サークル アニバーサリー さん プロフィール

  •  
サークル アニバーサリーさん: 社会人交流サークル アニバーサリー
ハンドル名サークル アニバーサリー さん
ブログタイトル社会人交流サークル アニバーサリー
ブログURLhttps://ameblo.jp/circle-anniversary/
サイト紹介文関西(大阪、京都、神戸)で、30代、40代、50代の飲み会、街歩き、ハイキング等を開催しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 276日(平均6.6回/週) - 参加 2017/10/19 16:12

サークル アニバーサリー さんのブログ記事

  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №47」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『葬の部 №2』です。 「弔事の装い・洋装」<喪主と遺族・男性>モーニングコートが洋装の正式な喪服です。が、ベストの白の縁取りは、慶事用ですからとります。パンツは縦縞の地味なものにします。シャツはダブルカラーかウィングにし、黒無地のネクタイを結び下げにします。 靴や靴下は黒で、カフスボタンは黒貝か黒石のも [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №46」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日からテーマは、『葬の部 №1』です。 「弔事の装い・和装」<喪主と遺族・男性>男性の正式な礼装には慶弔の区別がありません。黒羽二重地に染め抜きの五つ紋の羽織、仙台平の袴、角帯を装用します。そして、下着や衿には、白がなければグレーや茶などを用います。最近、男女を問わず、慶事では下着の衿と着物を重ね、弔事では重ねないで着るなどとも言われ [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №45」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №10』です。 「その他の主な行事」<お中元>お中元は、7月初めから15日までの間に贈ります。都合で遅れた場合には「暑中見舞」、8月8日〜9日の立秋をすぎたら「残暑見舞」とします。 贈り先は、仲人、上司、恩師、日頃世話になっている人などです。学校や職場によっては、贈答品のやりとりをやめているとこ [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №44」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №9』です。 「その他の主な行事」<母の日・父の日>5月の第2日曜日は「母の日」とされています。これは、アメリカで始まり、世界中に広まりました。子どもが赤いカーネーションを胸に付け、母への感謝を表すようになりました。 父の日は、6月の第3日曜日です。やはりアメリカで始まり、近年日本でも次第に一般 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №43」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №8』です。 「夏の主な行事」<お彼岸>春分の日、秋分の日は、国民の祝祭日とされていますが、この日を中心に前後7日間を彼岸と言います。この間は最もあの世に心が通じやすい日として、祖先の供養をします。 仏壇のある家庭では、仏壇を掃除し、花を供えて、燈明をともします。故人の好物やだんご、おはぎなども [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №42」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №7』です。 「夏の主な行事」<七夕>七夕は、天の川の両端にある牽牛星と織女星が、年に一度7月7日に出会うという中国の伝説に由来し、星を祭り、技芸の状態を祈るという行事として日本に伝わりました。 七夕飾りは、6日の夜に飾ります。笹竹に願い事を書いた短冊や切り紙細工、くす玉などを下げます。里芋の葉 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №41」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №6』です。 「春の主な行事」<端午の節句>5月5日の端午の節句は、男の子の祭りとされていましたが、現在では「子どもの日」として国民の祝日となっています。端午の節句は5月5日を中心としていろいろな厄除け行事が行われた中国の風習からきていますが、日本では江戸時代に武家の習慣が一般化しました。現在で [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №40」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №5』です。 「春の主な行事」<ひな祭り>3月3日のひな祭りは、人間の汚れを人形に移して川に流した「流しびな」の風習と、平安朝「ひいな遊び」が一緒になり、江戸時代に女の子の幸せを願う祭りとなりました。 ひな人形には、桃の花とともに白酒、ひし餅、雛あられを供えます。また家庭では、蛤の吸い物、ちらし [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №39」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №4』です。 「冬の主な行事」<七草がゆ>1月7日には、春の七草をいれたかゆを食べる風習があります。万病を払い邪鬼を除くと言い伝えられています。 春の七草とは、せりなずなごぎょう(母子草)はこべら(はこべ)ほとけのざ(おおばこ)すずな(かぶ)すずしろ(大根)です。 最近はこられをセットにして売って [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №38」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №3』です。 「冬の主な行事」<お屠蘇(とそ)>お屠蘇は、病を起こす悪魔を殺すという意味があり、薬草をひたした酒やみりんを飲んで、1年の邪鬼を払います。最近はパック入りの「屠蘇散」がドラッグストアなどで売っていますから、大晦日の夜から酒かみりんに浸しておきます。 正月三が日の間、朝食前に家族そろ [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №37」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №2』です。 「冬の主な行事」<鏡餅>鏡餅は、正月の神様への供え物として飾られます。 鏡餅は床の間に、おめでたい掛軸や生花とともに飾られるのが一般的ですが、床の間のない家庭ではサイドボードや飾り棚、机の上などでもかまいません。 <鏡開き>鏡餅は、11日の鏡開きの日におろし、小さく割ってお汁粉や雑煮 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №36」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『祭の部 №1』です。 「冬の主な行事」<門松>お正月の準備は、まず門松を立てることから始まります。現在は12月26日から28日に立てることが多いようです。29日は「苦松」に通じ、31日は「一夜飾り」として嫌われます。 