動をとってているにも関わらず、望ましい状況が得られないと、ストレス状態となります。怒りや憂いや悲しみは、状況に適応しようとする“感情行動”と表現できますが、こうした“感情行動”は直接的に望ましい状況をもたらすことはありません。しかし、私たちが“感情行動”を選択する理由は、一過的にでもストレスが軽減する感覚が得られるからと考えることができます。だだし残念ながら、状況は変化していないた [続きを読む]
  • 理解と助けを求める【パートナーシップ】
  • パートナーシップが本当に試される時は、うまくいっている時よりもうまくいってないと感じる時です。この時のコミュニケーションのあり方は、その関係性を大きく変えていくことになります。通常、二人が同じことを問題と感じている場合には、共通の課題と捉えられるため、話し合いもしやすく、力を合わせることも難なく出来たりします。しかし、一方は問題と感じていても、もう一方が問題とは感じていない場合には対立が生じ、パ [続きを読む]
  • 設立二周年を迎えて【ウェルビーイング心理教育アカデミー】
  • 一昨日の1月5日、一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミー(AWE)の設立2周年のイベントを開催しました。このイベントを開催するのには、二つの目的があります。一つは、AWE会員の皆さんとウェルビーイングに関心を持ち、学びたいと考えている皆さんとのつながりを大切にすることです。もう一つは、今年の抱負としてAWEの一年のテーマを発表し、それに基づいて活動をスタートさせることです。昨年のテーマは、「社会的ウェ [続きを読む]
  • 知識は道具のようなもの【ラーニング】
  • あなたは、学んだ知識を意識的に活用するようにしていますか?知識は、道具のようなものです。使えば使うほど、上手に扱えるようになり、自分の一部のような感覚になっていきます。逆に使わず放っておけば、その道具があったことも忘れ去られてしまい、思い出されることなく劣化して使えなくなっていきます。知識は道具のように使ってなんぼです。最初は上手く使いこなせずに、ぎこちないかもしれません。それでもめげずに使い続け [続きを読む]
  • 我が家の正月の恒例イベント【その他】
  • 皆さんは、正月に恒例となっている行事などはありますか? 我が家はこの数年、妻の実家に行く道中で箱根駅伝の往路を観戦し、復路は茅ヶ崎の沿道から応援するのが恒例になっています。 昨年の往路は、すれ違いの時間予測がバッチリあたり、最高のタイミングで箱根の山中で観戦することができました。 今年は、昨年の出発時間と道路状況から予想して、30分ほど出発時間を遅らせ箱根往路に臨みました。 ただし、箱根の往路のゴー [続きを読む]
  • 個性を受け入れるためのコマンドワード【command word】
  • 人間には、他者と比較して自分を評価する特性があると考えられてます。心理学では、こうした特性を「社会的比較」と呼びます。「社会的比較」は、社会心理学者のレオン・フェスティンガーが提唱した理論として広く知られています。それでは、なぜ私たちは「社会的比較」を行うのでしょう?それには、理由があります。一言で表すならば、「自分が何者かを把握するため」ということができます。具体的には、自分の意見や態度や容姿や [続きを読む]
  • 信頼はゆっくりしっかり築くもの【人間関係】
  • 信頼は、ゆっくりしっかり築くものです。焦って信頼を築こうとすると、良い結果は生まれません。信頼を得ることを焦ると、自分を実際よりもよく見せようと頑張りすぎてしまいがちです。しかし、そうした頑張りは、長く続けられるものではありません。やがて息が切れ、頑張れなくなる時が必ずやってきます。そうなると周囲の信頼値を上げた分だけギャップが大きくなり、不信感を生み出してしまうことでしょう。これではせっかく努 [続きを読む]
  • 「環」の動き【ウェルビーイング心理教育】
  • 新年あけましておめでとうございます。 本年も「ウェルビーイングのおすそわけ」をどうぞよろしくお願いいたします。 元日に、その年に掛ける想いを漢字一文字に表しはじめて11年目になりました。2019年は、この一文字に表す活動を行なっていきたいと思います。「環」は、巡る状態を表すもので「環境」や「循環」などの熟語に用いられているように、「つながり」や「結びつき」、「調和」など連想させる言葉です。今年は、「環」 [続きを読む]