Apopo さん プロフィール

  •  
Apopoさん: 志賀高原の麓でりんご販売
ハンドル名Apopo さん
ブログタイトル志賀高原の麓でりんご販売
ブログURLhttp://store.ao-c.biz/
サイト紹介文東京から志賀高原やソラテラスのある山ノ内町に移住しりんご直売所を開業しました
自由文美味しい山ノ内町リンゴを知ってもらうため外からの視点で観光客に販売できたらと思ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 37日(平均5.7回/週) - 参加 2017/10/17 01:38

Apopo さんのブログ記事

  • 雪降りましたー
  • とうとう山ノ内町にも雪が降りましたぁ。薄っすらと雪化粧です。ふじの収穫は、一部を残してほぼ終了したので、降雪前になんとか間に合った。リンゴに雪が被ってしまうと凍ってしまい、融けるまで収穫ができない状態になってしまう。リンゴが収穫された畑を見るとなんか寂しい感じです。収穫も終わり、あとは肥料やりなどの畑の管理作業があります。Copyright © 2017 apopo All Rights Reserved. [続きを読む]
  • リンゴ箱を作成
  • 商品のリンゴを入れる木箱を作成しました。枠を作って底板を取り付けるだけの簡単なものです。枠部分が完成。底板を取り付け完成。とりあえず4式。 商品を並べる台や箱は完成です。来週末からリンゴ販売を開始する予定。細かい所は販売しながら行い、改善していけばいいかな。 Copyright © 2017 apopo All Rights Reserved. [続きを読む]
  • ふじの収穫が始まりました
  • 今週後半の天気予報は雪!また冷え込みもきつくなると予想されている。なので急いでふじを収穫しています。昨年も11月後半、ふじの収穫途中に雪が積もりました。これは昨年、雪が降った時の畑の様子。融けるのを待って収穫しました。里の紅葉も終わりかけ。色づきがもう少しというリンゴもありますが、雪の心配もあり全収穫します。 急ピッチで収穫しています。台風などの影響で擦れた傷がついたものもありますが、風にも負けずに [続きを読む]
  • ふじの収穫が始まりました
  • 今週後半の天気予報は雪!また冷え込みもきつくなると予想されている。なので急いでふじを収穫しています。昨年も11月後半、ふじの収穫途中に雪が積もりました。これは昨年、雪が降った時の畑の様子。融けるのを待って収穫しました。里の紅葉も終わりかけ。色づきがもう少しというリンゴもありますが、雪の心配もあり全収穫します。 急ピッチで収穫しています。台風などの影響で擦れた傷がついたものもありますが、風にも負けずに [続きを読む]
  • 直売所のレイアウト
  • 直売所のレイアウトをどうするのか悩んでいたのですが、嫁のアドバイスをもらいメインとなるリンゴ陳列台を設置。お客さんが入ってきたときに、見やすく手に取りやすい形で、センス良く置ければいいのだ。自分がやるとたいがい角からピシッとみたいになってしまいセンスのかけらもない。。。りんご木箱を台にし、その上に木製パレットを乗せて商品陳列台とする。このパレットは、自宅でベッドとして使用していたものを流用。入口を [続きを読む]
  • 名月の収穫
  • 今日は日中でも気温が10℃にとどかず寒い1日でした。すでに志賀高原では降雪があるので、里にもそろそろ初雪があるかも。寒い中、「ぐんま名月」というリンゴの収穫を行いました。黄色いリンゴで、見た目がシナノゴールドに似ている気がする。ぐんま名月の特徴名前にぐんまと付いている通り群馬県生まれの黄色いリンゴです。「あかぎ」と「ふじ」を交配して育成され、1991年に品種登録されました。収穫期のころには、黄色の果皮に [続きを読む]
  • 王林の収穫