本格的な門松は、竹3本を立て、周囲を松で囲み、梅や笹などをあしらい、荒縄で束ねたもので [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №35」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №13』です。 「お祝いとお見舞い」<病気見舞い>病人を見舞うときは、その病状によって、直接会う、品物だけを届ける、家族に見舞い状を出すなど、見舞い方を考えましょう。病人に会って見舞うときには、子どもを連れて行かない、長居をして病人を疲れさせない、病気について根掘り葉掘り質問しないなど、気を配り [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №34」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №12』です。 「お祝いとお見舞い」<開店・開業祝い>開店・開業には出費がかさみますので、現金を贈るのも喜ばれると思います。こういう場合は、先輩、後輩を問わず現金にしても失礼にはあたりません。また、招待されたら、なるべく知人を誘って景気づけることも大事です。 <個展・発表会の祝い>踊りの会や華道 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №33」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №11』です。 「お祝いとお見舞い」<新築祝い>家を新築する場合、地鎮祭、上棟式、新築披露などの行事が続きます。新築披露は別にしても、行事の細かいしきたりなどは、そのつど棟梁や建築責任者に聞きましょう。 ・地鎮祭地鎮祭というのは、建物施工を始める前に、土地の神を鎮めるための祈願をする祭りです。 工 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №32」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №10』です。 「大人のお祝い」<長寿の祝い>還暦、古希、喜寿、米寿などがあり、数え年で祝うとされています。長寿の祝いそのものは中国からきた風習で、日本では室町時代末に初老の賀、還暦などの言葉ができ、江戸時代から広く祝われるようになりました。 ・祝いの名称とそのいわれ●還暦(61歳)十干二支の組 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №31」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №9』です。 「大人のお祝い」<結婚記念日とその名称>結婚記念日のうちで特に大切なものとして祝われるのが、25年目の銀婚式と、50年目の金婚式です。子どもたちが協力し合って、夫婦水入らずで旅行に送り出すとか、贈り物をするというのが、両親にとってはうれしいお祝いでしょう。 1年・・・紙婚式2年・・ [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №30」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №8』です。 「子どものお祝い」<成人の祝い>成人式は、法律的にも社会的にも大人として認められ、自覚も要求される記念すべき日です。具体的に言えば、選挙権が得られて政治に参与でき、親の許しがなくても結婚できます。また、犯罪や社会的な問題を起こせば、新聞等で名前が公表されます。ともかくも大人の自覚を [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №29」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №7』です。 「子どものお祝い」<幼稚園・小学校の入学祝い>最近の幼稚園や小学校では制服だけでなく、通学用品や学用品まで指定している場合が少なくありませんので、先方の希望を聞いてからのほうが安心です。 <中・高・大学の入学祝い>本人が興味を持っているものや好んでいるものを贈りましょう。たとえば楽 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №28」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №6』です。 「子どものお祝い」<七五三>3歳と7歳の女児、5歳(地方によっては3歳と5歳)の男児の成長したことを感謝し、11月15日に氏神様に参詣しお祓いを受け、将来の幸福を祈ります。 ・祝い着は将来を考えて3歳の女児はお宮参りのときの祝い着を着るものでした。5歳の男児もお宮参りの時の紋服に羽 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №27」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №5』です。 「赤ちゃんのお祝い」<初節句>女の子の初節句には、内裏びなは母親の両親から贈り、内裏びな以外の人形や飾り物は、親戚やお仲人さんから贈るものとされています。 端午の節句の場合にも、武者人形や鎧、兜、鯉のぼりなどは近親者から、という習慣があります。 しかし、ひな人形の場合は、年ごとに増や [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №26」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №4』です。 「赤ちゃんのお祝い」<お食い初め>「箸初め」「歯固め」とも言われる行事で、子どもが一生食べ物に困らないようにとの願いを込めて、生後100日か120日に行います。 祝いの膳は、赤飯、尾頭付き焼き魚、歯固めの石、汁の一汁一菜で、赤ちゃんには食べるまねごとをさせます。 食器は昔は白木の三方 [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №25」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、昨日からの続きで『冠の部 №3』です。 「赤ちゃんのお祝い」<お宮参り>・男児は31日目、女児は32日目お宮参りは、赤ちゃんが生後初めて氏神さまにお参りすることです。地方によって参拝の日は異なりますが、男児は31日目、女児は32日目というのが一般的です。 母方から贈られた産着を着せ、婚家の祖母が赤ちゃんを抱きます。祖母も [続きを読む]
  • 知っておきたい社会人の常識 「冠婚葬祭の常識 №24」
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 知っておきたい社会人のマナー。 今日のテーマは、『冠の部 №2』です。 「赤ちゃんのお祝い」<出産祝い>・出産は妊婦にとって一大事業です。入院中の仕事や家事、退院後の生活などについては、事前に十分な計画を立て、できるかぎりの手配をしておきましょう。 出産通知も、嬉しさのあまり、友人、知人などだれかれなしに知らせるのは、お祝いの催促にもなりかねません。よく考えて、出産前 [続きを読む]
  • 7月のスケジュール
  • こんにちは。 スタッフの滝です。 7月のイベント情報をお知らせします。 ・40代、50代飲み会IN淀屋橋(6名〜)開催日時:7月4日水曜日 19:15〜21:00開催場所:淀屋橋参加条件:45歳〜59歳参加費用:男性4500円、女性2500円 ・40代、50代飲み会IN淀屋橋(6名〜)開催日時:7月5日木曜日 19;15〜21:00開催場所:淀屋橋参加条件:40代、50代参加費用:男性4500円、女性 [続きを読む]