herron さん プロフィール

  •  
herronさん: 汎用リーマンがいく
ハンドル名herron さん
ブログタイトル汎用リーマンがいく
ブログURLhttp://www.herrondh.com/
サイト紹介文40代半ば、東京勤務の適当サラリーマンです。 鈍く世相を斬ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 247日(平均6.7回/週) - 参加 2017/10/19 08:06

herron さんのブログ記事

  • 社内失業者が大量にいるらしい。あ、俺もか!
  • 今や「社内失業者」が日本全体で500万人もいるそうです。2018年現在の全就業者数は、6,694万人ですから、なんと、就業者の7%が社内失業状態!これは、なかなかショッキングな割合です。背景は、変化のスピードです。何事も変化のスピードが速すぎる時代。どの業界も、数十年前は、ライバルが少なかったため、ゆっくり対応していれば何とかやっていけましたが、今や中国、アジアの成長により周りは敵だらけ。ご存知のとおり、既に [続きを読む]
  • 「人事異動」は、不公平感解消の意味もありそう
  • 昨日はサッカー勝ってよかったですね〜!久々に興奮しました( ^^)さて、今日は、会社の「異動」を別な視点で考えてみました。異動は、会社によって運用が違いますが、定期異動があるところでは、例えば4月1日や10月1日に大量異動があります。非定期の会社も結構あると思います。だいたい、中堅クラスまでは、3〜5年で異動する会社が多いのではないでしょうか。異動の必要性ついては、一般論として、職場の活性化や本人のスキルア [続きを読む]
  • 会社を利用して「好きなこと」で生きていこう
  • この度の大阪地震の被災者の方々にお悔やみとお見舞い申し上げます。まだまだ余震があるかもしれません。関西地区の方はお気を付けください。今回は、汎用リーマンらしくサラリーマンの話です。皆さんご存知でしょうか?どんどんサラリーマンは増えているです!2018年現在、サラリーマンは全就業者の89%を占めます。50年前と比べて、なんと25%も増えているのです(1968年63%)。そして、僕が会社に入った頃の20年前と比較して、 [続きを読む]
  • 【#MeToo運動】革命家と運動家は似ている
  • 先日、出張中に女性の部下と夕食をとっていたときに、MeToo運動の話題になり、その部下が、「MeTooを声高に叫びそうな女性って〇〇さんみたいな人しか頭に浮かばないですよね。」と言いました。これは結構僕にとって、「目からうろこ」発言でした。〇〇さんとは、どんな人?とお思いになると思いますが、ここが文書で表現するのが非常に難しいところです。しかしブログなので、頑張って捻り出すと、空気を読めず、仕事ができず、お [続きを読む]
  • 大抵の業績悪化対策は会社を弱体化させてない?
  • 会社の業績が悪くなると、ほとんどの経営者は同じような行動をとります。僕の経験では、だいたい全社に以下3つのお触れが出ます。管理強化経費削減投資圧縮管理強化あらゆる管理が厳しくなります。今まではネグってOKだったような、例えば小口の売上などにもメスが入ってきます。上司や偉い人から「業績が厳しいんだから、小口もしっかりやれ!手を抜くな!」とひどいプレッシャーを受けます。上の人の気持ちも分からなくはないで [続きを読む]
  • 不幸にも毒親を持ったので、切り捨ててしまった話
  • 子供が大きくなってきたので、最近よく「パパのお父さんとお母さんはどこにいるの?」と聞かれるようになりました。ごまかすのが大変。とりあえず「死んだんだよ」と答えています。子供もあまり納得のいかない様子ですが、とりあえず「そうなんだ。。。」と言っています。記憶が曖昧になってきていますが、父親の職業は、卸売り業だったと思います。毎朝遅く自家用車で家を出て、今から思えば、かなり早い時間に帰宅することが多か [続きを読む]
  • 「俺聞いてないんだけど」野郎を無視してる話
  • 大企業であれば数千人、数万人という大勢の社員が蠢いていて、かつ、高度経済成長という成功体験があるため、企業にはたくさんの「サラリーマンあるある」があります。そのなかで最もサラリーマンだなぁ〜と思うのが、「俺聞いてないんだけど」です(^ ^)会社員をやったことがあれば分かると思いますが、これよく聞きますよね。「だから今言ってるんだよ??」といえる相手であればいいですが、このセリフを吐く人は大体上司や偉い [続きを読む]
  • 職場にうつ病とバレない方が復帰しやすくない?
  • WHOによると世界のうつ病患者は3億人以上いて、年間80万人がうつ病が原因で自殺しているそうです。日本にも100万人以上のうつ病患者がいます。日本では、うつ病など精神疾患が、自殺の理由のトップになっています。また、企業でうつ病患者が出たときの損失額も大きく、厚労省が2010年に調べたところ、うつ病による経済的損失は7700億円もあったそうです。自殺も含めると2兆7千億円もの損失になります。仮にメンタル疾患で社員が1年 [続きを読む]
  • 就活は女子が優秀というが、筆記試験の成績では?
