かずやん さん プロフィール

  •  
かずやんさん: Find Something the World
ハンドル名かずやん さん
ブログタイトルFind Something the World
ブログURLhttp://kz-travelphoto.blogspot.com/
サイト紹介文妻と2人ハネムーン代わりの世界旅行。 節約旅ではなく思うままに。 目指すは自己旅伝記
自由文30代、仕事をやめて妻と2人旅。
趣味のカメラを片手に自己旅伝記を作るべく世界旅行。
帰国後、写真とブログを参考に自己出版みたく本を作りたい予定
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 59日(平均5.3回/週) - 参加 2017/10/18 20:11

かずやん さんのブログ記事

  • ヤンゴンからゴールデンロックまで日帰り観光
  • ミャンマー3日目ミャンマーと言えば…ゴールデンロックが頭に浮かぶ人は多いと思う正式名所はチャイティーヨー・パヤーそのゴールデンロックがあるキンプンという場所はヤンゴンから約200kmバスか鉄道で行けるが鉄道は1時間に1本程度の運行なのでほぼバス一択ではないかと思う大体の旅行者はキンプンで1泊する感じが多いらしいしかしキンプンは小さな村なので1泊するには勿体ない(ゴールデンロックしかないから)ヤンゴンの宿の人 [続きを読む]
  • ヤンゴン市内観光
  • ミャンマー2日目朝からヤンゴンの街を観光暑い…ルアンパバーンが思ったより涼しく少し肌寒かったのでこの灼熱は体にこたえるそれでも夜のシュエダゴン・パヤーのライトアップが見たい為夜まで粘らねば宿から一番近い観光名所はチャウッタージー・パヤー巨大涅槃物タイのワット・ポーにも負けず劣らずの大きさ金ぴかではないが何とも凛々しい顔立ち足裏の108の仏絵もしっかり見れた次の目的地まではタクシーで移動 MYK3,000シュエ [続きを読む]
  • ルアンパバーンにて托鉢、そして次の国へ
  • ラオス5日目昨日うっかり寝坊してしまい見れなかった托鉢を見るためAM5:15起床まだ空は暗い5:30頃寺院の鐘が鳴ったどうやら托鉢開始の合図らしい急いで支度をし向かった托鉢とは僧が修行の為に鉢を持って家などの前に立ち経文などを唱え、生活に必要な最低限の食料などを乞う行為与える側は膝立ちになり僧より高い目線になってはいけない勿論、僧の前に立ってもいけない東南アジアの上座部仏教の一部では現在も街などを歩き回る連 [続きを読む]
  • 楽園ルアンパバーン
  • ラオス4日目本日は久しぶりの晴れナリ托鉢を観ようと朝5時に起床まだ空は暗い托鉢はラオス全域で行われていてだいたい朝5時ごろから薄暗い中始まるらしいしかし、ルアンパバーンの托鉢は観光客などに合わせ日の出と共に始まるらしい5時では早すぎたかふと気が緩み2度寝…起きたら6時半…急いで出かける托鉢終わってました…仕方ないので朝市を少し覗くネズミの丸焼きとか売っている宿に帰って3度寝8時ころ起床し今日はルアンパバー [続きを読む]
  • ルアンパバーンにて象使いの勉強
  • ラオス3日目今日はいつか象使いになる時の為にマホート(象使い)のトレーニングに参加しましたちなみに最近噂の象使いの国家資格そもそもラオスにはマホートの国家資格なんて存在しないので間違えないようにトレーニングに参加して貰えるものはあくまでもElephant Camp側が発行している証明書マホートのみなさんは元々象使いの家系訓練を積んで象使いになっているなど別に国家資格を持っている訳ではない本気でマホートになりたいの [続きを読む]
  • ルアンパバーンにて…本日は雨なり
