Masa さん プロフィール

  •  
Masaさん: tiMEline
ハンドル名Masa さん
ブログタイトルtiMEline
ブログURLhttps://amufaamo.blogspot.se/
サイト紹介文僕の記録です。
自由文ブログ村復活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 124日(平均11.1回/週) - 参加 2017/10/20 02:36

Masa さんのブログ記事

  • 村上春樹『辺境・近境』
  • 心優しい人が、このブログにストックホルムで日本の本を借りられるところを教えてくれた。本当にありがたい。詳しい場所はまたこのブログに載せます。さて、早速借りてきた第一冊目は、村上春樹の『辺境・近境』。小説家の村上春樹が、様々な場所に旅をした話。小説じゃなくてノンフィクションです。僕は椎名誠が圧倒的に好きだけど、その次は村上春樹。その村上春樹の旅日記なんだから、読んだことないわけない。実際に僕はこの本 [続きを読む]
  • 何をすればいいかわからない
  • 友人と話していて、「何をしたらいいかわからない。」という共通の悩みを持っていることがわかった。その人と僕は同い年で独身、終身雇用ではないけど今はそれなりに安定している。同じような立場に置かれている人は同じように悩んでいるのかもしれない。僕とその友人は、かなり個人主義な仕事で、ほとんど誰とも関わることがない仕事。だから自分の意思でどうにでもなるんだが、その分疲れることもある。自由はポジティブな言葉に [続きを読む]
  • [ES→PU]太陽の輝く海へ その1:バルセロナ空港へ
  • ヨーロッパを陸路でつなぐ旅、今回はバルセロナからマドリッドを通ってヨーロッパの最西端の国ポルトガルへ向かう。旅の中で最も西に行くことになる。 夜7時ストックホルム発の飛行機でバルセロナ空港へ。夜11時にバルセロナ空港へ到着する予定。夜1時にバルセロナからマドリッドへ向かうバスがあるのだが、前回のドイツの旅で飛行機が遅れてしまってバスに乗れなかったため、今回は安全をとって土曜日の朝7時に出発するバスに乗る [続きを読む]
  • オリンピックとTwitch
  • Twitchって知ってる?検索してもらうとわかるけど、Twitchというのはゲーム配信専用の動画配信サイトです。Youtubeとかニコニコ動画ミタイナ感じ。今Amazon傘下になってるらしいんだけど、その閲覧者がCNNを超えたらしい。ものすごい。その動画にコメントを投稿できるらしいんだけど、それがお金を払ってコメントするらしい(間違ってるかもしれない。)まず、人のやるゲームを見ること、そしてお金を払ってコメントすることに驚き [続きを読む]
  • 星と星座とTwitter
  • もうとっくの昔に終わってしまったんだけど、横浜トリエンナーレという去年あった芸術祭のテーマが「島と星座とガラパゴス」というタイトルだったらしい。キュレーターの意図とか全く知らないんだけど、人同志が簡単に繋がりやすくなっているようで実はとても希薄になっている現代をイメージしてつけられたのかなと思った。SNSの代表としてTwitterと、星を関連させて説明してみる。Twitterのアカウント(人)が1つの星。星は自分と [続きを読む]
  • [DE→PL]寒波の中 最終回:ワルシャワへ行っただけ
  • 定刻にベルリンを出発し、深夜バスはポーランドのワルシャワへ向かう。途中おそらく国境でパスポートチェックがあった。係員がバスに入ってきて、一人ずつパスポートを調べる。入国拒否される理由などないので、堂々としていればいいのだけど、どうしてもこの瞬間は緊張してしまう。パスポートチェックが終わり、再びバスの照明が消え走り始める。リクライニングを倒し、足置きをあげて底に足を置くが、なんとなく金属の板の感触が [続きを読む]
  • 『君たちはどう生きるか』まとめ
