shinoD さん プロフィール

  •  
shinoDさん: ベルトが短し、歩けよ乙女。
ハンドル名shinoD さん
ブログタイトルベルトが短し、歩けよ乙女。
ブログURLhttp://shinodism.hatenablog.com/
サイト紹介文とある京大院生の日常です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 54日(平均1.0回/週) - 参加 2017/10/15 13:43

shinoD さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 会うために自然な口実ってありますか?
  • どうも、shinoD(@yuzuboy1101)です。今日もお題に答えて行きます。ってことで今日のお題はこちらです。Q.会うための自然な口実ってありますか。A.なるほど、「口実」そのものがもう作為的なものだよね。ちょっと男か女かわからないので、仮に相談者が女の子だとしますね。もっと具体的に新垣結衣から相談が来たという設定で応えていこうと思います。まず、好きな人に恋愛相談と偽って、LINEでやり取りして見ては如 [続きを読む]
  • 気になる人と好きな人の違いはなんですか?
  • どうも、shinoDです。Twitterの何が面白いって、個人がラジオ局持ってるような感覚が楽しいんだよね。しかも、最近Sarahahみたいなお題箱のおかげで、ネタにも困らない感じがもうラジオのそれ。っつーことで、またまたリスナーからのお便りが届いてます。Q.気になる人と好きな人の違いは何ですか?A."気になる人"とは、その人のことが気になるのはもちろんのこと、自分がその人からどう思われているのかも気になる人 [続きを読む]
  • 自分の好きな人に好きな人がいるとき、どうする?
  • どうも、shinoDです。もうなんかすげえガチな質問が届いて見たんで、応えて見ました。もうなんというか、最近修論で物理のことばっかやってるんですけど、修論こういう系にシフトしたさしかない。ということで、質問はこれです。Q.自分の好きな人に好きな人がいるとき、それでも恋人になりたいと願うか。相手の恋が叶うことを願うか。どちらが本当の恋ですか?また、あなたならどちらを選びますか?いやあ、すげえボリュ [続きを読む]
  • 大学生のキャパについて
  • どうも、shinoDです。Sarahahでお題募集したところ、「大学生のキャパについて」って言われたので、リクエストにお答えします。よくTwitterで「詰んだ」「キャパオーバー」ってツイート見かけますよね。ってことで、大学生が陥りがちな2種類のキャパオーバーについてササッと説明したいと思います。まず1つ目は、保存領域の問題です。どういうことかというと、慢性的に課題を抱え込んで、空き容量がゼロになってしまう状態 [続きを読む]
  • 恋愛質問に対して140文字ピッタリでマジレスする企画。
  • どうもどうも、shinoDです。最近Sarahahって流行ってますよね。自分もSarahahで質問募集したところ、面白い質問がめっちゃ届いてるので、一つずつピッタリ140文字で返しています。せっかく書いたし、こっちでも共有しようと思います。一部抜粋します。Q.「ごめん、友達としか見られない」とフラれてしまいました。どうしたらいいでしょうか。人間として見られているだけマシだと思いますが、そもそも友達としてしか見られて [続きを読む]
  • 承認欲求という怪物
  • 「深淵を覗くとき、深淵もこちらを覗いているのだ。」 by フリードリヒ・ニーチェニーチェの言葉が好きすぎてたまらない。別に哲学好きの気取った男を演じてるわけではない。すげえ昔の言葉なのに、現代に通じてるというこの普遍めいた感じが好きなのだ。まあ好きっつってもギャルには全然劣るレベルの好き。もう何ならただただ"深淵"って言葉が厨二心をくすぐりすぎてヤバイ。地下鉄のプラットフォームのトン [続きを読む]
  • 最強の生態系について考えてみた。
  • 最強の生態系。当方25歳。此の期に及んで、もうすぐ齢を+1更新しようとしている成長市場の老舗ベンチャー。そんな自分ですら、二十歳前後の新規の女性と仲良くなりたくなる新規市場の開拓、つまりブルーオーシャンという大海原に舵を切りたくなるフェーズが定期的に訪れる。そんな人のために用意された社会のサービスエリアがキャバクラだと思うわけだが、新規開拓のそれを目的として、キャバクラに頼り、会話ごときで金銭的 [続きを読む]
  • 最強に生態系について考えてみた。
  • 最強の生態系。当方25歳。此の期に及んで、もうすぐ齢を+1更新しようとしている成長市場の老舗ベンチャー。そんな自分ですら、二十歳前後の新規の女性と仲良くなりたくなる新規市場の開拓、つまりブルーオーシャンという大海原に舵を切りたくなるフェーズが定期的に訪れる。そんな人のために用意された社会のサービスエリアがキャバクラだと思うわけだが、新規開拓のそれを目的として、キャバクラに頼り、会話ごときで金銭的 [続きを読む]
  • 過去の記事 …