アドル さん プロフィール

  •  
アドルさん: アドルの株日記
ハンドル名アドル さん
ブログタイトルアドルの株日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/adoru333/
サイト紹介文日本株を始めとして、世界中の株に投資してみて、その運用成績を記録する株日記。
自由文愛媛生まれの、奈良育ちで、現在は名古屋に住む30代男性。仕事は会社員。2011年から株式投資を始め、現在7年目。いつかは投資だけで生活するのが夢。

趣味は海外旅行・バドミントンなどアウトドアなものもある一方、化石・天然石収集などインドアな趣味もある。

ちなみに、記事の写真はAbama Owndの一部写真を除いて、自分が撮った写真で、写真を撮るのも好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 57日(平均4.1回/週) - 参加 2017/10/14 00:44

アドル さんのブログ記事

  • アドルのポートフォリオ(12月9日)
  •  今回は臨時で筆者の現在の投資金額を確認したいと思います(^_^)まずは12月4日のポートフォリオはこちら。で5日後の現在はと言うと、仮想通貨に追加で資金を投入しているのと、仮想通貨の値上がりにより、仮想通貨の割合が大幅に上昇しております。で、現在の総額は 715万8,664円 となっており、追加で投入した資金が40万円なので、実質24万円あまり増加している計算になります。これが、わずか1週間の出来 [続きを読む]
  • ビットコインはバブルなの?
  •  最近、ビットコインの値段が急速に上がっている事もあり、アナリストや投資家、銀行関係者の一部の人達が、17世紀オランダで発生したチューリップバブルのようだ、と言って、ビットコインはバブルだと言っています。果たして本当にそうなんでしょうか? まずは、今現在のビットコインのチャートを見ていきたいと思います(ビットフライヤーより)。今は1ビットコイン133万円を超えてきており、凄いですね。では、これは [続きを読む]
  • アドルのポートフォリオ(12月4日)
  •  筆者の現在の投資金額を確認したいと思います(^_^)まずは先月のポートフォリオはこちら。 で1ヶ月後の現在はと言うと、 国内株を一部処分したので、国内株の割合が減ったのと、ベトナム株と仮想通貨の割合が増えております。で、現在の総額は 651万6,501円 となっており、先月は総額の記録を残していないのではっきりとは分からないですが、確か620万円ぐらいだったので、約30万円ぐらい増えているような [続きを読む]
  • 日本株に死角はないのか?
  •  日経平均株価は順調に上がっていますね。まずは、日経平均株価の推移から(ヤフーファイナンスより引用)。 日経平均株価は、日本経済新聞社が東京証券取引所第一部に上場する銘柄のうち225銘柄を用いて表す株価指数の事で、グラフを見るとリーマンショック後に低迷していた株価がアベノミクスにより上昇しているのが分かります。 そんな順調な日本株ですが、死角はないのでしょうか?筆者としてはリスクとして4点ほど考えて [続きを読む]
  • 仮想通貨への本格参入!!
  •  1ビットコインの値段が遂に100万円を超えてきましたね。これはバブルだ、と言う投資家もおりますが、どうなんでしょうか。答えははっきり言って誰にも分からないです。 投資の世界においては勝ち馬に上手に乗るのも大事な戦略。全てを同じカゴに盛るのは危険ですが、分散していれば資産がゼロになる危険性はなくなります。 筆者が仮想通貨を始めたのは10月半ばからですが、試行錯誤しながら、ようやく投資方法が確立し [続きを読む]
  • 投資信託
  •  今は風邪気味の筆者(^▽^;)頭が痛い・・・(ノ_-。) それにもめげずに、何とかブログを更新しますヽ(゜▽、゜)ノ 今日のテーマは投資信託。投資信託はプロの方が運用するので、最初に株などをやり始める人にとっては、投資家を目指す人にとってはある意味、登竜門的な感じですよね。また、株に慣れている人にとっても、リスク分散の意味では魅力的です。 筆者が投資信託デビューしたのは遅く、今年の3月16日にベトナム株式フ [続きを読む]
  • インドネシア株式2
  •  さて、本日はインドネシア株式の続きです。インドネシアの通貨はインドネシアルピアです。まずは、円とインドネシアルピアのチャートを見てみましょう(XEより引用)。グラフは右肩上がりなので、円高傾向、インドネシアルピア安傾向なのが分かります。これは、株価が10年間変わらずに円に戻した場合、損する形になります。しかし、実際にはそれ以上に経済発展などにより株価が上がっている場合が通常は多いので、そこまで [続きを読む]
  • インドネシア株式1
