りん さん プロフィール

  •  
りんさん: どうにかなるさ!不登校
ハンドル名りん さん
ブログタイトルどうにかなるさ!不登校
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/rin082209221107
サイト紹介文完全不登校の息子の日々を綴ります。現在中学二年生。三人兄弟の三番目。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2017/10/22 08:46

りん さんのブログ記事

  • 「母さんのせい!」
  • 三男と話していると、「母さんのせい!」って、言う。「何が?」「母さんは、そうやって 次から次に説き伏せようとする。」そうか、今まで、三男の話をちゃんと聞いてなかったのだ。たぶん 話ながら、母の都合の良い方に先導してたのだ。だから、三男は、話すのをやめてしまう。諦めるんだろうな。自分の考えを伝えることを。もっと もっと 受けとめて、母は信じられると、思ってほしい。(^^)b [続きを読む]
  • 勉強始めたが。
  • くまモン先生の元勉強を始めた・・まずは、30分だけど。久しぶり過ぎて、忘れてた。三男 勉強 苦手だった!不登校になった原因の一つ。好奇心や着眼点は、センスがあるんだけど、その後 集中力が続かない。母が、先回りばかりしていたのは、そんな様子からの不安からだった。くまモン先生からの報告からやっぱり そんなに変わってないって思ってしまった。やっぱり くまモン先生 プロだな。勉強始めて すぐに 三男の特性を見抜いた [続きを読む]
  • 小児科思春期外来。
  • 2ヶ月位ぶりに行ってきた。何にも変化が無いと思っていても、先生と話しているうちに、気づくことがたくさんある。決して 後ろ向きではなく、前向きだと。三男は、ちゃんと未来を考えている。先生「お母さんは、何が心配ですか?」母「やっぱり、進路のことを考えるとざわざわします。」先生「ゆっくりゆっくり 〇〇さん(三男)のペースで進んでいますよ。」「お母さんは、〇〇さんに どうして欲しいのですか?」母「やっぱり 通 [続きを読む]
  • 何も言えない。
  • 不登校初期の息子さんがいる人と話をした。痛いほど わかる 母のその気持ち。母が どうにかしなくちゃ。本当に頑張ってる お母さん息子さんの為に いつもスタンバイしてる。だって 私しかいない。かわいい子どもだもの。そんな話も ただ共感するだけ。でも、ついもっと 自分を大切にして。お母さんが 本当に楽しそうにしてると子どもも嬉しいから。そう 言った。かつて、私も そうであったように、何を言われても耳に入らない。そ [続きを読む]
  • 体力増強週間。
  • 腕立て伏せ腹筋スクワット身体を鍛えている三男。「モテる為に鍛える。」って、呟く。体力面も 不安要素の一つなのか。小学校の時には告白されて 仲良くしてた女の子がいた。不登校になってからも誕生日にクッキーが届いた。中学校に入ってから、一度、手紙がポストに。その次の日、三男は学校に行こうとしたが、行けなかった。その後は、何にも無し。学校に行ってないから、仕方ない。ゆっくりゆっくり未来の準備なのかな。 [続きを読む]
  • 中学校からの電話。
  • 携帯に電話。中学校からだ。担任から?気が重いな。違ってた〜!!!不登校の担当の先生だった。通信制高校の情報を教えてくださった。三男が勉強するって言い出したことを伝えた。また、スクールカウンセラーさんの話が担任に伝わっていないことも。とりあえず、そっと してほしいと、担任の先生に伝えてもらえることに。タイミングいいわ〜!個人懇談の時に担任と話し合って、それから、本人と話すことしましょう。って〜!そう [続きを読む]
  • 小学校の勉強からやり直す。
  • くまモン先生から連絡。高校の話をしてくれて、三男「大学には行ければ、高校は何でもいい。」って〜!先ずは、勉強の苦手意識を取り除くことに。三男は、小学校の勉強からやり直したい!って〜。やっと やっと 動き出すのか〜!嬉しい気持ちより、焦るな!って。幾度となく、失敗してきたから。先回りしないように見守る。それが、一番の近道と信じて。\(^o^)/ [続きを読む]
  • 通信制高校の情報の整理。
  • 先日の相談会で、気になっている高校。説明に来られた方の印象になってしまうが。「ベテランの不登校」と言われ、笑ってしまったのだが、小5から中3まで不登校で、髪が踵辺りまで伸びていた生徒もいたそうだ。また、筆談で入った生徒もいると。その高校の先生は、経験豊富な感じ。その子 その子に合わせた指導をすると、自信をみせた。また、学校は静かな環境にあり、落ち着いた感じ。もう一校は、三男の様子を話すと、「会って [続きを読む]
  • 期待しない!ダメだ!担任!
