りん さん プロフィール

  •  
りんさん: どうにかなるさ!不登校
ハンドル名りん さん
ブログタイトルどうにかなるさ!不登校
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/rin082209221107
サイト紹介文完全不登校の息子の日々を綴ります。現在中学二年生。三人兄弟の三番目。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 268日(平均4.8回/週) - 参加 2017/10/22 08:46

りん さんのブログ記事

  • あまりの暑さに・・。
  • 土曜日、くまモン先生の事務所に遊びに行くことになった三男。あいにく、私に用事があり、送れないかもしれないと告げると、「自転車で行く!」と宣言。しかし、ここのところの異常な暑さに、ついつい 賛成出来ず、すると、「俺のこと 信じてないんだな。」って、言い出した。結局、私が都合をつけて、送って行けることになったけど。午前中から夕方まで、他の生徒さんも一緒にラーメン食べに行ったり、買い物につきあったり、ゲー [続きを読む]
  • 走ろう。
  • 夜「走ろう!母さん 行かない?」と、誘ってくる。母「無理ー!」仕事で疲れて、ヘトヘトなのだ。結局、ひとりで出ていった。すぐに 息を切らして 帰ってきた。 [続きを読む]
  • 再び、金髪にしようかな。
  • 「やっぱり 金髪にしようかな。」おっ!どう 返事しようか。その事柄だけを受けとめて「金髪って、一回髪の毛の色を抜くんだよね〜たぶん。」三男「なんで〜?」「色を抜かないと、金色がキレイに入らないと思うんだけど。」「母さんの白髪染めとは違うと思う。」三男「そっかぁ!髪が痛むか〜!」「じゃ、伸ばそうかな〜。これくらいに!」と、肩くらいに手をやる。「いやいや それはやめて欲しい。」思わず、言ってしまう。やっ [続きを読む]
  • 走って行きたい。
  • くまモン先生の事務所に自転車で行く!って言ってた三男。自転車だと、1時間50分かかる。(ネットで検索した結果)ずっと 引きこもりの三男には、体力は無い。途中リタイアでも、自転車を私の車に載せることは出来ない。だから、電車で行けばって言っても、耳を貸さない。すると、走って行く!途中 無理なら、公衆電話から連絡すると言う。今週は、雨のため 出来なかったが、1度 やらせてみたい。彼が思うように。それから、また [続きを読む]
  • 慣れてきた。
  • くまモン先生に「慣れてきたようなので、私(くまモン先生)がいない時でも、来れたら、どうぞ。」くまモン先生の事務所は、居場所にもなっていて、他の生徒もいる。最初は、別室だったのが、今は、居場所の部屋に行っていた。来週は連れていけない。三男に 自分で行けるか聞いてみたら、自転車で行くって〜。車で40分は、かかるところなので、電車で行けば・・と思うのに。頑として 譲らない。「俺には、体力ある。」と。一度 行 [続きを読む]
  • 新しいパソコン。
  • ゲームの為に、新しいパソコンが欲しいと言う。キッパリ「無理!」と答える。すると、やっぱりな〜の笑顔。昨日は、仕事から、父さんが帰ってきても、自分の部屋に逃げることなく、リビングに。何も会話はしなかったけど。後退したが、戻るのが早いようだ。その後、何故、新しいパソコンが欲しいか、語っていたが、私の答は、NO。「大学生になったら、買ってあげる」諦めの表情に翳りは無い。大丈夫って、思う。 [続きを読む]
  • 明らかに後退。
  • 昨夜の父さんとの喧嘩で、明らかに後退。朝は、サッカーW杯の試合を観たところで、自分の部屋に戻り、寝てしまった。父さんとは、会わず。仕事から帰ってみると、何も食べていないらしいし、部屋も開かなくなってるし、返事もしない。復活に どれくらい時間がかかるだろうか。こんなときこそ、子どもの気持ちに寄り添い、信じて 待つ!だよね〜。 [続きを読む]
  • その一言が言えず いや 言わず。
  • サッカーW杯を観るため、早く寝ようとした父さんだが、録画予約をしようとした。実は、三男 ちゃんと予約していた。ビデオのリモコンを手にした父さんの邪魔をして、あげくのはて、喧嘩になってしまった。三男は、録画予約していることを言わない。父さんは、そうとは知らず、イライラ。三男は、何も言わず、父さんと揉み合いになる。(三男の方が、父さんより身体が大きくなっている)父さん、三男に「なに考えてるんだ!意味わか [続きを読む]
