小さな旅 さん プロフィール

  •  
小さな旅さん: 小さな旅
ハンドル名小さな旅 さん
ブログタイトル小さな旅
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/9u9u841
サイト紹介文京都周辺の小さな旅、きのう今日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 96日(平均4.2回/週) - 参加 2017/10/20 13:02

小さな旅 さんのブログ記事

  • 奥方さまの靴
  • アゼー・ル・リドー城の館内で、靴のミニチュアを展示していました。貴族の奥方様たちが履いていた靴です。中にはルイ14世フランス国王の妻(貴賤結婚のため王妃ではない)マントノン侯爵夫人がはいた靴もあります。黄緑色の靴です。どの靴も宝石がちりばめられていたり、先がほっそりとしていてエレガントです。この靴にふさわしいドレスが必要ですね。 [続きを読む]
  • 美しいタペストリー ( 貴婦人と一角獣展 2013年)
  • 「フランス国立クリュニー中世美術館所蔵 貴婦人と一角獣展」が、2013年大阪の「国立国際美術館」にて開催されました。6面の連作タピスリー*「貴婦人と一角獣」をはじめ、クリュニー中世美術館が所蔵する珠玉のコレクション約40点。中世ヨーロッパに花開いた華麗で典雅な美の世界が紹介されました。「ユニコーンと貴婦人とライオンが織りなす絵模様の6枚のうち、5枚はそれぞれ「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」の寓意を示 [続きを読む]
  • ロワール渓谷のお城 アンジェ城
  • ロワール渓谷のアンジェにあるアンジェ城。13世紀にルイ9世によって建てられたこの城は、ロワール川に点在する優雅なお城と違って、堅固な円筒を周囲に配したいかめしい軍事的なお城です。城壁の上はぐるりと回れるようになっているので、ここを散歩するのを忘れないで!城内に「ヨハネの黙示録」(Apocalypse Tapestry)を描いた中世最大のタペストリーがあることで知られています。現在修復に入っている。庭園はきれいに整備され [続きを読む]
  • ロワール地方のお城 シュノンソー城
  • シュノンソー城は、ロワール地方シュノンソーにある古城。15世紀の城塞の名残である独立塔、16世紀に建てられた初期ルネッサンス様式の塔、シュール川にかかる橋に建てられた回廊を持つ塔で構成された美しいお城です。フランス王アンリ2世が寵愛するデイアヌ・ド・ポアチエに与え、彼の死後、正妃カトリーヌ・ド・ メデイシスが奪ったという。カトリーヌ・ド・ メデイシス フィレンツェのメデイチ家出身。熱心なカトリック教徒で、夫 [続きを読む]
  • ジャンヌ・ダルクの塔
  • ルーアンの駅の近くに、ジャンヌ・ダルクの塔があります。ここはオルレアンの少女ジャンヌが、火刑に処せられる前、異端審問を受ける際に閉じ込められていた塔です。私が最初にルーアンを訪れた時、この塔の見学をしようとしたら、「閉館です」と言われてとても残念でした。長い時間がたって次の機会にやっと塔に入ることができました。ルーアンの街並み [続きを読む]
  • 夕暮れの公園で
  • 夕暮れ時公園に行ってみました。寒い中、まだ家族連れ、犬を散歩させている人、猫に話しかけているおばあちゃん、おじいちゃんたちがいました。ベンチに腰かけて空を見上げると、枯れ枝に雀がたくさん止まっていました。「寒いのに!こんな枯れ木にとまって。おうちにお帰り!」いつの間にか、木の枝は空っぽ。おうちに帰ったのね。 [続きを読む]
  • 京都 八坂神社に初詣
  • 京都八坂神社に初もうでに行きました。2日の午後。ものすごい人出に圧倒されながら参拝。おみくじをひくと半吉でした。今年の運勢は、注意していれば大丈夫のようです。旅行はOK。船旅はちょっと?。ということで、おみくじはひも(木の枝の代わり。おみくじ売り場の近くに設置してあります。)に括り付けて帰りました。これは八坂神社を出たところ。今年こそ最良の年になりますように! [続きを読む]
  • エヴルー大聖堂とカフェレストラン
  • エヴルー大聖堂(ゴシック建築、ノートルダム寺院)の向いにあるカフェレストラン土曜日、日曜日、商店はほとんど閉店していましたが、ここだけはオープン。リトン川の流れ。パリにもあるデパートプランタン。商工会議所。中華料理店時計塔は街の中心にあってどこからでもよく見えます。エヴルー駅パリから電車で1時間。落ち着いた街です。 [続きを読む]
  • ステンドグラス いろいろ 1
