雨宮 桜 さん プロフィール

  •  
雨宮 桜さん: アスペ+ADHD女子の生き方
ハンドル名雨宮 桜 さん
ブログタイトルアスペ+ADHD女子の生き方
ブログURLhttps://ameblo.jp/amehuri00/
サイト紹介文アスペルガーとADHD当事者女子。心理学とスピリチュアルを絡め、当事者から見える世界をお話します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 9日(平均14.0回/週) - 参加 2017/10/13 21:51

雨宮 桜 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アスペルガーと「怒り」という感情
  •  以前の記事で「怒りを感じた時の言葉と感情の結びつき」について質問して頂きました。  …のですが!私は(多分)怒りを感じたことがありません。  「怒り」がどんな感情で、それを感じた人がどのような行動に出るのかは、知識としては理解しているのですが、実はイマイチ腑に落ちていないのです(笑)。  今日は、そんな「アスペと怒り」について、私の場合を例にお話します。  私が「怒り」を感じないのは、あるアスペ [続きを読む]
  • アスペルガーから見た「他者の感情」について
  •  「アスペルガーは共感能力に乏しい」というのは、よく知られていることだと思います。  でも、アスペは決して「心」に対して鈍感なのではありません。  むしろ、定型発達の人よりも敏感な人もいます。  ただその捉え方や感じ方が独特なので、「心がない」ように見えてしまうのです。  今日は、私と言う1人のアスペルガーが、「他者の感情や心」をどう感じているのかをお話したいと思います。  私には「理解できない感情 [続きを読む]
  • アスペとリアクションの不自然さ
  •  アスペの人(私も含めて)と会話している時、リアクションに何らかの不自然さを感じることがあると思います。  私の場合は「ずっと同じ表情で笑っている」「言葉遣いが馬鹿丁寧」「過度に従順な感じ」と言われることがあります。(私の知っているアスペの人は、似たようなパターンが多いです)  人によっては、やけに平坦だったり、逆に演技的だったりするはずです。    今日は、この現象(?)についてお話します。   [続きを読む]
  • 発達障害の「こだわり」と「強迫」
  •  発達障害には、程度の差はあれ「こだわり」や「強迫性」が存在します。  また、発達障害の二次障害として、強迫性障害は出現しやすいと言われています。 (私も一時期、強迫性障害の診断を受けていました)  しかし私の感覚では、強迫性障害の「強迫」と発達障害の「強迫」には、少し違いがある気がするのです。  私は確かに「強迫性障害」の診断を受けていましたが、「強迫」について前の主治医と話すときには、どうも噛 [続きを読む]
  • 自閉症の不安感
  •  自閉症の人は、常に不安感を抱えていると言われています。  私も例に漏れず、不安感とは四六時中お友達です。  今日は不安感による胸の圧迫感がひどく、1日起き上がれませんでした。(気づくと息が出来ていない事に自分でもビックリします(笑))  そんな中で考えた「自閉症と不安感」について、私なりの考えをお話します。  少し前、適応障害で入院した時に出会った自閉症の子は、常に「不安だ」と訴えていました。   [続きを読む]
  • 発達障害女子2人の不思議な関係
  •  今日はADHDの友人とお出かけしてきました。 (住んでる地域がバレてしまいますが、とても綺麗でしたよ!) 友人(仮名:山城 小夜)は、ADHDです。グレーではなく、黒確定レベルの。  そんな小夜と私(アスペ+ADHD)で遊びに行くと、傍から見ると少し不思議な感じなのではないかな?と思うのです。 多分、あまり楽しそうには見えないと思います(汗)。  今日は、そんな不思議な関係と、その解説をしたいと思います。   [続きを読む]
  • 大人の発達障害とメルトダウン
  •  今日は久々にメルトダウン(自閉症の人が起こすパニック)を起こしました(笑)。  その余波が大きく、上手く切り替えられていません。 そのため、いっそ今日は「メルトダウンの原因(今日の場合)」を、自分の特性を絡めてお話します。  私はそもそも、気分の変動が激しいです。 これはADHD的な特性で、数時間から数日の周期で、何の脈絡もなく変化します。  今日は、数日前から気分が落ちていました(原因①)。  ま [続きを読む]
  • アスペルガーとADHD 睡眠事情
  •  突然ですが、最近の私の睡眠事情は滅茶苦茶です(笑)。 (昔からおかしかったですが…)  すぐに疲れて眠たくなる割には、寝てもすぐ起きてしまうのです。  3時間以上続けて眠ることはほぼないですが、脳は睡眠を求めている感覚があるため、結局夢と現を繰り返しながら5-8時間ベッドにいます。 (下手をすると3時間で目が覚めた時に動きたい衝動がきて、起きてしまいます)  発達障害は、睡眠障害も併発しやすいと言われ [続きを読む]
  • 衝動性 ADHDとアスペルガー合併の場合
  •   前の記事では、「アスペとADHDの衝動性の違い」についてお話しました。  では「アスペとADHDが合併している場合」は?  「どちらの方が強いか」等々によって、ケースバイケースでしょうが、ちょっとややこしいです(笑)  そのため「私の場合」に基づいて、お話しますね。 ③ADHD+アスペルガーの場合 (再び下手な図ですみません(笑)) [特徴]・突発的な強い衝動がくるのは、ADHDと同じ。 ・その行動をすれば、とりあえず満 [続きを読む]
  • ADHDとアスペルガー 衝動性の違い
  •  アスペにもADHDにも「抑えることの困難な衝動性」が存在します。  しかしアスペとADHDでは、その「内面」に違いがあると感じます。 そのため今日は、それをお話したいと思います。 ①ADHDの場合(下手な図ですみません(笑)) [特徴]・突発的に、ほぼ抑えの効かない衝動に襲われる。 ・自分では「ダメなこと」とわかってはいるが、やらずにはいられない。   →「非常に強く・短い」衝動 [結果]・他者に共感は出来るため、そ [続きを読む]
  • アスペルガーとADHD 新たな決心
  •  昨夜の記事に、たくさんのいいねやコメントありがとうございました。  今日は、昨日からの混乱を引き摺って朝からイライラそわそわ。  そのため、開き直って全部忘れ、母と買い物に行きました(笑)。  元々母と出かける約束をしていたのですが「今日は買い物だけを楽しもう!」と決意して出かけたのです。  行き詰った悩み事を放り投げると、何となく晴れやかな気分になりました。 軽い足取りで、美味しいものを食べたり [続きを読む]
  • 悩み事 アスペルガーとADHD?