  • 早く寝よう‼
  • 朝から、そう思う。W杯サッカー観るため?!今日は、そうなんだけど。気づいた。早く寝た日は、三男も ちゃんと起きる。ゲームも、深夜にはしないことになっている。最近、W杯で、時間が不規則になってた。親が早く寝たら、大抵の場合、三男も同じように寝てる(たぶん)今日は、月曜日!暑くなりそう。行ってきます! [続きを読む]
  • 週末は お出かけ。
  • 土日は、三男に付き合う。土曜日は、ばぁーちゃんち。三男には、秘かに 目的がある。ばぁーちゃんに お小遣いが貰えるから。ばぁーちゃんちにも、行けなかった時もあったからね〜。早速、そのお金で、ゲーム購入。「母さんが、前にした話を覚えてる?」三男「何だっけ?」「わかってるくせに〜!」三男「わかってるよ〜!勉強だろ。」三男 笑顔だ。さらっと、言ってみた。しないとわかってるが、いつかは・・・って思える。日曜は [続きを読む]
  • 学校との距離感。
  • この週末、担任の先生 訪れず。試験前だから。ホッとする。最近は、担任と会おうとしない三男。その姿を見ると、モヤモヤが始まってしまうから。学校とは、程よい距離で、繋がっていたいと思う。私の、「先生に会うだろうか。」っていうドキドキ、モヤモヤが無くなった時。その時は、三男 先生に会うだろう。 [続きを読む]
  • 笑顔が一番!
  • くまモン先生の事務所へ。自分で、ノックして、入っていく。帰りは、ご機嫌の笑顔。くまモン先生とゲームして、気分転換出来た感じ。やっぱり、元気になることが一番大切。このまま、もっと もっと 元気になってほしい。それだけで良い。やっと やっと わかった気がした。今までは、わかってるような気がしてただけ。目に見える動きより、子どもの中の変化を大切にする。子どもを信じて待つ。 [続きを読む]
  • 金髪にしようかな。
  • 「金髪にしようかな。母さん やってよ!」えっ!学校に行っていないなら、金髪にでもしたら。って、確かに、言ってたけど(母が)今?中3なのに〜(やっぱり焦ってる〜)とりあえず、「どうしたらいいのかな〜。母さんも、金髪のやりかた わからんな〜。」と、応えておいた。学校には行かない サイン?長友みたいな感じ?気持ちを変えたい?母を試してる?ちゃんと聞けば よかった。もう一度 言われたら、聞いてみよう。そして、 [続きを読む]
  • 中3という 焦り。
  • 長い不登校 なかなか動かない。刺激を与えない限り、荒れることも無い。たぶん 少しずつ 進んでいる。でも、動き出すのは、いつ?いつも 考えてしまう。不登校 引きこもりが長くなりすぎて、どうしたらよいか わからなくなって、すべて 諦めてる?だったら、母が出来ることは?やっぱり、信じて待つこと。先回りせず。コメントいただいたり、不登校ブログを読んで自分の焦りに気づく。昨日、三男 水やりしてた。言わなくても。メ [続きを読む]
  • 水やり。
  • うちの庭 すごいことになってる。毎年のゴーヤのグリーンカーテンは、もちろんのこと。苗を貰った きゅうり トマト なす。種から植えた トウモロコシ。三男が作りたいと買った メロンの苗。小さな庭にところ狭しと植えつけられている。ご近所さんからも、苗や肥料、農薬も頂いて。ひまわり、ペチュニアも。水やりは、三男と 父さんの仕事。植えすぎ。収穫までいければ 良いけどなぁ。 [続きを読む]
  • 母の気持ちを伝える。
  • 父さんに学校に行くこと、勉強しないなら、働くように言われて、荒れ模様の三男。「母さん」と小さな声「はい。」返事だけする。また、小さな声で呼ばれる。私も返事だけ。三男「クレジットカードが要る。」「中学生は持てないよ。」三男「ゲームのソフトが欲しい。」「カード支払いってこと!でも、それは、母さんが払うってこと?」三男「お金は出すから。」と、自分の財布からお金を出してきた。「でも、そんな言い方で良いのか [続きを読む]
  • キレる母。
