合格案内人 さん プロフィール

  •  
合格案内人さん: 都立中への道
ハンドル名合格案内人 さん
ブログタイトル都立中への道
ブログURLhttp://mita-gakuin.com/diary-list/p-0/dr-46929/
サイト紹介文小石川、両国、桜修館、九段、白鴎、富士への合格を目指すなら、知っておくべきことがある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 168日(平均7.2回/週) - 参加 2017/10/16 23:41

合格案内人 さんのブログ記事

  • 【中高受験】夏に広がる学力格差
  • 夏に広がる学力格差これ以上に明白なことはない。・週2日、一日2コマの受講者がいたとしよう。1ヶ月の受講コマ数は、週4コマ×4週=16コマ、年間で192コマ。夏期講習の受講コマ数は、1日8コマ×25日=200コマで、合計200コマつまり、夏期講習は約1ヵ月で、「通常授業の1年間分」の授業量となる。「なんちゃって通塾」の小学生だと、もっと激しい差となる。・週1日、一日1コマの受講者がいたとしよう。1ヶ [続きを読む]
  • 【都立高】三兎を追う小山台
  • 小山台高校をご存知だろうか。旧制第一学区では日比谷に次ぐ二番手校であった。旧制府立八中の伝統ある名門進学校である。都立高校全体では三番手の扱いだが、三番手筆頭格の風格がある。2014年に野球部が甲子園に出場した、文武両道の都立名門進学校としても知られる。東急目黒線武蔵小山駅から徒歩0分とアクセスが抜群に良い。特筆すべきは、生徒の礼儀正しさ、素直さ、真面目さである。学校説明会などに参加すれば一目瞭然 [続きを読む]
  • 【都立高】蘇った日比谷
  • 日比谷高校の復活は想定を超えていた。日比谷高校の説明は必要ないだろう。明治時代に設立された旧制府立一中である。おもな旧制中学と高等女学校は以下の通り。旧制三中:両国高校・・・設立当初は日比谷高校(旧制一中)の分校だった。旧制四中:戸山高校旧制五中:小石川高校旧制六中:新宿高校旧制八中:小山台高校旧制十中:西高校(昭和に入ってからの設立、新興校)旧制一高女:白鴎高校旧制二高女:竹早高校旧制三高女:駒 [続きを読む]
  • 【通知表】バブルの衝撃
  • 東京都教育委員会が発表した「通知表」の評定分布状況が衝撃的だ。都内公立中学校第3学年の平成27年12月31日現在の評定(調査書記載の評定)状況単学級(生徒数40人未満)を除く平成28年3月24日発表全627中学校のうち、いくつかの実数をご紹介する。■データが示す内容の要点現在の「5」は、保護者世代の「5」+「4」にほぼ近い。現在の「4」は、保護者世代の「3」にほぼ相当する。現在の「3」は、保護者世 [続きを読む]
  • 【都立中】合格する子
  • 都立中に合格する子、と、都立中に合格しない子何が違うか?尺度が不明瞭な判断基準だと、都合が良いように解釈してしまう人がでてくる。曖昧で都合の良い意見が巷には多い。そして、そうした発言をする人は、すでに不合格になった親子に多いのだが、不合格になりそうな親子ほど、そうした情報に飛びつきやすい。分析可能な情報に注目すると一目瞭然である。客観的でなければ、情報は信用できない。話しが長くならないように簡潔に [続きを読む]
  • 【都立高】西へ日比谷へ
  • 西へ東へ、ではなく、西へ日比谷へ。今日は、泣く子も黙る、都立トップ校の、都立西高校について書く。概要は次の通り。旧制府立10中。創立81周年。自由な校風。私服。募集人員約320名。H30年度の国公立大学合格者190名。杉並区宮前。京王井の頭線久我山駅徒歩10分。土曜授業ナシ。50分授業。週3〜4日は7時間授業。残りは6時間授業。ゼロ時限授業アリ。クラスマッチ(夏・春)という名の運動会。記念祭という [続きを読む]
  • 【学力とは何か】教育委員会文書から読み解く
  • 東京都教育委員会から、小学生の保護者あてに配布された、平成30年5月の文書が興味深い。なぜ興味深いのか?東京都教育委員会が考える「学力」とは何かを明示しているからだ。結論から言えば、「学力」とは「小学校の学習内容を理解し活用できる力」のことだ。何ら特別なことは言っていない。どこかの教育評論家や塾の宣伝のように、話を大きく盛ったり、全く新しい「学力」観を提示していたりはしていない。つまり「学力」の根 [続きを読む]
  • 【中学受験】も二極化
  • 前年度の、中学入試の結果を分析していて、次の現象が起こっていたことが分かってきた。先の冬の中学入試は、高校入試とおなじように、二極化が大きく進んだ。高校入試だけではなく、中学入試でも「ニ極化」が進んだ。最難関での序列変化や、難関や中堅での大きな難易度変化が見られた。セグメントとして、都立中学の一人勝ちが鮮明だった。私立上位校で、難易度、つまり偏差値が上昇した学校が目立った。人気校で難易度が上昇して [続きを読む]
