せせらぎ さん プロフィール

  •  
せせらぎさん: きみといっしょに。〜旦那が突然死にました〜
ハンドル名せせらぎ さん
ブログタイトルきみといっしょに。〜旦那が突然死にました〜
ブログURLhttp://www.kimitoissyoni.com/
サイト紹介文夫と突然死の死別。1歳と3歳の息子を残して。塞ぎ込む日々を笑って生きていきたい。絵日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2017/10/14 11:54

せせらぎ さんのブログ記事

  • こんなに心に響かない音楽ってあるもんだ
  • ショートステイに子供達を預けた夜久しぶりに女友達と子供抜きで夕食を食べていた時のことです。沖縄料理屋。予約を取ってくれたキャサリンは「とりあえず近さで選んだから微妙かはわからないよ」とのこと。それでもイイヨイイヨー。海ぶどう食べたーい。と店に入り、そこそこに料理も美味しくワイワイと時間を過ごしていました。その中で、その店が売りにしている『沖縄ライブ』生ライブをしているようです。さほど期待もせず、流 [続きを読む]
  • 就寝時必要なものの変化
  • 『眠るための必需品』の話をしました。それは今も変わらない。しーちゃんは私の手を必要としています。私の手はあったかいのでほっぺとか体とかに当てると「て、あったかーねー」と嬉しそうにしています。私の手、あったかいのです。それが好きな様子。寝る時は私の手をほっぺの下へ入れるのが定番でした。それが今は…なぜか…膝へ。なぜか膝へ手を当てられる。なぜ膝!?ほっぺがあった場所に無理やり膝を入れ込んで来ます。だか [続きを読む]
  • そう来たか!
  • 眠りにつく時「保育園行く?」と聞いてきたので常日頃、保育園を休みたがっているけーくん(5歳)のモチベーションをあげようと「いいなー。けーくん。保育園。お外で遊べるし、公園に行くかもしれないしお家だとどこにも出かけられないし、お昼も大したものないしいいなーいいなー楽しそうだなー。」と保育園が素晴らしき場所で羨ましいと言う話をしていたら「…………おかーたんが行って来ていいよ」と言われました。そう来たか [続きを読む]
  • 経験しないと分からないことがある
  • 世の中には経験しないと分からないことがあります。その人の立場に立って考えることはできる。でも実際に、その人の立場にならないと分からないこともあるんです。死別は悲しい。辛い。それこそ経験しなくても想像し得る。涙も出るくらい。でも実際はそれ以上。世界の真っ暗闇も、世界の輝きも想像できるレベルを超えています。死者に対する想いも時間の速度も当事者にならなければ感じられない。資格を取る話をした時に、私は勉強 [続きを読む]
  • 子供達の相談事
  • せせらぎ家は陽だまりを大事にしていて、日陰は寒いね。陽だまりは暖かいねと話しています。なので寒い日は「あったかいとこー!」とのリクエストで陽だまりを探して保育園に向かいます。なので陽だまりがある日(太陽が出てる日)はあったかい日。出てない日は寒い日との認識です。家の中から外に陽だまりを見つけると「しーちゃん!あったかいあるよ!」と、ワーイワーイと喜びの舞。そんなある日の朝、何やら二人で話しています [続きを読む]
  • 映画を任されました
  • 自分の意識を持って未来に目標を掲げて生きて行こうと決めたら(『新年の、いや、人生の目標』)状況が動きました。映画の仕事が来ました。あ、自分の話の映画化じゃなくて(そりゃそうだろ!)グラフィックデザイナーの宣伝の仕事として。私自身に。まーくんが何本もやっていた監督から。まーくんが死んでしまったことは承知で、それでも出来るならお願いしたいとずっとやっていた信頼と作るものへの愛とクオリティの高さを評価し [続きを読む]
  • 『週末何しよう』から『週末どうしよう』へ
  • 『家族の週末』それは平日を頑張れるリフレッシュ日のようなものです。私も以前は週末を心待ちにしていました。どこへ行こう何をしよう何を食べよう大きなイベントで言えば、テーマパークや旅行些細なことで言えば、公園や買い物ウキウキワクワク今は…御察しの通り、もうそんなものないですよね。どこへ行っても家族ばかりカップルばかり幼児2人抱えての外出なんて、リフレッシュどころか、余計に疲れるわ!まーくんが生きていた [続きを読む]
  • 究極の質問