  • 小島慶子 on Twitter: "伊藤公雄さんが触れているように「成績順に採ると女性が多くなってしまう」と言う人には私も何人か会ったことがある。大手企業、難関大学の採用や採点に関わった人たち。つまりは、下駄を履いて入った男性と実力があるのに落とされた女性がいるということ。ずっと以前から。 https://t.co/W9gO3IuiQg"このような記事がありました。「成績順に採用すると女性が多くなってしまう」と言う大手企業や難関大学の [続きを読む]
  • なぜMeTooはイスラム教を攻撃しないのか?
  • 以前から、ず〜っと不思議に思っていたことなのですが、なぜMeToo運動家は、イスラム教を攻撃しないのでしょうか?。。。不思議じゃないですか?イスラム教における女性の扱いについては、昔から欧米では女性差別と言われていますが、有名なものだけでも以下のようなものがあります。但し、気をつけなければいけないのは、イスラム教といっても、国によってその厳しさは全然違うので、全てのイスラム教の国に言えるわけではないこ [続きを読む]
  • ESG投資でブラック企業は確実に減る
  • IT業界はブラック企業が多いと聞きます。「ITゼネコン構造」と言われるとおり、大手から中小零細に厳しい条件(厳しい納期、安い単価)で委託⇒委託⇒委託になるため、中小零細になるほど社員の待遇は悪くなり、ブラック化していく傾向があります。他には、建設、保険、旅行、サービス業、介護などもブラックが多いことで有名です。それぞれ事情は違いますが、少子化による人手不足や人口減少による過当競争が背景にあります。ここ [続きを読む]
  • 歴史を教えなければ、差別はなくなる
  • 昔、海外(他民族の国でした)に駐在していたころ、現地にて試行的に「360度評価」が実施されました。ローカルの部下が数名いましたが、コメント欄に書いてあることが、ほぼみんな同じで、「〇〇さんは、ダイバーシティの勉強は全くしてないようだが、行動を見ていると見事にダイバーシティを実践している。」とありました。これは僕にとってとても嬉しいことで、要は意識しないで多様性を尊重している、と言われているようなもの [続きを読む]
  • 顧客セクハラを無くして初めてMeToo成功だ
  • 米国発のMeTooムーブメント、日本でも一部有名人による実名告発、財務次官による女性記者セクハラ疑惑、麻生大臣の問題発言など一連の事件により、セクハラに対する社会の目は相当厳しいものになってきています。間違いなく企業もセクハラ対策をより強化していくと思われます。よって、立場を利用したセクハラのうち、上司・部下間のセクハラは確実に減っていくと思います。みんなクビにはなりたくないですからね。今、世の中はセ [続きを読む]
  • ホモ・サピエンスは、社畜になる能力で生き残った?
  • 先日、遅まきながら「NHK人類誕生 第2集」を見ました。タイトルは、「最強ライバルとの出会い そして別れ」です。人類は、誕生してから数多の種が誕生、絶滅を繰り返し、約20万年前に我々の祖先「ホモ・サピエンス」が生まれました。そして別種の人類「ネアンデルタール人」も同じ時代に栄えていました。ところが不思議なことに約1万年前に、同じぐらい栄華を誇った「ネアンデルタール人」が絶滅してしまいました。確たる証拠は [続きを読む]
  • 謎のおばちゃん像は真実じゃないの?
