quruli さん プロフィール

  •  
quruliさん: 川島商店街のランダムウォーカー
ハンドル名quruli さん
ブログタイトル川島商店街のランダムウォーカー
ブログURLhttp://randomwalk.hatenadiary.jp/
サイト紹介文リーマンショック以前個別株で痛手を負ったアラフォーがインデックス投資を行う。備忘録的なブログ
自由文・投資経験

日本個別株は経験あり リーマンショック前に少額でスイングトレードを行い数十万程度のマイナス。今思えば投資と言うよりは投機だった。

FXや外貨建MMF等もたしなむ程度に行う、こちらはラッキーなことに10万か20万程度プラス。こちらもたまたま円安の波に乗っただけ。

個別株の信用売りや日経225先物(ミニ)もかじってみたが、当時、これは専業がやる物だと悟る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 51日(平均2.5回/週) - 参加 2017/10/23 10:33

quruli さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • カーシェアリング
  • 来年の積立NISA及びiDeCo手続き完了まで特に投資関連はやることがないので車の話題。株式投資等投資を重要視している人にとっては、家や車などは負の資産とも言われている。家は購入するのではなく、賃貸で。購入する必要があるときは低金利で借り入れを行い、前倒し返済を行わない。車は初期費用以上に駐車場代・保険・ガソリン代などランニングコストがかかるので不要。要は支出を抑えて極力投資に向けるということだ。わかっ [続きを読む]
  • 米国中心の投資をしている理由
  • 現在通常NISAの先進国株インデックスファンド(120万円投資)以外は全て米国株価指数に連動したETF等やスマートベータETFに投資している。ざっくりで9割が米国市場という事になる。米国一本派先進国分散派新興国分散派日本株派株式投資(国際分散)でも色々なスタイルがある。 自分としてはアメリカが世界最強の経済大国であり軍事大国である間はアメリカ中心で良いと考えている。 トランプ大統領の外遊先での強気発言は強い [続きを読む]
  • 買ってはいけな金融商品
  • 買ってはいけな金融商品金融庁がダメ出しする運用商品ワースト3diamond.jpここにわかりやすく解説されている。なんでだめなのか自分なりの理解を簡単にまとめたいと思う。(1)毎月分配型投資信託分配にも株式や債券等の配当による普通分配金と、資産を切り崩して分配する特別分配金がある。特別分配に関しては非課税であり、特別分配を出さない投資信託で言えば、毎月投資信託の一部を自動的に解約して分配しているようなもの。そ [続きを読む]
  • 積立NISA投資信託検討
  • 積立NISA投資信託検討iDeCoに引き続き来年から始まる積立NISAの投資信託を検討する。(つい先日2018年より通常NISAから積立NISAへの切替完了したとのお知らせが、SBI証券より届いた。)未だに信託手数料引き下げや各社新規設定投信が発表されているので、具体的な投信よりもまずはアセットクラス・インデックスを決めたい。iDeCoよりも選択肢が多くて、選ぶのは大変だけれど、年間40万円の枠は使い切りたいと思っているので、慎重 [続きを読む]
  • iDeCoの投資信託検討(口座開設経過)
  • 現在まだiDeCoは申し込み処理中で、2017年11月6日職場の書類押印が出来たのでSBI証券宛てに投函・個人型年金加入申込書(第2号被保険者用)・事業者登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書・確認書・本人確認書類(運転免許証)拠出開始まではまだ1ヶ月以上掛かりそうだが、iDeCo用投資信託を決めることにする。まずは出口を決める・団塊Jrなので定年退職(60歳)までは15年超ある。・一括か年金方式かはまだ考えていな [続きを読む]
  • 生命保険について
  • 近頃は「生命保険は入らなくてよい」などとネットや本屋の節約指南本で書かれているのを見かける良い時台になったと思う。※複雑な貯蓄型の生命保険などはいらないのであって、掛け捨ての生命保険は人それぞれで、入っていても良いと思われる。現在はの都民共済の総合保障4型+特約1000円に加入している。合計で月に5000円を掛けているが、3割ほど割戻金があるので実質年間4万円ほど。ある程度資産も出来てきたし、生命保険は除いた [続きを読む]
  • バンガード®・S&P 500 ETF (VOO)
  • バンガード®・S&P 500 ETFについて (VOO)現在保有している金融商品の中で一番大きな割合を占めているVOO概要・設定日2009年9月7日・S&P500のパフォーマンス連動を目指します。2017年6月30日現在・経費率 0.04%・利回り 1.94%・保有株式数 500・資産 $70,066,000,000VOO特徴・超低コスト(1億円預かって4万円/年だが、資産総額が半端ない)(1兆円で4億円/年、7兆円だと28億円/年 スゴスギ)・保有株数多め(多すぎず少な [続きを読む]
  • iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF HDVについて
  • iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF HDVについて現在保有している金融商品の中でVOOに次ぐ割合を占めるETFである。HDV概要・設定日2011年3月29日・配当水準の比較的高位の米国株式で構成されている指数と同等の投資成果を目指しています。2017年6月30日現在・経費率 0.08%・利回り 3.42%・保有株式数 74・資産 $6,230,732,992HDV特徴・低コスト・保有株数が少ない(あまり分散されていない)・配当重視のためキャピタル [続きを読む]
  • SBI証券で米国ETF買い付け方法(ドル転方法)3種類
  • SBI証券で米株式を購入するため円から米ドルにするには、3つの方法がある。以前VOOやHDV米国ETFを買い付けた際、SBIは最安の1ドル当り4銭という情報のみ頭にあり、円決済で購入してしまったが、実は1ドル当り25銭かかっていたという失態があった。次は失敗しないためまとめておく。(2017年10月現在)1.米国ETFや米国株を買い付ける際に「円決済」を選択し円から直接ETF・株を買い付ける。(ドル転を自動的に行う)この場合1ドル [続きを読む]
  • 現在加入中の第一生命 個人年金型保険(楽寿)について
  • 現在生存保障型個人年金保険(楽寿)を契約している。25歳から60歳まで35年間毎月1万円ずつ掛金を拠出し続けるものだ。(団体割引を適用して1万円ジャスト)確定給付金と死亡時の特約がついている。年金型保険と個人年金の違いは下のリンク(外部)サイトを見て欲しい。個人年金と確定拠出年金の違い教えます!【保険市場】私もiDeCoが世に出るまであまり区別がついていなかった。給付額は60歳から65歳までは71,100円/月(年 [続きを読む]
  • 2017年9月末の配当金
  • リアルタイムでは無いですが配当金が入金されました9月末の2件まとめてVOO入金日9月26日一株当り配当1.176$権利日保有株数(70)総額82.23$税込み外国源泉徴収額8.23$国内源泉徴収額15.04$受取額59.05$HDV入金日10月2日一株当り配当権利日保有株数(170)受取額89.44$(外国株式など配当金などのご案内見つからずw)基本的に配当は再投資したいが金額が年間数百ドルなので、そのたびに0.45%(5$〜20$)の手数料を払うのはもった [続きを読む]
  • 【映画】マネー・ショート
  • 本日は大雨と言うこともあり、家で以前から観賞してみたかった映画をみた。便利になったもので、観たい映画がハイビジョン画質で簡単にみることが出来る。ツタヤやゲオに行かなくても良い。199円也。(後でメールできた明細をみてみたらプロモンション-100円と書いてあり最終的には99円だった)脚色はだいぶあるだろうがサブプライムローン、リーマンショックを題材にした映画である。サブプライムローン問題の異常性にいち早く [続きを読む]
  • 配当の重要性を説いた言葉配当再投資は下落相場のプロテクター、上昇相場のアクセルジェレミー・シーゲル「株式投資の未来」株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす作者: ジェレミー・シーゲル,瑞穂のりこ出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2005/11/23メディア: 単行本購入: 1人 : 27回この商品を含むブログ (36件) を見る [続きを読む]
  • 投資スタンス
  • 自己紹介にも書いたとおり以前個別株など痛手を負った経験やジェレミー・シーゲル氏の書籍(下の広告)等を踏まえ・長期投資この一言に尽きます。リーマンショックのような暴落があっても淡々と機械的に積立を行い(追加スポット買いを出来るかは、そのときの精神状態にもよるが)10年15年20年とホールドするつもり。なぜ長期投資なのか、なぜアメリカ中心の投資なのかは書籍やインデックス投資家のブロガーなどが書き尽くし [続きを読む]
  • ブログ主自己紹介
  • 主に資産運用などのお金に係わる話題を書こうと考えているので、それに関係ある自己紹介をしたい。性別:男 妻子有年齢:団塊ジュニア世代職業:団体職員収入:サラリーマンの世代平均程度・投資経験日本個別株は経験あり リーマンショック前に少額でスイングトレードを行い数十万程度のマイナス。今思えば投資と言うよりは投機だった。FXや外貨建MMF等もたしなむ程度に行う、こちらはラッキーなことに10万か20万程度プラ [続きを読む]
  • 過去の記事 …