あつこ さん プロフィール

  •  
あつこさん: 制作の日々
ハンドル名あつこ さん
ブログタイトル制作の日々
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/rosseatsuko
サイト紹介文イコンをかいています。巡礼旅行も時々しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 244日(平均4.0回/週) - 参加 2017/10/19 01:06

あつこ さんのブログ記事

  • ブルゴス聖母マリア大聖堂
  • ブルゴス聖母マリア大聖堂2018年5月17日(木)大聖堂で10時の鐘つき男(papamoscas)を見てからまた見学を続けています。大聖堂は復活祭などの大切なミサの時にだけ使われているそうです!ブルゴスは巡礼者達を大切にしていて15の教会30箇所の病院があり巡礼者にはパン500グラム、肉、ワインのお恵みがあったそうです。天井丁度この墓石の上にある天井です。チャペル両わきにある椅子椅子の上にあるレリーフ受胎告 [続きを読む]
  • Une Année Polaire
  • Une Année Polaire昨日、、、迷いましたが「極地の1年」という映画を観てきました!Samuel Collardey監督Anders Hvidegaard主演デンマークの青年が初めての職場に人口80人のアイスランドの極地の村の教員に出かけて生徒や村人と過ごした記録、、、会話はデンマーク語とアイスランド語で(デンマークの自治領になっている)ドイツ語とフランス語の字幕付きでした!殆ど雪で囲まれた村での生活少しずつ村人や子供達に溶け込んで [続きを読む]
  • 自由への祭り
  • 自由への祭り昨年の6月16日選挙結果でジュラ州への移行が多数を占めましたので地元はベルン州からジュラ州に移行することになっています。まだ正式な移行にはなっていませんがジュラ州になることが決まったお祭りです。帰宅途中で旧市街に集まってお祝いしている人達を見かけました!持ち船で世界一周を終えたPMの従弟にバッタリ出会いました。この前であった時はモリス島に舫ってある船で最後の部分のセーリングをすると言っ [続きを読む]
  • Nicolas de Flue
  • Nicolas de Flue昨晩は地元教会でスイスの守護の聖人ニコラ・ド・フリューの子孫にあたるジャーナリストのKathrin Benzさんの講演とチェンバロ、オルガン、トランペットのコンサートがありました。地元のカトリック教会1963年〜1967年に建設されたモダンな造りです。祭壇の部分この日はコンサートのチェンバロが置いてありました。壁面にビデオの画像が映るようになっています。聖ニコラ・ド・フリューは、聖職者ではあり [続きを読む]
  • Burgos市内観光
  • Burgos市内観光2018年5月17日(木)旅行第3日目朝食後8時45分から市内観光が始まりました!旧市街を守る城壁にそって入り口の門は7箇所にあります。884年にブルゴスを築いたDiego Rodriguez Porcelos公爵中央の一番下にこの像があります。並木道の遊歩道が河の直ぐそばにあります。河沿いに植えてある木々を面白い形に剪定してあります。ブルゴスの案内図この銅版もブルゴスの地図です。城壁で囲まれている市内下の [続きを読む]
  • Burgosへ
  • Burgosへ2018年5月16日(水)聖ドミンゴ大聖堂博物館の見学を終えてバスで1時間半の移動です。今晩宿泊するのはブルゴスのMaria Luisa ホテルです。alojamientosmarialuisa.cominfo@alojamientosmarialuisa.comお部屋で暫く休息お洒落なお部屋です。20時15分から夕食です。ホテルの食堂もお洒落です。4席の小テーブルで夕食親しくなったEさんFさんと御一緒しました。第一のお皿はスープでした疲れた体にはとても美 [続きを読む]
  • 聖ドミンゴ大聖堂内部
  • 聖ドミンゴ大聖堂内部2018年5月16日(水)聖ドミンゴ大聖堂は博物館になっています。見学を続けています。中世の巡礼者の持ち物を展示してあります。ロマネスク建築時代の祭壇ロマネスク建築はゴチック建築の前の段階の建築様式です。改修された時の図面でしょうか?ロマネスクの天使像聖堂の変遷の様子聖女モニカの像ロマネスクの聖母子像以前聖堂内にあったものを見ることができます。聖ジャックの像聖ジャックの像ルネッ [続きを読む]
