のやき さん プロフィール

  •  
のやきさん: さかなのつりかた
ハンドル名のやき さん
ブログタイトルさかなのつりかた
ブログURLhttps://ameblo.jp/noyaki-noyaki/
サイト紹介文趣味の魚釣り、魚突きについて徒然なるままに記していくブログです。
自由文多趣味な男性の日々の日記。
魚釣り、魚突き、料理、お菓子作り、卓球、手作り雑貨、散歩など…人生の楽しみを記します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 298日(平均1.7回/週) - 参加 2017/10/14 00:33

のやき さんのブログ記事

  • さかなのつきかた⑥
  • カワハギを突きました。カワハギと言えば皆さんはどういった料理を思い浮かべますか?煮付け?鍋?一夜干し?今回、初めて刺身にしてみました。カワハギの刺身は肝醤油で食べるのが美味しいというのを噂に聞いていましたが肝の生食は少し怖かったので躊躇っていました。しかし!今回!勇気を出して!粗微塵にした肝を刺身に絡めて頂く!!…うまい。これは…史上最強では…??濃厚な肝が淡泊な刺身に最高にマッチして今まで食べ [続きを読む]
  • さかなのつきかた⑤
  • 7月は毎週のように近場の海に出掛けてはカサゴを突いています。島根は海が綺麗なので潜らずとも生温い海水の中をプカプカ浮いているだけでとても気持ちよいです。大体、朝早くに海に行って泳いでいるのですが先日は、たまたま夕方に泳ぎに行きました。すると、海水温がいつもより高く西陽によって海の色も違い同じ海でも全く違うように感じました。朝の海が目覚めのさっぱりした感じ。対して夕方は微睡みの中を泳ぐようなそんな [続きを読む]
  • ブラックベリーのジャム
  • ブラックベリーが実っているのに誰も採らなかったので収穫してブラックベリージャムを作りました。うちのブラックベリーはかなり酸っぱいので砂糖は50%で…ブラックベリー300gに対して砂糖150g入れます。種が大きめで食べた時、口にさわるので味噌を濾す要領で(大きめの茶漉しに入れて、泡たて器でグリグリする。)濾してみました。煮詰めているときはサラサラですがブラックベリーはペクチンが強いので少しとろっとするくらいまで [続きを読む]
  • 石蟹を獲って食べる
  • 今年も境水道に、蟹を獲りに行きました。夕涼みも兼ねてタモとライトを持って岸壁を歩くと結構獲れます。大きいのでこのくらいでした。やっぱり初物はまず味噌汁でいただきます。今度獲ったら唐揚げにしてみようかな(^_^)↑ランキング参加中 [続きを読む]
  • さかなのつきかた④
  • 暑くなりましたね!今年も魚を突きに行って来ました。ウェットスーツを着て年中される方が多い魚突きですが、私は水着で夏しかしないし1時間〜1時間半の短時間しか潜らないので一向に上達はしません。それでも、なんとなく魚は突いています。今年初の獲物は30センチのカサゴとアカミズ。贅沢にお刺身にしました。めっちゃ見てくる。笑アラはあら汁に…自給自足が最高の贅沢です。↑ランキング参加中 [続きを読む]
  • 手先のわりに生きるのが不器用
  • サザエを頂きましたので刺身にしてみました。だいたい壷焼きか煮て食べるので刺身は初めてです。最近、あさりの貝毒が猛威をふるっているようですが二枚貝のように口を開いて大量の海水からプランクトンを捕食するものに比べると海草を食べている巻き貝は比較的安全です。それでは解体。まず、サザエの急所にナイフをグサッと一思いに刺してグリッとして身を出します。そして貝の中に指を入れて貝柱を剥ぎ、ぐるぐるの部分をだし [続きを読む]
  • 桜餅
  • 桜の葉の塩漬けをたくさん頂いたので、桜餅を作ることにしました。市販のものですが、つぶあんを丸めて…生地は白玉粉30と小麦粉120。それに砂糖と塩を少々。フライパンで一枚ずつ丁寧にクレープのように焼いていきます。出来たら、クッキングシートの上に並べてあんこを並べていきます。葉っぱで巻いたら出来上がり!!たくさん出来ました♪桜の葉の香りが美味しさを引き立てます。季節のスイーツ、ステキです♪↑ランキング参 [続きを読む]
  • 隣の客はよく蠣食う客だ
