マイク・フラハティー さん プロフィール

  •  
マイク・フラハティーさん: 双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて
ハンドル名マイク・フラハティー さん
ブログタイトル双極性障害2型と生きる いつも上を見上げて
ブログURLhttp://www.flahertylog.com/
サイト紹介文双極性障害ですが何とか社会人やってます。この病気を一人でも多くの人に知ってもらいたいです。
自由文うつ→双極?型障害と闘いながらも会社員やってます。かつては自殺未遂もしましたがここまで回復した経験を書いていきます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいのと、うつ、双極?型障害、その他の気分障害の方の励ましになればうれしいです。福音主義のクリスチャンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 352日(平均1.6回/週) - 参加 2017/10/21 10:15

マイク・フラハティー さんのブログ記事

  • 日照時間と感情曲線について
  • にほんブログ村 ↑ ありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。久々の投稿、申し訳ありません。今回は日照時間と感情の曲線について書きたいと思います。気分の波と季節ぼくは双極性障害2型を患っていますが、この病気の診断を受ける前から自分の気分の調子と日照時間、季節は何かしらリンクしているのでは?と感じていました。というのも、ぼくは毎年10月 [続きを読む]
  • New Racket、その他が届く
  • にほんブログ村 ↑ ありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。今日は双極性障害から少し離れて(とは言ってもこのおかげで双極性障害の気分の波がだいぶ収まっている。それを考えれば関係ないわけでもないが・・・。)、テニスの話題。先週、そろそろ秋冬モノのウェアが必要になったので、いつもお世話になっているラフィノさんの通販で、新しいギアを揃え [続きを読む]
  • 運動と双極性障害についての考察
  • 主治医からの指示双極性障害のうつのどん底から少し這い上がりつつある頃、ぼくは主治医に口酸っぱく言われた。「運動しなさい。」運動の種類は特に強度の高いものでなくていいらしい。例えば散歩とかでも十分効果があるとか・・・。しかしそれでもぼくは億劫だった。その頃は寝てばかりで体重も今より10kg重たかったし、すっかり怠け癖(実際は怠けではないのだが・・・。)がついてしまっていた。主治医は言った。「好きなスポー [続きを読む]
  • 同じ手段を繰り返しても同じ結果しか生まれない
  • にほんブログ村 ↑ ありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。きょうはちょっと辛口の話題。はじめにぼくは長年この障害と付き合ってきているが、「類は友を呼ぶ」というか似たような障害を持っている方々との付き合いが多い。そしてこの障害を持っている人によくあるのが、「安定した職につけない、もしくは、一つの職場に長くいられない。」というこ [続きを読む]
  • 双極性障害に抗うつ薬はタブーなのか?
  • にほんブログ村 ↑ ありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。はじめにぼくはうつを患ってから、そしてそれが双極性障害2型を診断されてから14年になる。その間、自分に合う薬の処方を見つけるのに多くの時間を要し、一年ほど前からやっと自分に合う処方が見つかり、今のところ気分の波はさざなみ程度に落ち着いている。ぼくが現在処方されている薬は以下の [続きを読む]
  • 双極性障害の社会適応(ぼくの場合)
  • みなさんこんにちわ。久しぶりの更新です。最近、4ヶ月ほど調子のいい日が続いています。とは言っても決して「軽躁」というわけではありません。むしろ気分の波の上下が「さざなみ状態」といった感じです。どうやってここまで落ち着いたのか、自分なりに考察してみました。みなさまのご参考になれば幸いです。薬物療法4ヶ月ほど前までは、ぼくの薬の処方はいろいろ変わっていました。というよりなんか自分に合うのを探していた、と [続きを読む]
