斐野 さん プロフィール

  •  
斐野さん: ゲームの感想などを書き殴るブログ
ハンドル名斐野 さん
ブログタイトルゲームの感想などを書き殴るブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/i_mo_hino
サイト紹介文プレイしたゲームの感想などの備忘録。乙女ゲームと軌跡シリーズ中心。基本ネタバレです。
自由文プレイしたゲームの感想の個人的な備忘録です。ゆえにネタバレに配慮はありません。
ジャンルは乙女ゲームと日本ファルコムの軌跡シリーズが中心です。
細かいところが気になる性分なので、主に突っ込みどころばかり書くことになると思いますが、突っ込みは愛に比例する(多分)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 41日(平均3.2回/週) - 参加 2017/10/16 21:56

斐野 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ10(紫陽花の書)
  • 感想メモ9からの続きです。紫陽花の書第一編左京ルート荒魂エンドのアフター。後日ではなく秘密の同居☆中の話ですが。悪夢にうなされる左京さんの手を握る話。と書くと何のこっちゃですね。でも特にそれ以外にない話なんですが。左京さんは毎晩のように家族を失ったときの悪夢に苛まれています。と言うと、ラノベ育ちな私は、左京さんは悪夢を見たくて見ているんだろうなー、つまり、自分の中の絶望と憎悪を薄れさせないように、 [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ9(梅の書)
  • 感想メモ8からの続きです。梅の書第三編縁ルート幸魂エンドのアフター。農民縁さんが蕎麦打ちにチャレンジする話。ストーリー的にはほのぼのとしてそこそこどうでもいい……失礼、平和なお話でした。縁さんが要領良くないけど、基本スペックが高いのは分かり切ったことですね☆で、縁さんはちゃんと年貢納めてるんですか? 納めてるんですよね? 農民ですもんね? 五公五民ですよね?ゲーム内で描かれている限りだと、この人蕎 [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ8(菖蒲の書)
  • 感想メモ7からの続きです。メモなのにもはや本編感想より長いって何なのでしょう。残りあと少しなのでちゃっちゃと参りたい。菖蒲の書第二編実彰ルート奇魂エンドのアフター。実彰さんの植物物語みたいな(シャンプーではない)縁さんより実彰さんに農民エンドあった方が良かったんじゃなかろうか。回想部分以外で実彰さんの出番がないのは仕方ないですよね。お亡くなり遊ばしてますからね。でもハバキちゃんが影も形も出て来ない [続きを読む]
  • 行けそうで行けない(閃の軌跡3 第1章プレイ中)
  • ハーメル……ハーケン門……いや、ハーケン門はリベール側なので、タイラス門ですか。帝国地図を南に見ていくと、現在活動しているセントアーク〜パルムのさらに南、街道の先にハーケン門が!とテンションを上げて、その街道を下れるタイミングを心待ちにしていたわけです。まあ、リベールに行けるわけではないでしょうから、行けても帝国側の門までなんですけど、思い出す「空の軌跡SC」で導力停止現象中、帝国に機械式戦車ずらっ [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ7(二輪草の書2)
  • 二輪草の書感想メモ6からの続きです。第十五編縁さんと鈴懸。忠犬コロの飼い主を鈴懸が一緒に探してあげる話。とにかくコロがかわいいです。わんっ。って何ですか、わんっ。って。動物と話せる鈴懸の特性が出ていて良かったです。コロが飼い主との馴れ初めについて、聞くも涙語るも涙な話をするのですが、それが全部ホラ話というね!鈴懸の特性あってこその構成じゃないでしょうか。飼い主=縁さんの、というか縁さんの中の方の「 [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ6(貸本屋、二輪草の書1)
  • 感想メモ5からの続きです。貸本屋「ご褒美」のおまけ要素ですが、なんか凄く感想を申し上げたくなったので。主に九十九丸についてですが。本編の貸本は攻略対象同士の衣装取り替えっこでしたが、「百夜綴り」では妖怪コスプレですね。左京さん:雪女鈴懸:天狗実彰さん:妖狐螢さん:妖狼縁さん:蛟まあ、ここまでは普通に読んでおりました。香夜ちゃんと香夜父が若干あほの子っぽかったですが、それはそれでオモロいんで良いです [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ5(桜の書)
  • 感想メモ4からの続きです。桜の書共通ルートなど花嫁行列のお仕事を終え、江戸に帰ってきた香夜ちゃん。護衛の皆さんと一緒に幽霊騒動やらに巻き込まれるうち、左京さんの仇討ちとか常夜の門問題などに発展していく……という話でした。なるほど、これがいわゆるアナザーストーリーというやつですね。乙女ゲームの続編? FD? 的なものをプレイするのが初めてなもので、この手のアナザーストーリーももちろん初めてだったのです [続きを読む]
  • 美声の話(閃の軌跡3 第1章プレイ中)(※ゲーム内容の話ではない)
  • 最近、マキアス・レーグニッツ氏の声が物凄く好みだということに気付きました。「閃3」は、まだセントアーク付近をうろうろしている段階なので(全然進んでいない……)、マキアスは影も形も出てきていないのですが。あれ? 声だけ出てきましたっけ?(うろ覚え)なぜ今になって気付いたのかというと、ずっと放置していた「閃の軌跡2」のドラマCDを今更聴いたからで。基本的に私はRPGにボイスとか付いてなくていいよと思っている [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ4(彼岸花の書(過去編)、江戸菊の書)
