いぬ さん プロフィール

  •  
いぬさん: 50になってもお勉強
ハンドル名いぬ さん
ブログタイトル50になってもお勉強
ブログURLhttp://study-ar50.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文IT関連資格検定中心の学習記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 35日(平均5.8回/週) - 参加 2017/10/16 15:13

いぬ さんのブログ記事

  • 2級公式問題集4章[企業活動に関する法規制] 後半
  • この試験ってやっぱり範囲が広いですよね、全部拾う必要あんのかよと思いながら勉強してます。トータルでは二週目の半分ぐらいの場所をやってるはずです。【第13問】金融商品取引法ほとんど記憶に残っていませんけどなんとなくで解ける問題、テキストの記述も少しだけ。【第14問】景品表示法診断士一次にも出てくるので真面目に覚えた気がしますけど今ではぼんやり。【第15問】【第16問】製造物責任法★製造物が壊れただけなら製造 [続きを読む]
  • 五十肩のリハビリが終了
  • 今日の通院で肩関節周囲炎(いわゆる四十肩五十肩)の治療が終わりました。全然痛く無くなった、というわけではないのですが普段は痛み止めもシップもしなくても気にならない程度、肩の動きも以前とほとんど変っていないのではないかと思います。上出来です。自宅でやるストレッチや肩甲骨周辺のトレーニングは今後も続けてくださいというものの、腕立て伏せの姿勢から片手を持ち上げて肩に触るとかけっこうキツい。身体を動かすこ [続きを読む]
  • 2級公式問題集4章[企業活動に関する法規制] 前半
  • テキストで一番ボリュームの大きい章に入りました。この章と、ややこしい会社法が難所の気がします。【第1問】〜【第4問】独占禁止法私的独占・不当な取引制限(カルテルや談合)・不公正な取引方法(不当廉売や再販価格の設定)という言葉の意味について記憶があいまいになってます。官製談合については、企業は故意過失がなくても損害賠償責任、役人は故意または重大な過失があれば損害賠償を請求されるというのがズルいなと。【 [続きを読む]
  • 2級公式問題集3章[企業財産の管理・活用と法務]
  • プライベートでちょっとややこしいこと抱えると、勉強が手につかないままあっという間に日々が過ぎていきます。気付けば試験まで一カ月切ってるし今月もほぼ半分ですよ、ペース上げないと。知的財産権に関しては情報処理技術者試験でも出てくるものなので、出来る方の範囲になると思い込んでましたがなかなかそうもいきません。結局過去問回してるだけで系統立てた勉強は出来ていないことを痛感します。【第1問】流動資産の管理( [続きを読む]
  • 運営管理過去問171/171まで
  • 4年分の過去問、思っていたよりもずっと早く終わりました。正答率は55%ぐらいの手ごたえ、91問正解で53%でした。計算問題解かなかったりした分があったとしてもまだまだです。【単語帳にする】オモテヒントウラPDPC法とは新QC問題解決の実行計画をフローチャートにPI値とは新QC1000人あたりの購買指数(点数や売上額)学習が必要としてリストアップしたものはテキストで補完して、全く見当もつかないという問題をなるべ [続きを読む]
  • 運営管理過去問150/171まで
  • ここまで来ると単語帳に書いた言葉がまたポツポツと、出来るようになっていると嬉しいもの。相変わらず法令の問題は見た瞬間諦めてます。【単語帳にする】オモテヒントウラカテゴリー納品とは売り場ゾーンの構成に合せて同一種の商品をとりまとめて納品代用特性とは直接測定するのが難しい品質特性の代わりにする品質特性指数平滑法による予測値α×前回実績+(1−α)×前回予測CRPとは物流連続補充、自動補充ASNとは物流 [続きを読む]
  • 2級公式問題集2章[債権の管理と回収] 後半
  • 債権回収となるとどうしてもナニワ金融道のシーンばかり思い浮かぶ。緊急時のことも零細企業勤めで多少は経験ありますが、ただただ修羅場、法的にどうとかいう問題ではないわけで。【第10問】債権者代位権・先取特権【第11問】詐害行為取消権自力救済の禁止という原則と、債権者の保護のバランスがとれてるってことなんでしょうか。【第12問】仮差押え・仮処分・仮登記【第13問】強制的債権回収仮ばっかりでややこしい、仮処分仮登 [続きを読む]
  • 運営管理過去問125/171まで
  • 少々かじっただけでは答えられない問題は生産管理に多いようです。深く勉強して一問取りに行くよりもある程度の取捨選択は必要な気がしてきました。【単語帳にする】オモテヒントウラバーンインとは試運転、慣らし運転初期不良の検出などが目的デレーティングとは安全余裕をもって故障の可能性を下げるマグネットポイントとは売り場で目立つポイント(お客さんを誘導する効果)プラノグラムとは棚割りを工夫することTWIとは監督 [続きを読む]