  • 担任から留守電。12月の個人懇談の予定の件。もう 空いてる時間が限られてるらしい。この前の懇談はキャンセルしたから、今回は出よう。どちらにしても 母だけ。で、中学校に電話。担任 「その前に、 家庭訪問をして、本人と話します。」「じゃ その時は、あらかじめ、連絡してください。本人 まだ 進路のこと 考えていないし。」担任「突然にしか 行けないです。最近 職員会議ばかりで、計画できないので。時間が無くて今日も 今まで [続きを読む]
  • やっぱり 願う。
  • 私が趣味にしたい 御朱印集め。三男に付き合ってもらう。しぶしぶ 車の助手席に乗る三男。30分くらいで到着。神社では、七五三らしい親子。小さな女の子の階段を登る様子をビデオカメラで撮るお父さん。うちも そんな時があったかな〜。小さな頃 願ったのは、子どもの健康。そして、今私が手を合わせて 願ったのは、「三男が学校に行きますように。」学校に行くことがすべてではないと思っていると 言いながらもやはり、願ってしま [続きを読む]
  • 父さんには言えない。言わない。
  • 夫婦仲が悪いわけじゃない。父さんは、くまモン先生を信用していない。くまモン先生にお世話になることは相談したが、その後、学校に行く様子がない、勉強もしない。どうなってるんだ!お金払ってるんだろ。洗脳されてるだけじゃないか。もう 辞めろって、でも、三男が辞めたくないって言うので、続けている。今、三男が、くまモン先生の所へひとりで行ってることを言ってない。言えば、じゃ 学校行け!とかくまモン先生に洗脳され [続きを読む]
  • 中学校のスクールカウンセラー。
  • 中学校のスクールカウンセラーさん。頼りになる感じ。もっと早く、相談に行けば良かった。相談日がくまモン先生と同じだったので、行けずにいた。今は、三男 1人で行くから、やっと行くことができた〜!三男の様子を話し、進路を決めずにいることに、焦りを感じている母の気持ち。また、担任の先生の言動に対する不安。一緒に考えてくれた。親が出来るのは、子どもの回りに、すぐつかめる風船(提案)を何個もフワフワさせておく [続きを読む]
  • 不登校の進路相談会。
  • 初めて行った進路相談会。母ひとりで。会場は、母だけって人が多かったかな。全日制 定時制 通信制 個別に15分ずつ説明を聞いていく。公立より私立の方が手厚い。当たり前か。通信制でも、担当者の雰囲気が違う。10校以上の説明を聞いたけど、印象に残ったのは、3校。担当者が本人の様子を尋ねてくれたこと。15分という短い時間に何を伝えるか。担当者の人柄が出る。そんな中で、言われたこと。三男が中学校は完全不登校と伝えたら [続きを読む]
  • 無視という暴力。
  • 今日は、不登校のことじゃなく、ご近所トラブルっていうのかなぁ。隣の家の人。実は、10年近く、無視されてます。同時期に、家を建て 引っ越しして、最初は、仲が良かったんだけど、だんだんと 雲行きが怪しくなってきて、無視されるようになりました。子どもが同じスポーツのチームに入ったりして、近づき過ぎたんだと思う。何かがあった訳じゃないけど、車を運転出来ない人だったし、子どもは、一人っ子。ついつい 良かれと世 [続きを読む]
  • 餃子 ・・ドラマを観て。
  • ドラマ 「僕らは奇跡でできてる」癒され、気づくことがある。餃子を包んでいる 高橋一生と榮倉奈々の会話。私も 真面目に餃子を作る。作らなきゃって思って。子ども達に手伝ってもらいながら、子どもが自由に包んだ餃子を手直ししてたなぁ。子どもに任せることが出来なかった。三男は、料理を作るが、途中まで。「俺は ここまで。後は、母さんやって。」自信が無いのか それとも母が口出し手出しするのが、わかっているからか。子 [続きを読む]
  • 心暖まる ママ友の一言。
  • 久しぶりに会ったママ友。定期的にランチをする仲だったのだけど、ご実家の事情で、ご無沙汰だった。事情がわかっているだけに、連絡することが出来ずにいたら、思いがけず、スーパーでバッタリ。会いたい人には会えるようになってるのねって、お互いに 嬉しくなった。その彼女、開口一番、「〇〇くん(三男)どうしてる?」最近は、一人で電車に乗って、出かけてることを話すと「外に出て行けるようになってるのね。良かったね。 [続きを読む]
