よつば さん プロフィール

  •  
よつばさん: ♪。☆*☆yotsuba's music room☆*☆。♪
ハンドル名よつば さん
ブログタイトル♪。☆*☆yotsuba's music room☆*☆。♪
ブログURLhttps://ameblo.jp/2014-yotsuba/
サイト紹介文辻調を卒業して現在は大阪芸術大学通信教育部音楽学科で勉強中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2017/10/14 21:27

よつば さんのブログ記事

  • 2018/11/10 美輪明宏の世界〜愛の大売り出し2018〜梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
  • 紅白歌合戦での「ヨイトマケの唄」以来、是非一度は生で演奏を聴きたいと思っていた、美輪明宏さんのコンサートにようやく行ってきました!!! 発言される言葉ひとつひとつに説得力や重みがあって、もう本当に神様として崇めたい(いや、むしろ崇めてます)くらい大好きです。 そしてお若い頃の美輪明宏さん(当時まだ丸山明宏さん)って超絶美人なんですよ。初めて見た時はびっくりしました。オーラがある人って、こういう人のこと [続きを読む]
  • 日本舞踊が面白くて楽しくてしょうがない
  • まさか23歳にして日本舞踊をやり始めるだなんて思ってもみなかったです。 なんか月謝がかなりお高いイメージですが、しっかり探せばお安く習えるところもありました。 あれなんですよ、私、めっちゃ運動音痴だし、体も硬いんです。クラシックバレエとかそういうの宝塚の影響で興味はあってもずっと渋っていたのですが、でも声楽レッスンの為にももっと体の柔軟性を養いたいなあと思って。 体験レッスンに2件参加しましたが、大 [続きを読む]
  • 10月22日 中也忌 −中原中也−
  • “ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん” 一度聞いたら忘れられないフレーズ。それこそ、Eテレの「にほんごであそぼ」で知って以来、中原中也と言えばこれ、みたいになりましたね。 あと、個人的に「汚れつちまつた悲しみに……」は、映画「闇の子供たち」の世界観にぴったりな気がするんですが…これって私だけ?? https://www.aozora.gr.jp/cards/000026/files/894_28272.html サーカス『山羊の歌』より 幾時代かがありまして  [続きを読む]
  • 2018/10/14 映画「日日是好日」
  • 天王寺では上映していないので、なんばまで行きました。 観ました。そして泣きました。 http://www.nichinichimovie.jp/ すごくいい作品でした。樹木さん始め、役者さんたちそれぞれがとてもいい演技だったし、原作をあまり削り過ぎず、かつ時間内に収めていて、とくに黒木華さんの役づくり(主人公の心情の変化の様子)がきっちりとなされていて、さすが、樹木さんが評価した若手女優さんだなあと感じました。樹木さんのセリフで [続きを読む]
  • 私がモーニング娘。及びHello! Projectを好きな理由
  • 思いが熱烈過ぎて長文になってしまった件。 つんく♂さん自身がアーティストであるので、彼は自分のプロデュースしているアイドルたちに口パクは認めていない。下手でも歌わされるのがハロプロ。(但し、道重さゆみに限っては、あまりにも下手すぎるのか彼女の歌割にperfumeのような加工がされているのはファンには周知の事実である)そして近年ではフォーメーションダンスとして話題を呼ぶようになってきた。ライブでも感じたが、 [続きを読む]
  • 素晴らしき目の正月
  • そういえば人生で初めて、自分の部屋の壁にカレンダー以外のものを貼った気がする。 なんか
    この前の月組公演の時にQuatre Revesで思わず買って帰ってしまったんです…。 (轟悠クリアポスタ
    ー【A】/月組「長崎しぐれ坂」「カルーセル輪舞曲(ロンド)」)https://shop.tca-pictures.net/tcaonlinesho
    p/goods/index.html?ggcd=0401455114708&_ga=2.138609523.1325900616.1538792660-1275286553.1538792660 壁に一切ポスター類は [続きを読む]
  • 宝塚友の会!!!
  • ずっと、阪急友の会と宝塚友の会が同じものだと勘違いしていました(◎_◎;) 阪急友の会のほうはあくまでも阪急百貨店がやっているやつで、宝塚の公演も招待してくれるんですが、他にもお食事券みたいなのとか阪急百貨店で使える商品券だとか…もらえるらしいんですけど…ゴメン、正直言ってそっちは要らねぇんだよ…。 しかもあれなんですよ、阪急友の会は毎月5千円払うコースと1万円払うコースがあるのに対して、宝塚友の会はと [続きを読む]
  • イシさん(轟悠さん)は私にとってロールモデル。
  • イシさんが好き。大好き。言葉でどう言い表していいのかわからないくらい、とにかく大好き。 公演に向けてのインタビュー映像を見ていると、イシさんの言葉の発し方、言葉遣い、姿勢、佇まい…どの角度から見ても惚れ惚れするくらいに美しい。その美しさは、ただの見せかけのとってつけたような礼儀正しさや気品じゃなくて、内側から、内面から自然と滲み出てくるものだと、画面越しからでも伝わってくるんです。それこそ、ただ者 [続きを読む]
  • 2018/09/23 坊っちゃん劇場ミュージカル「よろこびのうた」
  • なんか知らんけど最近観劇ばっかりしております。舞台大好き過ぎます。何と言いますか、舞台のいろいろな部分、いろいろな要素、ひとつひとつが好きです。 田舎のこじんまりとした劇場ではありますが、出演されている劇団員は「わらび座」という、きっちりとした劇団の方々です。 ここの劇団の役者さんたちは、自分の与えられた役にしっかりと向き合っていて、その役になりきるというよりも、むしろその役=人自身になっているん [続きを読む]