  •   ブログでアスペについてお話するようになって、自分について考える機会が増えました。  「普通でいられない」自分を認めることで、やっと正体不明の息苦しさから解放されたような気がしています。 今更実感する、自己受容の大切さ…(笑)。←元心理学専攻   しかし最近その「普通でいられない」部分が、アスペだけでは説明出来ない?と感じています。  皆さんのブログを拝見したり、自分の特性を改めて考えたり、ADHDの [続きを読む]
  • 自分に優しく
  •  こんばんは。  今日はダウンしているので、細かい話はお休みです(笑)。  ダウンの原因は、昨日に引き続き一か月先の旅行計画を立てようとしてしまったから。  自分でも「バカか!」とツッコミたくなりましたが、そこは、一度気になりだすとキッチリ決めるまで気が済まないアスペルガー。  何とか宿の手配だけでも…、と思っていたら、見事に異常過熱を起こしました(-_-;  やっぱり「未来のことを考えると不安」とい [続きを読む]
  • 未来について考える
  •  自閉症の人は先のことを考えることに強い不安を感じると言われています。  つまり、未来のことが考えられないのです。  私も「今この瞬間」以外のことを考えるのは不安です。 (せいぜい、明日の予定くらいまでが限度(笑))  今日も、一ヵ月先の旅行計画を立てようとして、不安感からダウンしました(笑)。  これは、私の大好きな一人旅の計画です。つまり、本人にとって楽しいことであっても、強い不安感が生じるので [続きを読む]
  • 生きるための武器
  •   発達障害の人に対して「出来ない人」や「出来ないなりに頑張っている人」というイメージをお持ちの方も多いと思います。  定型の方に限らず、当事者も。  私も、出来ないことが沢山あります。  集団に適応できない。人と深い関係が築けない。人といるのに時間制限がある。 感情のコントロールが効かない。精神的ストレスがすぐ身体に出る。少しでも嫌なことがあるとすぐ体調を崩す。 興味の幅が狭すぎ。2つのことが同時 [続きを読む]
  • 大人になりきれなかった子ども達
  •  アスペは自分の中の(独特の)秩序を乱されるのが嫌いです。  「嫌う」というと軽い感じですが、正確には「どうしても許せない」感じ。  特に「曖昧なこと」や「間違い」が嫌いで、そのままにしておくことが出来ません。  だから、人が曖昧にしておきたいことでも指摘せずにはいられないし、「間違いだ」と面と向かって言ってしまいます。  アスペは知能が高い人が多いので、これが「言葉の鋭さ」に繋がります。 [続きを読む]
  • アスペの会話機能
  •  アスペルガーの人の「言葉」は、定型の人と異なります。  私は、考えたことを文章として書くのは得意ですが、話すのはとても苦手です。  それは、音声言語を表出するために、独特の脳内過程を辿っているから。 (多分、アスペの独特の話し方の原因でもあると思います) ↓私の会話時の脳内処理過程は、こんな感じ↓ ①感覚・思考→②単語化→③文章化→④音声化 ①感覚・思考 私の感覚や思考は、言葉として存在していま [続きを読む]
  • アスペルガーの言葉と嘘
  •   アスペルガーは「嘘をつくのが苦手」です。  しかし、私は嘘つきなのです。   …初っ端からパラドクス的な矛盾をかましてすみません(笑)。 正確には、私も嘘は苦手です。でも、言葉を発すると、それが嘘になってしまうことがとても多いのです。 今日は、この矛盾についてお話します。 私は昔から「自分が嘘つきである」という感覚がありました。同時に「自分がずっと演技をしている」という感覚もあります。 これは、私 [続きを読む]
  • 過去の記事 …