  • アキレス腱断裂 その後
  • ぼくがアキレス腱を断裂して約一ヶ月がたった。最初はギプスが外れるまで一ヶ月半から二ヶ月はかかるだろうと言われたが、指示されたリハビリに懸命に取り組み、また食事も筋肉や腱の材料になるタンパク質、コラーゲンを重点的に摂取した結果、一ヶ月でギプスを外しても良いということになった。ギプスつけてると何がしんどいかというと、足のかゆみなんだよね。「隔靴掻痒(かっかそうよう)」の言葉ではないけど、まさに靴の上か [続きを読む]
  • アキレス腱断裂
  • みなさん、いかがお過ごしですか? マイクです。今日は双極性障害とは離れて番外編として右足のアキレス腱を断裂したことを書きたいと思います。長い人生の中でそう何回も経験することではないので…。先週土曜日(2018年6月16日)の出来事だった。その日ぼくはテニスの草トー(草トーナメント、つまり地方で行われる大会の略)にミックスダブルスの試合に参加していた。パートナーはテニススクールで知り合った普段から一緒に練習 [続きを読む]
  • 双極性障害 ー まだまだ認知度は低いこの障害
  • みなさんこんにちわ。久々の更新です。決して怠けてたわけではない、と書きたいのだが、なんか気合が入らなかった、というのが正直なところ。やっぱり怠けてたのだなあ。まあ、ぼくはブログの更新はストレスにならない程度、と考えているので、のんびりやっていきたいと思う。別にこれで食っているわけではないので・・・。今日は二週間ほど前に職場であった話。ツイッターにも上げたのでご存知な方も多いと思うけど。職場での出来 [続きを読む]
  • エビリファイと抗うつ薬の組み合わせについて
  • 以前ぼくはカリフォルニアロケット(SSRI、あるいはSNRIとNaSSaの組み合わせをこう呼ぶ)にエビリファイをわずかに処方すると抗うつ効果が増す、という記事を書いた。www.flahertylog.comこれは一般的にオーギュメント療法(オーギュメントととは「増強」という意味)と呼ばれているもので、ぼくの場合この記事を書いた当時はリフレックス45mgとイフェクサー30mgにエビリファイ3mgを追加した。この処方を行った直後、驚くほどの効 [続きを読む]
  • つらいと思う自分を責めないで
  • 「自分で自分に仕掛ける罠ほどタチの悪い罠はない。」これはハードボイルド作家で知られるレイモンド・チャンドラーの言葉だ。蓋し名言だと思う。実はこれ、抑うつ状態、うつ病、双極性障害に罹患している人は必ずと言っていいほど陥るものだ。これはチャンドラー自身が双極性障害だったが故の自らの経験から来ているものだと思う。かくいうぼくも、この自分で自分に罠を仕掛けて苦しむことがしょっちゅうだ。軽躁の時期には調子を [続きを読む]
  • 長いサイクルと短いサイクル
  • 最近自分の気分の様子を観察していて気がついたことがある。それは気分の波が長いサイクルの波と短いサイクルの波で出来ている、ということだ。長いサイクル去年のぼくの気分のサイクルを手帳で確認したところ、以下のようなトレンドだった。あくまでも「だいたい」だが・・・。1月〜3月:うつ状態4月〜6月:軽躁状態7月〜9月:うつ状態10月〜12月:軽躁状態これを見るとぼくは大体2ヶ月〜3ヶ月のスパンでうつ状態になるようである [続きを読む]
  • 障碍者雇用を取り巻く状況
  • 昨日情報収集目的で障害者雇用に力を入れている某転職エージェントを訪問した。人手不足を反映して「売り手市場」と言われる就職状況だが障碍者に対してはそうでもないようだ。障碍者、特に精神疾患を病んでいる障碍者はここのところ増加しており、障碍者雇用の約6割が精神障害だと言われている。そういった意味では精神障碍者雇用の市場はまだ買い手市場と言わざるを得ない、というのが現状らしい。企業の障碍者雇用率の上昇と年 [続きを読む]
  • トーキョーロケット?とカウンセリング予約
  • 久しぶりの更新。決して意図的に更新していなかったわけではありません。更新できる精神状態でなかった、というのが本当の話です。先週末、診察日でした。ここのところうつ状態がひどくなって先週は2日休んでしまい、主治医のところに駆け込みました。状況ここのところの状況は以下の通り。気分の落ち込み。ちょっとした他人の言葉で落ち込んだり、次の日の仕事が不安でならない。集中力欠如ポカミスが多い。抗うつ薬追加最初 [続きを読む]
  • 頭が働かない デパケンの効きすぎ?
