ぼーの さん プロフィール

  •  
ぼーのさん: 0→1(ゼロカライチ)
ハンドル名ぼーの さん
ブログタイトル0→1(ゼロカライチ)
ブログURLhttp://www.nobo0630.com
サイト紹介文宮城県のコピーライターが、好きなことを好きなように発信します。
自由文宮城県出身。コピーライター。<就活に失敗し地元の営業職→就活に未練があり転職を決意→宣伝会議のセミナーを受けるため社会人2年目の秋に退社・上京→転職しつつ就職以外の生き方があったことを知る→「職業:じぶん」という生き方を実現したい。なう。 >
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2017/10/20 14:48

ぼーの さんのブログ記事

  • 可愛かったらよくないか?ぶりっ子が嫌われる理由を考えてみた。
  • 「ぶりっ子」という言葉が、ぼくのものになっている。地元での話だ。ぼくが小学校高学年あたりから好きになり、中学1年生のときに少しお付き合いした女の子。その子が、周囲の人間からぶりっ子呼ばわりされていたのだ。(別に陰湿ないじめとか、そういう感じではなく。その子も明るいし友達もふつうにいた。)ぼくは、別にその子のことをぶりっ子だと思ったことはなく、ただただその可愛さに惹かれていた。 なぜか小馬鹿にされ [続きを読む]
  • あらためて考える、ぼくとブログとの距離感。
  • スポーツを観ていると、「守備からリズムをつくる」という表現に出くわす。たとえばサッカーでは、一方が相手を自陣に引き込んでペースをつかもうとしているときに。たとえば野球では、ピッチャーが快投しゲームを優位に進めるときに。当然、選手たちは勝利のために戦っており、スポーツにおける勝利のためには、たいてい「攻撃」をしなければならない。「守備から」の”から”は、勝利のための「攻撃」へとつながっているわけだ。 [続きを読む]
  • 変わる東京。変わらぬ地元。
  • 先日、ぼくが好きな鳥井弘文さんが、またすてきなツイートをしていました。人生で一番最初に出会う居場所って「地元」だし、マイルドヤンキーのような集団の居心地の良さは本当に素晴らしいものがあると思う。でもやっぱり、どこかのタイミングで決意してそんな地元から抜け出して、新しい出会いやチャンスに向かって、自ら果敢に飛び込んでいかないと人生は変化していかない。— 鳥井 弘文 (@hirofumi21) November 17, 2018 [続きを読む]
  • ぼくが胸に掲げる「職業:じぶん」3つのポイントを考える。
  • つい最近、こんなツイートをしてみたら、けっこう反応をもらうことができた。学生時代に見たオードリーの漫才で「春日の職業は…"春日"だ!」ってセリフがあってね。正直、当時はなんにも感じていなかったんだけど、ぼくは今、そういう生き方がしたいんだなと思っていて。ここにきて、あほみたいに言い放っていた春日さんの姿に惹かれてるんだよね。ほんとかっこいいなぁ、と。 pic.twitter.com/f3VBsAWcEl— ぼーの / 実績の [続きを読む]
  • 糸井ごっこ。古賀ごっこ。〜好きなライターの写経をしよう
  • 写経にハマってしまっている。題材にしているおもなコンテンツは、言わずと知れたコピーライター糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞。そして、アドラー心理学が日本に広まったきっかけ『嫌われる勇気』も手がけたライター、古賀文健さんのnote。ぼくは、彼らのような文章を書きたくて、彼らのようになりたくて、無印良品のシャープペンを走らせている。それは幼いころによくしていた、ウルトラマンや仮面ライダーの「ごっこ遊び」に [続きを読む]
  • お尻に火をつけてみた。
  • 「合格」「採用」「当選」。誰かから認めてもらえることは、いくつになってもやっぱり嬉しい。今週、僕はふたつの「合格」をいただいた。こちらの選考突破者発表しますー! @ao_w25 さん @kie_o_o さん @nobo0630 さんの3名です。講師をするのは初めてで至らない点が多いと思いますが、自分の積み上げたスキルを一つずつ棚卸ししていきます。0期生の方には改めてご連絡させていただきます! https://t.co/3ZNhdEAmb9— オバラ [続きを読む]
  • 【随時更新】ライター実績、まとめました。
  • フリーランスのライターとして活動しているぼーのです。会社員時代のコピーライターとして携わったコンテンツも含め、活動実績をここにまとめることにしました。ぼくとお仕事をする際など、参考にしていただければ幸いです。(↓詳細プロフィールはこちら↓)www.nobo0630.com ライティング 松屋フーズ 新卒採用サイトの取材、編集を担当。三鷹駅からめちゃくちゃ近い、本社でのお仕事でした。 INTERVIEW [続きを読む]
  • 「控えめに言って〇〇だ」って、全然控えめに言ってなくね?
  • SNSで見かける「控えめに言って〇〇だ」という言い回しに物申したい。ぼくは、一度も使ったことがない。いったい、どういう意味なんだい。どうやら、「〇〇」の部分にはポジティヴな言葉が使われるのが基本形であるようだ。控えめに言って最高だ。控えめに言って神すぎる。というように。個人的には「控えめに言って最高だ」をもっとも多く見かける印象である。控えめに言って、最高…まず、「控えめに言えてなくね?」とぼくは思 [続きを読む]