  • この本、昔読んであまりピンとこなかった。今読んでもあまり面白いものではないな。客観的に生きる。世界は自分を中心に回っているわけではない様々なものを体験し、自分で考えよ他人が望む行動をするのではなく、自分が望む行動をせよどんな人間でも人間らしく生きる権利がある。人間は誤ちを修正できる能力がある。世間の流れを正しく推し進めていかなければならない。 [続きを読む]
  • 研究中に出るゴミデータ
  • 上記の写真は研究中に撮った顕微鏡写真です。あまり詳しくは言えないけど、120%使えない写真なので載せます。上のほうが、青いのが少なくて、下のほうが濃いですよね。でも、本当は逆に上のほうが明るくなるはずなんです。全く反対の結果が出て、「なんにもいえねえ」って状態ですよ。まじでどうなってん。まぁ、よくわからない写真を見せられて、よくわからないことを言われてよくわからないと思ってるでしょうが、とにかく研 [続きを読む]
  • こういう盛り上がり、やっぱ嫌いやな〜
  • イーロン・マスクって知ってますか?僕は名前ぐらいしか知らないけど、とにかく超すごい経営者です。スティーブ・ジョブズなんか目じゃないくらい。そんなイーロン・マスクが、巨大ロケットを打ち上げたそうです。 しかもロケットを打ち上げたあと、ちゃんと戻ってきて着陸するっていうね。再利用可能なのかな。打ち上げたのはイーロン・マスクの車らしいんだけど、車に宇宙服を来た人形を載せて、車にカメラもつけてたんだけど、 [続きを読む]
  • 雪の日に砂撒いてるの誰?
  • 寒い。でも今の日本の太平洋側もストックホルムと同じぐらい寒いっぽい。もし、東京とストックホルムが同じ外気温なら、ストックホルムのほうが過ごしやすい。なぜならスウェーデンは元々寒い国なので、その対策がよく出来てるから。部屋の壁も厚いし、セントラルヒーティングだし。雪が降ると、除雪車が頻繁に雪を除き、小石を撒いていく。結構隅々まで撒いていくのですごい沢山の人が関わってるんだろうなぁ。ちょっと疑問に思っ [続きを読む]
  • ストックホルム大学へ
  • 午前中は、ストックホルム大学に出張。僕はほとんど職場以外の場所に行くことはないのでいい気分転換になった気がする。目的はある教授に会うためだったんだけど、11時に会う約束をしていたので、家を出る時間も遅くて楽だった。将来は11時出勤14時退社、もしくは家で出来るような仕事ができたらいいな。ある教授と会って、すぐ帰る予定だったんだけど時間が長引いて、結局一緒にランチをすることになった。僕はこういうビジネスラ [続きを読む]
  • グローバリゼーションと紀元前のイスラエル王国
  • 前に僕が言ってた、国境をなくせばみんながハッピーになるわけではないというのは、旧約聖書のソロモン王国の分裂にちょっと似ているような気がしてきた。ソロモンという人はイスラエル王国を強大、拡大していくんだけどその栄光によって国民が重税などによって苦しめられる。ソロモンの死後、反乱が起き、イスラエルとユダ王国に分裂するというのが旧約聖書の話。現在でも、グローバル化により、超一部だけが権力を持ち、王のよう [続きを読む]
  • 研究がうまくいかない
  • いやはや研究がうまくいかない。今までできていたものさえ、できなくなっている。最初はなぜできなかったのかを考えるようになるが、あまりにできないと逆になぜ今までできていたのか不思議になる。すっぱり諦めてしまいたい。アドラー心理学には、人間は1つのコミュニティしか属していない人はいないのだから、そのコミュニティに追い出されても問題ないと書いてある。だから、自分のやりたいことをやる勇気を持てと。でも僕は今 [続きを読む]
  • Ikigai(生きがい)とKaroshi(過労死)
  • 日本の生きがいという言葉を用いた本が売れているらしい。https://www.amazon.com/Ikigai-Japanese-Secret-Lon
    g-Happy/dp/B0759RLBHY/ref=sr_1_1_twi_audd_3?ie=UTF8&qid=1517215923&sr=8-1&keywords=ikigai日本人は長時間労働なのにな
    ぜあんなに長生きなのか。それは生きがいがあるから。↑は?と思えるイントロだけど、要は作