  • みなさんこんにちわ。マイクです。通常ぼくは二週間おきに診察日を入れているのですが、今回は特別に診察日を入れてもらいました。頭が働かない約8ヶ月ほど前からデパケンを処方されています。ところが最近、気分が落ち込み気味になるのと、集中力が続かなくなっていることに気が付きました。さらに仕事でのポカミスが多くなりました。最初はメモを取る等の対策を講じていたのですがそれで対処できるレベルでは無いようです。いつ [続きを読む]
  • 【カミングアウト】人生の転機
  • 日曜の午前の謎ぼくとセイラはその後もごく普通の付き合いだった。しかしそれが徐々に変わってきた。ぼくが日曜にどこかに出かけようと言うと、彼女は決まって、「日曜の午後ならいいよ。」と言うようになったのだ。はじめは「まあいいか。彼女にもプライベートな時間はあって当然だよな。」と思っていたのだが、そのうち日曜の午前中は必ずデートもできなくなってきた。もっともぼくは日曜の午前中は寝ているのでほとんど支障はな [続きを読む]
  • はてなブログの仲間のみなさんへ お詫び
  • 敬愛するはてなブログの仲間のみなさん、マイクです。ここのところ双極性障害2型に加えLOH症候群の治療も入り、なかなかみなさんのブログを読みに行くことができませんこと、心からお詫び申し上げます。空き時間を利用してお伺いしようとしているのですが、会社でも今ゴタゴタしてて昼休みもない状況です。しかしながら、皆さまのことはいつも気にかけております。読むだけでもお伺いしますので、よろしくお願い申し上げます。マ [続きを読む]
  • 双極性障害とLOH症候群
  • にほんブログ村 ↑ ありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。久しぶりの投稿です。最近、とても調子が悪かったのと、時間がなくてなかなか更新できませんでした。しかし、先々週、双極性障害を緩和してくれるかもしれない事実が判明しました。【復習】うつの症状ぼくが双極性障害を発症したのは40台になったばかりの頃です。(その頃は睡眠障害、うつと診 [続きを読む]
  • 太古から続く人間関係のストレス 今日は診察日
  • にほんブログ村 ↑ ありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。今日は診察日今日は今年最初の診察日だった。先月予約した時はいつものように午前10時の予約が取れず、正午にずれ込んでしまった。しかしいざ行ってみるとガラガラで、病院についてから5分ぐらいで「マイクさん、どうぞ〜。」というドスが効いているけど明るい?声で第一診察室へ。「あけまして [続きを読む]
  • 【カミングアウト】大学受験
  • 受験前の苦悩さて、前回の大胆、もといこっ恥ずかしい告白劇から2年が過ぎようとしていた。ぼくたちは時々喧嘩もしたけれどもそれなりに順調な関係だった。ぼくはセイラさん、いやセイラという女性をますます好きになり、セイラはぼくのことをますます好きなってくれていた(と思う・・・?)ある日、一緒に勉強しようと訪ねた彼女の家の居間、で二人で語り合っていた。セイラはピアノでショパンのノクターンを弾いていたことを覚 [続きを読む]
  • デパケンRの変更
  • にほんブログ村 ↑ ありがとうございます。一人でも多くの人にこの病気を知ってもらいたいと思うのでぜひご協力をお願いします。前回、気分安定薬のバルブロ酸の血中濃度が標準値に達していない、という記事を書いた。www.flahertylog.comそこで一昨日、特別の診察日で、いろいろと話しあった。デパケンは今は殆どがデパケンR(Rは”Retard"「遅らせる」の意味)でその名の通りじわじわと薬効が染み出す感じ。現在服用して [続きを読む]
  • デパケンRの血中濃度が上がらない
  • 先週の診察日での出来事です。「うーん…」主治医が唸った。先々週の血液検査の結果を見て不思議がっているのだ。「バルブロ酸の血中濃度が思ったより上がらないんだよね〜。1200mg/day投与してるのに40μgなんだよ。普通は50〜100なんだけどね〜。あなたバルブロ酸の吸収が悪い体質なのかな〜。」バルブロ酸はバルブロ酸ナトリウム、薬品名はデパケンRという名前で発売されている、かなり名の知れた気分安定薬だ。「デパケンRをデ [続きを読む]
  • 【カミングアウト】お互いをよく知ったこと〜進級前夜
  • さて、元カノの話なんてブログにアップしても仕方がない、と思っていたのですが、先日のカウンセリングで、以下のことを聞きました。記憶はウソを付くことがある。事実は一つなんだがそのときの感情によって解釈が歪み、いい思い出になったり悪い思い出になったりする。たいてい感情が悪い方に歪んでいる時は嫌な思い出になることが多い。これを聞いて、ぼくは元カノの話はしっかりと記録しておかなければならない、と思いました。 [続きを読む]