  • Santo Domingo de la Calzada
  • Santo Domingo de la Calzada2018年5月16日(水)王妃の橋のたもとからバスで約1時間半の所にサント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダがあります。聖ドミンゴの石畳の道です。Domingo de Viloria(1019年生~1109年没)隠遁者ですが病気になった巡礼達の看護をする教護院を造ったり橋を架けたり悪路を直して石畳の道(カルサーダ)を造ったりされた聖人で1930年に聖ドミンゴは道路工事と橋を架ける人達のスペインの守 [続きを読む]
  • 王妃の橋
  • 王妃の橋2018年5月16日(水)Puente la Reina プエンテ・ラ・レイナ町の名前になっている王妃の橋で集合です。扉に手がつけてあります。町の外れに11世紀に造られた王妃の橋があります。巡礼者の数が増えて頑丈な橋が必要になって当時の領主の妃によってアルガ河にこの橋がかけられました。橋のたもとに待機していたバスに乗って次の目的地に向かいます。菜の花畑が見えていました。1時間半ぐらいバスに乗って次の目的 [続きを読む]
  • コウノトリが、、、
  • コウノトリが、、、2018年5月16日〔水)農道の巡礼の道を1時間ぐらい歩いて市街地に入りました。巡礼者の宿があります〜〜〜後方に教会の塔が見えています。大きなカメラと三脚を担いで撮影しているFさんと遅れながらお喋りしながら歩いていました!教会の塔の上に巣があり、、、コウノトリが立っています!「あっ!コウノトリ見つけた」巡礼の旅でコウノトリに出会ったのはここが始めの場所でこれからも頻繁にコウノトリ [続きを読む]
  • 巡礼の道を、、、
  • 巡礼の道を、、、2018年5月16日(水)エウナテのサンタ・マリア教会を拝見して、これから教会の側にある農道の巡礼の道を辿ります。この標識を見るとここから5キロ近く歩くことになります。下り坂は膝が諤諤します。コクリコが鮮やかです。オバノスは右の表示街中を通過します。教会が見えています。Fueros広場教会は閉まっていました。受胎告知のレリーフが見えました。門の前を通過この教会のわきを通過巡礼者の宿があり [続きを読む]
  • Santa Maria de Eunate
  • エウナテのサンタ・マリア教会2018年5月16日〔水)旅行第2日目、巡礼者のモニュメントのある峠を見物してからバスで30分ほどのエウナテのサンタ・マリア教会までやってきました。憧れのロマネスク建築の教会です。12世紀の修道院、巡礼者の救護院だったようです。スペインにはこの8角形の教会は3箇所にあるそうです。教会の周りにあるギャラリーは33のアーケードがあります。エウナテはバスク語で100の門という [続きを読む]
  • コルシカ・ポリフォニック
  • コルシカ・ポリフォニック昨晩は地元の教会でコルシカからのグループのコンサートがありましたので前売り券を買って聴いてきました。I Campagnoli という30年前から活躍しているグループです。随分前にパリ在住のハーモニストが毎年コルシカに行ってコルシカ・ポリフォニックのグループとコンサートをしていると言っていましたのでポリフォニー音楽に興味をもっていましたが地元で実演を聴ける機会は滅多にありませんので行って [続きを読む]
  • Alto del Perdon峠
  • Alto del Perdon峠2018年5月16日旅行第2日目、カッフェ・イルナの休息を終えてバスで40分ほどの巡礼の道の交差点の峠に着きました。パンプローナ〜オバノス方面に抜ける道があります。766メートルの峠ですが強風が吹きまくっています。風力発電のエオリアンが沢山建てられています。巡礼者やキャラバンの影絵風のモニュメント人形が駱駝など並んでいます。石造りの巡礼者の為の教会やホスピス記念碑巡礼者達が結びつ [続きを読む]
  • Ernest Hemingway記念碑
  • Ernest Hemingway記念碑牛追いの道からの続きです。ヘミングウェイの小庭1930年代に人民戦線政府側としてスペイン内戦にかかわっていた米国ジャーナリスト、作家です。1899年生〜1961年没「日はまた昇る」などの小説でパンプローナの牛追い祭りを世界的に有名にしました。「老人と海」が評価されて1954年にノーベル文学賞を受賞しています。ヘミングウェイの銅像の後ろには闘牛場があります。牛追いで走る距離は8 [続きを読む]