  • ラオス2日目朝、目が覚めると肌寒い煙草を吸いに外へ出た本日は雨なり…ルアンパバーンは良くも悪くもすることがあまりない世界遺産の街ではあるが街というより町調べてみたところ仏僧による托鉢はあまりにも有名だが目ざとい観光地は数か所の寺院と博物館、竹橋など市内から少し離れるとエレファントキャンプや滝などがある程度だしかし、その「あまりすることがない」という環境がとても気持ちのいい、清々しいそして贅沢な時間 [続きを読む]
  • 世界一訪れたい国No.1ラオス
  • タイ8日目朝からラオスへ向けて動くというのもラオス国営航空(Lao Airlines)にはリコンファームというのが存在しているリコンファームとは事前確認の事で搭乗72時間前までに航空会社に電話、メール又はカウンター等で「飛行機に乗りますよ」の意思表示が必要72時間前となっているがその時間を過ぎていても必要これが意外と手間取る場合がありリコンファームがそもそもいらなかったりリコンファームの為に電話したら英語が上手く伝 [続きを読む]
  • 山の上の寺院ドイ・ステープ参拝
  • タイ7日目チェンマイ旧市街から車で約20分山の上にある寺院ドイ・ステープ寺院に拝観に行くドイ・ステープまでは旧市街北門外7/11(セブンイレブン)の前に専用のソンテウ乗り場がある北門→ドイ・ステープ THB50旧市街などを走っている流しのソンテウでも行くことは可能だが料金が結構高くつくらしい10人程集まらないと出発しないが現金に余裕がないのでじっと待つドイ・ステープまでは結構な山道を走っていくので車酔い注意ドイ・ [続きを読む]
  • チェンマイ旧市街観光
  • タイ6日目まさかのスキミング被害によって手元の現金のみの生活になってしまった…不正に引き出されたお金は補償が効き全て返ってきそうだがそれは先の話…口座凍結による財政難しかしこのまま帰国まで何もしないのももったいないだが、現金がない…チェンマイの観光を調べているとどうやらチェンマイには無数に寺院がありほとんどの寺院が無料で開放されているらしいこれなら現金が無くても観光ができる早速寺院が点在している旧 [続きを読む]
  • バンコクからチェンマイへ…そしてトラブル発生‼?
  • タイ4日目バンコクからチェンマイまで移動手段はバスを選択タイの国営バスのVIPを予約バンコク→チェンマイTHB759約JPN2622で飛行機のビジネスクラス広々とした座席にリクライニングさらにコーヒー、お菓子、ご飯、水が配られる非常にお得感満載のバス出発は21:00約10時間の深夜の旅バスの出発地モーチット2の食堂激ウマで意気揚々とバスに乗り込み出発21:10分バスの広々とした座席に感動しながらゆっくりとタイの風景を見ていた( [続きを読む]
  • 古都アユタヤという場所
  • タイ3日目タイが誇る世界遺産古都アユタヤを訪れるアユタヤへはバンコクから約1時間半ロット・トゥーと呼ばれる乗合バンで向かうバンコク→アユタヤ THB60ロット・トゥーに乗る為にまずバンコク北バスターミナルに向かうBTSでモーチット駅まで行きそこからタクシーか路線バスで10分徒歩25分くらいかまずタクシーに聞いてみたやはり英語が通じないBus Stationすらも通じないバンコクのタクシーは英語が全く通じないタイ語オンリーで [続きを読む]
  • 真実の聖域サンクチュアリ・オブ・トゥルース
  • タイ2日目タイを訪れた際は是非行ってみたい場所があったサンクチュアリ・オブ・トゥルース真実の聖域と名ずけられたその建物はタイ中南部のリゾート地パタヤにある夥しい数の神や仏、動物といった様々な彫刻が存在しているタイだけでなくインド、中国、カンボジアなどアジア諸国の神々を織り込み仏教やヒンドゥー教、アジアの様々な宗教を一体化させたようなその姿は異様な雰囲気を醸し出している1981年に着工が開始され今もなお [続きを読む]