  •  今日はいよいよ最近投資デビューしたインドネシア株について取り上げたいと思います。まずは、インドネシアについて何が思い浮かぶでしょうか?バリ島?JKT48?いろいろあるかと思いますが、実はあまりインドネシアの情報も日本だと入りにくいです。ですが、インドネシアは実は言うと世界で人口が4番目に多い国で、国民の所得の向上により、今後の内需の拡大が期待できる国でもあります。まずはインドネシアの人口増加の [続きを読む]
  • ベトナム株式3〜ベトナムへの投資の可能性〜
  •  今日は順番が逆になりましたが、ベトナム株式投資についてです。みなさんの周りにベトナムの人が最近多くはないでしょうか?まずは法務省が今年の3月に公表した資料から在留外国人の推移を見てみましょう。 グラフを見て分かるとおり、ベトナム人の増加が目立ち、平成27年末から平成28年末までに36.1%の急増となっております。この勢いだと、フィリピン人の数を越して第3位までいきそうですね。ある報道だと確か今 [続きを読む]
  • 投資としての天然石等の魅力
  •  みなさま、株投資の調子はどうでしょうか?今月の日本の株価の推移を見ていると、利益確定も多いのかな〜と思っております。 今日は株の話しではなく筆者自身の趣味のお話しです。筆者の趣味の一つにコイン・化石・天然石・隕石等+たまに絵画の収集があります。収集は20歳から本格的にしております。特に売るとか考えてなく、ただ単にコインだとローマ時代の銀貨とか、何となくロマンがあって、そのコインがどういう人に使 [続きを読む]
  • ベトナム株式2〜人気のビナミルク〜
  •  今日はベトナム株で一番人気のあるビナミルクをご紹介いたします。ビナミルクはベトナム最大の乳製品製造会社で、ベトナムで最大の時価総額を持っている企業で、経済誌フォーブス・ベトナムが発表しているベトナムで最も価値のあるブランドトップ40ランキングにおいて、2年連続でトップに輝いている、ベトナムでは知らない人はいない企業です。また、投資信託を始め多くのファンドに組入されている人気の株となっております。 [続きを読む]
  • ビットコイン×ビットコインキャッシュ
  •  久しぶりの仮想通貨の続報です。先月仮想通貨を始めてからいろいろあり、まだ試行錯誤の段階です。現在はリスク、リップル、ネム、ビットコインキャッシュを持っていて、リップルとネムは大幅な20%以上のマイナスで、全体としては7%マイナスの段階です。仮想通貨は株と違って仕手が入り放題で、なかなか読めないところもありますが、上がったところで一旦利確するのが正解なのかな?とも思います。ちなみに、最近現物のビ [続きを読む]
  • ベトナム株式1〜ビングループの快進撃〜
  •  今日はいよいよベトナム株式を書いていこうと思いますが、自分が持っているベトナム株のビングループが急騰しているので、そちらを最初に紹介しようと思います。 ビングループって日本ではあまりなじみはないかもしれませんが、ベトナムでは有名な会社で、不動産を始めホテル・レストラン・コンビニ等上げれば切りがない複合企業です。ここのブオン会長はベトナムの長者番付で毎年1位の人で、米経済誌フォーブスが今年1月3 [続きを読む]
  • 金投資
  •  今回は金投資の魅力を伝えていきたいと思います。 金投資の魅力って何?って思われる方もいるかもしれませんが、まずはその美しさですよね。そして、その変わらない価値ですね。まずは、金価格の推移をご覧ください(三菱マテリアル株式会社から引用)。 比較的右肩上がりで推移しています。2,000年の時は金の小売価格が1,000円を切った事もあり、現在はその5倍ほどの価格になっております。その頃に金をたくさん買っていれ [続きを読む]
  • 国内株1〜サイバーエージェント〜
  •  国内株を書いていこうと思いますが、国内株の取り引きの履歴が多すぎて書ききれないので、最新の情報などを掲載していこうと思います。 さて、みなさんはAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」を観たでしょうか?稲垣さん、草薙さん、香取さんのありのままの姿を見られてほんと良かったですよね。総視聴数も7,200万人を超えていて、ほんと凄いです。 この「AbemaTV」やこのブログの運営「Ameba」はサイバーエージョンやそ [続きを読む]
  • 米国株式3〜進撃のエヌビディア〜
  •  筆者が今年の3月に買ったエヌビディアの株5株(1株106.7ドル)が今では1株208.69ドルと倍近くになっており、今週は現地時間11月9日(木)に第3四半期の決算発表が予定されております。今日はエヌビディアを見ていきたいと思います。まずは、エヌビディアの株価の推移は次のとおりです(ロイターより引用)。 これは、凄い右肩上がりですね。5月に株価が急騰しているのは、5月にトヨタがエヌビディアのG [続きを読む]