  • 感想メモ3からの続きです。彼岸花の書 第六編、第七編九十九丸の実の家族がいかにして離散し、そして九十九丸が反魂呪の産物となったか。九十九丸の知らない九十九丸の過去の話。……というより九十九丸父・八幡氏の話でした。本当に、「百夜綴り」における八幡氏の存在感が異常である。九十九丸ルート幸魂時空。一番真っ当に過去を振り返れる時空ですね。他のエンドの時空は過去の反魂呪の影響が全開で残っておりますから……第 [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ2(菖蒲の書(過去編)、梅の書(過去編))
  • 感想メモ1からの続きです。各個人の書アフターはとっておきたいなあという考えの下、過去編からやることに。メモの割に長い。菖蒲の書 第六編、第七編実彰さんの過去話。切支丹狩りで孤児になった実彰さんが、いかにして人斬りになり、そして剣を捨てようと決心するに至ったか、という話でした。実彰ルート幸魂時空ですね。幼少期〜奉公先から叩き出されるあたりは、本編でも語られていたことなので、「うむ」と思いながら見てい [続きを読む]
  • レベル上げ万歳(閃の軌跡3 第1章プレイ中)
  • 仕事が忙しかったりタイミングが合わなかったりでなかなか進められない「閃3」ですが、ようやく最初の演習地へ出発するところまでこぎ着けました。VITAだったらもうちょっとフレキシブルにプレイ時間取れた気がする。携帯機は偉大だな……1章初めで強制終了されるエラーは、どうもダウンロードコンテンツがらみだったようで。結局データ削除してやり直したりしたら、ちゃんと進んでくれました。前回の感想で3回挑戦したと書いた序 [続きを読む]
  • 剣が君 百夜綴り 感想メモ1(天竺葵の書、山茶花の書)
  • はじめに「剣が君 for V」をフルコンした後、本当はワンクッション置いてから「剣が君 百夜綴り」をプレイしようと思っていました。というのも、「剣が君 for V」の追加要素である後日談で、ちょっと声優さんの声質? 演技? に本編との差異を感じたところがあったので。別ゲーム挟めば気にならなくなるだろう、自分そんなに耳良くないし……と思ってたんですが。どうも別ゲームやる気になれず、続けて「百夜綴り」をプレイする [続きを読む]
  • 剣が君 for V 感想7(その他諸々)
  • 感想6からの続きです。ようやく締め。設定等感想個別ルート感想を長々と書いてきましたが、誰のルートとも限らない全体のエピソードや設定についてもう少しだけ書きたいと思います。1 朝倉氏は何を考えているのか問題江戸城御前試合と並ぶ後章の軸として、全てのルートで関わってくる朝倉氏の陰謀(というほどでもない)ですが。「にっくき家光めえ! 忠長様さえ生き返ればすぐに失脚させてくれるわああ!(意訳)」と、家光公の [続きを読む]
  • 捕獲されたまこうへい(閃3 序章)
  • というわけで、とりあえず序章までクリアしました。というか、第1章に入ったところでエラーが出て強制終了されました。パッチはインストールされてるんですが、どうしたもんか。「閃」「閃2」に続いてメインヒロイン枠にツンデレ持ってくるってどういうことなの……ファルコムはそんなにツンデレが好きなの? ロリじゃなかったの?まあ、裏の(真の?)メインヒロインはアルティナなんですよね分かります。ツンデレユウナはクロス [続きを読む]
  • 剣が君 for V 感想6(九十九丸)
  • 個別ルート感想感想5からの続きです。いよいよ大トリにして大本命。ゆえに長文です。九十九丸(cv:小野友樹)漆黒の着物に真っ白い顔色、15歳ぐらいに見える(香夜ちゃん他の証言)けど実年齢20歳。いつも腹ぺこで大食い、古くなったものを食べようが毒を盛られようがへっちゃらという驚異の丈夫さを持つ。特技は野宿だそうです。1周目の印象は、「メインヒーローの割に影が薄いな」でした。性格的には若干天然気味で優しく素直、 [続きを読む]
  • 自分に残念なお知らせ
  • 「閃の軌跡3」とPS4が届きましたやったー!ということで、「閃3」専用機になるんだろうな……と思いながらPS4の初期設定をし、ちょっとだけプレイしてみました。最近コンシューマーのRPG全然やってないからかコントローラーが手になじまないからか、フィールドアタックがうまくいかない……あっ、そうか長射程キャラ使えばいいんだった……ともたもたしております。でもフィールドでのキャラクターやカメラ視点の動かし方とかメニ [続きを読む]
  • 私は手のひらを返したい
  • いよいよ「閃の軌跡3」の発売が近付いて来ましたね。予約はしてあるので(PS4とともに)届くのを待つばかりです。日本ファルコムの軌跡シリーズとは「空の軌跡」からお付き合いさせていただいておりまして、現在、唯一継続的にプレイしている(出たらやるという意味)コンシューマーRPGです。が、正直、「閃」2作についてはそこまではまれなかったんですよね……(ストーリーというかキャラクターの扱い的に「碧」も微妙でしたが) [続きを読む]
  • 剣が君 for V 感想5(鈴懸)
  • 個別ルート感想感想4からの続きです。鈴懸(cv:逢坂良太)妖怪に囲まれて妖怪に育てられた少年。左京さんと並んで攻略対象最年少ですが、こちらは素直に「少年」と表現できるんですよねー。左京さんは全く「少年」感がない。雰囲気に反して腕が立ち、医術の心得がある上になんだか瞬間移動的な「術」が使え、動物と話ができる。その上幼い頃から天下五剣の一振り・数珠丸を授かる運命にあり、実際拾った数珠丸ですぐに常夜の門を [続きを読む]
  • 過去の記事 …