むぎわら日記 さん プロフィール

  •  
むぎわら日記さん: むぎわら日記
ハンドル名むぎわら日記 さん
ブログタイトルむぎわら日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takx007
サイト紹介文日記兼用ブログです。 日々の生活(主に遊び)、スナップ写真などを載せております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 54日(平均14.9回/週) - 参加 2017/10/19 20:33

むぎわら日記 さんのブログ記事

  • 明子ねえちゃん
  • 姉キャラと言えば、『巨人の星』の星明子。昭和の耐える女性の典型です。野球バカの暴力親父「星一徹」を父にもち、弟の「星飛馬」は父の曲がった教育のため熱血野球バカ。その二人の常識破りの行動を涙を流しながら見守り、家事全般を一手に引き受けています。駄メンズ女に成り下がるかと思いきや、花形モータースの重役になった花形満に嫁いで玉の輿に乗りました。これで、挫折を繰り返す父と弟の老後を救ったというすごい姉さん [続きを読む]
  • 思ったより短い人生……だったかもしれないw
  • 昨夜、寝ようと思って横になると、みぞおちの当たりにしこりがあることに気が付きました。手でさすると親指の先くらいの大きさです。どうやら、胸部軟骨から発生しているようです。1ヶ月前に撮った胸部レントゲンは異常なしだったので、それ以後発生した可能性が高いと思われました。たった1ヶ月でこんなに大きくなるなんて、悪性の骨肉腫かもしれません。心臓の近くだし、骨髄などもあるでしょうから、転移が進んでいる可能性も [続きを読む]
  • バトルシップ
  • 200億ドルの巨費を投じて作って、こけた傑作映画。地球に来たエイリアンの宇宙船と、米海軍+海上自衛隊が戦うのだ!異星人はバリアを張り、ハワイを包んでしまう。そのバリア内には、リムパックで集合していたアメリカ駆逐艦2隻と日本自衛隊のイージス艦「みょうこう」のみ。米海軍と海上自衛隊の活躍で敵の戦闘艦3隻を撃沈するが、地球側の船も沈んでしまう。もう、船は無いのか?あるぞ、1隻だけ!真珠湾に記念艦として保存 [続きを読む]
  • きりん堂のメロンパン(新潟県阿賀町)
  • 阿賀町のきりん堂のメロンパンをあかねちゃんに買ってもらって食べました。大きくて、お値段もショートケーキ並みにお高い高級メロンパンです。なんと、アニメ「焼きたてじゃパン」で指摘されていたメロンパンの弱点を克服しており、上も下もちょうど良い焼き加減でした。しかも、内部にはクリームがたっぷりと入っていて、贅沢感満載です。メロンパン好きなら一度は食べたいおいしさでした。 [続きを読む]
  • アジサイの受難
  • 大きな杉の木の下に生えていたアジサイの葉に、杉の落ち葉が刺さっています。これはかわいそうだなと思って、周りをよく観察してみると……ここにもここにも……けっこう、刺さっているのですね。また、穴も開いています。杉の木の下にアジサイを植えるのはやめた方がよさそうです。 [続きを読む]
  • 『夢見通りの人々』宮本輝(新潮文庫)
  • 大阪あたりの一角にある商店街「夢見通り」で繰り広げられる人々の暮らしを10編の短編小説をオムニバス形式で連ねています。一つ一つの物語の主人公は異なるのですが、夢見通りに住む人々がいろいろと絡まって、群像劇の装いです。それぞれの登場人物は、それぞれのキャラクターに影響を受けながら成長し変化していくのですが、他の登場人物も変化してくところがみそです。動かないのは夢見通りだけ、人々は皆、それぞれ、違う方向 [続きを読む]
  • 降雪・積雪初日は混雑
  • 今季初の降雪&積雪の朝を迎えました。予測していたので、いつもより3〜40分早めに家を出たのですが、職場から1〜200m手前で前の車が動けなくなり、20分程度ロスしてしまい、少し遅れてしまいました事故を起こしている車もチラホラ見受けられました。毎年のことですが、初日には、準備不足の車が多いので何が起こるか解りません。十分に注意したいものです。明日は50分くらい早く出よう。 [続きを読む]
  • 樹齢1000年巨大欅を祭る〜住吉神社〜