  • テレビ業界に蔓延する“謎のおばちゃん像”って? メディアに「多様性」が必要な理由|ウートピテレビ業界に蔓延する“謎のおばちゃん像”って? メディアに「多様性」が必要な理由を、斜め読みしました。有名な(?)女性を中心とする識者によるシンポジウムで、国の風土はメディアがつくる。日本のジェンダーギャップが国際的に低いのは、メディアのせいでは?と論じています。ここでいうメディアとは、いわゆる在京キー [続きを読む]
  • セクハラ罪が出来たら、日本は冤罪天国になるぞ
  • 「セクハラ罪という罪は存在しない」の閣議決定について、またマスコミや野党が批判を強めています。相変わらず、この「セクハラ罪という罪は存在しない」部分だけ取り上げて、やれ不適切だ、やれ「セクハラを根絶しようという流れに水を差すもの」、全ての女性が輝く社会にしようという安部政権において、あってはならない発言だ、など批判のオンパレード。何のことはない、野党が「現行法令ではセクハラ罪という罪はないという理 [続きを読む]
  • ホリエモンの過当競争は起こらない
  • 「好きなこと」をして飯を食べていこうと考えたとき、まずその好きなことが、「飯のタネ」になるのかと考えると思います。例えば好きなことが、「野球」だった場合、もちろんプロ野球選手で飯を食えれば最高なのでしょうが、そんな確率は超低いので、「野球」関連の何かでいこうと考えるはず。例えば、プロ野球事情のブログを書くとか、youtubeで野球解説するとかでしょうか(発想が貧しい。。。)。例えば、大食いだったら、大食 [続きを読む]
  • アメリカで#MeToo運動が下火に。日本も終わるな。
  • MeToo運動は、ご存知のとおり、昨年10月、ニューヨーク・タイムズが大物映画プロデューサーのワインスタイン氏を数十年に及ぶ性的虐待疑惑で告発したことに端を発して、ハリウッドの有名女優が実名でセクハラ相手を相次ぎ告発、世界的なセクハラ告発運動になっていきました。欧米では、ハリウッド俳優、大物ジャーナリストやキャスターなどが辞職や契約解除などに追い込まれました。この流れに沿って、日本でも相手を実名でセクハ [続きを読む]
  • 入社20年目で初めて自分が奴隷だと気づいた
  • 今日は一日中、人事研修で社外に缶詰でした。外部講師を招いて、座学中心ではなく受講者同士でディスカッションさせて"気づき"を得させる、よくあるタイプの研修です。いやぁ〜疲れました。半端じゃない徒労感。。。これなら出張の方が全然マシ。何ですかねえ、このグッタリ感の正体は?研修の内容いわゆるコーチングです。要は、部下育成ですよ。今の世の中、部下を育成するのも大変です。このようなアジェンダです。コーチングと [続きを読む]
  • マスコミはなぜ被害者の自宅前から中継するのか
  • 新潟女児殺害事件は、とりあえず容疑者が逮捕され、捜査は進展しているようですが、マスコミが被害者の自宅を映していることについて批判が集まっています。得意の被害者自宅前からの中継です。被害者遺族への配慮が全く無い。マスコミは普段から人権だぁ、#metooだぁ、と偉そうなご高説を垂れるくせに、最も傷ついている被害者遺族の人権を全く考慮していない。めちゃくちゃ腹が立ちますが、これは何も今始まったことではないので [続きを読む]
  • BS受信料を思いっきり拒否した話
  • 先日ちょっとイラっとした事件があったので、ご紹介したいと思います。先週の土曜日、うちで家族でまったりしていたら、NHKが来ました。最初は妻が応対して、僕は居間でその会話を聞いていました。ピンポーン♪妻「はい」NHK「NHKです。こちらの集合住宅には、BSの受信ができる設備が付いています。お宅はBSが見れますか?」妻「見たことないですが、見れると思います。」(以前、テレビ設置のときにBSが見れることを確認していた)N [続きを読む]
  • 今なら「中高年引きこもり」も活躍できるかもしれない
  • 内閣府が「中高年の引きこもり」について、実態調査に乗り出すそうです。これまで、それより下の層(15〜39歳)の引きこもりについては54万人という推定値(2015年)があるそうですが、40歳以上はよく分かっていませんでした。ただ、様々な調査から、"中高年引きこもり"の人数は、100万人以上はいるそうです。また、引きこもりのなかで、40歳代が一番多いとのデータもあります。100万人!すごい人数ですね。政令指定都市一個!ただ、よ [続きを読む]
  • サラリーマンでは人生で大切なことを学べない
  • しかしまぁ、サラリーマン20年を改めて振り返ってみると、様々な小手先技術を持った人に出会います。その小手先ヤローは、結構偉くなることもあり、サラリーマンとしては必要悪な技術かもしれません。今日は、あまりにも情けない小手先ヤローの技術を紹介いたします。的外れ発言を徹底的に責める会議など議論する場があるじゃないですか。みんながみんな理解や飲み込みが早いわけではありません。ですので、議論中に"的外れ"発言を [続きを読む]
  • 「お金の若者離れ」は既存の稼ぎ方が廃れている証拠
  • 朝日新聞への大学生の投書「お金の若者離れ」現実知って、が話題です。よく若者の車離れや旅行離れが今の若者の意識低下のせいだとか言われていますが、実は、金がないだけなのでは?と問題提起しています。そうです、よく見ると「お金の若者離れ」なので、お金の方が若者から離れていっているのです。確かに、平均年収は、ここ20年で80万円も下落非正規の比率はここ30年で15%→40%正社員だって昔のような昇給はない年金だって貰え [続きを読む]
  • 堀江貴文「自分のことだけ考える。」と娘のゲーム
  • 先程、出張帰りの飛行機の中で、堀江貴文さんの「自分のことだけ考える。」を読みました。以前のブログでもいいましたが、ホリエモンの著書を読む度「そんな生き方ホリエモンみたいな特別な人しかできねーよ!」と思っていましたが、まぁ結局できない理由を探しているだけで、一気には無理でも、one by oneで出来ることは色々あることが分かりました。感情で判断したら負け嫉妬したら負け執着心ポジティブな炎上他人に期待しないマ [続きを読む]