いぬ さん プロフィール

  •  
いぬさん: 50になってもお勉強
ハンドル名いぬ さん
ブログタイトル50になってもお勉強
ブログURLhttp://study-ar50.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文IT関連資格検定中心の学習記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 182日(平均2.4回/週) - 参加 2017/10/16 15:13

いぬ さんのブログ記事

  • 平成30年度春期SG受験してきました
  • 一夜漬けぐらいしておこうかと本屋で参考書めくってみるも、買う程のことは書いてありません。午前の過去問を20問ぐらいやってみてわからない問題は出てこないのでこのまま行こうと昨日はさっさと寝て今日受験してきました。【午前】いきなり1問目「J-CRAT」からわかりません。名前から類推してアかエなんでしょうけど、支援士の講習で読んだような内閣官房の設置機関の名前はたしか違うような気が(後で調べたらNISC)、というわ [続きを読む]
  • 財務・会計答練②
  • 今日の答練は、キャッシュフロー計算書・NPV・デシジョンツリーという予告がありました。事前準備は全くやっていませんで、本気で今日は休もうかと思ってましたが、お金払ってるしアドバイス添削の気まずい時間は覚悟しつつ講義だけでも聞いて帰ろうと思い受けてきました。設問と配点見ただけでこれはひどいことになったとしか思えませんでした。添削してくださった講師の先生に申し訳なく・・。P/L:読める、書けるB/S:読める、 [続きを読む]
  • 組織・人事答練②
  • 模試では合格点貰っていた事例1の答練でしたが、風邪をひいたせいか事例分も設問も何度読んでも全然頭に入ってきません。一日4事例の本試験では体調管理と体力維持も大事になることでしょう。配られた模範解答を読めば、「ああ、そうだよね」という感想しかないという普段通りかそれ以下の出来。字数が多かったのとひねった表現の設問に惑わされたこともあり、設問分の見落としも一か所ありました。この受験校での回答はだいたい [続きを読む]
  • 生産・技術答練②
  • そういえばという感じですがはやいもので答練二周目なので各事例最終となるわけですね。模試で上手く書けなかった資材管理のキーワードなど整理しながら過去問の解答例眺めるぐらいしか準備はできませんでした。いやいや、なかなか60点が貰えません。40文字SWOTで点数があまりもらえず、模試でもそうだったのですが切り口明確にしていないからということらしいです。「市場」「技術」「営業」など、○○面、という言葉の好みはとも [続きを読む]
  • 中小企業経営・政策の学習方針
  • 本試験でも最後の7科目、単純に覚えるだけなので得点源になりやすいとか暗記科目なので直前から始めた方がよいとかの聞きかじった知識のみ、参考書は買ってみたけど直前になればなったでやる時間もなく、ほぼまっさらな状態で受けた昨年は36点でした。テキスト読んで覚えるのはかなりつらい作業です。問題どんどん解いて解説読んでく方が良さそうですが、白書の内容は毎年変わるので過去問チャレンジもどうかと思い、迷った挙句 [続きを読む]
  • マーケティング・流通答練②
  • 模試の採点で?一週休み、講義再開しました。復習やらなきゃなーと思いつつほとんど出来ず、予習的な学習も過去問読んで解答方針考えてから解法のステップを読んでいく、というのを2年分やったぐらいでした。問題の難易度は段階的に上がっていくもののようで、点数は前回とあまり変わらず。自分の出来た感と採点基準に乖離はありませんので、対策の仕方はまだまだあるのでしょう。大きく失点したのは、戦略についてのレイヤーを間 [続きを読む]
  • 模擬試験の添削結果
  • 添削の内容は通学時のものとブレは無く、だいたい予想した通りの内容です。点数は平均点の前後、60点貰えたものもありましたがそこから出たり入ったりで総合240点ちょうど、順位は真ん中ぐらいでした。【事例1】与件文から拾いきれなかったものが一つ二つあったこと(加点できず)、字数を埋めるために与件との関係性が不明なものを書いてしまったことが一つ(減点)ありましたが全体的には良く出来たと思います。現段階では [続きを読む]
  • 診断士二次試験模試