  • 北海道の蠣を頂きました。どうやって食べるか悩みましたが上等の蠣なのでそのまま網で焼いて食べることに…貝殻が飛び散ってコンロが石灰を撒いたようにまりましたがなんとか上手に焼けました!!レモン汁をたっぷりとかけて頂きました♪殻ごとの蠣を頂くことなどのなかなかないのでたくさん食べて幸せな一時でしたよ\(^o^)/↑ランキング参加中\(^o^)/ [続きを読む]
  • 私と卓球⑦
  • そもそも何故今私の卓球生活についてのことをブログに書いたかというと…今年から、戦型を変えたからです。10年以上愛用していたペンホルダーをやめて、シェイクハンドにしました。戦型を変えた理由は…・ペンでの成長に限界を感じた。〜単純に今より強くなれる可能性がある〜・バック技術の多様性。〜ブロック、カットブロック、チキータ、逆チキータ、バックドライブ、など表ソフトの裏目打法では使いにくい技術がある〜・生 [続きを読む]
  • 名前を呼んで笑ってほしいだけ
  • 3月のぽかぽか陽気の日梅の綺麗な松江の城山に野点(のだて)をしに行きました。今は亡き祖父が抹茶を点てるのが好きで私の幼い頃は朝はお茶の時間で一杯お茶を頂いてから学校に行ったものです。そんな祖父が野点セットを持っていたのでそれを使わせて貰いました。近くのお店で生菓子も買って…雲一つない、いい天気♪こういう日はお外でゆったりと過ごすに限ります(^_^)↑押してね! [続きを読む]
  • 私と卓球⑥
  • 私のコーチの考えとしては地域で卓球を強くしたい。クラブチームをつくることで地域の学生たちが進学、就職した時に卓球を続けることができるし、その子たちが中学生の相手をしてスポーツ少年団も強くなる。その連鎖で地域として卓球を盛んにして行こうと考えておられました。私もそれはとてもいい考えだと思い、キャプテンとして仲間を集め、クラブチームを設立しました。結論から言えばクラブチームを作って本当に良かったです [続きを読む]
  • 私と卓球⑤
  • 高校卒業後は岡山県にある私立の四年制大学に隣接している短期大学に進学しました。もちろん卓球部に入るのですが…・練習中ずっとステレオで 音楽がかかっている・四大の人も一緒なのに上手い人がいない・近くのクラブにも誘われたが 上手い人がいないという状況だったので大学時代は全く卓球と関わらず過ごしました。大学卒業後は、地元に帰り就職しました。社会人一、二年目は忙しく過ぎ去り、三年目に学生時代のコー [続きを読む]
  • 私と卓球④
  • 高校は卓球部のある学校ならとりあえずどこでも良かったので私の学力で行ける範囲の普通高校に入りました。そして当然、卓球部に入るのですが…部員の構成が1年は私と女子が1人2年は男子7人3年は女子2人。(次の年、後輩が入りましたが男子1人、女子4人。)同学年が女子1人だけ…。しかも体験入部の時点で先輩全員を倒してしまいました。ここでは絶対に強くはなれないと察したので高校の部活以外に知り合いのクラブチーム [続きを読む]
  • 私と卓球③
  • 私の住む地域はあまり卓球は盛んではなく中学校になってから卓球を始める人がほとんどでした。映画"ピンポン"の影響もあり部員は結構な人数がいたのですが、私の中学の卓球部ははっきり言えば弱く、地区大会でも団体戦では下から1番2番を争うレベルでした。さらに態度も悪く誰かが試合をしていても応援せず補食をモグモグ食べていたり部活中にカードゲームで遊んでいてそれが見つかり部活停止になったり…まぁ劣悪な環境でした [続きを読む]
  • 私と卓球②
  • "中国式ペン粒高"という守備型の選手としてスタートした私の卓球生活ですが、早速転機が訪れます。その要因は、体型の変化。〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜戦型を決めるときにこられた専門店の方が後日、運営させている卓球教室に誘って下さって、部活以外にそこでも週1で卓球をするようになりました。今までの嫌々していた剣道とは違い、楽しく体を動かすことができたのでここでまさかの激やせ。中学1年間で誰か分 [続きを読む]
  • 私と卓球①
  • 私が卓球を始めたのは約14年前の中学1年生の春です。小学生の時は4年生から剣道をしていたのですが、叩かれるのが痛くて痛くて…"中学校に入ったら絶対辞めてやる"と思っていました。中学校に入って部活を決めるときに考慮したのは、・とにかく痛くないこと。・当時太っていた私でも出来ること。でした。 そこで候補に上がったのが吹奏楽部と卓球部。あとは、吹奏楽は女子が多いとか友だちも卓球部に入るとか私の祖父も卓球をし [続きを読む]