斐野 さん プロフィール

  •  
斐野さん: ゲームの感想などを書き殴るブログ
ハンドル名斐野 さん
ブログタイトルゲームの感想などを書き殴るブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/i_mo_hino
サイト紹介文プレイしたゲームの感想などの備忘録。乙女ゲームと軌跡シリーズ中心。基本ネタバレです。
自由文プレイしたゲームの感想の個人的な備忘録です。ゆえにネタバレに配慮はありません。
ジャンルは乙女ゲームと日本ファルコムの軌跡シリーズが中心です。
細かいところが気になる性分なので、主に突っ込みどころばかり書くことになると思いますが、突っ込みは愛に比例する(多分)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 189日(平均1.9回/週) - 参加 2017/10/16 21:56

斐野 さんのブログ記事

  • ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想7(クロユリ)
  • 個別ルート感想感想6からの続きです。クロユリルート【※「ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。】ストーリーは、連続自殺事件の謎を追うフクロウの皆さんと、前作真犯人氏への瞋恚に燃える今作真犯人氏の物理的心理的攻防 みたいな感じでした。プレイ後の感想は、「それで納得しちゃうの真犯人」(ハッピーエンド)です。……なんか前 [続きを読む]
  • 《VM》……(閃の軌跡3 第3章プレイ中)
  • 「閃3」プレイメモが2ヶ月以上振りですが。プレイはしてます。飽きてないですし、投げてないです。楽しくやってます。ただただプレイ時間が取れないだけ……!というわけで、現在、ラマール州での演習2日目に入ったあたりにおります。演習初日、パトリックが一瞬だけ同行者になるタイミングがあったので、わざと戦闘起こしてみましたが、やっぱりバトルフィールドには出て来てくれないんですね。まあ、パーティー入りしてるメンバ [続きを読む]
  • ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想5(鴻上滉)
  • 個別ルート感想感想4からの続きです。鴻上滉(cv:岡本信彦)【※「ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。】ストーリーは、かつて反政府活動の旗印として担がれて逮捕・拷問され、現在は行方不明の作家の名義で書かれた稀モノが本物なのか贋作なのか? と、滉君、彼女の家にご挨拶に行く、の二本立てです。 みたいな感じでした。プレイ [続きを読む]
  • ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想4(鵜飼昌吾)
  • 個別ルート感想感想3からの続きです。鵜飼昌吾(cv:木村良平)【※「ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。】ストーリーは、鵜飼君の許婚問題+華族令嬢連続殺人(屍姦付き)事件+オカルト稀モノ問題 みたいな感じでした。 書いてみると盛り沢山ですね。プレイ後の率直な感想としては、「頑張れ鵜飼君、お前がナンバーワンだ(前作か [続きを読む]
  • ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想3(汀紫鶴)
  • 個別ルート感想感想2からの続きです。汀紫鶴(cv:鈴村健一)【※「ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。】ストーリーは、昔の知り合いの線から、反政府活動の広告塔にされそうになったり、憲兵に反政府活動との関わりを疑われたりする紫鶴さん みたいな感じ。プレイ後の素直な感想としては、「憲兵による暴行死に見せかけようとして [続きを読む]
  • ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想2(鷺澤累)
  • 個別ルート感想感想1からの続きです。鷺澤累(cv:櫻井孝宏)【※「ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。】ストーリーは、脱獄犯に苦しめられる(っていうか)人気女優と生母を救おうとして空回りしまくる鷺澤君 みたいな感じ……と言うか、何と言えばいいのか……「帝都幻惑綺譚」のプレイ中、私は彼のことを心の中でリーダーと呼んで [続きを読む]
  • ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚 感想1(星川翡翠)
  • はじめにさて、いよいよ隼人(と滉)にまともに幸せになっていただくお時間です。(「帝都幻惑綺譚」感想参照)FDではなく続編ということなので(違いがよく分かりませんが)、連続した時空ならではの感じを期待したい。冒頭の短いプロローグ(状況確認的な)で既に弟がアレっぽいのに戦々恐々としつつプレイ開始です。攻略順は、星川翡翠→鷺澤累→汀紫鶴→鵜飼昌吾→鴻上滉→尾崎隼人→クロユリです。そんな感じで感想です。声優 [続きを読む]
  • 悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 感想6(トゥルーエンド)
  • 感想5からの続きです。トゥルーエンド感想このゲームに限らないんですが、ADVって、パラレルワールド的なところがありますよね。もしくはループ的というか。そういう、何度も同じ時間を繰り返し、そのたびに成功や失敗をして、少しずつ条件をクリアしていって、真の望んだ未来を掴むという感じが強く出たルートだったなと思います。いや、これまでのルートはルートで良かったので、トゥルーの踏み台だったと言いたいわけではないで [続きを読む]
  • 悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 感想2(アタルヴァ)
  • 個別キャラ感想感想1からの続きです。アタルヴァ(cv:寺島拓篤)【※「悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社およびデザインファクトリー株式会社に帰属します。】不思議な帽子と不思議な髪型(第一印象)の箱入り……じゃなくてドーム入り青年。それがゆえ、世間知らずすぎてヤバイ(誉めてる)実はロウの記憶をストレージするために生み出されたロウ [続きを読む]
  • 悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- 感想1(シュド)
  • はじめに突然ですが、私はSF(特に和製SF)が好きです。別に詳しいわけでも数を読んでいるわけでもありませんが、スペオペとかサイバーパンクとかスチームパンクとかバイオがハザードしたり、あと近未来日常系とかも。そんなSFな雰囲気ってワクワクしますよね!というわけで、「頭ぶち抜かれたぐらいで死ぬわけねーだろ」な世界観だと小耳に挟んだ「悠久のティアブレイド」。わっくわくでプレイすることにしたのでした。攻略順はス [続きを読む]
  • present for ヨシュア(閃の軌跡3 第3章プレイ中)
  • 現在のプレイ状況としては、第3章の演習地に到着したあたりです。が、前回の記事にちょっと入れ忘れた第2章のネタがありましたので。前回、ユウナとクルトがちょっといい感じっぽくて嬉しいと書きましたが、第2章で私の乙女ゲープレイヤー心が反応したシーンがこちら。ベッドに腰掛けて肩ポンです。さすがクルト君イケメン。ちなみに画面外にアルティナが同席しておりますので、二人きりのシーンというわけではないです。まあ、乙 [続きを読む]
  • KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜 感想7(その他諸々)
  • 感想6からの続きです。個別キャラ感想で書ききれなかったことなどを少々。バッドエンドについて各選択肢に「Love up」と「Love down」が設定されていて、最終的に好感度が50%より高ければハッピーエンド、50%以下ならバッドエンドということみたいです。必ず正答しないといけないクリティカルな選択肢はなかったように思います。私が気付いていないだけかもしれませんが。というシンプルなシステムでしたので、ヘタレ乙女ゲープ [続きを読む]
  • KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜 感想6(隠しキャラ)
  • 個別キャラ感想感想5からの続きです。隠しキャラの感想の書き方は迷いますね。ネタバレを謳っている当ブログで今更なんですが。というかもう2017年まとめで隠しキャラの名前出しちゃってるんですが……いや、スタッフブログで攻略可なのが明言されてますし、いいかなーと思いまして。とりあえずタイトルと見出しに名前出さないようにすればいいですかね?といういい加減な感じで以下感想です。隠しキャラ出雲紫苑(cv:杉田智和) [続きを読む]
  • フレディ様々(閃の軌跡3 第2章クリア)
