Zigk69 さん プロフィール

  •  
Zigk69さん: 医学革命の論理
ハンドル名Zigk69 さん
ブログタイトル医学革命の論理
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/Zigk69/
サイト紹介文タンパク質を「構造相転移」させる磁気療法は、現代医学を上回る最強の治療法でありニセ科学ではない。
自由文これまで不明であった磁気により病気が治癒するメカニズムを明らかにし、治療法として確立するための研究を行っていた。薬物療法から磁気療法へパラダイム転換することによって、多くの病気を即効的に治癒させることができる。磁気療法はニセ科学ではなく、未科学から真正科学となり、医学革命が実現する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 225日(平均1.2回/週) - 参加 2017/10/19 00:06

Zigk69 さんのブログ記事

  • 自己治療と他者治療
  • 病院に行って、検査診断のうえ薬物を処方してもらう。あるいは手術などの処置を受ける。医師たちに治療行為を委ねることになる、まな板の上のコイであり、患者は何も考える必要はない。鍼灸も同様である。磁気療法では患者が自分で治療ができるが、法則や理論を理解しなけれ [続きを読む]
  • 温冷熱療法
  • 患部や経穴といわれる部位に、カイロや保冷剤をあてると治癒する場合がある。病気という状態はタンパク質分子の機能異常であり、それは分子構造が変化したことによる。原子と原子が結合しているがバネのように振動しており、固有振動数が赤外線領域の振動数と重なる。熱は赤 [続きを読む]
  • 血管透過性
  • 炎症が起きると浮腫ができるが、原因や部位を問わず磁気で治療ができる。浮腫の場合であれば血管透過性を抑制しておく。2,3年前からドライアイになっていたようである。この場合は逆に涙腺から涙液の透過性を促進させればよい。10数分の治療で、10分後には症状が解消してし [続きを読む]
  • 磁気療法に使う磁石
  • 磁気療法には永久磁石を使う、つまり、静磁場を体表に作用させるのである。物質には電気的側面と磁気的側面があり、TMSによる変動磁場は実質的に電気刺激となってしまうので、タンパク質の磁気的異常を制御することはできない。かといって、電気的異常を確実に制御するこ [続きを読む]
  • 寛解と完治
  • 例えば、喘息は完治困難であり、症状がコントロールされた状態である寛解にするのが現代医学の目標とされている。ところが、磁気療法ならば喘息など1日で完治させることができる。これは、何を物語っているのか。分子生物学によって、病気は生体分子機械といわれるタンパク [続きを読む]
  • 相転移と変性の違い
  • 温冷熱療法なんかで、タンパク質の構造を変化させることによって治療できると書いたところ、タンパク質が構造変化すると変性し失活する、そんなことで治療ができるはずはないという批判を受けたことがこれまでに何度もある。タンパク質が機能を持つためには立体構造となる必 [続きを読む]
  • 磁気医学研究の糸口としての鍼灸
  • 鍼灸治療を受けたことも、行ったこともないが、磁気療法研究の糸口となったことは事実である。それ以前には漢方に関する書を数年間にわたり読んでいたが、漢方で病気を治療することは難しく、漢方理論の科学性に限界を感じていた。そんな頃、鍼灸的な発想をすれば多くの病気 [続きを読む]
  • 磁気療法の利点と欠点
  • 利点物理法則に基づく最も確実な治療ができる。原因や病名が分からなくても治療が可能。極めて即効的に治癒する。副作用がない。耐性菌を懸念する必要がない。症状や部位にかかわらず同じ方法で治療ができる。禁忌といえる部位や症状がない。多くの病気を治癒させても磁石の [続きを読む]
  • タンパク質分子の振動と同調
  • 振動するタンパク質分子は、部位間において同調しているのだろう。それによって機能系による秩序が形成される。例えば、ガン治療で、培養した免疫細胞を体内に入れるという免疫療法があるが、ほとんど成功していない。免疫細胞が多ければ、免疫機能が高いというものではない [続きを読む]
  • 自律神経と線維筋痛症
  • 線維筋痛症について考えてみよう。その痛みが発生するのはどこか?手とか足とか、ということではない。たとえば、神経痛の痛みはどこで発生するのか。これは運動神経で発生する痛みである。それでは線維筋痛症はどこだろうか。それは炎症などがあると、痛みというシグナルと [続きを読む]