むぎわら日記 さん プロフィール

  •  
むぎわら日記さん: むぎわら日記
ハンドル名むぎわら日記 さん
ブログタイトルむぎわら日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/takx007
サイト紹介文日記兼用ブログです。 日々の生活(主に遊び)、スナップ写真などを載せております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 273日(平均9.5回/週) - 参加 2017/10/19 20:33

むぎわら日記 さんのブログ記事

  • うわぁっ! マムシだ!
  • 高立山の登山道を歩いていると、落ち葉を細かく叩く音が聞こえました。羽化したばかりのセミが、どこかに引っかかってもがいているのかなと思い近づいてみると、マムシ!しっぽの先を震わせて威嚇音を出していたのでした。下の落ち葉と体の模様が溶け合ってうまく迷彩しています。あぶないあぶない [続きを読む]
  • 高立山(堰提口〜千貫石線)
  • このところ、天候が悪かったり、体調がすぐれなかったりで、山歩きをしていませんでした。今日も体調が芳しくないので、標高276mの低山を様子見に登ってきました。梅雨が明けて猛暑の日本列島のため、それでも汗だくになりました。海の日と言うこともあり、人も少なく静かな山行となりました。緑が濃くなってきていますね。花情報ヤマユリが咲き始めています。アジサイは終盤、キフリツネが見ごろです。出合った昆虫オオシオカラ [続きを読む]
  • 『きみ去りしのち』志水辰夫(光文社文庫)
  • 四編の短編小説が収められています。それぞれの主人公が「小学生」「中学生」「高校生」「大学生」であり、それぞれの目線で、過ぎゆく時代を切り取って行きます。人生において、この十六年間はすべてが違う一年一年なので、あっという間に過ぎ去るのですが、中身が濃い時間でもあります。その中で通り過ぎていく、人々の出会いと別れ、しかし心に残る人たちとの触れ合いの話です。この人の作品は、自分と同じ目線で書かれているよ [続きを読む]
  • 盲腸炎にならない食べ物
  • およそ半月ぶりの休日でした。スーパー銭湯ゆったり苑へ行ってきました。久しぶりにゆっくりお湯に使ってのんびりできました。写真は、数日前にいただいた種なしスイカです。昔は、「スイカの種を食べると盲腸炎になる」という噂があったりしましたが、これなら安心ですね。 [続きを読む]
  • シャクトリムシ 枝になる
  • 奥の方の枝に虫にかじられたあとがありますが、これは手前の枝に化けたシャクトリムシがかじったあとです。なぜ、わかるかと言えば、見ていたから。器用に頭を伸ばして食べてました。カメラを向けると、それに気が付いたようで、体を一直線にして動かなくなりました。こうなるとただの枝にしか見えません。なるほど、枝に止まったまま、頭を伸ばして葉を食べると、すぐに化けられますね。 [続きを読む]
  • 可愛らしい侵略者 マメコガネ
  • 普通に見られる小さなコガネムシ マメコガネ。葛の葉などをヒッソリと食べている姿は可愛らしいものです。日本では、そんなに有名ではありませんが、アメリカでは凶悪な侵略者として有名です。天敵がいないアメリカで大発生し、大豆などを食害したことによりジャパニーズ・ビートルとして重要害虫となっています。 [続きを読む]
  • UFO記念日
  • 6月24日は、UFO記念日。1947年のこの日、UFOが初めて目撃されたということだ。時速2700kmの速度で急降下や急上昇を行っている9機の飛行物体だったそうだ。1947年当時、飛行機の速度記録は、やっと時速1000km代に到達したところであり、2000kmを突破したのは1958年のロッキードF104まで待たねばならない。従って、当時の人類の力では到底作ることができない性能の飛行物体だったのだ。それから1970年代くらいまでは頻繁に目撃されて [続きを読む]
  • トンボエダシャクの思い出
  • 幼いころ、裏山の普通は登らないルート(崖のようなところ)を登って、奥へ入って行ったことがあります。(というか、時々、行っとりました)暗い森の中でトンボエダシャクが、ところどころに、ゆっくりと飛んでいて、「不思議な虫がいました」と作文に書いた覚えがあります。森の暗がりに舞うトンボのような蝶のような不思議な虫ということだったのでしょう。普段、昆虫に興味がないこどもなら妖精体験となっていたかもしれません [続きを読む]