Polo さん プロフィール

  •  
Poloさん: one shot
ハンドル名Polo さん
ブログタイトルone shot
ブログURLhttps://one-shot.amebaownd.com/
サイト紹介文Poloの写真ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 60日(平均4.7回/週) - 参加 2017/10/13 23:36

Polo さんのブログ記事

  • 読了「砂漠」伊坂 幸太郎
  • 学生時代の男女5人。悲しい出来事もあったけれど、とても楽しそうな時間を過ごしていた。皆が個性豊かに表現されていて、強い友情、そして恋愛もあり、彼らの日常が羨ましいぐらいとても魅力的に感じられた。ちょっと長めだけれど、とても面白く読み進められた。10年後の彼らも是非知りたい。 [続きを読む]
  • 読了「D列車でいこう」阿川大樹
  • ジャケットの印象のせいか、もっと軽い内容なのかと思って読み始めた。いや決して重たい訳ではないのだけれど結構真面目に取り組んでいてビックリ。現実にあってもおかしくないような内容だった。まあ現実ではなかなか難しいのだろうが。 発想とそれをいかに実行するかという努力と工夫と。一緒になって立ち向かっているような気にさせてくれた。刺激も受けてなかなか良かった。 [続きを読む]
  • 読了「太陽の棘」原田マハ
  • 終戦後の沖縄へ米軍の軍医として派遣された若き医師エドワード。ある日、ニシムイ美術村という沖縄の画家達が集まり暮らす村に行き着いた。自らも絵画を愛するエドワードは画家達の作品に惹かれそこに通い、そして彼らとの交流も深めていく。そしてなんとも感動的な話が進んで行く。実話がもとになっているらしいがかなり心に残る話だった。 [続きを読む]
  • 読了「Red」島本理生
  • タイトルが気になって購入した一冊。官能的な部分もちょっぴりあり、大人のための恋のお話というところでしょうか。 一人の女性で、母であり妻であり主婦でもあり、そして仕事も持ちながら、夫の実家で暮らし、彼女の気持ちを理解してくれないイマイチな夫には不満が常にある。そんな状態の彼女の周りには気になる男性もいるわけで、まあ自然な流れでいろいろと気持ちが動く。夫がもっとしっかりしていれば良いのかもしれな [続きを読む]
  • 読了「サラバ!」西 加奈子
  • 歩と名づけられた一人の男の子が生まれ、そしてその歩が37歳になるまでの自叙伝のような小説。彼の家族、そして出会う多くの友人達との貴重な時間がとても細かく描かれていた。第152回直木賞受賞。2015年本屋大賞第2位。上中下の三冊とかなりの長編だけれど飽きることなく次から次へとページをめくっていた。今、思い返してみても多くのシーンが印象的に思い返される。 [続きを読む]
  • 読了「スロウハイツの神様」辻村 深月
  • 買ったまま何故か放置してあったこの本。先日読んだ「ハケンアニメ!」がとても良かったので読んでみた。環を中心に同じ屋根の下で生活を共にする6人の個性豊かな登場人物たち。上巻は粛々と進み、二幕のための一幕という感じだった。二幕となる下巻に入るとページをめくるスピードがグッと早まっていった。結局は環の話なのかなと思って読み進めていた。しかしコーちゃんの過去の行動を報されるとそうだ [続きを読む]