miyakojimalife さん プロフィール

  •  
miyakojimalifeさん: 沖縄・宮古島移住生活
ハンドル名miyakojimalife さん
ブログタイトル沖縄・宮古島移住生活
ブログURLhttps://www.miyakojimalife.com/
サイト紹介文宮古島に旅行や移住を検討している人に、レジャー情報や生活、守るべきサンゴについて発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 345日(平均1.1回/週) - 参加 2017/10/17 18:30

miyakojimalife さんのブログ記事

  • 宮古島移住での車の必要性と購入の注意点
  • 以前のエントリで宮古島旅行ではレンタカーが必須、という話を書きましたが、今回は移住による日常生活における車の必要性について紹介します。「宮古島 移住 車」の検索ワード流入がそこそこあるので、気になっている方が多いようです。車の必要性レンタカーが必須のエリアなので当然ですが、生活には車が必須!です。宮古島は公共交通が極めて少なく、気候や街の規模的に徒歩移動もかなり困難なので、車なしでの生活はとても大 [続きを読む]
  • 宮古島の夜は蛍を見よう!ホタルを見られる場所・時期について
  • 私は移住してきてしばらくするまで、「宮古島にホタルがいる」ということを知りませんでした。宮古島は「川がないから土が海に流れず、透明度が高い」ということを聞いていたので、きれいな川辺に生息するイメージが強いホタルがいるなんて、考えたこともなかったのです。でも、実は宮古島は、かなり素敵なホタルスポットでもあることがわかりました。日常の中でちょっと出かけるとホタルが見られるというのは、移住前では想像もで [続きを読む]
  • 【宮古島の動物】沖縄県指定の天然記念物「ヤシガニ」
  • 本日の写真は、ヤシガニです。沖縄県指定の天然記念物ですが、宮古島では道端で普通に目にします。草むらで何やらガサゴソと音がしていると、だいたいはヤシガニのようです。ヤシガニという名前ですが、種としてはヤドカリの一種。幼生期はヤドカリ同様に貝を借りて生活しますが、大人になると外皮が固くなり、貝がいらなくなります。はさみの力はとても強力で、人間の指などは軽く切り取るらしいので、うかつに触るのは危険です。 [続きを読む]
  • もう、新城海岸シュノーケルはおすすめできないかもしれない
  • 本土から友人が遊びに来てくれたので、久しぶりに新城海岸へ行ってシュノーケルしてきました。新城海岸は、宮古島ではおそらく吉野海岸と並んで二大有名なシュノーケルを楽しみやすい海岸で、ガイドブックや観光情報サイトでも必ず紹介されています。確かに、遠浅でサンゴも多く、魚も多いのでシュノーケルを楽しむには素晴らしい海岸です。また、まっすぐに30分ほど泳げばリーフエッジまで行くことができ、急に沈み込む幻想的な景 [続きを読む]
  • 神様のいる場所!神秘の島「大神島」は最高のパワースポット
  • 宮古島市は、宮古島を主島に、池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島の6つの島で構成されています。このうち、大神島以外はすべて橋が繋がっているので車で行けますが、大神島は船でないと行くことができません。そのため、宮古島に旅行に来た人でも行ったことがない人が多く、「知る人ぞ知る」存在の島です。今日は、そんな「大神島」をご紹介します。神様のいる島昔から宮古島では、大神島には「神様がいる」と言い伝えられ [続きを読む]
  • 「音」で生活場所を選ぶという視点
  • 先日、久しぶりに東京に行く機会がありました。宮古島に移住する前から、多すぎる人や高すぎるビル、汚い空気・・など東京の「生活しにくさ」は感じていましたが、今回改めて痛感したことは、東京は「音」がうるさすぎる、ということでした。車の音、電車の音、お店の音、人の声。歩いていると、常に何かの音にさらされていて、情報過多で神経の休まるときがありません。本当に自分は毎日こんなところを歩いて暮らしていたのかと、 [続きを読む]
  • 宮古島で食べられる豚骨醤油ラーメン『沖縄宮古島ラーメン・天晴』
  • 宮古島の麺類文化は圧倒的に「宮古そば」といわれるいわゆる沖縄そばが優勢ですが、近年は移住者の増加もあり、本土のラーメン文化も入ってきています。今日は、宮古島で食べられる豚骨ラーメンのお店「沖縄宮古島ラーメン・天晴」さんを紹介します。「家系」を彷彿とさせるクリーミー豚骨関東出身の人にはなじみ深いソウルフードとして「家系ラーメン」があると思いますが、天晴さんのラーメンは、関東の家系ラーメンと博多の白 [続きを読む]
  • 【フォトスポット】伊良部島・タートルロック