  • 【都立中高】受検と受験の「心得」
  • 「心得」を、箇条書きで、まとめておく。・都立中は難関校なので、普通の子は合格できない。・都立中に合格したければ、小4以前から報告書「オール3」を目指せ。・都立中に合格したければ、4教科の学力をしっかりつけよ。・都立中に合格したければ、確かな学力を土台にして、思考力や表現力を磨け。・都立中に合格できないようなら、都立中受検は即刻諦めよ。・都立中に合格できないようなら、受検勉強や受検対策は即刻止めよ。 [続きを読む]
  • 【都立中】 首都模試 2018入試結果 偏差値
  • 首都模試の2018年入試結果の偏差値だ。男子だ。・小石川、両国、大泉、白鴎、東大付属の難易度アップの予想は的中した。・九段の難易度アップは予想外だった。・桜修館は、据え置かれたが、今春は若干緩かったのではないか。白鴎の猛追を受けていたはずだ。・首都模試は、都立武蔵を高評価しないが、これは首都模試を受ける都立武蔵受検生が少ないからだ。実態の難易度はもっと高いと思った方がよい。・東大付属は近いうちに偏 [続きを読む]
  • 【都立中】公立中高一貫だと思うな!
  • 難易度に大きな開きのある全国の「公立中高一貫校」の全てを、「公立中高一貫」として全て一括りで語るのは適切でない。「都立中」は難関校である。都立中を、一般概念としての「公立中高一貫」として語るのは適切性に著しく欠ける。判断を誤ることになりかねない。都立中は中学受験における難関校として認識するのがふさわしい。「公立中学校」とおなじ「公立」という言葉を聞いて、お気軽な学校だと思ってはいけない。「公立中学 [続きを読む]
  • 【都立高】華の三番手
  • 都立高校の復活で、都立三番手校の入学難易度が高くなってきた。都立中を目指し、ダメなら公立中学へ進み、高校受験で難関都立高校を目指そうとすると、現実はかなり厳しい。例えば3番手の人気校である都立三田を目指す場合、推薦入試ならオール5、一般入試でも5と4が半々は必要。小山台や駒場もそれ以上の内申が必要となる。中1の1学期から「オール5」スタートを切ろうと思ったら、小学校高学年では「よくできる90%」以 [続きを読む]
  • 【都立中】合格できないのに受検するの?
  • Q:合格の見込みがないのに、都立中の受検勉強を続けるのか?合格の見込みがないまま、それを知らずに受検勉強を続けることは、実に悲劇的だ。不合格は深い喪失感と深い悲しみを伴う。幼さの残る12歳には過酷な仕打ちとなろう。保護者の落胆も深いものになるのではないか。親が、事前に合格可能性について知っておくことが、いかに重要か、議論の余地はないであろう。合格の可能性がどれくらいあるのかを事前に知った上で、受検 [続きを読む]
  • 【都立中】合格の方程式
  • このスタッフ日記を読まれる方は、まずもって毒舌を覚悟していただきたい。核心に迫ろうとすると、どうしても毒舌にならざるを得ない。真実は誰の耳にも心地よいとは限らない。中には気分を害される方がいるかもしれないが、細かく気にしていたら本当のことは何も書けないことをご理解いただき、ご容赦願いたい。どうしたら都立中に合格できるか?知りたい人は多いだろう。過去の日記を読んでいただければ、少なくとも概略は分かっ [続きを読む]
  • 【都立中】報告書
  • 都立中合格に必要な報告書の中身は、3年前ほど前までは、次のように言われていた。『2』が2教科まで、残り6教科はすべて『3』が、合格者の最低ライン今は、もっと厳しくなってきているが、『2』が2つとは、具体的に「よくできる」が何%必要か検証してみる。例1:2教科で、「よくできる」2個、「できる」2個、残り教科はすべて「よくできる」の場合「よくできる」が29個、「できる」が4個で、よくできる比率は88% [続きを読む]
  • 【都立中】普通の子は合格できない
  • クイズ!Q:「普通の子は、〇〇〇に行っても、都立中に合格できない!」〇〇〇に入る言葉を答えよ。「普通の子」とは、「学業成績が普通の子」のこと。「学業成績が普通の子」とは、・女子なら、「もう少し」がなく、「よくできる」が40〜79%の子・男子なら、「もう少し」がなく、「よくできる」が30〜69%の子×:普通の子=「できる」が100%平均的な公立小学校だと、「よくできる」が50%と、「できる」が50% [続きを読む]
  • 【都立中】偏差値−2018入試結果
