Yuketta さん プロフィール

  •  
Yukettaさん: 喜望の暁
ハンドル名Yuketta さん
ブログタイトル喜望の暁
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ynsn9/
サイト紹介文夫の仕事で南アフリカへ帯同して参りました。よろしくおねがいします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 124日(平均3.3回/週) - 参加 2017/10/13 21:47

Yuketta さんのブログ記事

  • 和風も美味しい、南アのダチョウ肉
  • リヴォニア・ヴィレッジ近くの中国食材屋さんで、大きな大根が買えたので、いっぱ〜いすりおろして、ローストしたオーストリッチに合わせてみました。別角度から(^^)。ポン酢を、なみなみとかけて…お野菜たっぷり。南アのオーストリッチで「高たんぱく低脂肪だけども、ダイエットしてる感」があまりしないお料理ができました。ビールにも、ワインにもあいましたヨ。 http://overseas.blogmura.com/africa/ [続きを読む]
  • 車をぶつけましたT_T
  • それは昨年末、土砂降りの夕方の事です。リヴォニア・ヴィレッジで駐車した車をバックから発進させた時に、車の左前方がコツンと音がしました。南アでは殆どのの車が前から突っ込む形の駐車をし、バックで発進して駐車場を出ます。私は日本での運転が長いので、この「行きはヨイヨイ帰りはコワイ」的な駐車が苦手です。なぜなら、視界が疎かになるバック時は、バックで駐車した方が両側にラインや車があるため、狭い範囲を安全確認 [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(13・ステレンボッシュの宿)
  • 最終日、ステレンボッシュを発ちヨハネスブルグに帰る日です。ステレンボッシュでは、Werbersberg(http://www.webersburg.co.za)という宿のコテージで2泊しました。芝生が短く刈り取られ、よく手入れの行き届いた広大な土地に宿泊施設のある贅沢な空間でした。テイスティングや観光で出突っ張りだったのですが、コテージには簡単に調理のできるスペースもあり、ゆっくりのんびり長期滞在を(できるものなら!)するのにも良さそうで [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(9・ランチもシーフード)
  • 寄る年波と共に、とりわけ旅先での消化力が落ちており、ここまでランチは抜くか軽めにしていましたが、3日目はしっかりと昼食をとりました。Bkack Marlin( http://blackmarlin.co.za)というシーフードのお店です。貝類だけでなく海老も新鮮で、頭からバリボリ頂きました。美味しかった。感激だったのはマレーカレー市内観光(http://blog.livedoor.jp/ynsn9/archives/6307728.htmlで、ボ・カーブ地区へ行き、マレーシア移民の歴史や [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(8・喜望峰-ケープポイント)
  • 3日目。晴天に恵まれました。一路、喜望峰、ケープポイントに向かいます。 所々のビューポイントでは海が盛り上がって見え、 「地球って、丸いんだなぁ」と、何度も何度も口にしてしまう。また、数キロ進むだけで、大気の湿度、温度、海の色、表情が次々と変化します。人には厳しい自然であるほど絶景。そこに、普通に暮らす野生動物。喜望峰にはケープハイラックスがいて、側でお食事の様子を動画を撮らせてくれました。 ケープポ [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(6・市内観光)
  • テーブルマウンテンから降りてきた後は、ケープタウンの歴史を教わりながら、サクッと市内を回りました。先ずは、オランダ人による建設のキャッスル・オブ・グッドホープ。南ア最古の建築物なのだそうです。http://south-africa.jp/news/2041/振り向くとマンデラさんが演説された広場。 今回は有名どころ回る旅ですが、いつかマンデラさんの足跡を巡るディープな旅もしてみたいです。そしてこちらは司法省。アパルトヘイト時代の椅 [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(5・テーブルマウンテン)
  • 2日目ホテルの美味しい朝食を頂きました。光に溢れる素敵な空間で、またゆっくりと滞在したいナ、と感じた宿でした。(The Commodore Hotelhttps://www.legacyhotels.co.za/en/hotels/commodore/)宿を後にし友人夫婦を出迎えるために空港へ向かい、彼らと感動のご対面をした後は、一路テーブルマウンテンへ。ロープウェイの麓で、すでに絶景です。あの尖った先まで登るのです。風が強いとロープウェイは動かないのだそうで、どうし [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(4・ケープの和食屋さん)
  • ケープ初日の夕食は和食。enomotoへ行きました。気さくな日本人の大将と南アフリカ人の女将に迎えて頂きました。3か月ぶりのお刺身天ぷらも家庭では出来ないからうれし。優しい味わいのお鍋。お刺身を使ったお寿司も3か月ぶり。海外に住んでいるのに、安心して生のお魚が頂けるお店があるって、ほんっとにありがたいですね〜。日本人としての餓(かつ)えに水を注いでもらい、「来年も頑張ろうー!」という気持ちになりました。 [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(3・タウンシップツアー)
  • 前にも書きましたが、この日は12月26日。ボクシングデーで、所謂ワーキングクラスの人々のお休みの日です。どこもお休みだからという宿の助言に従ってタウンシップツアーに出かけました。 私は完全無菌パックの平和な国からやってきた隙だらけの人間なので、こうして安全にタウンシップを紹介してくださる企画がある事は、多分奥深い物事の本質には触れられないかもしれないけど、やっぱりありがたいです。殆どの施設の催し物は [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン(2)
