ナマケモノ さん プロフィール

  •  
ナマケモノさん: ケモノの物書き堂
ハンドル名ナマケモノ さん
ブログタイトルケモノの物書き堂
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/guutori
サイト紹介文一次創作の小説を中心に取り扱ったブログです。
自由文独特な世界観や設定。人外や百合やBL要素などが入ったファンタジーやSFを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 31日(平均4.7回/週) - 参加 2017/10/22 21:16

ナマケモノ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Fantasy Novel Guild
  •              Fantasy Novel Guild                         長谷川様 twitter 消えゆくファンタジー小説のサーチエンジンサイトを存続させるべく作家の長谷川さまが立ち上げたファンタジー小説専門のリンク集です。ファンタジーだけでなくSFも随時リンク募集とのこと。 素敵なファンタジー小説に出会いたい方、自分のファンタジー小説を1人でも [続きを読む]
  • コード・スキャナーズ
  •              コード・スキャナーズ            アトランティス企画  人類が記憶する能力を失ったもう一つの未来。人々は魔女のもたらした「メメント・システム」により辛うじて記憶する能力を保っていた。九龍城。上海にある無法地帯にして世界最大の密集過密人口を誇る魔都。主人公 ハザマはそこで闇医者を営む人間だった。そんなある日、彼の患者が不審死を遂げる。ハザマはそこから、『メメント・ [続きを読む]
  • コルシカの修復家
  •               コルシカの修復家  資源が枯渇し、絵画からエネルギーを得ることができるようになった未来。人の想いを伝える絵はその存在価値を失い、エネルギー資源として扱われていた。 コルシカ島に住む修復家見習いのルカは記憶喪失の少女ニノンと出会う。師である父から修復家の仕事を受け継いだ彼はこの世界の秘密を握る絵画を探し出すため、旅に出ることになるのだが――  小説家になろうで知る人ぞ知る [続きを読む]
  • 図書館ドラゴンは火を吹かない
  • 図書館ドラゴンは火を吹かない とある図書館の番人を務めるドラゴンは火を吹かない。この物語は、その竜がなぜ火を吹けないのかを説明する長い語りの物語でもある。 ドラゴンの名はリエッキ。美しい女の姿をとることができる彼女は永遠に近い寿命を持ち、そのために苦しんでした。自身に名をくれ、唯一無二の友として側にいてくれた魔法使いユカを失った悲しみから彼女は立ち直れないでいたのだ。 物語は語り部として世界を旅す [続きを読む]
  • ミチル企画
  •  小説投稿サイトの老店舗 ライトノベル作法研究所では有志による企画が定期的に行われている。かつては一部の利用者が運営員会を組織していた時期もあったが、諸事情があり解散しました。そんな有志たちの企画を存続させるために出来たのがミチル企画です。 主催者はラ研でも邪神として名高いペンギンのミチルさん。 邪神とはいいつつミチルさんはラ研では天使のような人柄が好かれマスコットキャラクターのような立ち位置にい [続きを読む]
  • 音楽素材屋 煉獄庭園
  •   様々な題材を扱った音楽素材がフリーで扱えるサイト様です。基本、煉獄楽園で使用したことを明記しておけばどんな作品に音楽を使用しても大丈夫だそう。有料による曲の制作も承っているそうです。 花吐き少年と、虚ろ竜のPVで使用させて頂いた音楽は民族調のもので題名を『恋獄の彩』というそうです。竜と人の恋を題材にした本編にまさしくマッチした題名。                                [続きを読む]
  • 吉隠
  •  私の小説のイメージイラストやライトノベル作法研究所の企画優勝者への寄稿を描いてくださっている絵師さんです。 人外を中心に独特で神秘的なイラストを多く手掛けていらっしゃいます。随時お仕事も承っている方ですので、吉隠様の絵であなたの創造した素敵な世界を描いてもらってはいかがでしょうか。                   Twitter @yonabari              [続きを読む]
  • パンタポルタ
  •                           パンタポルタ 創作系資料を専門に扱う新紀元社が手掛けるファンタジー総合サイト。自社の書籍の一部や創作に扱えるコラムなどを掲載している。新進気鋭の作家たちによるファンタジー小説も読みごたえがある。今秋プレオープン予定。 マスコットキャラクターはパンダのぱん太くんとタヌキのぽる太くん。 ぱん太くんはtwitterの宣伝。ぽる太くんはFacebookの宣伝を担当して [続きを読む]
  • 過去の記事 …