  • 米国株式2
  •  前回、今年3月から米国株式を始めたと話しましたが、米国株への初めてのデビューという事もあり、1社買いするのではなく、慎重に米国株4社を買いました。3月に買ったのは次の4社です。  アドビシステムズ8株(1株125.6ドル) エヌビディア5株(1株106.7ドル) ファイザー13株(1株34.39ドル) AT&T13株(42.13ドル) アドビシステムズはPDFを開発した会社でアドビリーダーなどが [続きを読む]
  • アドルのポートフォリオ(11月1日)
  •  自分の現在の投資金額が昨年末より追加で資金を投入したり、資産が増えたりして、2倍になりました(^_^)まずは2016年末のポートフォリオを見ていきたいと思います。 ↑こんな感じで、国内株が半分ぐらいを占めています。で、今現在は、 だいぶ賑やかな感じのポートフォリオになりつつあります。今年からは米国株、ベトナム株、インドネシア株、投資信託、仮想通貨を始めております。国内株や金の割合は下がっておりま [続きを読む]
  • 米国株式1
  •  今日はいよいよ海外株の本場、米国株について書いていきたいと思います(^_^)米国株の魅力はなんだ?と言われると、「成長性」って事が言えると思います。まずはニューヨークダウ平均株価のチャートをご覧ください(ヤフーファイナンスより引用)。 ニューヨークダウとは、S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが算出・公表する、主要業種の代表的な30の優良銘柄で構成される平均株価指数の事ですが、チャートを見るとリー [続きを読む]
  • 韓国株式4
  •  一昨日記事に書いてたSKハイニックスの株を15株(1株80,800ウォン)昨日買いました(^_^)やはり、IOT革命により今後DRAM製品の需要が見込まれるし、NAND型フラッシュメモリの需要もしばらくは旺盛だと考えたからです。また、現時点でのPERが8.56倍と低く、まだまだ株価の上昇余地はありそうです。 SKハイニックスのチャートを見ていきたいと思います。 ↑これは10月30日のチャートで [続きを読む]
  • 外国株式投資における為替と手数料
  •  外国株の取り引きをする場合に特に注意して考えるのは為替と手数料である。外国株の場合、円高の時にその国の通貨を買い、円安の時に円に戻すとそれだけでも利益が出てきます。例示で示すと、1ドル=100円の時に、10ドル(1,000円分)を買い、1ドル=120円の時に円に戻すと1,200円となり差額の200円が利益となります。 実際の取引には為替スプレッドが売買の時に発生するので、これよりも利益は下がり [続きを読む]
  • 韓国株式3
  •  今日は韓国株式の現状を見ていきたいと思います。韓国総合株価指数(KOSPI)は次のとおりです(ヤフーファイナンスより引用)。これは1980年1月4日を100として算出しているものになります。見てのとおり、リーマンショックで下げてからは、順調に上げていますね。次に韓国のNASDAQ版、KOSDAQの指数は次のとおりです(Investingより引用)。こちらも基本的にはリーマンショック後は右肩上がりですが、 [続きを読む]
  • 韓国株式2
  •  さて、韓国株式の続きです。前回は2013年末で NAVER 4株(1株724,000ウォン)KEYEAST 140株(1株1,220ウォン)NHNエンターテイメント 2株(1株96,400ウォン) となっておりました。で、2014年にKEYEASTの株が上がったので3月17日に1株2,720ウォンで売却しました。元々1株1,610ウォンで買っているので、1株当たり1,110ウォンの利益ですが、ここからSBI証 [続きを読む]
  • 韓国株式1
  •  今日は韓国株式。韓国と言えばサムスンなどが有名ですが、LINEの親会社は韓国のNAVERという会社。LINEが日本で有名になった頃にそこに興味を持ち始めて2013年に韓国株式に参入しました。 まずは、韓国の通貨と言えばウォン。韓国のウォンのチャートは下記のとおりです(XEホームページから)。ウォン安になっている時に買うのが一番ですが、自分が買った時のレートは1円=9.33ウォンで今とあまり変わらない [続きを読む]
  • 株購入時の参考指標
  •  株の購入にあたっては参考になる指標がいくつかあるが特に代表的なものが次の3点です。PER(株価収益率)  時価総額(株価×発行済株式数)÷純利益 株価が1株当たりの何倍かを表したもの。低い方が良い。その株が割安かどうかはその業種の平均PERから推測すると良い。成長性のあるIT系は平均PERが総じて高めになるが、成長性の低い業種だと平均PERは低い。また、成長の期待できる会社はPERが高くなる。PBR(株価純資産倍 [続きを読む]