  • 2018/09/17 太陽の塔 −あべのハルカス美術館−
  • 行ってきました!あべのハルカス美術館で開催中の太陽の塔!https://www.aham.jp/ 太陽の塔自体は今年から内部公開も始まって、人気再沸騰中。 展覧会は撮影OKでした。 夕方に行ったので、行列はなかったですが、中に入るとけっこうたくさんの人がいました。 何と言いますか…独特の世界観…。 岡本太郎って言ったら、それこそ、「芸術は爆発だ」しか知らないのですが、描いている絵から一目で分かるように、パブロ・ピカ [続きを読む]
  • 9月21日 賢治忌 −宮沢賢治−
  • 小学生の時にEテレの「にほんごであそぼ」の番組内で、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を初めて知りましたが、この詩を知った当時は、詩の内容を見ながら『こんな人現実にいるわけがない』と思いました(笑)後に知りましたが、彼は法華経を信仰していて、その背景を知ると、ああなるほどなとこの詩が理解できました。 宮沢賢治 雨ニモマケズ 青空文庫https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/45630_23908.html 皆に「デクノボー [続きを読む]
  • 今度の三連休は地元で観劇
  • 地元・愛媛に帰って是非観てみたいミュージカルが絶賛上演中なのです 愛媛の人ならご存知、東温市見奈良にある、坊っちゃん劇場。http://www.botchan.co.jp/ 坊っちゃん劇場は、四国や瀬戸内圏の歴史・伝統・文化や人物を題材としたミュージカルを自主制作し、1年間上演する日本で唯一の劇場。 そんな坊っちゃん劇場が今年上演するのは、今からちょうど100年前の1918年6月1日、徳島県鳴門市大麻町(当時の板野郡板東町)において、 [続きを読む]
  • 明日は糸瓜忌なので、
  • 愛媛県民ならば、馴染み深い人、松山市出身・正岡子規。http://www.nhk.or.jp/kokugo/10min_gendaibun/?das_id=D0005150046_00000 Eテレの10min.ボックスでも、正岡子規が取り上げられています。 夏目漱石とも親交が深く、(夏目漱石が正岡子規というタイトルで彼のことを延々と書いているぐらいに)https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/1751_6496.htmlそして正岡子規といえば大の野球好き。野球を題材とした短歌、俳句を数 [続きを読む]
  • 三島由紀夫「仮面の告白」
  • 太宰治の「人間失格」と三島由紀夫の「仮面の告白」が、類似している部分が多いと聞いたので、果たしてどんなものなのだろうと興味深く読み始めてみたら、いきなり最初の文章で大笑いしてしまった。 永いあいだ、私は自分が生れたときの光景を見たことがあると言い張っていた。それを言い出すたびに大人たちは笑い、しまいには自分がからかわれているのかと思って、この蒼ざめた子供らしくない子供の顔を、かるい憎しみの色さした [続きを読む]
  • 樹木希林さん
  • 人間って、いずれは必ず亡くなるものだけど、悲しいものはやっぱり悲しいですね。 もっと彼女の演技が見たかったのに…。 亡くなるまでに共演できた俳優さんは幸せ者ですよ。 映画館でいろんな意味で泣きそうだなあ…。 ご冥福をお祈りします。 *:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★**:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;; [続きを読む]
  • 和声は面白い。
  • 和声を作曲家の先生に習うようになってから、和声法のスクーリングの大変さが嘘だったかのように和声がだいぶ分かるようになりました。(と言ってもまだまだ序の口ですが。) 赤本和声↓の85ページ、つまり属9の和音まで到達しました。 和声―理論と実習 (1)3,024円Amazon あれですよ、和声法Ⅰのスクーリングでは習わなかった範囲ですよ。 おそらく和声法Ⅱで扱うのではと思われる範囲ですよ。 先生にマンツーマンでご指導いただく [続きを読む]
  • 10月から半年間休学することにします。
  • 芸大生活3年目にしてレポート課題が全く進んでおらず、忸怩たる思いでございます。 辞めはしません、休学です。 この間になんとしてでも進めなくてはなりません。 勿論休学中は課題提出できないので、復学後、早速提出できるようにしたいです。 取り敢えずまず一つは仕上がりました。この調子でどんどん仕上げなくては。 この半年間が勝負!!! *:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:* [続きを読む]
  • 気になる映画化作品 −日日是好日−
  • ある日、書店で物見遊山をしていたら、この本が目に留まった。 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)594円Amazon 森下典子さんの自伝エッセイを、今秋、映画化するという。 好きな女優さんのひとりである樹木希林さんが出演されるというので、是非見に行きたい。 一晩で読み終えました。 お茶を習ったことはないけれど、自分の身の回りの出来事に置き換えると、あぁ、なるほどなーと思えるシーンが何度 [続きを読む]
  • 和声法よりもレポート課題のほうが難しく感じる今日この頃
  • 和声法は、自力で問題を解くのに限界を感じ、クラシックの作曲の先生に和声を習いに行くようになってからというもの、スクーリングであれほど頭を悩ませていたのが?のように分かり易いものになった。 和声はある意味数学と似たところがあって、答えがハッキリしている。 正しいものは正しいし、間違っているものはどうあがいても間違っている。和声は白黒ハッキリしていて、分かり易い。難しいけれど分かり易い。なんか矛盾した表 [続きを読む]