  • 財務会計の計算問題ぐらいは事前にやっておこうとは思ってたのですが、突発的な仕事などで忙しくしておりさっぱりできませんでした。どうせ今の時点で出来ることしか出来ないし、模擬試験は受けてきました。おじさん多いです。全員スーツ姿ならまた印象違うんでしょうけど、私服のおじさんが集団になるとどうしてこんなしょぼくれた雰囲気になってしまうんでしょう。私もその中の一員ですが、私だけでなく80分の問題を一日4本って [続きを読む]
  • 財務・会計答練
  • 毎回講義の最後に行う計算問題の演習はサクサク解けていたのでまあ大丈夫か程度でたいした準備もなく望んだ答練は計算ミスも多く散々の出来でした。足切りの点数となってしまいます。事前に経営比率分析・損益分岐点分析・セグメント別の問題ですよとアナウンスあってこの出来は正直へこみます。今の段階でミスが無くても+10点から+15点程度だと思ってますのでそれでも合格点に足りない平均点前後になりますね。来週の模試は [続きを読む]
  • 組織・人事答練
  • 苦手意識が払拭できないまま、事例1の答練です。過去門の解説・解答を読んでも全然ピンときません、かえって混乱してしまいました。人事に関する課題対策のキーワードだけなるべく頭に残すようにして臨みました。点数は合格点からマイナス3点、平常運転でしたが今の状況なら上出来とも思えます。与件文から環境分析などをする問題は他の事例でもやっていることもあり、合格点は貰えてました。解説の講義を聞いてなんとなくコツの [続きを読む]
  • ミクロ経済学 3合目
  • マクロ経済学に行き詰ったというか飽きが入ってきたというか、最後の数章残してミクロ経済学の勉強に切り替えました。試験攻略入門塾 速習!ミクロ経済学情報処理技術者試験でも簡単に触れられることのあるゲーム理論だのナッシュ均衡だのの知識はわずかにありますが、今年が初学と言ってよいでしょう。マクロ経済学よりは頭に入りやすく、最初の山場と思われる需要曲線のあたりまですんなりと進めています。アウトプット用の教材は [続きを読む]
  • 平成30年度春期申込受付終了
  • 春の情報処理技術者試験は旧SC・AP・DBを取得済みなので受験したいものがありません。STかSAかNWを春に回してくれればよいのですが。とりあえず、締切ぎりぎりになって情報セキュリティマネジメント試験を申し込んでおきました。旧高度の国家資格保持とはいえセキュリティの分野は短いサイクルでトレンドが変わるものですし、名称がエラそうというのが理由です。択一式の試験だし勉強無しでもいけるんじゃないかいうのは甘いでしょ [続きを読む]
  • 生産・技術答練
  • 受験校での講義が一回りした時点で、なんとなくやれそう感は事例3>事例4>事例2>事例1答練に臨む前に多少の予習をと、十数年分の過去問に解説と模範解答が付いたものを貰っているので、①設問を読む②与件を読む③解答の形とキーワードをイメージする④解答・解説を読むこれだけでも一事例に小一時間、座って書く時間がとれなくてもなんとかなるので平成20年度から4年分やっておきました。字数合わせに手間取って時間をロス [続きを読む]
  • マーケティング・流通答練
  • 受験校では80分の答練が4事例×2周続きます。先週から始まりました。丸腰感は薄れたものの、手持ちの武器のレベルアップをしている感じが無いまま、とにかく時間内に全問解答するという目標で取り組みました。本試験の形式の問題を時間区切って解くこと自体、この受験校で最初にやった(半分近く空欄だった)演習除けばはじめてのことです。時間に追われながらもどうにか全部それなりに解答を作ってマスを埋めました。題意に沿っ [続きを読む]
  • 財務・会計の事例研究
  • 事前準備については過去問の傾向だけ読んでおくぐらいで特にありませんでしたが、一次試験のテキスト(経営分析・損益分岐点分析)をもう一度さらってから事例4の講義に臨みました。予習したのが正解で、今回は頻出論点である「経営比率分析」「NPV分析」「キャッシュフロー」についての内容が主なものでした。一次二次共通の部分は通して学習するべきと再認識、キャッシュフローは少し怪しいところがありますがとても解りやすく [続きを読む]
  • 組織・人事の事例研究
  • 月末月初となにかと忙しくしていると学習時間とれないまま一週間ぐらいはすぐに消費してしまいます。先週は事例1対策の講義を受けてきました。おそらくこの受験校では人気の講師が担当です。しかしながら問題の性質なのか出題者の癖なのか事例2,3よりも答案の作り方がピンとこないと感じてしまっています。本試験ではこれが最初なんですよね。いまだ復習しようにも手が付けられていない状態です。困ったもんだ。 [続きを読む]
  • マクロ経済で足踏み