  • 四谷大塚の2018年入試結果による偏差値表だ。・「見たくないモノは、見ない」では済まされない。・「学費の心配をする前に、学力の心配をする」べきだ。<女子>67:筑波大附、桜蔭、女子学院、豊島岡女子、慶應中等部、早稲田実業、渋谷教育幕張、渋谷教育渋谷66:お茶の水女子大附、雙葉、千葉県立千葉65:小石川64:武蔵高附属、横浜市立サイエンスF高附属、青山学院63:洗足学園、千葉県立東葛飾高附属62:両 [続きを読む]
  • 【都立中】適性検査の本質
  • 適性検査問題を解いたことがある親なら、うすうす気がついていると思うのだが、適性検査問題は、ある程度の学力があれば、準備なしで、その一部くらいは難なく解ける。これは何を意味するか、考えてみたことがあるだろうか?保護者世代には、都立中学の適性検査問題など存在していなかった。それなのに解けることがある。つまり、適性検査問題の指導など受けていない人でも、解けることがあるということだ。国公立大学の中堅校以上 [続きを読む]
  • 小石川の英語、日比谷への英語
  • 難関高校受験用の英語オリジナル教材を作っていて、予想外の展開が起きた。小石川に通う中2の英語の学校授業の内容が、すでに高校レベルに達していて、執筆中の「日比谷への英語」が、小石川の前期課程の中学生に使えないことが分かったのだ。高校生向けの内容を指導することが必要で、中学生向けの内容を激しく逸脱している。この小石川生、成績別で振り分けられる習熟度別授業で、ハイレベルなコース(小石川では、英語も数学も [続きを読む]
  • 相関関係と因果関係
  • A:読書をすると読解力がつく。正しいでしょうか?B:読書をよくする人は読解力が高い。C:読解力が高い人は読書をよくする。正しいでしょうか?Aと、BやCは、主張が明確に違う。Aの文章は、2つの要素である「読書」と「読解力」に「因果関係」があると主張している。この文章では「読書」が『原因』で、「読解力」が『結果』だ。BとCの文章は、2つの要素である「読書」と「読解力」の間に「相関関係」があると主張して [続きを読む]
  • 漢検5級と中学受験
  • 漢検5級(小6相当)は小5で合格、というのが中学受験予定者への指導方針だ。ということは、漢検6級(小5相当)は小4で合格しましょうということになる。小6で小6漢字を勉強していたら、受験勉強の追い込みなどできないから、小5で合格しておくということ。じゃ、小学校ではどうすればいいのと思うかもしれないけど、気軽に復習して、さらに完璧にすればいいだけ。漢字の宿題も楽々終えられるから、受験勉強の妨げにならな [続きを読む]
  • 英語4技能試験は何が変わる?
  • 2020年度から大学入試「センター試験」に代わって「大学入学共通テスト」が実施されることになった。 英語では民間試験の結果を使うこともできることとなり、英検やTOEFLなどが認定された。予備校や大手学習塾や英語教室などは、「儲けるならここぞ」とばかりの宣伝広告を繰り広げている。この宣伝広告に踊らされる人が後を絶たない。ところが、東京大学は、早々に、この民間試験の導入を見送った。つまり、合格者選抜に [続きを読む]
  • 本音では勉強してほしくない親
  • 表向きはどうあれ、本音では、わが子の学業成績が向上してほしくない親がいる。実はかなりの割合でいる。エッと思う人がいるかもしれないが、アナタも実はそうかもしれない。表向きの希望と、深層心理における欲望は一致するとは限らない。勉強ができるようになって、一流大学に進学し、親元を離れてしまっては困る。 →大都市通勤圏に住んでいないか、大都市通勤圏外で育った親に多い。一人っ子の親、女子の親に多い。勉強ができ [続きを読む]
  • 【都立中】適性検査算数
  • 都立中を目指す受検生が、適性検査算数を攻略する上で取り組むのに向いている、市販の参考書というか問題集が1つだけある。比較的新しく店頭に並び始めた。初版が2017年だ。現在作成しているオリジナル教材と以下のやの考え方が共通している点において強く共感できる。従来の中学受験算数学習書や問題集とは根本的に違う。つまり『思考力型算数』を完全に視野に入れている。そのためなのか、ととはあえて紹介していない。都立 [続きを読む]
  • 大型書店の参考書売り場にて
  • 仕事柄、休日に大型書店の学習参考書売り場を訪れることが多い。滞在時間は数時間から、ほぼ一日に及ぶほど長時間になることが多い。小学校低学年向けから、大学受験向けまで、気の赴くままに見て歩くので、どうしても長い滞在時間になってしまう。もちろん、収穫も多い。大学受験向けなどは、定番から新刊まで種類が豊富なので、毎週末通っても全てをチェックできない。参考書売り場で収穫となるのは書籍だけではない。最近は書店 [続きを読む]