  • 2級公式問題集2章[債権の管理と回収] 前半
  • テキスト一章二章をざっと復習、ややこしいのは一章合弁契約のあたり。欄外にメモ書きしてあるパススルー課税なんてすっかり忘れてます。二章はナニワ金融道で読んだ知識ぐらいしかありませんがまだ少しでも馴染みのある話題が多い気がします。【第1問】抵当権・物上代位【第2問】共同抵当の配当・異時配当の代位抵当物件の競売後の配当はわかってたつもりで異時配当について勘違いしていたようです。気付いてよかった。【第3問】 [続きを読む]
  • 2級公式問題集1章[企業取引の法務] 後半
  • 会社法まわりになると特にげんなりしますが、2級テキストの最初の方はまだとっつきやすい内容ですよね。まだ数カ月しか経っていないのに8割とれたはずの3級の範囲も記憶があいまいになってるところが多く、だんだん自信が無くなってきました。【第10問】仲立人【第11問】代理商ブローカーと呼ばれる人とは特に最近あまり縁がないです。ブローカーのことを言っているのかどうかもよくわからないのですが。【第12問】倉庫寄託契約 [続きを読む]
  • 2級公式問題集1章[企業取引の法務] 前半
  • 全9章、一章につき多くて20問ぐらいです。一カ月でやるなら結構飛ばさないと駄目です、ちょっと甘く見てたかもしれません。問題ごとにテキストの参照ページが記載されていますが3級テキストも含まれています。【第1問】商人間の契約継続取引の場合、一時的取引の場合での契約の成立、履行責任など3級の範囲でやりました。普通の社会人として、知ってて損はないことだと思います。【第2問】特定物売買・危険負担特定物売買の債権 [続きを読む]
  • 運営管理過去問110/171まで
  • 世の中知らないことだらけを痛感します。製造や販売の分野で社会人としてある程度経験積んだ方なら当たり前のことも多いのでしょうが、慣れない言葉はなかなか頭に残ってくれません。情報の一科目まるごと得意分野なだけ恵まれていると思わないと。【単語帳にする】オモテヒントウラデシマルミニッツとは工程分析時の計測単位などで使用、1/100分エシェロン在庫とはモノの流れの各階層での在庫の総和デカップリングポイントとは多 [続きを読む]
  • 勉強時間の確保について
  • 先月下旬に診断士の勉強を再開しはじめから、アプリで学習時間を記録していました。10月は6時間半、SAの試験勉強は通勤時間に過去問をやったのと午前対策の復習を試験前日に数時間しただけなので、すべて合わせても一ヶ月間にした勉強は10数時間だと思います。今までも自分ではかなり勉強したつもりで一ヶ月記録すると多くても40時間ぐらいでした。よく目にする診断士合格目安は1000時間の学習というのが本当ならば倍以上頑張らな [続きを読む]
  • ビジ法2級の試験対策
  • 前回は公式テキスト+公式問題集、問題集付属の過去問を3回分やって2勝できるレベルまで仕上げるのに3級対策含めて約70時間勉強しました。試験は択一問題の形式が多少違うだけで、数行の文章を読んでそれが正しいか正しくないかを判断するだけです。正しいものの組み合わせを選べとか誤ってるものを選べとか、5つの選択肢のうち一つぐらいは自信をもって正誤がわかるものが混ざっているので、組み合わせの選択肢を見てそこか [続きを読む]
  • 運営管理過去問90/171まで
  • 問題読むことをある程度続けていると「ちゃんと覚えた」と思いがちなんですが、少し間を置くと仕事でも生活でもあまり縁のないことはすぐに「聞き覚えあるけどなんだっけ?」レベルになってしまいます。一度覚えたはずのことを間違えて悔しい思いをすることでもっとちゃんと記憶に残るということもあります。覚えた量を試験のときにピークに持っていくというような器用なことはできないのでなるべく継続していくしかありません。【 [続きを読む]
  • 運営管理過去問75/171まで
  • 残り100問切って、だんだん初見の単語も減ってきます。しかし出題範囲の広さを再認識しています。スピードテキストの参考文献のページ見てもえげつない量、ひとつでも得意な分野があればよいのですが。【単語帳にする】オモテヒントウラ4Mとは生産マテリアル・マン・マシン・メソッドQCDを満たすための4Mの合理的運用が生産管理の目的3Sとは生産単純化・標準化・専門化合理化における基本原則混合品種組立ラインとは多品種の製品を [続きを読む]
  • 収益性分析での分母と分子
