azukimonaca さん プロフィール

  •  
azukimonacaさん: 毎日カープ
ハンドル名azukimonaca さん
ブログタイトル毎日カープ
ブログURLhttp://www.magnolianote.com/
サイト紹介文カープと野球がいつのまにか生活の中に。カープや野球を通して日々感じたこと見つけたことをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 65日(平均4.5回/週) - 参加 2017/10/14 21:02

azukimonaca さんのブログ記事

  • こんなところに広島ファンが
  • 10月16日の記事で、泣きながら「カープがいかにすばらしいか」を語っていた久米宏さんの元同僚の話をご紹介しましたが、野球ファンというと、ときどき思い出す光景があります。もう何年も前、会社帰りに、神宮球場にヤクルト阪神戦を観に出かけたときのことです。そのころの阪神は5位か6位が定位置で、季節も9月、シーズンも終わろうとしているときでした。その日も阪神は試合に敗れ、選手がグラウンドから引き上げ始めたときのこ [続きを読む]
  • 各球団ホームページにあるもの・ないもの
  • ある調べものがあって、12球団の公式サイトをざざざっと見ていたら……ちょっと意外なことを発見しました。球団の歴史を紹介したページがあったのは、12球団中、9つでした。ページがなかったのは、次の3つでした。一つはなんと、広島東洋カープ。戦後、市民球団として誕生した歴史がてっきりそこに刻まれているかと思いきや、とくに見あたりませんでした。でも、合併や譲渡があったわけでなく、日本で唯一の市民球団として始まり今 [続きを読む]
  • 野茂英雄とドジャースのこと
  • 前回の記事でも書いた、野茂英雄さんがメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースに入団した一年目を記録したドキュメンタリー番組、「大リーガー 野茂英雄」(1995年、NHK)。今では、日本のプロ野球選手がメジャーに移籍するのは珍しいことではなくなってきているけれど、それでも、新しい環境で仕事や生活をするのはやさしいことではないはず(もちろん喜びも大きいはず)。当時、ドジャースの監督だったラソーダさんの父親は、 [続きを読む]
  • 速い球を投げるにはどうしたらいいか?……野茂と菅野
  • 先日、ニュースで、福岡ソフトバンクホークスの選手が地元の小学校を訪問して、子どもたちと交流している様子が流れていました。そのとき、ある男の子が「どうしたら遠くまで飛ばせるようになりますか?」と質問。柳田悠岐がなんと答えるか、興味津々で聞いていました。というのも、今年のオールスターのとき、登板が終わったあと放送席に招かれた読売ジャイアンツの菅野智之が、「どうしたら速い球を投げることができますか?」と [続きを読む]
  • 判定するのは誰?……アスリートファーストで行こう
  • 富士通が、AI(人工知能)を使った体操競技の採点を支援するシステムの開発を進めているそうです。2020年の東京オリンピックでの使用を目指しているとのこと。(詳しくはこちらを)年々、体操の技が高度になってきて、審判(つまり、ひと)の肉眼で正確な判定をするのが難しくなっている現状を踏まえ、判定を公平なものに近づけたいという意図があるようです。たしかに、白井健三さんのひねり技はいったい何が起こっているのかとい [続きを読む]
  • 野村祐輔に黒田博樹を見た2017年
  • シーズンオフは、地元・広島で選手によるトークショーも数々行われているようですね。こうしたイベントって、他球団でも行われているのでしょうか?(ファン感謝デーなどは行われていると思うのですが)私の住んでいるエリアではあんまり聞かないので(知らないだけのことかもしれませんが)、地元のファンとの距離が近いのかな?と、カープならではのものを感じてしまいます。11月26日に広島駅ビルにて行われたという、野村祐輔と [続きを読む]
  • スランプの原因とはいったい何か?
