ラーテル46 さん プロフィール

  •  
ラーテル46さん: 11人の群れ
ハンドル名ラーテル46 さん
ブログタイトル11人の群れ
ブログURLhttps://www.j-football-e.net/
サイト紹介文サッカーニュース、戦術論から雑記まで。様々なテーマを取り上げていきます!
自由文日本サッカー界もっとを盛り上げていきたい!ニュースも戦術論も雑記も、様々なテーマを取り上げていきます!
サッカーは人生を変える。サッカーは世界を変える!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 280日(平均5.8回/週) - 参加 2017/10/15 21:07

ラーテル46 さんのブログ記事

  • Jリーグ後半戦のキックオフ時間が分からなければ観戦予定も立てられない!
  • W杯は終わった…長かったW杯による中断期間も終わり、7月18日のナイトマッチで一斉にJ1リーグが再開した。W杯があろうとなかろうと中断期間のないJ2リーグとJ3リーグを観戦していたサッカーファンも多いのかも知れないが、それでも日本のトップカテゴリーであるJ1リーグが「稼働」していると、そこで生まれる熱量の大きさを改めて実感させられる。「日本代表だけがサッカーじゃない。Jリーグも応援しよう!」は実現しているのか? [続きを読む]
  • みちのくサッカー紀行1日目「JFLに観衆111人!八戸で実感した祭りの本質」
  • 急遽1日早く東北へ日本全国が猛暑に喘ぐ中、快晴の八戸には時折涼しい爽やかな風が吹いていた。盛岡に暮らす叔母を訪ねがてら週末のJ3リーグを2試合観戦する計画を立てたのは今シーズンが開幕して直ぐの頃だったと思うが、このブログにもリンクを貼っている「フットボールカレンダー」を新たに制作する段階になって、3連休の初日に八戸でJFLが観戦出来ることに気づき、急遽1日早く東北へ行くことにした。みちのくサッカー紀行2日目 [続きを読む]
  • 日本サッカーの未来は下位カテゴリーの「興行化」にかかっている!?
  • 「興行」か「昇降格機関」か 「興行」なのか「昇降格機関」なのか。日本のサッカーカルチャーがより深みをもったものにしていけるかどうかは、この2つの要素のうち、どちらにより重きを置いたリーグ戦運営が出来るかに掛かっている気がする。と書いても、かなり独り善がりな言い分だと自覚しているので、少しだけ補足すると「興行」とはそこに関心を持った人々を「顧客」として迎え入れ、リーグ戦の行われるスタジアムを中心に、そ [続きを読む]
  • サッカー旅行のお供は「フットボールカレンダー」で決まり!?
  • J1中断期間に「サッカー旅行」三昧W杯イヤーである今シーズンは、J1リーグがW杯開催期間に合わせて2カ月間中断していたことで、柏レイソルの試合日程を気にしなくて良くなった私は、週末を地方のサッカー観戦旅行に充てることが多かった。金沢から松本を巡った北信越の旅、前橋でナイターを観戦しそのまま宇都宮へ車で移動した北関東の旅、女川と石巻で海の幸とサッカーを堪能した宮城県牡鹿の旅、そしていよいよJ1リーグが再開す [続きを読む]
  • W杯ロシア大会 日本代表ベスト16進出!独断で中間トピックスを発表!
  • いよいよ決勝トーナメントW杯ロシア大会もグループステージ全試合の日程が終了し、いよいよここからはノックダウン方式の決勝トーナメントに突入する。2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めた日本代表については「肉を斬らせて骨を断つ」戦法を取った。決勝トーナメント進出にこだわったその戦い方に様々な意見が飛び交っているが、この先も日本代表のロシアでの戦いは続いていくのであって、その道中にある時点で、彼らの [続きを読む]
  • 【総体東京代表決定戦】駒沢第二に在日コリアンサッカーの希望が見えた
  • 6.23 駒沢第二 関東一高VS東京朝鮮6月23日 駒沢公園第二球技場には歴史的瞬間を目撃しようと、スタンドが立見になってしまうほどの人々が集まっていた。行われていた試合はインターハイ東京都予選の準決勝。東京では2チームに出場資格が与えられるので、この準決勝が実質的な東京都代表決定戦となる。対戦カードは「関東一高 VS 東京朝鮮」ここ数年、正月の高校選手権でもすっかり常連となりつつある強豪関東一高に、準々決勝で [続きを読む]
  • 一平くん(愛媛FC熱烈サポーター)ロシアW杯で世界の人々に発見される
  • ロシアへ渡った一平くんロシアを舞台とする日本代表チームの活躍とともに、愛すべき「Jリーグサポーター」が世界の人々を少々困惑させながらも、1つのトピックスとして話題を振りまいているようだ。彼の名前は一平くん。Jリーグを良く見ているサッカーファンにとってはすっかりお馴染みとなっている「カエルくん」だ。多くのJリーグクラブマスコットが何らかの動物をデフォルメした容姿をしていたり(動物がモチーフにされていない [続きを読む]