  • ストーリー的に、本当はオリビエさんのアイコンが良かっ(中略)とりあえずユウナのアイコンにしときます。いや、さすが執行者ナンバー0と1です。本当。第2章の生身のボス戦、星見の塔屋上にて、道化師カンパネルラ&劫炎のマクバーンとやり合わせていただいたわけですが。若干なめていたと言わざるを得ないです。これまで、ボス戦のみならずイベント戦闘で連戦って、最初の頃に1回あったぐらいで、それもチュートリアルの一環みた [続きを読む]
  • KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜 感想5(播磨奏)
  • キャラ別感想感想4からの続きです。播磨奏(cv:岡本信彦)御年600歳オーバーの猫又。いわゆるところのショタジジイ。カミルに続いて恋愛過程がよく分からない感じでした(個人的意見)猫又というのは、普通の猫として生まれ、死ぬときに何か心残りがあると幽魔の猫又として再度の人生(猫生?)を歩むことになる、という生き物ということです。その設定と、奏が普通の猫だった時代の飼い主の話が出て来たときに、正直、嫌な予感は [続きを読む]
  • KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜 感想4(カミル=セッツェリン)
  • キャラ別感想感想3からの続きです。カミル=セッツェリン(cv:木村良平)マイペース不思議系吸血鬼。廃ゲーマー。ニンニクも十字架も平気だけど日光と血が苦手。カミルは、タイトルコールが大変にずるい。 「クラップ! カインドラブ・アンド・ぱにっしゅーうー」とおっしゃるんですよ、なんだその語尾……!このゆるゆる不思議系なカミルの中の人がニルアドのツンデレ鵜飼君と同じって……本当凄いですよね……たまに訳の分から [続きを読む]
  • ハッピー!トリガー!!(閃の軌跡3 第2章プレイ中)
  • ファルコムさんありがとう心からありがとう!第2章も佳境になって参りました。多分。現在、結社の拠点になっているらしき星見の塔に向かっているところです。正確に言うと、星見の塔に向かう前に行けるところに行き話を聞きまくっているところです。そして、なんと、オリヴァルト皇子、ではなくて漂泊の演奏家オリビエ・レンハイムさんがスポット参戦してくれましたー!超嬉しいです! 何しろオリビエさんには「空の軌跡」三作通 [続きを読む]
  • 2017年にプレイした乙女ゲームまとめ
  • いつもご訪問ありがとうございます。斐野です。こういうのは年内にやるべきなんだろうなーと思いつつ、遅刻気味ではありますが、記録と自分の嗜好の分析も兼ねて書いてみたいと思います。以下の内容には若干のネタバレを含みます。シナリオの核心に関わるネタバレは出来る限りぼかしたつもりです。プレイした乙女ゲーム一覧(プレイ順)2017年中にプレイした乙女ゲームは6本です。(フルコン済み)改めて見ると、感想のアップがず [続きを読む]
  • KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜 感想3(駿河明人)
  • キャラ別感想感想2からの続きです。駿河明人(cv:立花慎之介)河童。正確を期すならエロガッパ。人間界とも取引のある大企業の御曹司です。ハゲという言葉に過敏に反応する。私の短い乙女ゲー遍歴の中でガチ遊び人の攻略対象に出会ったのは初めてです。今までは遊び人と見せかけて、実は結構真面目というキャラばかりでしたからねー。ニルアドのあの人とか対アリのその人とか剣が君のこの人とか。というか逆に考えると、1作に1人 [続きを読む]
  • 女難の相とかどうでもいいので(閃の軌跡3 第2章プレイ中)
  • 遅いなりにじりじりと進んでいます。現在演習1日目の夜、オルキスタワーが結社による襲撃を受けているところです。夕方の幻獣戦後、釣り小屋で二度寝してCP全快させといて良かった。ついでにその辺にいた魔獣と軽く戦闘してBPもフルチャージしといて本当に良かった!なんか嫌な予感したんですよね。クロスベルでの特別演習ですが、結構初めの方にティオ主任との共闘イベントがあってヒャッハーでした。アブソリュート・ゼロとかガ [続きを読む]
  • KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜 感想2(周防壮介)
  • キャラ別感想感想1からの続きです。周防壮介(cv:梶裕貴)雪女と人間のハーフで、雪女にはあり得べからざる「男」。このゲームで貴重な、見た目通りの年齢のキャラです。彼はですねー、とにかく口が悪いというのが特徴です。それも暴言系の口の悪さなもんで、初回プレイではちょっとイラッ☆とさせられたりさせられなかったり。まーでも1周目の途中でお声が非常に好みだということに気付きまして、台詞の内容ではなく声の響きを重 [続きを読む]