kokuri さん プロフィール

  •  
kokuriさん: harenohi nikki
ハンドル名kokuri さん
ブログタイトルharenohi nikki
ブログURLhttp://issei828.blogspot.jp/
サイト紹介文息子(2014.8)と愛猫ジル(2008.8)、愛犬(2016.11)との生活を主に綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 9日(平均10.1回/週) - 参加 2017/10/13 17:41

kokuri さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自転車を降りて
  • ここ1週間、ずっと雨続きでした本日ようやく曇りながらも雨は止み、駅前のモールまで徒歩にて息子を自転車に乗せるようになってから、とても久々な歩き自転車に乗せる前は、毎日のようにのんびり歩いてお買い物へ行っていたのだけど…今となっては一瞬で通り過ぎる道も、久々に歩いて通ると息子との時間がグンと密になります会話しながらとても楽しそうに笑顔で歩いたり走ったり、そして時に地面に座り込んだり石を拾ったり…そん [続きを読む]
  • 夏の思い出
  • もうすっかり気温も下がり秋も深くなってきましたここ1週間雨続きで夏の記憶がすっかり過去のものになりそうですそうなってしまう前に1枚だけと言うのも、毎月、その月を象徴する写真1枚をピックアップしてカレンダーにし、父に送っていますいつから始めたのか覚えていないくらい、毎月のレギュラータスクですそんなある日、父から嬉しい電話が「今までたくさん送ってくれた写真の中で、一番感動した1枚だったから、暫く見入っ [続きを読む]
  • お誕生日
  • 3年前の今日、この世に誕生した我が息子母としても3年家族が増え、様々な変化を感じて来たのも3年親子の関係夫婦の関係自分を取り巻く全てに変化が生じ、きっとこれからも目まぐるしい変化を実感することでしょう人が1人増え、この世で生きていくと言うことその1人を取り巻く環境やエネルギーというものは、親とはいえコントロールすることはとても困難で、そこには正解がありません出来ることと言えば、ほんの少し人生の先輩が故 [続きを読む]
  • 離陸
  • 離陸時の加速この瞬間がとにかく好きです他ではなかなか味わえないスピードと轟音この時いつも思う事が、初めて飛行機に乗った時の事初めての飛行機初めての海外旅行そしてひとり旅全てが初めて尽くしで、特に飛行機の乗り方なんてちんぷんかんぷんしかも夜発のオーストラリア行きで、空港も割と空いていてどこかしんみりこんな狭い空間に8時間も⁈隣には白人さん特有の超ビッグなおばちゃま私は窓側で列は一番うしろエンジン音が [続きを読む]
  • 成長
  • 成長するって、それはそれはとても寂しい気持ちが付いて回るんだろうなきっと当の本人はなんとも思ってないのだろうが母としては嬉しさと切なさと寂しさの大混乱が起きているわけで…育児をして気付いたこと「後悔するようなことはしないこと」叱り方ひとつとっても、遊び方ひとつとっても…「あんな叱り方しなければ良かった」「もっとたくさん一緒に遊びに行けば良かった」子供の時間は大人に比べてとても早く進んで行くから、気 [続きを読む]
  • ほんの一瞬だけ
  • キッチンで洗い物をしている際に目に入って来るお花「綺麗だなぁ」「なんでこんな綺麗なんだろう」「今度はベランダで何のお花植えようかな」毎日その日のTODOに追われ、頭の中がぐるぐる回り巡っているせわしない脳内に、ほんの一瞬だけ静寂が訪れますその瞬間がなにげにとても大切だったり(夕方になったらお花を凝視しよう。でないと、頭と心がパンクしてしまうから。) [続きを読む]
  • 育てる
  • 以前、信頼しているヨガの先生へひと言相談「育児が大変で、なかなかヨガができません」先生はひと言「今は大切な我が子の魂を育てる時期なのよ」私はすっかりその答えが大好きになり、今自分が置かれている状況はとてつもなく尊いのだと思えるようになりました育児に専念していると、社会から孤立してしまったり、自分は何もできていないんじゃないかと思ってしまったり…はたまた働いているお母さんに対して焦りを感じてしまった [続きを読む]
  • 独り占め
  • 今は当たり前のようにふらりと2人で海へ来れるだけどもう少ししたらプレ幼稚園が始まって、気軽に2人で来る事はできなくなるのかな…少なくともちょっと来づらくなっちゃうのかな…自由に2人っきりで過ごせる時間がもう少しでなくなってしまうのかと思うと、母は寂しいよもうあなたとの時間は独り占めできなくなっちゃうんだなだから「今」を楽しもう大好きな息子よ [続きを読む]
  • 「生きていく上で自分自身を一番苦しめるもの、それは欲である」ある日、朝顔を洗っていたら突然心に思ったそれからというもの、その言葉を悶々と考えている「ああなりたい」「こうなりたい」「ああ思われたい」「こう思われたい」「あの人みたいになりたい」そういう思いが自分を追い詰める育児をしていると、その思いは子供にまで及んでしまうことがあるだろう「うちの子もああなって欲しい」「うちの子にはあれをやらせよう」「 [続きを読む]
  • フォーカス
  • 時折息子を見ていて、ふとした瞬間が宝物に思える時がありますなにげない日常が決して当たり前でないことを、息子と出会って、息子の成長を日々見ていて感じますただ、その宝物のような瞬間は、決して息子にだけ起きる貴重なものではなくて、自分自身にもきっと起きているはず私は息子のことをとても大切に、そしてこの上なく愛しているから、そういった存在に対して強くそう感じるのでしょうもしその感情を自分自身に向けることが [続きを読む]
  • 期間限定
  • できればずーっとずっーっと背中を見守っていたいだけどそれはどだい無理な話し毎日24時間こうやってずっと一緒に過ごせるのも今だけ来年になれば少しずつプレ幼稚園が始まって、私の目の届かないところに行ってしまうそれはそれでとても自然な流れだけどね、やはり寂しさや切なさが伴うね私の方が人生の先輩だから知っている一緒に過ごす時間が減っていくことがどれだけ寂しいものかそれがわかるからこそ、悔いなく毎日楽しく過 [続きを読む]
  • 思いがけず
  • 「自分は不幸だ不幸だ」「なんでこんな辛いことばかり襲いかかってくるのか」そう思い込もうと思えばいくらでも思い込める。だけどその気持ちって、周りで支えてくれている人に対して失礼だ。人は決して一人では生きていけない。普段意識していないところで、実はたくさんの人が支えてくれている。先日入院し、心身ともに弱っている時、常に側にいて支えてくれていた看護婦さんや、私が入院中必死で育児・家事を頑張ってくれた夫や [続きを読む]
  • 気付けば...
  • 気付けばもうすぐで12月今年も終盤さすがにまだ1年の振り返りには早いなとは思いますが、今年はとにかく色々なことがあり過ぎて心がパンクしそうです生きていると良い事ばかりではなくて、悲しいことや辛いことが襲いかかってきます今年と書きましたが、数年に渡って人の限界ってどこまでなんだろう心のキャパってどこまでなんだろうそんなことを試されているここ数年さすがにギブアップしそうですでも命を絶とうとは思いません [続きを読む]
  • 過去の記事 …