  • 今日は快晴のポカポカした陽気の下、王林の収穫を行いました。王林の特徴福島県の大槻只之助氏が、「ゴールデン・デリシャス」と「印度」を交配して育成し、1952年に命名された青りんごの代表的な品種です。外見は、黄緑色の果皮に斑点があるのが特徴。果汁は多く、酸味が少なめで甘味が強い。また特有のさわやかな香りがあります。 黄色系のリンゴは、葉をとったり、シルバーシートを敷いたりして、太陽の光をより当てるための着 [続きを読む]
  • ブドウの冬支度
  • だいぶ朝晩の冷え込みが辛くなってきました。毎朝霜が降りて真っ白だし。本格的な冬の到来の前に、収穫がすべて終わったブドウの畑で寒さ対策の作業を行いました。リンゴの「ふじ」の収穫が来週にも始まるので、この時期にやらないと手が回らなくなるんですね。 ワラ巻き寒さからブドウの樹を守ってあげるために幹にワラを巻いてあげる。ワラを巻くことで、樹の昇温防止効果と防寒効果があるとのこと。この作業はモモの若樹にも行 [続きを読む]
  • 世界一という名のリンゴ
  • 名前も大きさもBIG! リンゴの品種の中に、「世界一」という名前のリンゴがあるのをご存知でしょうか?このリンゴの最大の特徴は、大きさ。平均で500g程あり、大きいものは1kgを超えるものも。リンゴの王様「サンふじ」の平均が300g前後なので、その大きさと重さには驚きです。青森県で育成され、世界一大きいリンゴとして宣伝されたことから名前が付いたそうです。 大きさだけじゃなく味のバランスもいい長野県での生産量はそれほ [続きを読む]
  • 紅葉とリンゴ
  • 11月に入り「ふじ」もだいぶ色づいてきました。あと2週間弱で収穫が始まります。この時期になると周辺の里山が紅葉してキレイです。 紅葉を楽しめる「ふじ」ここ山ノ内町でのふじの収穫は、11月中旬ごろから始まる。里周辺の紅葉の見頃が11月上旬ごろなので、畑から赤く色づいたふじのバックに、紅葉した里山の風景を楽しむことができます。 「ふじ」の生産量がダントツで多いので、赤いリンゴが目立ちますが、「シナノゴールド」 [続きを読む]
  • 長野 人気のリンゴ3品種
  • みなさん「りんご三兄弟」ってご存知でしょうか。自分は長野に移住するまで知りませんでしたぁ。だんご三兄弟のパクリのような名前ですが、簡単にご紹介します。 りんご三兄弟って長野県で生まれたオリジナルの3品種(秋映、シナノスイート、シナノゴールド)を総称して「りんご三兄弟」と呼び、2009年に商標登録したそうです。 長男 秋映(あきばえ)「千秋」と「つがる」を交配して作られた品種。収穫時期は、9月下旬から10月 [続きを読む]
  • ワラのはざかけ
  • 10月も下旬となりかなり朝晩の寒さがつらくなってきたので、そろそろファンヒータを出そうと思ってます。スノーボードとかスノーシューハイクとかは好きなんですが、寒さに弱いです。家などと同様に、樹にも冬支度が必要で、ワラを樹に巻く防寒対策があるんです。今日はその準備としてワラのはざかけを行いました。 ワラで防寒対策ここ山ノ内町の冬といえば、雪も積もるし寒いんです。-10℃になるときもある。人間だけじゃなく果樹 [続きを読む]
  • 黒板を自作してみた
  • 直売所内部の仕切り壁の一部を黒板にしてみました。絵を描いたり、商品案内などにも使えて便利なのと、何となくオシャレにも見えるんじゃないかと。塗るだけで簡単に黒板に小さなものなら買う方がよいかもしれませんが、壁一面を黒板にする場合などは、自分で作ってしまおう。壁にペンキを塗る要領で、簡単に黒板が作れる塗料があるんです。しかも色も豊富にあり、定番の黒から青やオレンジなど20色もありました。今回使用したのは [続きを読む]
  • シナノスイートの収穫
  • 10月も半ばを過ぎシナノスイートの収穫が始まってます。今年は雨が多くお日さまが出る日が少ないので色づきが遅いような感じです。 シナノスイートとは 信州りんご三兄弟の次男坊。つがるとふじの間、10月中旬ごろに収穫時期を迎える長野県で誕生した甘〜いリンゴです。ちなみに信州りんご三兄弟は、長野県生まれのオリジナル3品種のことです。長男:秋映次男:シナノスイート三男:シナノゴールド 品種晩成種の「ふじ」と早生種の [続きを読む]