  • 11月19日、TBSの報道番組「サンデーモーニング」のスポーツコーナーにて。女子スピードスケートの小平奈緒さんが、現在、500m種目において、W杯で15連勝、公式戦では20連勝と、好調なレースを続けているそうです。そんな小平さんに、御意見番の張元勲さんが「あっぱれ!」をあげていました。これだけ好調を続けているということ、スランプがないということは素晴らしい、と。よっぽど環境がいいとか、体調管理がしっかりしていると [続きを読む]
  • アドレス変更のお知らせ
  • このたび、「毎日カープ」のアドレスが変わりました。これまでのアドレスから自動的に転送されていて、記事はそのままご覧いただけるようになっていますが、お知らせいたします。新しいアドレスは、こちらになります。http://www.magnolianote.comこれからもどうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 広島テレビのアナウンサーが追い続けた黒田博樹
  • 黒田博樹が自らのたどってきた野球人生を綴った1冊目の本、『決めて断つ』(ベストセラーズ)。中学・高校から大学時代、プロ野球選手となってカープのエースとなり、メジャーリーグへ移籍、そして日本球界に復帰……黒田がそのつど、それぞれの環境の中で、どんなことを考えながら成長してきたかが絵巻物のように展開して見える、骨太な(地に足ついた)本です。この本を読むと、野球やカープのファンでない方でも、たいていの人 [続きを読む]
  • カピバラと温泉
  • カープ恒例の、シーズン中の疲れを癒すリハビリキャンプ。今年も11月16日から20日まで、大分県由布市の湯布院町にて行われているようですね。今年の参加者は、新井さん、石原、松山、會澤、田中、菊池、野村、大瀬良、九里、中田、今村、一岡、中崎、岡田の14名(新井さんは講演会のため一日遅れて参加)。シーズンを戦い抜いたメンバーたちが温泉につかっているの図は、ユニフォーム姿とはまた違ったリラックス感が湯けむりととも [続きを読む]
  • カピバラと温泉
  • カープ恒例の、シーズン中の疲れを癒すリハビリキャンプ。今年も11月16日から20日まで、大分県由布市の湯布院町にて行われているようですね。今年の参加者は、新井さん、石原、松山、會澤、田中、菊池、野村、大瀬良、九里、中田、今村、一岡、中崎、岡田の14名(新井さんは講演会のため一日遅れて参加)。シーズンを戦い抜いたメンバーたちが温泉につかっているの図は、ユニフォーム姿とはまた違ったリラックス感が湯けむりととも [続きを読む]
  • 日本と韓国のプロ野球、こんな違いを発見!
  • 11月16日、「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」の日本代表 対 韓国代表戦。24歳以下または入団3年目以内の選手が選ばれているということで、オールスター若手版のような楽しみも感じました。この日の先発メンバーだけを見てみると……12球団のうち一番多いのが、広島、西武、ソフトバンクからの2名ずつ。もちろん、この一面だけを見てすべてを語ることはできませんが、若手の勢いのあるチームが浮かび上がって見えてくるよ [続きを読む]
  • 日本と韓国のプロ野球、こんな違いを発見!
  • 11月16日、「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」の日本代表 対 韓国代表戦。24歳以下または入団3年目以内の選手が選ばれているということで、オールスター若手版のような楽しみも感じました。この日の先発メンバーだけを見てみると……12球団のうち一番多いのが、広島、西武、ソフトバンクからの2名ずつ。もちろんこの一面だけを見てすべてを語ることはできませんが、若手の勢いのあるチームが浮かび上がって見えてくるよう [続きを読む]
  • バレンタイン監督は言っていた
  • ボビー・バレンタインがロッテの監督だった2005年。日本シリーズに優勝して、アジアシリーズ(アジアのクラブチームのチャンピオン決定戦)に出場することになったとき、「(通常のシーズンが終わった季節になっても)こんなに長く野球ができることを喜びに感じて闘おう」と選手に話していました。野球を心から楽しんでいる感じがして、それがまさしくバレンタインがロッテで魅せてくれていた野球と重なって、とても素敵だなと思っ [続きを読む]
  • バレンタイン監督は言っていた
  • ボビー・バレンタインが千葉ロッテマリーンズの監督だった2005年。日本シリーズに優勝して、アジアシリーズ(アジアのクラブチームのチャンピオン決定戦)に出場することになったとき、「(通常のシーズンが終わった季節になっても)こんなに長く野球ができることを喜びに感じて闘おう」と選手たちに話していました。野球を心から楽しんでいる感じがして、それがまさしくバレンタイン監督がロッテで魅せてくれていた野球と重なって [続きを読む]
  • 野外スタジアムの空気はやっぱりいい