  • ヨハネスブルグのタンボ空港には北半球からやってきた冬の装いの旅人がいました。そんな人々とすれ違いながら、南アフリカ航空のチェックカウンターに行き、荷物を預け、空港をぶらり。そして搭乗しました。約2時間の空の旅なのに、軽食が出ます。ケープタウンについてからのお食事をうんと楽しみにしていたので、一口だけ頂きました。一眠りすると、そろそろケープタウン。飛行機は着陸態勢に入りました。空港に無事到着。私たち [続きを読む]
  • 南ア初国内旅行〜ケープタウン?
  • 昨年末、4泊5日でケープタウンへ行ってきました。ワイン好きの友人夫婦が来てくれるので案内しようという事になったのです。 案内と言っても、国内旅行は初めてのことです。ケープタウンの事を尋ねると誰もが「良いところですよ〜。」とおっしゃるので、それはそれは楽しみにしていました。 クリスマス翌日早朝、私は暗いうちからいそいそと起き出し、出発準備をしました。この日はキリスト教最初の殉教者、聖ステファノの日ですが [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願います。おかげさまで、ヨハネスブルグで無事に年を越せました。街は2日までホリデームードで、お休みのお店もありましたが、サントンシティ、ベンモア、モーニングサイド等にあるマーケットは、12月24日は昼間まで、25日は完全お休み。そのほかは基本的に開いているようでした。24日に「sorbet」(https://www.sorbet.co.za/store-locator/?wpbdp_view=search&kw=morningview) [続きを読む]
  • 持ってきてよかったもの〜その1(鰹節削り器)
  • 先月、待ちに待った船便が到着しました。その中から出てきました、出てきました。鰹節削り器と、鰹節。会いたかったよ〜〜。無事に到着してよかったね〜。ハードシップの高い国に、これを持ってくると便利だと、20年前の初駐在時に先輩奥さまから教わりました。早速使って一品。茹で上げパスタに卵の黄身を乗せて(我が家は生卵、食べちゃいます)削りたて鰹節と、お醤油と、ネギと、オリーブオイルをかけただけの簡単手抜きパスタ。 [続きを読む]
  • 異文化交流
  • 「異文化交流」なんてタイトルをつけてしまいましたが、私がいるのは英語の語学学校で、 異文化のほんの入り口に立っているようなものですが、それでも退屈だけはしません。この2ヶ月で、私が出会ったクラスメートは、 DRコンゴ、アンゴラ、トルコ、ブラジル、ベラルーシ、中国、イタリアからやってきた人々ですクラスは無法地帯です。このクラスにいると、これまで賑やかで自由人と思っていたブラジル人やイタリア人、中国人が、 [続きを読む]
  • Neighborhood Market
  • 土曜日の昼間に催されるNeighborhood Market( http://www.neighbourgoodsmarket.co.za/)に、行きました。ダウンタウンの街並みはサントン地域と雰囲気が違い、各建物から歴史を感じます。 マーケット内は活気があり、いろんな国の、見た事無い料理や、見た事ある料理がひしめいていました。立派なお肉の炭火焼。二階に上がると、日の光を浴びながら賑やかな音楽と、お酒と、お食事と、おしゃべりとを娯しむ人々。また雑貨やお洋服 [続きを読む]
  • タイマッサージ
  • 11月に船便が届き整理していたら、腰がMAXにやられてしまったので、検索して近くのマッサージ屋さんに行きました。Puri Thai Massagihttp://www.purithai.com) という、マッサージ屋さんです。いくつもある、メニューの中から「伝統的なタイマッサージ」を選びました。マッサージをしてくださるのは黒人の女性です。いつも思うことですが、黒人さんは力持ち。途中、「これってタイマッサージ?」と感じる点はありましたが、私が痛 [続きを読む]
  • ヨハネスブルグ郊外のワニ園
  • 師走ですね。こちらでは、あちこちでクリスマスの挨拶のハグのシーンを見かけます。私もネイル屋さんで、ネイリストさんに「メリークリスマス」と言ってハグされホカホカした気持ちになりました。なかなか時間がなくてアップ出来なかったのですが、先月行ってきたワニ園の事を書きます。楽しかったですヨ。ワニ園のホームページはこちら( http://www.croccity.co.za)とてもお天気の良い日でした。中に入るとすぐに背の高いお兄さん [続きを読む]
  • 電気オーブン大活躍 〜その3
  • スーパーで、牛の骨髄が売られています。どうやってお料理するのかなあと検索してみたら、 ありました、ありました。https://otium.blog.fc2.com/blog-entry-1564.html フランスのお料理なのですね〜〜。冷水に暫くつけてオーブンで焼くだけなんて!この日は、野菜も一緒に焼いてしまいました。他にもお湯でさっと湯がいてフライパンで焼いたり、またソースを工夫したりするパターンもあるようです。 こってりして美味しいので、 [続きを読む]
  • kokoro近くの中国食材屋さん
  • 語学学校へ行く事の利点の一つに、生活情報収集があります。私が通う英語学校には、中国からの生徒さんが大勢いるのですが、彼らは大抵ご主人のお仕事で帯同していらした家族を持つ女性で、小さなお子さんを育てていらっしゃる元気なお母さんが大勢います。その一人に中国食材店を教えてもらいました。小さなお子さんを持つお母さんの薦める食材店ならきっと安心と確信し、お店に行ってきました。お店はKokoroよりも敷地が広く、結 [続きを読む]
  • 電気オーブン大活躍 〜その2
  • 休日夕方、電話がチリリンとなり、我が家から臭い匂いがすると、クレームが入りました。原因はこちら。マッシュルームの裏側に、ブルーチーズを乗せて電気オーブンで焼いていた、私には芳香と感じられる匂いのせいです。日本にいた時の近所にあったステーキ屋さんのサイドメニューで、マッシュルームを裏返してブルーチーズをのせ、トースターかオーブンで焼くだけの、お肉によく合う簡単お料理です。こちらの大きなマッシュルーム [続きを読む]