  • 新潟県でも有数のパワースポットで立派な社を持つ弥彦神社のすぐ近くに住吉神社があります。小さく質素なつくりの社ですが、後ろにそびえる巨大な欅は樹齢1000年の巨木です。普通の神社は、社の前に2本くらいの大きな欅があるのですが、ここは逆。欅の方を祭る神社となっています。温泉街の小さな路地を入ったところにひっそりとありますが、小さくとも弥彦神社にも劣らぬ迫力です。 [続きを読む]
  • 『あひる』今村夏子(Kindle版)
  • 表題作他、2編の書下ろし短編小説が収録されています。ユーモラスなエピソードの裏に黒い影を感じさせる展開がおもしろかった。第155回芥川賞候補となったが受賞に至らず、やはり、芥川賞としては物足りない感がありました。書下ろしの2編はゆるくつながる物語で鳥がらみ。作者は自然を好きなようで、その点でこれからの展開に期待します。 [続きを読む]
  • 冬に咲くスミレ〜狂い咲き?〜
  • あれれ、スミレが咲いている。冬なのに。不思議に思って、そんな種類もあるのかなと調べてみました。スミレの花は春に咲くのですが、それ以降も、花を咲かせず単為生殖で種を作り続けるのだそうです。(と、思ったのですが、コメントのとおり、単為生殖ではなく閉鎖花を咲かせ自家受粉するようです)そして、たまに、冬に咲くスミレを見た人もいるみたい。狂い咲き。 [続きを読む]
  • 『沖で待つ』絲山秋子(文春文庫)
  • 3編の短編小説が収められているが、表題作『沖で待つ』が、ずば抜けて秀逸です。さすがに第134回芥川賞を受賞しただけあります。自分が死んだらパソコンのハードディスクを破壊するという密約を結ぶ同期の仕事友達同士の話です。友達とは何か、親友とは何か、よく問われる疑問ですが、その一つの答えがこれかもしれません。つまり、お互い死んだときに、生きている方が死んだヤツのパソコンのハードディスクを破壊する密約を結べ [続きを読む]
  • 谷山浩子ライブツアー2017〜デビュー45周年大収穫祭ソロ編〜
  • さて、平成7年だったと思いますが、加茂市で101人コンサートをやって以来の新潟でのライブです。生きている間に来ていただいてファン冥利に尽きます。県民会館小ホールで慎ましく開催してました。入場料は結構BIGです。さて、場内は、ほぼ満席で、年配(同世代くらい)の方々、夫婦連れもちらほらでした。落ち着いた雰囲気のコンサートでした。曲目は記憶をたどりに書くとだいたいこんな感じ(正確じゃないと思う)です。『カ [続きを読む]
  • 岩瀬の清水そば
  • 阿賀野市(旧笹神村)にあるお蕎麦屋さんです。昨年、食べに行ったのですが、満席で入ることができませんでした。今年は、あかねが週末のたびに予約電話をかけていたのですが、電話が通じず、今日、やっと通じました。店の中天せいろ。そばは10割そばでやや硬め。天ぷらはさくさくに揚がっていてグッドでした。そして、ミガキニシンの山椒漬け。山間の伝統的な保存食で雰囲気がよいです。食べ終わって、外へでると良い具合に晴れ [続きを読む]
  • OLさん、感謝してます。
  • わたしは専門職であるので、事務や単純作業を手伝ってくれるOLさんはたよりになる相棒です。正規職から臨時職の方までいますが、今まで不満に思ったことはありません。頼んだ仕事は期日まで丁寧に確実に仕上げてくれますし、いつも笑顔でいてくれます。数えられないくらいのOLさんにお世話になりましたが、一人として仕事ができない人はいませんでした。まじめで明るい人しかいないのが不思議なくらいです。 [続きを読む]
  • 雪虫の飛翔
  • この前、弥彦山へ行ったとき、雪虫が飛んでいるのをよく見かけました。つかの間の晴れ間だったので、活動が活発になったのでしょう。しかし、なかなか休んでくれません。空中で飛翔を撮ろうとしても、ピントが合いません。返って幻想的な虫みたいに見えるかなぁ? [続きを読む]
  • がんばれ! 貴乃花
  • あまりに腹に据えかねたので一言(と言っても結構長いかもw)プロ野球で言えば、相撲部屋は球団にあたります。他の会社の社員に、自分の会社の社員が、態度が悪いという理由でカラオケボックスで殴られてケガをさせられ試合に出られなったとしましょう。相手の選手が角界でも1〜2位の大物スターでした。ケガをさせられた選手は、中小企業のエースです。そりゃ、中小企業の社長は怒りますよ。しかも、自分の「貴」の字を与えている [続きを読む]