  • 行けるわけない。
  • 担任からの留守電。「卒業アルバムの集合写真を撮るので、どうですか?来れそうなら、来てください。」三男は卒業アルバムに載りたくないって言ったのに。今さら、そんな連絡入らんわ。三男 電気も点けず、毛布を被ってる。凹んでるよ・・・。三男のいる前で、留守電を聞いた手前、一応 確認。「どうする?」三男 即答「行かん。」そりゃ、そうだ。その後 その件について 触れないでいると三男は、元気になってきた。もう 母さん無 [続きを読む]
  • モヤモヤを整理する。
  • モヤモヤと言っても、自分の問題ではない。本来なら、モヤモヤすることではない。わかってるのだけど、久しぶりに会ったママ友との会話の中でのモヤモヤ。ついつい考えてしまうので、ブログに書き出してみる。不快に感じるかもしれない。「子どもの苦手科目の先生に授業ごとに ミニテストをしてほしい」・・・・・そんなことを 学校の先生にお願いする人っているの?中学校の先生の授業に不満があるの?子どもが 言ってることなの [続きを読む]
  • 高校行くことは、目的ではない。
  • 三男が言うに「母さんは、高校に行くことが目的になっている。」「手段でしょ。」えっ!何だって?!三男にとって、目的は小説家。その手段として、高校に行くことが必要か どうか わからないってことかな。うーん・・・。理屈は、そうかもしれない。でも、親だからこそ 納得したくない。高校に行く目的が見つからないのか。長男の友達は、お祖父さんの介護の為に、高校を選び、入学した。が、お祖父さんが亡くなり、その高校に行 [続きを読む]
  • 笑顔のカメラ目線。
  • くまモン先生から送られてきた写真。笑顔の三男。最初の頃、対人恐怖で、くまモン先生の顔も見れないほどだった。やっと 本来の笑顔が取り戻せた様子。多分 写真を撮るくまモン先生も笑顔だったはず。笑顔に 笑顔を返せるようになった。子どもの笑顔を見たければ、親も笑顔じゃなくちゃね。子どもも 親の笑顔が 大好きなはずだもん。\(^o^)/ [続きを読む]
  • 進路を決めた不登校ママ。
  • 久しぶりに会った不登校ママ。いつものスーパーで、立ち話。進路調査の話から始まり、担任のこととか私の中のモヤモヤを聞いてもらった。やはり、不登校ママ共感してくれてる!心から。その同級生は、本人の気質に合いそうな学校を選び何度もオープンスクールに行ったらしい。そして、通信制高校に入学を決めたという。そして、週1回の放課後登校をするようになったって。スゴいね〜。本当に 些細なことで喜べるようになった。「 [続きを読む]
  • 身だしなみに気をつける。
  • 週に1度くまモン先生の所に行く三男。散髪に行くようになっている。秋も深まり、服を何着ようか迷い、服をセッティングしておいてくれって言う。制服って、なんて有り難いものなんだろう。身だしなみは、きちんとするようになっている。いつでもオッケーな感じ。行く気になれば、高校も行けるんじゃないかなって思う。でも、本人がその気がないからね〜。(^o^;) [続きを読む]
  • 担任の訪問。
  • 土曜日の午前中、担任の先生が 来てくれた。リビング隣の和室で、三男はゲーム中だった。先生が来ても、テレビ画面から、視線を変えることはない。先生が、私立高校の願書の書き方等を説明してくれてる声が聞こえる。三男は、聞いてるんだかわからない。その後、ゲームの話をしてそれには、返事してた三男だったが。実は、先生が来たとき、三男には伝えず、すぐに 部屋に通した。怒ってるかもしれない・・・。しばらくして、お昼ご [続きを読む]
  • 親の器。
  • 先日のプロ野球ドラフト会議、「お母さん ありがとう。」って番組を観た時 思ったけど 子どもを信じる気持ちの強さに頭が下がった。プロ野球選手なんて!!なれても そこから活躍できる人は、ほんの僅か。それでも 子どもを信じて 送り出す。子どもの気持ちを信じる。親は、子どもに なるべく 歩きやすい道を選択させようとする。獅子の子落とし って〜出来んわ。もうひとつ「あいつ 何してる?」って番組芸能人 の 同級生の今を取 [続きを読む]