  • 11月1日、日本シリーズ第4戦。TBSのテレビ中継のゲストが黒田という情報は入手していましたが、当日、新井もゲスト出演と知る。この日、二人のかけあいは見られませんでしたが(そういう席ではありませんでしたが)、新井さんのコメントが、ヒーローインタビューの時のようにナチュラルで、すっと声が届いて、聞いていて気持ちよかったです。と、黒田&新井のゴールデンコンビの解説もカープファンとして楽しみでしたが、横浜の濱 [続きを読む]
  • 野外スタジアムの空気はやっぱりいい
  • 11月1日、日本シリーズ第4戦。TBSのテレビ中継のゲストが黒田博樹という情報は入手していましたが、当日、新井貴浩もゲスト出演と知る。この日、二人のかけあいは見られませんでしたが(そういう席ではありませんでしたが)、新井さんのコメントが、ヒーローインタビューの時のようにナチュラルで、すっと声が届いて、聞いていて気持ちよかったです。と、黒田&新井のゴールデンコンビの解説もカープファンとして楽しみでしたが、 [続きを読む]
  • ドラフトで思い出した名言
  • 今年のドラフトの目玉は、早実の清宮君のようでしたが、9月22日、プロ志望を表明した会見での「自分を厳しく指導してくれて、成長させてくれる球団に行きたい」という言葉には違和感を覚えました。そのとき、豊田泰光さん(1935〜2016、西鉄ライオンズで活躍し、引退後、野球解説者をつとめる)の言葉をふっと思い出したのでした。かつて、豊田さんが『日本経済新聞』のスポーツ欄で連載していたコラム「チェンジアップ」は、野球 [続きを読む]
  • ドラフトで思い出した豊田泰光さんの名言
  • 今年のドラフトの目玉は、早稲田実業の清宮幸太郎君のようでしたが、9月22日、プロ志望を表明した会見での「自分を厳しく指導してくれて、成長させてくれる球団に行きたい」という言葉には違和感を覚えました。そのとき、豊田泰光さん(1935〜2016、西鉄ライオンズで活躍し、引退後、野球解説者をつとめる)の言葉をふっと思い出したのでした。かつて、豊田さんが『日本経済新聞』のスポーツ欄で連載していたコラム「チェンジアッ [続きを読む]
  • 中村くんと新井さん
  • これまでニュースではたびたび目にしていたドラフト会議。中継を見たのは昨年が初めて。これもカープを応援するようになって、プロ野球を見るのを楽しむようになったからですね。それにしても、ハム(はい、えのきどいちろうさんをまねて、こう愛称してます)のくじ運の強さは、こわいくらい。もはや伝統芸能か。カープの一位指名が決まったとき、緊張した面持ちの広陵高校・中村奨成君が、ふっと柔らかい表情になって、「地元チー [続きを読む]
  • 中村くんと新井さん …… 選手の呼び方考
  • これまでニュースではたびたび目にしていたドラフト会議。テレビ中継を見たのは昨年が初めてでした。これもカープを応援するようになって、プロ野球を見るのを楽しむようになったからですね。それにしても、ハム(はい、えのきどいちろうさんをまねて、こう愛称してます)のくじ運の強さは、こわいくらい。もはや伝統芸能か。カープの一位指名が決まったとき、緊張した面持ちの広陵高校・中村奨成君が、ふっと柔らかい表情になって [続きを読む]
  • サヨウナラ〜。
  • 10月24日、横浜DeNAベイスターズとのCS第5戦。この日の横浜は、昨日の今永昇太に続き、中継ぎにまたしても先発陣の柱、濱口遥大が登場。ちょっとこれなに、オールスター? 豪華だ。かたや広島の継投。野村祐輔の後を受けた大瀬良大地は打たれていたので1イニングで終わりかと思っていたら、続投。ラミレス監督なら交代を告げそう。いつの間にかラミレスが采配の物差しになっている。ラミレス・スタンダードと呼びたい。選手の力量 [続きを読む]
  • サヨウナラ〜。
  • 10月24日、横浜とのCS第5戦。この日の横浜は、昨日の今永に続き、中継ぎに濱口が登場。ちょっとこれなに、オールスター? 豪華だ。かたや広島の継投。野村の後を受けた大瀬良は打たれていたので1イニングで終わりと思っていたら、続投。ラミレスなら交代を告げそう。いつの間にかラミレスが采配の物差しに。ラミレス・スタンダードと呼びたい。選手の力量がもちろん基本(プロですもの、大人ですもの)。でも、その力量をさらに引 [続きを読む]
  • ラミレスの采配見ていて考えた(一句)
  • 10月23日、横浜とのCS第4戦。この日も横浜・ラミレス監督の采配がことごとくはまり、7回に今永が出てきたときには驚きました。しかも8回も続投。初めての中継ぎ、期待に応えていて見事でした。今永の、投球前のゆらがない体幹、毎回見ていて気持ちがいいです。一方カープは、藪田の次は、雨で先発の流れた大瀬良がロングリリーフかと思いきや、九里が登場。シーズン中、何度も見た光景。代打もしかりで、なぜこのタイミングでこの [続きを読む]
  • ラミレスの采配見ていて考えた(一句)
  • 10月23日、横浜DeNAベイスターズとのCS第4戦。この日も横浜はアレックス・ラミレス監督の采配がことごとくはまり、7回に、レギュラーシーズンで先発ローテーションの一角をになってきた今永昇太が出てきたときには驚きました。しかも、8回も続投。初めての中継ぎ登板、期待に応えていて見事でした。今永の、投球前のゆらがない体幹、毎回見ていて気持ちがいいです。一方カープは、薮田和樹の次は、雨で先発の流れた大瀬良大地がロ [続きを読む]