  • 移動時間にテキストと問題集を読みながら寝落ちというのを何度か繰り返しました。財務分析について、安全性分析はかなり怪しいが収益性分析は比較的大丈夫、と思っていましたが問題を解いてみるとそうでもないことがわかってきます。ROA=事業利益÷総資本×100[%]ROE=当期純利益÷自己資本×100[%]ROAでの事業利益=営業利益+受取利益・配当金というのを丸覚えというのはなんとも気持ち悪く自信が持てないところです。分母の [続きを読む]
  • 29年度一次財務会計振り返り(後半)
  • 16問目から25問目までの正解率は5割でした。【正解した問題】問16.期待値は中学校で習いました。問17.MM理論の命題どうこうがわかっているわけではないのですが。問21.先物取引の仕組みはなんとなくで正解、しかし先渡取引は知りません。問24.加重平均資本コスト、これも中学生の数学。問25.オプション取引は手を出したことないけど仕組みはわかる。【間違えた問題】問18.一定成長モデルでの理論株価の計算計算方法を知らな [続きを読む]
  • 運営管理過去問60/171まで
  • アプリで問題やっていて困るのが計算問題。やり方だけわかってればいいかと、次の問題に進むために一応当てずっぽうで回答はするけど、不正解の表示がモチベーションを下げてくれます。情報処理の過去問アプリだと計算問題を回避するオプション付いてるのが親切。【単語帳にする】オモテヒントウラ主体作業とはIEの分類加工など「主作業」材料のセットなど「付随作業」付帯作業とは本来の作業のための「準備作業」「運搬作業」カッ [続きを読む]
  • 29年度一次財務会計振り返り(前半)
  • 10問目までは簿記で勉強したような問題ばかりなので全部出来たと思っていたのに2問間違えていました。問3.会社法の規定に基づく分配可能額について 分配可能額=利益剰余金−自己株式の帳簿価額(テキストより)問題文で自己株式はゼロ、B/Sから配当原資としてよいものを選べばよいわけですが、・資本は会社の元手なんだから分配したらダメだろう・利益準備金は分配時に積み立てるんだからこれもダメなはず・任意積立金はもとも [続きを読む]
  • 今年の一次財務会計について反省
  • 会計の知識は簿記で3級楽勝2級はギリギリ程度、どう勉強してよいかもわからずとりあえず定番のテキストを読んでみました。中小企業診断士 最速合格のための スピードテキスト (2) 財務・会計 2018年度もう2018年度版が出てるんですね。学習時間は30時間弱でした。二次まで通してかなり重要な科目であることはわかっていても完全に準備不足、特に財務の範囲は全く自信ないままの試験でした。問題を見て確実に例年より難易度は低い [続きを読む]
  • スピードテキストで復習
  • スピテキのどこが一番役に立つかというと学習するための体系図だなと気付きました、今更ですが。今日読もうと思ったポイントは過去問で洗い出した品質管理とLCAです。品質管理に関しての記述は20ページ程。読んでよくわからないとことはネットで検索するんですが、TQMに関連してTPMやらTPSやらなじみの無い単語が増えていくばかり。ある程度浅いところでカットしないときりがないですね。グラフや管理図に読み方は情報処理試験でも [続きを読む]
  • 運営管理過去問45/171まで
  • 行きの満員電車の中で15問だけやりました。だいたい一回分の問題量を超えたあたりですが、正解率は50%から60%の間です。本番で50点代とれれば御の字と思っていても今年のことを考えるとあと10%ぐらいは上乗せしたいものです。【単語帳にする】オモテヒントウラパレートの法則とは全体を構成する一部が手柄を独占するみたいな売上に対する商品や顧客、働きアリの話見せ筋商品とはその商品自体は販売が期待できない(死に筋にもなり [続きを読む]
  • 運営管理の勉強を開始しました
  • 昨年は定番のテキストを使いました。中小企業診断士 最速合格のための スピードテキスト (3) 運営管理 2017年度覚えるべきことが多そうなのと、普段あまり関連のない分野はなかなか頭に入ってこなかったこともあり、読んでいるとすぐに眠くなります。通読は出来たはずですが学習時間自体も20時間程度、得点は40点代でした。まずは12月末までの学習方針と無理の無い目標として、・空き時間を利用して無料アプリの過去問(2012-2015 [続きを読む]
  • そろそろキックオフ
  • とりあえずIT秋期試験が終わりほっとしているところですが、来年の診断士試験に向けて動き出さなくてはいけません。今年初受験のきっかけは、10歳下の同僚が受けてみたいという話をしてくれたことです。確かそれが4月頃の話でしたので、初学の分野が複数あるのに一次突破目標にするだけでも無理がありましたよね。ちなみに同僚は財務会計・運営管理・経済学と3科目合格、情報免除、総合点は惜しくも足りずというところまでいった [続きを読む]