  • 常日頃、私は子供達に「好き好きー!」「大好きー!」と言っています。「どうしてそんなに可愛いの?」と抱きついて食べています。子供達は「やめてー!」と言ったり「いいよー!」と言ったりそれでも総じて嬉しそう。その延長で、好き好き攻撃している時に、ゆらゆらとしーちゃんを抱っこしながら「しーちゃん可愛いなぁ。大好きだよー。」と話していると「しーたんも、だいすちよー」と言ってくれます。あまりにも可愛くて、ちょ [続きを読む]
  • 生まれ変わりがあるのなら…
  • 突然メッセージをいただきました。ーーーーーーーーーーーーーーとてもおかしい人と思われるかもしれませんが、お伝えしたいことがありまして書かせていただきます。四年前、ワタシはとても不思議な体験をしました。3月に息子の高校受験があって、心配があったからか(息子は軽い発達障害があります)大きな子宮筋腫もあったのもあり、生理の出血が3ヶ月止まらないでいて弱ってる所に感染性胃腸炎になり食べられなくなり寝たきりに [続きを読む]
  • この一年が肝だと思う
  • 新しい年になって、仕事が始まって会社の席替えの中で、私にデスクが割り振られました。今まではノートパソコンを持ってフリースペースに座る移民族。それが定住民になりました。大きなAirMacと、引き出しもいただけました。気分転換に顔出ししてたくらいのやる気だったのに(ひどい。笑)気が引き締まる。やる気が出る。そんな中、全社員集めての社長の挨拶。出どころ不確かで色々不確かだけど、心に残った言葉を紹介されました。 [続きを読む]
  • 陽だまりに帰る
  • たまに猛烈に想像します。平野くん(またか!)あ、キンプリの平野くんが好きなんです。旦那を失った大きな大きな穴をイケメンで埋めようとしています。(『好きな人が出来ました。』)子供達を寝かしつけている時、なかなか寝なくて、こちらもイライラしちゃって…という時は思い切って瞑想します。シュチュエーション決めて妄想に没頭します。そんなある時の妄想。日曜日の朝暖かい日差しの中ソファに白T &スウェットで座って本 [続きを読む]
  • 生きているだけで素晴らしい
  • コメントで私のブログを紹介しても良いか?といただきました。(『片麻痺カッチャンの奇跡体験中!アンビリ バボー』というブログをされています。)倒れて、一命を取り留めて、障害が残ってしまった方から。「こんなに生きていることが素晴らしいと思わせてくれる作品はない」「同じように障害を抱えている自分の読者に励みになるかもしれないから」そう言ってくださいました。私はまーくんの知らせを受けた時「命があれば、生き [続きを読む]
  • 仕事へのモチベーション
  •  <質問 17>仕事(パート)には、死別後3週間ほどで復帰しました。仕事に対してのモチベーションが低すぎる状態で、そんな自分にもイヤになります。ただやり過ごしてる状況です。みなさん、仕事されてる方は、仕事中は死別前の状態にまで戻れてますか。どうしたらいいのか、と悩んでます。 by うめじゃむ   今日が仕事始めの方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?私も今日が仕事始めです。この質問をいただい [続きを読む]
  • 『セカンドハウス計画』食らいつく木下工務店
  • ↑住まない二軒目の家を実家の隣に建てようとしています。木下工務店さんの最終プレゼンを前に、完全に断るつもりで気持ちを固めていました。だって、もっと安く信頼できる見積もりが出ちゃったから。(『贅沢!『セカンドハウス計画』4社目:おうちLABO』)そもそも新築立て直しは考えたいなかったし建てたとしてもハウスメーカーは考えていませんでした。(高いから。とあんまし信用してないから。)それでも見積もりを出してく [続きを読む]
  • 死別者に対しての接し方
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーせせらぎさんはじめまして。いつも読ませていただいています。このブログにたどり着いたのは半年程前、夫に癌が見つかってからです。夫は末期癌で、余命宣告をされています。私たちには小学生の子どもが2人います。そんな中(気が早いかもですが)死別生活とはどうなんだろう、子ども達はどうなるんだろうと考えるようになりました。先日、そんな私達家族を心から心配し、助けてくれて [続きを読む]
  • また一つ前に進める言葉
  • ブログを開設してから、たくさんのコメントをいただいています。心に響いたり、泣いてしまったり、鼓舞されたり本当に励みになっています。その中でも自分の状況とか心情とかのベストタイミングでグッサリ刺さる言葉もあります。(いい意味で)という記事で沢山のコメントをいただいてその中のコメントの返信にkakoさんが書いたものです。ーーーーーーーーーー夫が突然亡くなってから、たくさんの本を読みました。人の命の長さは、 [続きを読む]