  • モヤモヤしてた 母。ついにキレてしまう!「勉強したくないなら、就職したら。」三男「めんどくさい。」「めんどくさいって、自分のことでしょう。」その後、ついつい、ブツプツが止まらなくなる。気持ちを整えるため、二階に上がる。すると、三男も、自分の部屋に、「もう、閉じ籠る」と言いながら入る。母も、冷静さを取り戻し、三男の部屋へ。「晩ごはんの手伝いしてくれる?」三男「うるさい。もう食べんし。」でも、居座る母 [続きを読む]
  • 勉強したくない。
  • くまモン先生に勉強を提案してもらった。しかし、三男「勉強したくない!」くまモン先生の事務所では、ゲームしたり、話したりで、楽しかったよう。三男に聞いてみた。「高校 どうするつもり?」三男「う〜ん。どうしようかな。」「大学に行くなら、行かないとね。」三男「じゃぁ、大学行かない。」「勉強しないなら、働いたら〜。」三男「小説書いて、発表するから。」もう、そろそろ、現実を見てほしい。学校、勉強のことは、私 [続きを読む]
  • 美術館。
  • 朝は7時から、ハンドミキサーで卵を泡立て、ホットケーキを作ってくれた三男。「今日は、何処か行こう!」と言い出す。「何処って?」「〇〇美術館に行こう!」と三男。〇〇美術館は、小さな頃から、何度も行ったことのある老舗の美術館。美術館に老舗はしっくりこないけど。素晴らしい絵画もたくさん。市内の中学生は、無料。生徒手帳持参なので、山のようになっているプリント類の中から、探し出した。お昼を食べて、父さんも一 [続きを読む]
  • 新たな試み。
  • くまモン先生の報告。「登校刺激をしたが、無理そう。」「中学は、とにかく、高校には行く気持ちを持たせる。」で、来週からは、新たな試みで、くまモン先生の事務所に行って、出来る事をしよう。出来るなら、勉強を。勉強の楽しさを知ってほしいって、伝えた。今日は、私が仕事から帰る前に、中学の担任の先生が来たようだ。三男 居留守。「先生 来たなら、出てくれれば、良かったのに〜!」って、言ってみた。スルーされた。まぁ [続きを読む]
  • ザワザワ。
  • くまモン先生の訪問日。「今回は、勉強のこと、学校のこと、刺激をしようと思っています。」と、自信ありそうな感じで、言われていたので、期待してた。いつも、くまモン先生がリビングに来られている時は、私は2階に。二人の話し声や笑い声がきこえてくるんだけど、静か。いつも、帰り際、くまモン先生から、報告があるんだけど。何か言いかけて、「後でメールします。」上手くいかなかったみたい。その後、連絡を待つ。三男の様 [続きを読む]
  • 改めて 課題の分離。
  • 欲が出てしまってた。自分も仕事の問題を乗り越えれそうになり、三男も・・って。課題の分離が出来なくなっていた。コメントしてくれたことで、気づくことが出来た。本当に 有り難い。昨日の三男。野菜の種を蒔いた。庭に草が生えないように 整地。プリンターの故障を直してくれた。小説を書いていた。買ったばかりの漫画を貸してくれた。たくさんの笑顔。そう 毎日 出来たことが たくさんあるのになにを焦っていたのか・・・。 [続きを読む]
  • コミュニケーション。
  • 自分の仕事の問題が、解決の方向に。私が変わったから、苦手だった人が変わったのか。とにかく、仕事を教えてくれるようになった。しかも やさしく。ある日を境に。その前日に、職場での宴会があり、その人とずっと一緒。コミュニケーションが出来たからなのか? [続きを読む]
  • 嫌だ。
  • 土曜日、担任の先生が持ってきてくれた。中3になって、三男が担任の先生に会えたのは、4月に2回。それからは、タイミングが悪いのか、会えていない。さぁ!今日は?ダメ!玄関にいる担任の先生に挨拶だけでもいいから、顔を見せてって言ったら、「嫌だ。」先生にも、その声が聞こえ、「また、来るから!」って帰られた。ここで、三男に、どう対処すべきか!「顔を見せるくらいしてほしかったよ。」「どうしてなのかな?」呟いて [続きを読む]
  • 起きてる?寝てる?
  • 昨日、今日と、朝方まで、リビングで起きてる?寝てる?三男。聞いても、「・・・・・」リビングには、ゲーム、パソコンがある。夜は、自分の部屋で、本を読んだり、ラジオを聞いていたり、小説を書いたりしてたんだけど。小説は、行き詰まっているらしい。今朝は、早く起きた父さんに、学校話をされたらしい。無言で、自分の部屋に。私が出来ること心を落ち着かせ、いつものように見守ること。笑顔で! [続きを読む]