  • シルバーシート敷き
  • 本日はリンゴ畑にシルバーシート(反射シート)を敷く作業を行いました。太陽の光を乱反射させてリンゴにまんべんなく当ててあげ、色づきを良くします。モモの樹でも敷きますが、敷く期間が短く収穫前の2週間程度に対し、リンゴのふじの場合は約1か月と長い。リンゴはじっくり色づかせるんですね。 すでに陽がよく当たる場所のリンゴは、ほわっと赤く色づき始めてます。樹の懐や脇の通り道にシルバーシートを敷きます。 シルバーシ [続きを読む]
  • ふじの葉つみ
  • リンゴの王様、ふじの葉つみ作業が始まりました。作業は、つがるやスイートと同様ですが、作ってる量が一番多い!しばらくは、連日葉つみ作業です。 太陽の光がリンゴに当たるように葉を摘んであげる。 これでたくさん日があたりますね。この作業をリンゴ一つ一つに行っていく。 葉つみ前の状態です。リンゴが葉の影になってる。 こちらが葉つみ後です。邪魔してる葉がなくなりました。葉はリンゴが育つのに必要なので、取りすぎて [続きを読む]
  • リンゴ直売所周辺の片づけ
  • 先日草刈りをした直売所の周辺ですが、放置されていた丸太や枝などが大量に出てきたので、今日はその片づけを行いました。伐採した木の残骸らしい。(-ω-;)ウーン どうしよう。燃やしてしまいたいけどそうはいかないので、とりあえず邪魔にならないところにまとめることに。写真右奥の草を刈って、そこにまとめていく。 鉄パイプなども何本か出てきました。。。 まとめた丸太や枝、パレットの残骸など、かなりの量です。 所感結構 [続きを読む]
  • つがるの葉つみ
  • リンゴ「つがる」の葉つみ作業が続いています。リンゴの周りのの葉をとり、太陽が良く当たるようにしてあげることで、色が付きをよくするんですね。 つがるの特徴つがるは、ふじに次いで2番目に生産量が多い品種で、酸味が少なく甘いジューシーなリンゴです。また歯ごたえがよくシャキシャキした食感も特徴です。長野県北信地方では、9月中旬から下旬に出荷が始まる早生リンゴ。 リンゴの周りの葉を摘んでいく。これが一つ一つ行う [続きを読む]
  • 板張り
  • リンゴ直売所にする倉庫小屋の内側の壁が、トタンがむき出し状態なので、ちょと見た目が汚らしいし寒々しい。ということで、板を張ることにしました。材料は家にある木材屋さんからいただいたものと足りない分は買うことに。 この壁や仕切りに板を張っていく。 とりあえず一面貼り終えた。板の幅とか均一じゃなけど気にしない。 入口付近の一角が終了。とりあえずいい感じ。 反対側の壁。 こちらもなんとか終了。 手持ちの板が終了 [続きを読む]
  • 草刈りの日
  • 直売所周辺の草が生え放題でもさもさです。草を何年も刈ってないらしく荒れ放題です。今日は草刈りをしてキレイにすることにしました。 草が伸び放題!そうそう、この北信地方では草などが成長し、もさもさの状態のことを「ほける」と言います。刈り払い機(通称ビーバー)を使って刈っていきます。なんでビーバーと呼ぶんだろう(?_?)気になったのでちょっと調べてみました。山田機械工業が制作した元祖仮払い機の商標が「ビーバー [続きを読む]
  • リンゴ直売所の準備
  • 直売所にする倉庫小屋の周りには、建物を解体したときの廃材らしきものなどが山積みとなっている。車を停めれるスペース確保のために片づけてキレイにします。言うのは簡単なんだけど、いざ片づけるとなるとかなり重労働。どんだけの期間放置されていたのか分からないが、土が被ってるし、アリやら色んな虫がいっぱい出てくるし、かなりきつかった。小屋の真ん前に山積みされた建築廃材。しかも山が2つも。 色んな虫が出てくるので [続きを読む]