  • カンボジアから微笑みの国タイへ
  • カンボジア10日目カンボジアを出てタイへ向かう今回も陸路での国境越えだバスはプノンペン→シェムリアップでもお世話になったGiantibisシェムリアップ→バンコク USD32他のバス会社だとUSD7くらいからあった平均的なのは25日USD25くらいらしいではなぜ料金が高いGiantibisにしたのかカンボジア、タイ間の国境は前回のベトナム、カンボジア間とは少し違うベトナム、カンボジア間が緩すぎた荷物は全てバスから一度下ろし自分で荷物 [続きを読む]
  • アンコールワット再訪
  • カンボジア9日目滞在最終日(実質)アンコール遺跡のチケットを3日分買っていたので1日分残っていたもう一度アンコールワットをじっくりと見るためにトゥクトゥクで向かった到着時間はAM11:30日の出とともにアンコールワットはすごい数の観光客が押し寄せる各ツアーの最初はだいたいアンコールワットそれにサンライズツアーも重なって朝から激込みとなるしかし正午頃には暑さに加え昼食の時間それにツアー御一行は次の寺院などへ向 [続きを読む]
  • コーケー遺跡群と世界遺産プレアヴィヒア
  • カンボジア8日目コーケー遺跡群とプレアヴィヒアに向かう天気はあいにくの曇り空コーケー遺跡群はシェムリアップから約2時間半プレアヴィヒアはシェムリアップから約4時間若干方向も違うのでさらに長旅になりそうだそれ故あまり行く手段がないツアーか何人かで車をピックアップしていくかのほぼ二択シェムリアップの日本人宿などでピックアップ参加者を募っている場合があるという情報があったので3軒ほど回ってみたがこの日はどこ [続きを読む]
  • 森林に侵食された遺跡ベンメリア
  • カンボジア7日目アンコール遺跡群を少し離れ森林に侵食された遺跡ベンメリアへ行くことにしたベンメリアはシェムリアップから約65?行き方は主に4種類トゥクトゥク、車をチャーターする、ツアーもしくは乗り合わせバンで行くトゥクトゥクで約2時間、車(ツアー、バン含む)では約1時間半車、ツアーは金額的に高いので却下乗り合わせもあてがないので却下必然的にトゥクトゥクになった(安いし何も不自由がないので結果的に一番よか [続きを読む]
  • 世界遺産アンコール遺跡群巡り
  • カンボジア5日目、6日目2日間に渡ってアンコール遺跡群を巡るもちろん乗り物はトゥクトゥクだ2日間のチャーターでUSD43アンコール遺跡群のチケットが3DAYSでUSD621日目まずは小さな遺跡を巡るプレ・ループ夕日観賞で有名な遺跡東メボン東バライという大きな貯水池の中央に築かれた寺院現在貯水池は枯れているタ・ソム 数多くのデバダー(女神)のレリーフが残されている東の門はリエップという名の木に覆われていたクオル・コーヒ [続きを読む]
  • プノンペン→シェムリアップ バス移動
  • カンボジア4日目首都プノンペンから世界遺産アンコール遺跡群へバスに乗って移動する利用したのはGiant ibisプノンペン→シェムリアップ USD15所要時間 約6時間他のバス会社はもっと安く半額くらいのもあったがGiant ibisは各座席に電源が付いていてもちろんfreeWi-Fi完備そして何より座席が広い!バックパックに加えてサブバッグもパンパンな現代っ子には狭い座席で6時間はツライ…少しくらいの贅沢という事でGiant ibisに決定し [続きを読む]
  • カンボジアの古都ウドン