  • 速習!マクロ経済学―試験攻略入門塾復習を兼ねて動画を見ながら斜め読みしてますが、IS-LM曲線までのところまでで理解が怪しくなってきました。過去問を見ても解けたり解けなかったり、忘れてしまっているというのはまだいい方で、これはわかると思って解答したものが全く逆だったりします。【IS曲線が右下がり】利子率が低下→投資が増加(わかる)→需要増加(わかる)→所得が増加(わかる)【IS曲線の傾き】限界消費性向が大き [続きを読む]
  • 生産・技術の事例研究
  • 通学3週目、問題をはじめてみたときに一番書けそうもないと感じた事例3についての講義を受けてきました。一次の運営管理でさえ、普段馴染みのない生産管理用語はポロポロ記憶から落ちていくのに、製造現場の問題点やら改善点やらの助言作れ言われても無理でしょうと普通思いますよね。「(一次試験程度の浅い知識で)60点レベルの答案を時間内に作る」ということに主眼を置いた内容で、これならなんとか解答書いて行けるそうとい [続きを読む]
  • ビジネス法務実務検定2級の結果
  • 自己採点で合格確実とは思いましたが、無事に通知が届きました。50%超の合格率、平均点が合格基準点を上回るというなんとも手応えを感じない回になりました。不合格した回よりは準備して臨んだもののこれじゃ勉強したかいがありませんというのが正直なところです。 [続きを読む]
  • マーケティング・流通の事例研究
  • 通学講座は今回より、1から4の事例に分けてそれぞれ一回ずつ、講義一周+答練一周+模試+答練一周+模試、と5月までほぼ毎週続きます。今回は事例2の講義、体系立てた戦略・マーケティングの手法に過去問の事例をどのようにあてはめて考えていくか、という話が中心です。私のようなどうやって答案作ればよいのかわからないレベルの者にもなんとなく理解できそうな内容でした。解答を作る演習はありませんでしたが、前回の分の [続きを読む]
  • 企業経営理論の学習再開
  • 昨年は最初に手を付けた科目です。情報処理技術者試験でもストラテジ系の問題は出てくるので、テキストを読んでも用語からチンプンカンプンということが少なく、どちらかというと勉強していて苦にならない部類でした。しかし過去問をやってみると文章が長く、玉虫色の内容に見えてなかなか自信をもって選択することができずに正答率は5割から6割を行ったり来たり、本試験では55点でした。二次試験の講座がはじまったこともあり、慌 [続きを読む]
  • 二次対策通学 初日
  • 昨年というか12月は珍しく仕事が多忙だったのと、ビジ法が終わってほっとしたのと、SA不合格でがっかりしたので勉強はほとんど進みませんでした。正月休みでのんびりしたのも束の間、早速二次対策の講座が始まりました。年齢層は思っていたよりも高め、40前後がボリュームでしょうか。二次試験対策ということは、ほとんどの受講者は一次合格済みで二次試験を受けたことがある人なんでしょう。もうスタートラインから随分違いますが [続きを読む]
  • 29年度秋期情報処理技術者試験の結果
  • 12月後半はなんだかんだでとても忙しい中、一応結果だけはチェックしておきましたが、10月に受験したSAの成績。高度試験は何とか受けているので、午後の記述式の出来についてはこれぐらいなら6割はできている、という感覚はあります。対策無くても大丈夫でしょう。論文は残念な結果でした。少し論点からずれているんじゃないかと思いつつ字数稼いだような箇所があったのは気になっていたんですが。30代の後半から10年弱、コンシュ [続きを読む]
  • 診断士試験に向けてリスタート
  • ビジ法2級は昨日の試験でたぶんクリアできたので、診断士の経営法務含めて教材や模試・本試験の問題などすべて封印します。本当は処分したいところですが、診断士の一次から再受験しなければならない事態が来るかもしれませんし(考えたくはないです)。春期の情報処理技術者試験は特に受ける予定もないのでこれから来年の中小企業診断士の試験に集中することにします。■一次対策経済学:速習マクロの半分ぐらいまで財務会計:ス [続きを読む]
  • 第42回ビジ法2級を受験してきました
  • 昨日問題集付属の過去問、最後の40回をやってみて65点でした。やっぱり苦手という意識があります。今日は午前中会場近くのカフェで最後の復習。過去問で間違えまくった「指名委員会等設置会社」「債権譲渡」「事業譲渡と合併」「民事再生手続き」を重点的にテキストを読み込みました。30分ほど前に会場入り、周りのみなさんも公式問題集を真剣に見ています。出ても2点ですが少ないページ数にまとまっている「倉庫寄託契約」「仲立 [続きを読む]