  • 死んだ相手の携帯を見るか
  •  <質問 16>旦那が旅立ってもうすぐ2ヶ月。結婚して6年。アラフォーで子無し。パート休職中です。妊活してましたが、結局授からず。旦那は海外出張も多く、遠距離の多い結婚生活でした。旦那の1年半の闘病を支え、自宅で看取りました。 突然死の方や、お子さんがいらっしゃる方の苦労に比べれば、自分は最期まで看病出来たし、子育ての苦労は無いし、まだ恵まれてるのかもしれませんがそれでも辛くて辛くて悲しくて悲しくて… [続きを読む]
  • 身をもって知る
  • けーくんはお父さんから買ってもらった最後のプレゼントの自転車を乗り回しています。安いものを一番として買ったのでブレーキはついていません。買った当初ブレーキ操作なんて無理だろ。みたいな感じだったので必要としませんでしたが、今となっては付いたものの方が良かったと思います。止める時は足を使って減速させています。実家に帰っていた時、犬の散歩をみんなでした時でした。長めの下り坂をワンコと先に行くおばあちゃん [続きを読む]
  • 「愛してる」という言葉とは
  • 「愛してる」って言葉ちょっと気持ち悪いと思っていませんか?私は思っていました。なぜあんなに外国人は「アイラブユー」を頻発するのか。愛してるなんて口にするのも小っ恥ずかしい。それでもまーくんへの気持ちを考えた時にふと出てきたんです。「愛してた。それもきっと、ものすごく」それ以外に表せない。ムカつく時もありました。離婚してやろうかと思った時も。それでも愛していたんだと思います。「あなたのことを心の底か [続きを読む]
  • 私じゃないFPの個別無料相談
  • 今回はオススメしたい情報です。友人のシェリーと話していて「誰にどこにお金の相談をすればいいか分からない。」そんな話が出ました。ちなみにシェリーは独身です。日本人です。歳も歳なので(私と同じ34歳)将来というものも考え始めているようです。将来において大事なのはまごうことなき金。金!金ダァ〜!そういう時はFPでしょ。(ファイナルシャルプランナー)ライフプランニングや資金計画を相談できるお金の専門家です。 [続きを読む]
  • 新年の、いや、人生の目標
  • 『夢ノート』の話をいつだかしました。まーくんが死んでから、生きるので精一杯でそれこそ息をするだけで精一杯で子供達を育てるだけで余裕なんてなくて日々、ただ生きることだけで精一杯でした。考えたとて『今をいかに幸せだと思って生きるか』ということ。そんな自分の気持ちがちょっぴり動いた夢ノート。掲げた夢のために、今何をしなきゃいけないかを考えるノート。ただ生きるのではなくてどうなりたいのか、何になりたいのか [続きを読む]
  • 2019年スタート
  • 明けましたね。新たな一年が。去年の年末は、実家へ逃げ帰ることもなく予定の合う友人たちと遊んだり、泊まりに来てくれたり。三人で生活している。とう感じがしました。三人の生活が柱として中心にあって、そこに友人だとか実家だとかが選択肢としてある。そういう感じ。まーくんのいない三人の生活は見たくもない!考えたくもない!と思っていたあの頃から考えたら素晴らしい進化です。年越しは、友人のシェリー(日本人)が泊ま [続きを読む]
  • 2018年を振り返って
  • 2018年最後の日です。今年はまーくんがいなくなってから、幼い息子2人とまるまる三人で過ごした年です。2018年に入る少し前から、三人で過ごす日にも耐えられる様になって来て(死後4ヶ月くらい)今年は一周忌、分骨などの死んだ後の行事もあり一年全ての季節を過ごし切ったことが出来た年でした。去年も一年を漢字で表したので今年も表してみます。『流』でしょうか。まだまだ悲しさを引きづりながらそれでも時の流れに身を任せ [続きを読む]
  • 贅沢!『セカンドハウス計画』4社目:おうちLABO
  • ↑住まない二軒目の家を実家の隣に建てようとしています。のんびり一年計画くらいで、どの施工会社にするか、どういう家にするかゆっくり楽しんで考えていこうと思っています。リノベーション会社さんの資料請求をして、話を聞きに言ったりしている最中これはこれで進めている、新築の木下工務店さんからうちにするかどうか、この日までに決めて欲しい。(契約して欲しい)と打診がありました。その時点では!?あと一週間ちょいな [続きを読む]