ノート さん プロフィール

  •  
ノートさん: スケブノート
ハンドル名ノート さん
ブログタイトルスケブノート
ブログURLhttp://notebook5386.blog.fc2.com/
サイト紹介文4コマ漫画・スケッチブック(小箱とたん先生)のことを中心に面白いと思ったものについて書くブログ
自由文小箱とたん先生が描く4コマ漫画「スケッチブック」について書くブログです。スケッチブックのファン活動がしたくて作りました。自分が思っている「スケッチブック」の面白さを様々な記事の形で書いていけたらいいなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 26日(平均13.5回/週) - 参加 2017/10/17 04:59

ノート さんのブログ記事

  • スケッチブック 変わらない春日野先生
  • 6巻73話12ページ「先生は?」美術室に遊びに来た上野さんが夏海の言葉をヒントに、春日野先生の動向を見事に当てる名推理を披露しています。4コマ目の上野さんの台詞から、上野さんや柴田さんが在学していた時から春日野先生のそそっかしさは変わっていなんだなと察することができますね。こういう過去の様子を想像することができる発言は非常にいいですね。スケッチブックは過去がほとんど描かれないので、「お!」と思ってしまい [続きを読む]
  • スケッチブック 愛称
  • スケッチブック 誰が愛称を付けたのか上記の「愛称」について調べた記事でも書きましたけど、佐々木樹々さんの「ささっさん」という愛称は本編で2回(出張版28ページ「トランプ」・3巻112ページ「瞬間接着剤」)しか呼ばれていません。しかし、読者への浸透度は高いです。あくまでネット上での印象ですけどね。2回しか呼ばれていない愛称がここまで浸透するのは珍しいなと思います。本編ではないですけど、パーフェクトワークブック [続きを読む]
  • スケッチブック 渓・高嶺の初登場
  • 4巻56話102ページ「災」2コマ目・4コマ目にまだメインキャラクターになる前の渓と高嶺が登場しています。この時点でとたん先生の頭の中にはこの2人の構想があったのか、ずっと気になっています。もしそうだとすると本格的に登場しだすのが7巻88話なので、約3年近く練ったキャラクターなのかな。この2人の初登場時の「ゴールデンルーキー」感は凄かったよ。見るからに適当そうな渓とクールで知的な高嶺、今までスケッチブックにいな [続きを読む]
  • スケッチブック 普段の生活
  • 11巻156話92ページ「板チョコ」涼ちゃんが大量の板チョコでクラスの男子たちを戸惑わせる、小悪魔的な悪戯を仕掛けたエピソード。動揺する男子の姿見たかったですね。というか涼ちゃんは美術部以外でもあのノリを保っているんでしょうか。涼風コンビの部活外での姿は本当に気になる。変わり者集団の美術部員にさえ苦手意識を持っている部員が存在するのだから、一般生徒から見たら、さぞかし珍妙な2人なのかなと思ったりもします。 [続きを読む]
  • スケッチブック 中世明日香さんのブログ記事
  • 10月3日麻生夏海生誕祭上記のリンクは、スケッチブック 〜full color's〜で「麻生夏海」の声優を担当した中世明日香さんの10月3日のブログ記事をトラックバックしたものです。10月3日は夏海の誕生日でして、中世さんが夏海の絵を描いてお祝いされています。スケッチブック 〜full color's〜を見てから原作を読むと、夏海の台詞が全部中世さんの声で脳内再生される程、印象に残りましたし、はまり役だったと思います。月日が経って [続きを読む]
  • スケッチブック 5巻おまけページ
  • 5巻のおまけページで風ちゃんが言った「規定値すら改竄 深い鼻シワ 駅内のゲスト」この台詞を最初に見た時、頭の上に本気の?が浮かびました。少し経ってから、直前の涼ちゃんの台詞をもじっているんだなと気付いたよ。とたん先生の言語感覚ってどうなっているんですか。ナンセンスで意味不明ですけど、妙にリズムが良くて、声に出して言いたくなりますね。あと、この台詞を言っている時の風ちゃんの表情が可愛い。その後の「こ [続きを読む]
  • スケッチブック 短文語り④
  • 読む時々でツボに入るネタは違います。最近だと12巻を読んでいて、139ページ「安全」で野生動物に群がられたい乙女チックな願望を持つ渓に対して、虫や動物が人に集まって来る理由を理論的に説明する栗ちゃん。そんな栗ちゃんに渓が言った「栗原先輩が夢をデストロイしてくる」と言う言い回しが妙にツボにハマってしまって数分間笑ってしまいました。唐突にルー大柴さんのような言い回しをするのは面白かったね。その時は特にツ [続きを読む]
  • スケッチブック 誰が愛称を付けたのか
  • スケッチブックは愛称・ニックネームがついているキャラが多数存在していて、今ではすっかり読者に定着しているものが多く、親しみが湧きやすい要因の一つになっていると思います。そんな愛称について気になっていることがあります。それは「その愛称は誰が付けたのか」という点についてです。そのことで自分なりの考えを書いていきます。 [続きを読む]
  • スケッチブック〜fullcolor's〜 空を描いた夏海
  • fullcolor's1話終盤、夏海の空に対する特別な想いが文字通り描かれているあのシーンは印象的ですよ。描いた絵が後姿なのが良かったな。夏海から空へのちょっと一方通行な関係が表れていて、大好きなシーン。葉月に対してにっこりと笑って「しー」と内緒のジェスチャーをする夏海でしたけど、自分の想いは空に知られたくないようでしたね。そのあたりの感情がとても可愛らしいと思います。その絵を見て「え?」と驚くも、深く尋ねな [続きを読む]
  • スケッチブック 根岸君の好み
  • スケッチブック7巻93話70ページ「いない」クモに全く動じない、ささっさん・空閑っち・朝霞に対して「キャーとかいうやつはいないのか」と言う根岸君。この発言はスケッチブック女子を的確に表現したツッコミだと思います。根岸君はクモを見て「キャー」と悲鳴を上げるような女の子が好みなんでしょうか。しかし残念なことに、根岸君の周りにいる女の子達は栗ちゃんをはじめとして、虫に対する耐性が半端じゃないからね。望んで [続きを読む]
  • スケッチブック 夏も終わりがけ
  • 最近すっかり一時期の暑さもなくなり、過ごしやすくなってきましたね。夏の終わりがけを感じます。夏の終わりがけと言えば、スケッチブックファンの自分は6巻79話72ページ「海水浴」の話を思い出してしまいます。海水浴をするために美術部全員で海にやって来てはしゃぐ春日野先生に対して「夏ももう終わりがけですけどね」とチクリと刺す夏海に、必死の反論を述べる春日野先生が大人気ないけど可愛いね。「じゃなに?いま秋 [続きを読む]