  • 今日の写真は、私が勝手に旅行中のフォトスポットにならないかなあと思っている、伊良部島にあるカメに似た岩を紹介します。(伊良部島は、宮古島から「伊良部大橋」という通行無料では日本一長い橋でつながった島です)ちょっと曇っていた日の写真なので明るさが足りないですが、カメに似ていますよね。タイトルでは「タートルロック」としてみましたが、地元でそう呼ばれているわけではありません。場所は伊良部大橋の角度から、 [続きを読む]
  • 新観光名所誕生!アロエとヤギとピラミッド
  • 先日、宮古島をドライブしていたら、突如これが目に飛び込んできました。インパクトの大きいこのオブジェ、「ヤギピラミッド」というらしいです。話を聞いてみると、ここはしろう農園さんが運営している「ヤギふれあい牧場」という施設とのこと。ちょうど9月2日にオープンしたばかりの観光名所でしたので、本日はこの施設を紹介します。アロエのアンテナショップしろう農園は、宮古島でアロエを栽培している農家さん。六次産業とし [続きを読む]
  • 【宮古島の花】ハイビスカス
  • 宮古島に来るまでは、陸の動植物にあまり興味がなかったのですが、生活している中でよく目にするようになり、だんだん興味が出てきました。このブログでも、折に触れて、宮古島の写真も発信していければと思います。最初は、ハイビスカスです。南国の花として一番に思い浮かぶ花ですよね。私も名前を知っていた数少ない花です。宮古島では、春先から10月くらいまでは道端で頻繁に見かけます。ハイビスカスには蝶々がよく蜜を吸いに [続きを読む]
  • 安心?がっかり? 宮古島にある「チェーン店」のまとめ
  • 宮古島への移住には、海や空、マングローブなど豊かな自然を求めて来る人が多いと思います。でも一方で、なじみのあるチェーン店が少しはあると安心だ、という人も多いのではないでしょうか。私もその一人で、移住前には、「こんな店もあるんだ」と知ることが、安心材料となりました。なじみのある店に行けるということはもちろんなのですが、「その店が売り上げを維持できるだけの経済規模がある」ということの担保にもなりますよ [続きを読む]
  • 私が宮古島移住を決めた理由
  • このブログでは、極力、宮古島に関心のある方に役立つ情報を発信していきたいと思っています。が、せっかくなので、個人的な記録としても活用していきます。読んでくださる方にとっては「お前のことはいいから宮古島のことを教えてくれ」というところもあるかもしれませんが、これも何かの縁とお付き合いいただけると嬉しいです。書いているうちに少し長くなってしまったので、大げさですけど目次も付けました。 東京からの移住 [続きを読む]
  • 【サンゴ保護】3Dプリンタで人工サンゴを作る!?
  • 宮古島はもちろん、世界中でサンゴが危機的状況にあります。このブログでは、サンゴの状況を学び、発信していくために、サンゴに関するニュースも紹介してきます。本日紹介するニュースは、3Dプリンターで「人工サンゴ」を作りサンゴ礁を保全するです。リゾート地で有名な「モルディブ」では、温暖化などの影響で失われたサンゴの代わりに、魚などの生きる場所を提供するために人工サンゴを埋めている、ということです。人工サンゴ [続きを読む]
  • 宮古島では「いつからいつまで」海に入れるか
  • 宮古島旅行を検討している人は、「いつまで海に入れるのか」「いつが海に入りやすいのか」が気になりますよね。いろいろなサイトを見ると、「年間を通して海に入れます」といった表記を見かけますが、ビーチエントリのシュノーケルを中心にライトなマリンレジャーを楽しんでいる私からすると、「嘘つけ!笑」と感じます。そこで今回は、完全なる私の体感をもとに、超簡略型の「海に入れる年間スケジュール」を作成してみました。な [続きを読む]
  • 年末年始の航空券の価格比較!明日からJAL/ANAの一般発売開始
  • JALやANAをはじめとする多くの航空会社で、明日から年末年始を含む10月28日以降の飛行機チケットが発売されます。昨日や今日は、マイレージ会員など種別ごとに先行してチケット販売がされました。私は、今年は12月27日に宮古島をでて、12月31日に帰ってくる予定にしました。年末年始のチケット事情を知りたい方も多いと思いますので、購入ついでにまとめた価格差を比較します。ただし、航空券のチケットは乗継便や購入できた適用早 [続きを読む]
  • 【移住支援】東京在住者必見!9月8日に沖縄離島移住相談会開催
  • 東京近郊にお住まいで、沖縄への移住を検討している方は必見です。9月8日に、東京八重洲の移住・交流ガーデンにて「おきなわ島ぐらし移住相談会」が開催されます。参加自治体は「石垣市」「うるま市」「渡名喜村」「久米島町」「竹富町」の5市町村。一挙にこれだけの自治体のお話が聞ける機会はなかなかありません。私の住んでいる宮古島市が参加していないのはとても残念ですが、沖縄の離島の雰囲気を感じるには、素晴らしいイベ [続きを読む]