    者は以下のことを伝えたいらしい。つまり、自分が好きで、得意で、世間が求めていて、お金が
    もらえるも [続きを読む]
  • [DE→PL]寒波の中 その3:ベルリンの壁その2
  • もうタイトルがわけわからんくなってきたけど、ベルリンの壁の続き。ベルリン中央駅からイーストサイドギャラリーへは、地図上だと遠かったが、歩くと想像以上に遠かった。僕は年末に雪で滑って左足を思いっきり捻挫したのだが、そのせいで左足が痛みだした。日も暮れてきてただの壁を見るために、なぜ辛い思いをして歩いているのか自分でもよくわからなくなってくる。途中にあったマルクス・エンゲルスの像。仏教の発祥がインドで [続きを読む]
  • 100分de名著 ブッダ『真理のことば』
  • 苦しみを消すにはどうしたらいいか。それは、「世の中を客観的に見ること」である。苦しみは自分を中心とした主観的な世界から生まれる。手に入れられると思ったものが手に入れられなかったり、手に入れていたと思ったものが消えたりすることで苦しみが生まれる。しかし、世の中は自分を中心として廻っているものではなく、また常に変化しているものである。自分自身ですら、自分の所有物ではなく自分の意志とは無関係に変化してい [続きを読む]
  • [DE→PL]寒波の中 その3:ベルリンの壁
  • ベルリンで行きたいところはいくつかあるが、まずはベルリンの壁に向かう。日が暮れる前に見ておかないと真っ暗で何も見えなくなってしまうからだ。ベルリンの壁は言わずもがなの冷戦の象徴。第二次世界大戦に敗れたドイツは、英・仏・米・ソ連の4カ国に分裂統治された。その直後、ソ連を中心とする社会主義国側とアメリカを中心とする自由主義国側で冷戦が始まる。それをきっかけにドイツもソ連が統治していた東側と、米・英・仏 [続きを読む]
  • セムラと視覚による味の補正
  • いつも週末は、どこかに行かなければならないという強迫観念があるのだが、ついに行きたいと思うようなところがほとんどなくなってしまった。しかし、世の中には、週末に何もせずに過ごすという人は僕が想像するよりも多いことに最近気づき、何もしなくてもよいのではないかと自分に言い聞かせることが出来るようになった。日本に住んでいたときは、今よりも田舎に住んでいたので、外に出てもやることはほとんどない。週末にやるこ [続きを読む]
  • Keep it colorful
  • このブログは僕のためにやっているのであり、僕以外の誰のためにやっているわけでもない。だから、検索されやすいような言葉は使わずに自分が分かりやすい言葉を使っている。誰宛でもないブログをなぜ書いているか。それは僕の心の気圧計としてである。利己的遺伝子論によると、人間を含むすべての生物は生き、子孫を残すようにプログラムされている。もし人間社会にいる人間ならば、社会の中で生きていけることが人間の最低条件に [続きを読む]
  • 超日本的ヴィーガンな食事
  • 僕は誓う。もし菜食主義者と雑食主義者の戦争があれば、僕は雑食主義者の側につくと。例えそれが菜食主義者の侵略戦争でなくても。そんなアンチヴィーガン、アンチベジタリアンの僕だけど、今日の夕飯はヴィーガン的食事だった。今日の食事はこれ。やっと君を見つけたよ。一年ぐらいかかったけど。値段は3パックで600円ぐらいと激高だが、そのくらいの価値はあるよ。だって1年も探してたんだからね。何で見つけられなかったのか、 [続きを読む]
  • [映画]365日のシンプルライフ
  • itunesで100円で借りられた映画『365日のシンプルライフ』。ヘルシンキの若者が荷物全て倉庫に預け、1日一個だけ取りだして365日過ごすドキュメンタリー。いつもシンプルライフを心がけているので、興味があったけどあまり面白くなかったな。結局何が伝えたかったのかわからなかった。ちなみに主人公が倉庫から持ち帰った荷物は以下のものです。http://www.rache1.com/entry/365simple-item-01http://www.rache1.com/entry/ [続きを読む]