  • 旅先では、教会のステンドグラスを見る機会があります。ステンドグラスは、昔文字の読めなかった人々のために絵で教えを伝えたそうです。フランスで見かけたステンドグラスのいろいろ。ルーアン ノートルダム大聖堂モン・サン・ミッシェル大聖堂荘厳な雰囲気です。日本の神社やお寺では何に当たるのでしょうか。シャルトル大聖堂残念ながら、あの素晴らしいバラ窓の画像はありません。ずっと前に行ったので、写真なし。バラ窓から [続きを読む]
  • 柳の剪定完了
  • 道路に出ると、市役所の車が来ていて、並木道に植えてある柳の木の剪定をしていました。歩道に落ちた柳の葉をごっそり、猛烈な勢いで作業カーに収集していました。剪定後の柳の木。一本の枝に、柳の細い葉付きの枝を一本ずつ残していました。どの枝もそんな具合で。青いしなやかな柳の枝が、風にゆうらり揺れていました。こうして葉のついた枝を少し残すことで、来年また青々とした柳の並木道が生まれるのですね。柳の剪定完了。新 [続きを読む]
  • 妖怪ウオッチ見ました。
  • 妖怪ウオッチ見ました。「妖怪ウオッチ シャドウサイド 鬼王の復活」 テレビ版とは、違っていました。ジバニャンは目が鋭く、ちょっと怖い感じ。コマさんもこれまでのかわいいコマさんでなく、前列の白いお澄ましの犬。キャラクターがたくさん登場。CGの映像が激しくて。「ゲゲゲの鬼太郎」とのコラボ版。鬼太郎たちが登場したころから、がぜん面白くなりました。義経と弁慶も登場。最後に不動明王も出てきて。何でも出てくる妖 [続きを読む]
  • 水鳥
  • 長新太さんの絵本に『トリとボク』があります。夕方、川辺に集まったたくさんのトリたちが、影だけになると寄り集まったり、散らばったりボクだけの秘密を描いてくれます。ゾウ、キリン、大きなクジラになったり、時にはお父さんやお母さんの姿にも。いつか鳥たちはボクの姿も描いてくれるとボクは信じています。この絵本のように水辺に暮らすトリたちにふと自分を重ねてみることがあります。よく見かけるトリ。たぶんカワウだと思 [続きを読む]
  • 今日のパン りんごとサツマイモはいってます。
  • 「師走の買い物」のところで購入した強力粉を使ってホームベーカリーでパンを作りました。 ☆テキストはこちらいつもはシンプルな食パンですが、りんごとサツマイモを入れます。ポイントで入手したホームベーカリーメインメニュー1、サブメニュー1を選択。これまで何度も作って、時々失敗がありました。その一つ。中に羽を入れるのを忘れ、材料を取り出したことも。でも美味しくできてよかった!材料。今回はシナモンパウダー [続きを読む]
  • 「パリ空港の人々」
  • 映画「パリ空港の人々」主人公アルチュロ(ジャン・ロッシュフォール)は、シャルル・ド・ゴール空港(ロワシ)で入国審査を受けます。パスポートを盗まれ、フランスに入国できません。そこで、さまざまな理由で、空港に足止めされている外国人の人々が生活するトランジットで一晩過ごすことになります。そこで出会った人々との交流を描いた作品です。パイロットを夢見るギニア人の男の子ゾラがかわいい。アルチュロたちは、こっそ [続きを読む]
  • 京阪電車 テレビカー ジバニャンも来たよー
  • 京阪電車のテレビカーです。伏見桃山駅もあります。京阪沿線のジオラマ、ただいま点検中のため、京都方面のみ写しました。京都タワー、京都競馬場も見えます。こちらは清水寺。だいぶん前にジバニャンも来ました。モール街にある映画館。どれか見てみたい〜やっぱりアガサ・クリスティーの名作「オリエント急行殺人事件」かな?ジョニー・デップも出るし〜! [続きを読む]
  • 伏見桃山城公園
  • 伏見桃山城は、豊臣秀吉が築き、徳川家康が建て直した名城。現在の城は模擬城で、テーマパークのキャッスルランドが造られた時の物がそのまま残されています。双子のお城で、豪華賢覧。二つ並んだ姿がめずらしいお城です。桃山というのは、このあたり一帯に桃の花が植えられていたから。安土桃山城は、滋賀県安土町にあった織田信長ゆかりの城ですが、この城もかつては桃の花が咲いていたのでしょうか。現在、運動公園として親しま [続きを読む]
  • 師走の買い物
  • スーパーの入り口に雪だるまの飾りがありました。師走の買い物でスーパーもにぎわっています。いつものように、牛乳と強力小麦粉を買いました。強力小麦粉で、朝食用のパンを、薄力粉ではスコーンを作ります。と言ってもホームベーカリーに材料を入れるだけ。簡単なので、時々作ることにしています。 [続きを読む]
  • 飛行機雲
  • 面白い形の飛行機雲を見つけました。寒い一日です。ブログを始めて3か月になります。京都伏見の小旅行、関ヶ原、大垣、フランスのノルマンディ地方、そしてパリ、四国の高松。さて、来年はどんな旅になるでしょう。 [続きを読む]