  • カンボジア3日目プノンペンから少し足を伸ばしてみようと思う南には小規模であるがクメールの遺跡があり北には歴代の王が築いたとされる仏塔があるらしい南の遺跡は映画『トゥームレイダー』のロケ地でアンコールワットよりも古い遺跡ワット・タ・プローム(アンコール遺跡群にあるのと同じ名前)北の仏塔はプノンペンに首都が遷都される前に首都が置かれていた場所日本の国民食 "ウドン" の語源にもなったとされるウドン遺跡好き [続きを読む]
  • プノンペンを街歩き
  • カンボジア2日目首都プノンペンを街歩きしてみるプノンペンの治安的にどうなのか心配だったがとりあえず行ってみることにしたプノンペンは現在急成長中しかしまだまだ街はガチャガチャしているゴミは散乱しているし車線はあってないようなものだし歩道は車とバイクで埋まっていて歩けないさらに屋台とトゥクトゥクが車道にはみ出ていて歩く場所がないがそれはジョグジャで経験済みなんとか行けそうだそれにしてもプノンペンの人た [続きを読む]
  • ベトナムからカンボジアへ陸路で国境越え
  • ベトナム14日目朝からバスに乗り込む人生初の陸路での国境越えの為だ島国の日本にいるとなかなか経験することはできない陸路での国境越え大抵は海外へ飛行機で行き空港の中のイミグレを通り入国空港以外のイミグレはどんなのだろうベトナムのホーチミンからカンボジアのプノンペンまではバスが毎日かなりの本数出ている入国などの時間も含めて約7時間運行している会社はいくつもあるがその中でも有名なメコンエクスプレスを選んだ [続きを読む]
  • ベトナム縦断の旅 最後の日
  • ベトナム13日目長かったベトナム最後の日はゆっくりと過ごす明日にはカンボジアに向けて移動プノンペンの情報収集などを兼ねてカフェに居座るそしてさすがに飽きてきていたベトナム料理に光を指してくれた店xoi ga number oneでベトナム料理最後の晩餐xoi ga とはオコワの上に蒸した鶏肉とフライドオニオンがのっていてマジで美味い量が少ないので一緒に麺も頂くビール天国ベトナムも今日で最後ベトナムはほんの50年前まで戦時下に [続きを読む]
  • ホーチミンの街を歩く
  • ベトナム12日目昨日のどしゃ降りが嘘のように今日は朝から天気がいい宿の近くのベーカリーで軽く朝食を済ませ街歩きへと繰り出したサイゴン(ホーチミン)の街は首都ハノイよりも都会の街並みそれに溶け込むかのようにフランス統治時代の建物が数々残る街だまずはシンボル的存在の教会へサイゴン大教会残念ながら改修中教会内のステンドグラスが綺麗との噂を聞いていたので少し残念だマリア像が街を見守るように立っていたサイゴン大 [続きを読む]
  • ホイアン〜ニャチャン〜サイゴン(ホーチミン)へ
  • ベトナム9日目19:00ホイアンからバスが出発ここからまた約12時間のバス移動今回の深夜バスは少々暑いしかしトイレがないので前回のように悪臭との戦いはなさそうだしかし2人のベトナム人がずっと大声で喋っている現在深夜1:00ベトナム10日目ニャチャンへ到着7時到着予定だったのだが現在5:00周りに開いている店もなくホテルにチェックインもできない仕方ないので海で時間を潰したニャチャンはベトナム屈指のリゾート地海はそれほど [続きを読む]
  • ホイアンから1時間 ミーソン聖域へ
  • ベトナム8日目世界遺産ミーソン聖域へはホイアンの街からバスで約1時間ツアー代USD5を支払い朝から向かったミーソン聖域はヒンドゥー教寺院遺跡カンボジアのアンコール遺跡が建てられたクメール文明と同じ時代チャンパ王国の時代のものだ規模はアンコール遺跡と比べると遥かに小さい遺跡発見時にすでに保存状態もあまりよくなくさらにベトナム戦争時この地域にアメリカ軍による爆撃があり爆撃の跡や破壊された遺跡も多数ある事から [続きを読む]