  • 牛追いの道
  • 牛追いの道2018年5月16日(水)旅行第2日目でパンプローナ観光中です。城壁から降りてきました。ナバラ州の博物館前に着きました。博物館前から下の道を眺めています。右の角のところから牛を放すそうです。追い立てられた牛達はこの道を突っ走るのだそうです。旧市街地に入ってきました。牛はこの左の道を走ります。昨日散歩した時に見かけました。ここが市役所で市長さんの合図で牛溜まりから牛が1頭ずつ放されるようで [続きを読む]
  • 犬ヶ島
  • 犬ヶ島昨日犬ヶ島のアニメが地元の映画館でかかりましたので観てきました。Wes Anderson監督和太鼓が最初に出てきたり歌舞伎風の舞台が出てきたり制服の高校生が出てきたりもの凄く日本好きの日本お宅の制作した作品だと思います。楽しみました!観客は私を混ぜてわずか6人地元の映画愛好会の経営している小規模映画館ですが採算は取れなさそうです。この作品は1回だけかかりますので見逃さずに行けて良かったです。是枝監督や河 [続きを読む]
  • パンプローナ観光 (1)
  • パンプローナ観光 (1)2018年5月16日〔水)旅行第2日目7時半に朝食9時からパンプローナの観光です。9時5分前にホテルの前に行きましたら、、、最後から2人目でしたスイスの人達は時間厳守というよりも少し早めに集合するようですので次の日からは15分前には集合場所に行くようにしました。パンプローナ観光はスイス・ドイツ語グループの添乗員のロベルトさんがフランス語グループの市内ガイドをされました。ロベ [続きを読む]
  • パンプローナ散歩
  • パンプローナ散歩2018年5月15日(火)ホテルは旧市街にあり旧市街の中心に広場があります。広場は立派な建物で囲まれています。この広場を見下ろしている銅像はアッシジの聖フランソワーです。北スペインには聖フランソワーのたてた修道院がかなりあります。聖フランソワー広場です。ここを横断して細い道に入ってみます。お習字の道具を売っています。教会のようです。日時計のついている建物バルコニーはかなり狭いつくり [続きを読む]
  • ロスト・バガージュ
  • ロスト・バガージュ2018年5月15日(火)巡礼旅行 第1日目ですジュネーブ〜バルセロナ〜ビルバオ飛行機は予定通りビルバオに到着しました。飛行機の窓からの風景はスイスと殆どかわりがありません!ビルバオの飛行場小型の飛行場です。ターン・テーブルに荷物の出てくるのを待っています。荷物を待っているのは私達グループと添乗員のクリスチンさん、、、12名です。雲行きが怪しくなってきました。添乗員のクリスチンさ [続きを読む]
  • 出発の日
  • 出発の日2018年5月15日(火)北スペイン、サンチャゴ巡礼の旅に出発の日でした。前日は次女の家に宿泊しましたので飛行場まではバスで15分で楽です。ジュネーブは雨でした!セキュリテーを簡単に通過して待合室へ搭乗する直前に添乗員のクリスチンさんに出会いました。搭乗ゲートはA3です。vueling No.VY6208便ジュネーブ発9時30分 〜バルセロナ着11時ジュネーブは雨でしたが上空は晴れていました。5Bの席でし [続きを読む]
  • Solo-A Star Wars Story
  • Solo北スペインの旅から戻って5月23日にハン・ソロの映画の初公開の映画を予約してあってジュネーブの国境のフランスまで映画を観に行ってきました。次女の誕生日でしたがまるで孫娘Eちゃんの誕生日祝いのような感じでポニークラブのお友達も招待してあって始めにマクドで食事、、、私はマクドでは朝食でコーヒーしかいただいたことがありませんでしたがサラダをいただきました。Eちゃんもお友達もこの絵のついた入れ物に入っ [続きを読む]
  • ガルシア料理
  • 昨日の御昼は珍しく時間がありましたので添乗員のクリスチンさんのお勧めの料理を評判のレストランで味わうことが出来ました。蛸と付けあわせはピーマンで赤ワインです。蛸のお皿は大中小があります。私は小を注文しましたがかなりの量がありました。美味しかったです。御馳走様! [続きを読む]
  • コウノトリ
  • コウノトリの巣が教会の塔などに沢山あって子育て中なのです。ベネディクト派修道院の門が残っていてこの写真の左上に巣があります北スペインにはかなり沢山のコウノトリの巣があって毎日見かけました。スマホではあまり上手に写せませんでしたが帰国してからコウノトリの写真をアップします。 [続きを読む]